熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々 > 2016年6月アーカイブ

*

*

工務店な日々

工務店な日々

ZEH研修会 第3回目


こんにちは。
設計の平田です。
土砂降り、大嵐の中、震災に追い打ちをかけるような天候で気分も滅入ってしまいます。

と、そのような中、
地震で一時中断状態だった
「ゼロ エネルギー 住宅」についての勉強会に社長と設計4名で参加してきました。

IMG_7434.JPG

何を学ぶのかというと・・・
建築系の雑誌や新聞にZEH(ゼッチ)!ゼロエネ住宅!などの補助金制度について、
掲げられた記事など見られたことある方もいらっしゃると思います。
この補助金の内容も然りですが、
「ゼロ エネルギー住宅」とはどのような住宅のことを言うのかを始め、
仕様、計算方法、もともとの仕様との違い・・・など、盛り沢山。
自社仕様の住宅が、
どの程度の性能を持ち、規定値を満たしているのか、
より省エネ性能を上げるためにはどこに費用をかけたら効率よくなるのか、
実際に手を動かしながら学んできました。

第1回目、第2回目(前回)までは、
自社の住宅が、どの程度の性能を持った住宅なのか
実際に各社、自社の仕様を持ち込み計算を行います。
その後、その住宅に必要な一次エネルギー消費量、
つまり、対象住宅の断熱性能で、
照明や給湯器などの設備が、どの程度エネルギーを消費しているのかを調べて、
外皮平均熱貫流率UA値(※1)の目標値を考えました。
外部に接する壁には全て断熱性能があり、
特に断熱材には各々に熱抵抗値(熱伝導率の逆数・・・熱の逃げにくさ)が決まっています。
その厚みを変えたり、抵抗値を上げたり(熱伝導下げたり・・・)して仕様を決めていきます。

第3回目の講義では、
自社の住宅が持つ一次エネルギー消費量をどの程度必要としているのか、
ZEH仕様にするとどのような仕様になり、光熱費がいくらになるのか、
平成4年の基準と比べて光熱費はいくらお得になるのかを出しながら、
平成25年基準、ZEH仕様の住宅との比較を行いました。

平成25年基準のUA値(※1)は
熊本は6地域になりますので、平成25年基準だとUA値(※1) 0.87W/㎡ですが、
ZEH仕様になると、0.6W/㎡以下にしなければならず、
かつ太陽光を除くエネルギー削減量を通常より20%以上減らさなければいけません。

どの仕様であっても、UA値(※1)を0.6W/㎡以上から0.5W/㎡代後半までは
断熱材の厚みを多少上げたり、窓ガラスをLOW-E複層ガラスに変更するだけで
到達可能範囲とのことですが、
(開口部からの熱損失は全体の半分と言われています)
0.5W/㎡以下にするためには、
外張断熱に充填断熱を併用するなどの付加断熱が必要になる場合が多いとのこと。
ZEH仕様の住宅にするには、太陽光は勿論設置必須ですが、
断熱面での費用の増加も多少考えていただかなければならないようです。

 

熊本地震が起こり、耐震性能が見直しされるようなニュースも飛び交う中、
以前は住宅を「量」重視で行ってきた世の中でしたが、
地球温暖化によるCO2削減や日本の人口減少問題を始め、
世の中の流れは「量より質」を求めるように変化してきているとも聞きます。
去年からお客様へご案内させていただいている住宅履歴情報蓄積サービス「どんどん」。
質の良い住宅を如何にして維持管理をして、長寿命な物にしていくのか。

耐震、省エネ、維持管理・・・
どの分野も気が抜けませんが、室内環境をよりよくていくためにも日々勉強をしてまいります。

—————————————————————————

(※1)の簡単なご説明
【省エネ基準の変化】
「平成4年基準」 → 「平成11年基準(属名トップランナー) 」 → 「平成25年基準」
基準が変わっています。

以前、省エネ基準として使われていたQ値、μ(ミュー)値は、
延べ面積に対する熱貫流率(熱の逃げやすさ)でしたが、
真四角な住宅、L型の住宅、というように住宅には形状が様々あり、
外部に面した壁は各々の建物によって違います。
それらの形状に合わせて数値が出るように、
計算方法が平成25年基準で大きく変わりました。

「2020年までにどの住宅も平成25年基準に満たした建物にしましょう」
ということで
現在は移行期間中です。

■Q値 が UA値(外皮平均熱貫流率)へ変更
 外周の面積に対する逃げる熱の量の割合。
■μ値 が ηA値(冷房期 平均日射熱取得率)へ変更。
 冷房期における
 外周の面積に対する取得する日射熱量の割合。
最近では検索すると、分かりやすい資料や説明がネット上でも沢山掲載されています。

—————————————————————————

毎回、くたくたになりながら講義を受けています。
IMG_7437.JPG

各自頭を悩ませ、眉間に皺が・・・(-’’-)
頭をめいいっぱい使うため、チョコレートは必需品です。
IMG_7436.JPG

—————————————————————————
ここでほのぼの話。
設計の内田さんがいろんな方から「おまけ」でもらった「TOMICA」です^^
手前はちなみにポルシェ!
IMG_7426.JPG

IMG_7421.JPG
IMG_7422.JPG

紫陽花より人の多さにビックリ


こんにちは、総務の古閑です。

先日、年に1度の経営事項審査が無事に終わり、
ほっと一息、東京の娘の所に遊びに行ってきました。

今回、鎌倉に行こう!と向かったのですが、
とにかくスゴイ人。
なんでも、鎌倉を訪れる人が一番多いのが6月の
紫陽花の花の頃だそうです。

長谷寺の紫陽花は3時間待ちのディズニーよりも
大変な状態で、断念。
IMG_2615.JPG

私は初めての鎌倉なので、紫陽花じゃなくっても良かったんです。

お隣の大仏さまの所に咲いていた、可愛らし紫陽花をパチリ。
IMG_2611.JPG

ゆっくり江ノ電を愉しもうと思っていたのに、
ぎゅうぎゅう詰めの満員電車で車窓を愉しむ余裕もありませんでした。

翌日は、娘の買い物に付き合って青山方面へ。

立ち寄ったスパイラルガーデンで
「素敵な暮らし展」というイベントが行われていました。
IMG_2644.JPG

熊本は地震の後で、家の強さや性能ばかりに目が向いていますが、

住み人に合った暮らし方を提案する…
住む人のライフスタイルを考えた住まいづくり…

そうそう、震災前はそうだった!
と、ちょと心も体もリセットされた感じがしました。

New Face


こんにちは。
設計の平田です。

前回の新しいスタッフ紹介に引き続き、
岩城さんと同じ時期に入社をされた
お客様係り担当の・・・・
井 智子さんのご紹介です^^

井さんも岩城さんと同様に
入社後、まだ会社に慣れていない中、熊本地震が発生。
大変な中、お客様へのご対応を任されながらの今日に至ります。
現在、三友工務店社員として活躍中です^^

そしてなんと

我が社の設計スタッフ 内田さんと・・・
「智子」さんつながりなんです(‘Д’)
名前が同じと入社前から話題になっていました。

思わずパシャリ!
20160615_1

笑顔の素敵な井さん^^
三友スタッフとして一緒にお仕事できることを嬉しく思います。

New Faceということで、井さん、岩城さんに
自己紹介兼ねて、「50の質問」を書いていただきました。
お二人を見かけられたときは是非お声掛けください。
 

【井智子さんへの50の質問】

井さん 50-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

井さん 50-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

【岩城 乃輔さんへの50の質問】
20160615_2

岩城さん 50-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

岩城さん 50-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
2名のスタッフが加わり、賑やかさが増した三友工務店。
地震災害、お客様のご対応、引き続き頑張ってまいります。
 

——————————————————————
私事ですが、最近写真加工の技を取得しました。
パソコンの技術の凄さに感動です。
ちなみに井さんと内田さんの写真は「Sweet & Fresh 加工」
岩城さんの写真は「ビンテージ風 The Paris加工」です。
「The Paris・・・(*_*)」
なんとなくニュアンスが伝わってくる加工名。
面白いですね。

~建築見てある記~その1


こんにちは!
三友工務店設計の藤山(とうやま)です。

私は時々仕事の合間を見て九州圏内の建築を見て回るようにしています。
先日は小倉、門司方面まで足を伸ばしてきましたので、何軒かご紹介したいと思います。

こちらは先日弊社の平田の記事にもありました、
小倉のTOTOミュージアム(設計:梓設計)です。
20160610 _01
模型ではツルッとした曲面ですが、実物大の型枠の模型を見ると、
型枠が小さな台形の組合せでできていることが分かります。
20160610 _02
実物もよーく見るとうっすら段が見えますね。
水切りなども大変そうです。

 

こちらは九州工業大学内の記念講堂と旧事務棟(設計:清家清)
20160610 _03
20160610_04
20160610_05
清家清(1918-2005)は藤山の大学の先輩にあたります。
正直、清家の背の高い建物はあまり好きではないのですが、
さすがに低層の旧事務棟の伸びやかなたたずまいには感動しました。

講堂は屋根をハリセンのように折り曲げることで、
材料を少なくし、かつ強度を持たせる折板構造という構造方式を採用しています。
事務棟は濡れ縁と軒先が床、天井と同じ高さになっており、
少し地面から浮いた構成になっていることと相まって、
コンクリート造ですが、とても軽やかな印象の建物となっています。
向かいあった面は異なるデザインの2つの建物をつなげるべく、
仕上げを揃えるなど細やかな配慮も見られます。

清家は藝大を出た後、東工大も卒業しています。
彼の美的志向と合理的志向性を感じることができる建築でした。

20160610_06
キャンパスの中には、巨大な工作機械も野外彫刻のように展示されていました。
同じような加工を、もっと小さな軽い機械でできているかと思うと、
日本の産業発展の歴史を感じることができます。

 

小倉から足を伸ばして門司へ。
こちらは旧門司税関(設計:妻木頼黄)です。
20160610 _07
正面から写真を撮ったら思いっきり逆光でしたので、こちらは背面です。
ただ、湾の反対側からもよく見えますので正面同様に随所にこだわりが見られます。

設計者の妻木頼黄(1859-1916、頼黄と書いて”よりなか”)と言えば、
国道の基点となる”日本橋”を設計したことで知られますが、
他の設計物を見たことがなかったので、今回見れてとてもよかったです。

日本で最初に西洋式の建築を学んだ4人のうちの一人に辰野金吾(1854-1919、東京駅の設計者として知られる)がいますが、
何年かあとの後輩たちは高いレベルで西洋建築を設計できたことがうかがい知れます。
ただ、閉館後に訪れたので外観しか見れなかったのが残念でした。
博多に戻ってきて、こちらは天神南駅(設計:葉祥栄)。20160610_08
90年代に売れに売れていた葉祥栄氏(1940-熊本出身)の作品です。
近年教授職の方が多忙なのか、あまり実作を発表される機会が少ないですが、
野球のサインボールの飾りバットのような構造と、
長い距離を掛け渡したガラスによる屋根面との緊張感のある組合せに、
往年の葉デザインらしさが垣間見えます。

なお、今回はAldo Rossi(1931-1997)というイタリアの建築家によるホテルを門司と博多で見かけることができました。
こちらは門司港レトロ倶楽部。ちょっと船のようでもあり、お魚のようにも見えます。
20160610_09
左下の門型の開口は港湾側から見るととても象徴的に見えます。
ちなみにこの画像は恋人たちの聖地”ブルーウィング”の愛称の付いている、
跳上式の桟橋から撮ったのですが、
一応渡ってきたので何かご利益があるかもしれません(笑)

こちらは博多にある、ホテル・イルパラッツォ。
20160610_10
那珂川沿いの店舗付きの低層家屋やパチンコ屋との対比が面白いですね。

バブル期は多くの海外建築家が日本に作品を残しました。
個人的に惜しまれるのは、最近亡くなったZaha Hadid氏(1950-2016、新国立競技場の設計者)です。
何度か日本のプロジェクトが持ち上がったものの、
個展などに関連した仮設的なものを除くと結局一つも日本に実現することはありませんでした。
女性建築家としては妹島和世(1956-)と並ぶ世界で最も刺激的な建築家の一人でしたので、
いつか海外で実作を体験してみたいものです。

 

建築のデザインに何を求めるかは人それぞれですが、
私は建築という営みは”志向(思考)の体現”だと考えています。
それは建築家の独りよがりの美意識だけではなく、
施主様の暮らし方、使い方、美しいものを維持するための覚悟など、
その他いろいろなものが共働作業の上に成立したときにはじめて、
立ち上がってくるものではないか?と考えています。

ついつい熱くなってしまいましたが、皆さま付いて来られていますでしょうか?(笑)
とにかく法律や構造なども含めて色んなことを考えるのがお仕事の設計者ですが、
その一端にはこのようなことも考えておりますというご紹介でした。

皆さまも街で見かける建物に、少し思いを馳せてみていただけるとうれしいです。

最後におまけのLINE FRIENDS STORE & CAFE 福岡です。
今年の3月にオープンしたお店です。
最近、仕事関係のやりとりでも活躍しているLINEアプリのテーマショップのようです。
20160610_11
学生の頃、ゲリラ的に出現するオブジェのようなものを身近な風景に散りばめて、
アートを敷衍していきたいと考えていたので、
お店の上から乗りだしているブラウンに軽く嫉妬してしましました(笑)

ご紹介が遅くなり大変申し訳ございません。


こんにちは、総務の古閑です。

今回は、ニューフェースのご紹介です!

といっても、4月に入社されていたのですが、
紹介しようと思っていた矢先に、震災がおきてしまい
早6月となってしまいました。
IMG_2539.JPG
岩城乃輔 (いわき だいすけ)さんです!
1981年生まれの34才

一級建築施工管理士・一級建設機械施工技士の資格を持ち、
住宅から公共事業まで幅広く対応できる若手のホープです。

入社そうそうに、熊本地震が起こり大忙しとなり、
ブルーシートを張りにお客様先を回る日々。

ただ、弊社のお客様も岩城さんの入社をご存じなく、
「何度も確認されました…」や「不審がられました…」
と岩城さんも困っていらっしゃいました。

ただでさえ、皆が不安な日々を送っている時に、大変失礼いたしました!

岩城さん、ちゃんと弊社のスタッフです。

先日、写真も撮影しましたので、近日中に弊社
ホームページのフタッフにも追加しますので。

でも不審がられた一番の原因は、
このレンタカーです。
IMG_2545.JPG
確かに確認したくなる気持ちわかります。

あまりの依頼の多さに車も足りなくなり、
急きょレンタカーで走り回ってもらっていました。

車も取り急ぎ購入しますので、
しばらくこのレンタカーで頑張ってください!