熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々

*

*

工務店な日々

工務店な日々

新築住宅完成見学会のお知らせ


こんにちは、事務の二宮です。

早いもので今年もあと一か月。

皆さま風邪をひかないよう、今年を乗り切りましょう (^^)/

 

さて、今回は新築住宅完成見学会のお知らせです。

 

●● 129日(土)・10日(日) 10時~17時 ●●

●●●  新築住宅完成見学会 in 熊本市北区   ●●●

 

12月9日と10日の2日間、

熊本市北区にて新築住宅の完成見学会を開催します。

22坪のコンパクトかつシンプルな平屋ですが、

勾配天井や仕切りの少ない間取りで開放感いっぱい。

行き止まりなく回遊できる動線も便利です。

設計は内田さん、現場監督は草津さんが担当しました。

 

では内田さんに、このお家の見どころを聞いてみましょう。

 

==========

 

好きなものに囲まれて暮らす

シンプルで上質な22坪の平屋 🏠

 

熊本地震で全壊となった自宅の建て替えです。

バリアフリー仕様の平屋は、キッチンを中心に回遊できるコンパクトな動線と、

勾配天井に間仕切りの少ない造りで、ゆったりとした開放感を演出しています。

コレクションしている好きなもの、想い出の雑貨が映えるシン▲コンパクトで暮らしやすいジャストサイズの平屋プルな空間に、素朴な無垢床が似合います。

ロフトも完備で収納も万全。

快適で安全、ちょっと上質なお家が完成しました。

▲コンパクトで暮らしやすいジャストサイズの平屋

▲22坪でもロフト付きなので収納にも困りません

▲22坪でもロフト付きなので収納にも困りません

===========

見学会の時間は両日とも10時~17時です。

三友の家を見てみたいという方は、下記までご連絡ください。

詳しい地図をお送りいたします。

 

↓ ↓

TEL:0120-146-983

e-mail:info@sanyu-k.jp

 

 どうぞ宜しくお願いします m(__)m

参加賞の緊急用防災バッグ


こんにちは、事務の二宮です。

前回、井さんが安全協力会忘年会で紹介してくれましたが、

その中でも大いに盛り上がりだったのが、毎年恒例のお楽しみくじ引き大会。

今年の景品,

空くじなしの参加賞は「緊急用防災バッグ」でした。

▲参加賞の「暮らしのあんしん・防災8点セット」。肩かけも出来る不織布袋には、住所・氏名・血液型が書き込めるようになっています

▲参加賞の「暮らしのあんしん・防災8点セット」。肩かけも出来る不織布袋には、住所・氏名・血液型が書き込めるようになっています

▲中身は、①軍手、②3L給水バッグ、③LEDライト、④防寒アルミシート、⑤ウエットティッシュ、⑥マスク、⑦防災チェックリスト、そして袋も含め8点セットです

▲中身は、①軍手、②3L給水バッグ、③LEDライト、④防寒アルミシート、⑤ウエットティッシュ、⑥マスク、⑦防災チェックリスト、そして袋も含め8点セットです

熊本地震から1年7カ月が過ぎました。

すっかり日常を取り戻したように思えますが、まだ仮設住宅にお住まいの方も多くいらっしゃいます。

現在もご自宅の解体・新築、リフォーム等の相談が多く寄せられ、本当の復興はまだこれからと実感しています。

そんな折での「緊急用防災バッグ」。

最近は余震もめったになくなり、家に置いていた緊急袋はいつの間にか他の荷物と一緒になり、

ストックしていた非常食や水の賞味期限も怪しい状態。

喉元過ぎれば熱さを忘れる…ではダメですね(反省)

これを機に、改めて防災意識が高まりました。そういう意味では、良い賞品だったと思います。

わたしも早速、家のリュックを点検しました(水の保存期間が切れてました💦)

皆さまも今一度、ご家庭の防災グッズの見直しをしてみるのも良いかも知れませんね。

 

今年もくじ引き大会です。

  • 2017.11.29

こんにちは。総務の井です。

先日、熊本ホテルキャッスルにて、毎年恒例の三友工務店工事安全協力会忘年会が行われ、

総勢69社の協力業者様にご出席いただきました。

IMG_6210

まず、安全協力会の兼本会長がご挨拶。

IMG_6216

社長挨拶へと続きます。

IMG_6224

厳かな雰囲気のもと、乾杯の音頭とともに、ホール内にグラスの音が鳴り響き、

忘年会の始まりです。

IMG_6238

皆さま会話もはずみ、お食事を楽しまれる中…

 

今年もやってまいりました!

安全協力会忘年会のお楽しみイベント。

「くじ引き大会」のお時間です(^^)/

司会は、トナカイのカチューシャ姿にキュン♡

内田さん・平田さんのかわいらしいコンビ♪

元気いっぱい、会場を華やかに盛り上げます。

くじは1等賞、2等賞、3等賞で、なんと!ご当地グルメのカタログギフトが当たります。

もしはずれてしまっても、「暮らしのあんしん防災8点セット」が、もれなくもらえちゃうのでご安心を。

IMG_6245

IMG_6254

目録と景品をテーブル席までお届けする女子会メンバー(^^♪

今年のくじ引き大会も、おおいに盛り上がり、ほっと一息なのでした。

 

今年一年間で、毎月おこなっている安全会議の優良出席者、12名に、

「皆勤賞」の表彰がありました。

IMG_6308

震災復旧工事で毎日現場に飛び回っていらっしゃる中での皆勤賞、頭が下がります。

IMG_6279

社長と一緒に記念撮影。

IMG_6313

そして、宴もたけなわですが、三本締めで忘年会は無事閉会です。

IMG_6316 

今年も事故なく、安全に工事を進めて頂き、協力業者様方には本当にお世話になりました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

日本エコハウス大賞で「奨励賞」を受賞しました!

  • 2017.11.25

こんにちは。総務の井です。

先日、第3回日本エコハウス大賞の発表が行われ、

三友工務店は、リノベーション部門で、「奨励賞」を受賞しました!

タイトルは、「父の想いを住み継ぐ家」。

DPP_370

今は亡きご両親が住まわれていた築35年の家。

お施主様が東京から帰郷され、妹ご夫妻と同居されることになり、リノベーション。

お父様の想いがつまったお家の面影を残しつつ、念願だった「カフェスペース」を設け、

ご近所の方が集まる、新たな地域のコミュニティーの場としても生まれ変わった、

2016年竣工のお家です。

日本エコハウス大賞の審査員は、伊礼智氏、堀部安嗣氏、西方里見氏、松尾和也氏、前真之氏の名だたる5氏で、

意匠設計、性能設計、温熱性能の3つの視点から審査されました。

今年、弊社は熊本地震被害の復旧を優先していたために

今年度のリフォームコンテストへの出品は出来ずにいましたが、

震災前のお家で栄えある賞をいただく事が出来、

スタッフ一同大変嬉しく思います。

DPP_380

▲リビングの様子。

風格のある欄間や組子障子、板戸などが、明るい陽の射すリビングに美しく映えます。

DPP_377

▲間取りを転換し、以前は南側の客間にあった床まわりを、素材そのままに北側の和室に再現。

桑の床柱や、ムクの桜の床前板の床の間は、お父様のご自慢だったそうです。

3G2A6267

そして、オープンした「さくらcafe」。

上の写真は、お引渡し前の竣工写真ですが、

先日、受賞のご報告もかねて、ランチにお伺いしたところ、

 IMG_0157

コーヒーの香りが漂う、あたたかい雰囲気のカフェになっていました。

IMG_0164

こちらが、さくらカフェのランチです。

野菜をふんだんにつかった、色とりどりの前菜。

IMG_0166

メインのシューマイは、酢醤油につけたショウガの千切りをたっぷりのせていただきます。

ひとつひとつ素材にこだわり作られたお料理の数々は、口にすると体の内側からキレイになるようです。

おいしい食事と、お施主様との楽しい会話。

さくらカフェは、時間がたつのを忘れてしまうほど居心地のよい、

癒しの空間でした。

IMG_0185

今回、奨励賞を受賞した「父の想いを住み継ぐ家」。

「建築知識 ビルダーズ NO.31」に写真が掲載されますので、お楽しみに!

 

 

 

 

あなたのウォシュレットは大丈夫!?

  • 2017.11.20

こんにちは。総務の井です。

先週、建築の日ボランティアで江津湖のトイレ清掃に参加しました。

ピカピカに磨いたトイレをみて清々しい気持ちになったばかりですが、今日はトイレにまつわる話をもうひとつ。

 

社内で温水洗浄便座(ウォシュレットトイレ)の

発煙・発火注意喚起のチラシの回覧がありました。

ウォシュレットを、故障したまま、あるいは長年使用すると、

劣化により、発煙発火の恐れがあるとのこと。

また、製品からの水漏れの危険性も書かれていて、

気を付けなければいけないね、と話していたところでした。

 

そんな折、工務の岩城さんが軽トラで帰って来て開口一番。

「トイレが溶けてましたよ! 見ます?」

え? どういうこと? トイレが溶ける?? 

なんでも、お客さまからトイレ改修の工事依頼をうけ、便座を外したところ、

ご覧の通り、見事に焼けて溶けていたそうで

▲あわや火事、もしくはおしりが大ヤケドするところでした。早めに気が付いてホッとしています

▲あわや火事、もしくはおしりが大ヤケドするところでした。早めに気が付いてホッとしています

社内回覧のチラシによると、ウォシュレットは電化製品で

大事に使っていても、10年以上経つと

電子・電気部品が劣化して発煙発火の恐れがあるとか。

▲消費者庁によると昨年1年間に寄せられた温水洗浄便座が燃える火災は14件報告されているとか。怖っ…💦

▲消費者庁によると昨年1年間に寄せられた温水洗浄便座が燃える火災は14件報告されているそうです…💦

早急対応でお客さまのお家のトイレは新品便座と即交換。

「事故が起きる前の交換で良かった~」と岩城さん。

そのまま使っていたらと思うと…ゾッとします。

みなさんも下記の(安全チェックリス)を参考に、おうちのウォシュレットを確認してみてください。

 

■温水洗浄便座 火災を防ぐ8大セルフ安全チェックリスト■

①ゴム足を外れてませんか? ガタついてませんか?

②コードがねじれたり、便座で挟み込んでませんか?

③便座がひび割れてませんか?

④便座が異常に熱い、逆に冷たくなってませんか?

⑤水漏れしてませんか?

⑥リモコンのシールがめくれる、ひび割れてませんか?

⑦電源コードが熱くなってませんか?

⑧電源プラグの差し込み部分が発熱、変色してませんか?

 

以上の8つのうち、1つでも異常があったらすぐに使用を中止して、メーカーの点検を受けてくださいね (^^)/