熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々 > 2016年11月アーカイブ

*

*

工務店な日々

工務店な日々

くじ引き大会!

  • 2016.11.30

こんにちは、総務の井です。

先日、熊本ホテルキャッスルにて、毎年恒例の安全協力会の忘年会が行われました。

今年は、73社の協力会社の方々にご参加頂き、大盛況でした。

p1080434-2

p1080444

さて、今年の忘年会の目玉は、何といっても総勢99名参加の「くじ引き大会」!

景品は「特賞」「復興賞」「三友賞」の枠があり、豪華景品目白押し!

その他にも「駄菓子&お漬物セット」がもれなくもらえるという、

空くじなしのお楽しみイベントです。

 

この日のために、設計の内田さん、平田さん、藤山さんと一緒に打ち合わせを重ね、

密かに準備を進めてきました。

前日には、三友工務店御用達のむろやさんから、大量の駄菓子を箱ごと買ってきて、

お渡しする景品の「駄菓子&お漬物セット」を準備。

img_3268

お菓子を床に並べると、まるで駄菓子屋さんのよう。

大はしゃぎしながら、何種類もの駄菓子を袋いっぱいに詰めて準備万端、

いざ、忘年会へ!

img_3267

そして迎えた、当日。

司会は、平田さんと藤山さんのコンビです。

三友工務店のハッピを着て、会場を盛り上げます。

何が当たるかな!?

p1080447

特賞には、「ダイソンのコードレスクリーナー」や、「JTB旅行券」などの豪華景品があり、

会場は白熱している模様!?

当たった方は、おめでとうございます!

p1080450

吹春さんも、前に出てきて会場を大いに盛り上げてくださいました。

p1080459

私にとっては初めての忘年会で、おろおろするばかりでしたが、

先輩方のおかげで無事、楽しく終えることができ、ホッとしています。

参加された皆様にも喜んでもらえていたらうれしいです。

ちなみにくじ引きでは、

平田さんには「髭剃り」、私は「メジャー」が当たりました(笑)

来年も、がんばります!

 

 

君の名は?”花編_その1″


皆さんこんにちは!

三友工務店設計の藤山悟です。

 

最近、何かと目についたので気になっていた花の名前を、

先日、お客様のお宅で教えていただいたのですが、

皆さんは、こちらの花の名前をご存知でしょうか?

161018_yoshimizu_%e5%90%89%e6%b0%b4%e9%82%b8_%e9%87%8e%e7%94%b0_009

何かの形に似ていないでしょうか?

そう、鶏のトサカですね!

“鶏頭”というそうです。

学名はCelosia argentea(ケロシア・アルゲンテア)だそう。

Celosiaはギリシャ語のkleos(燃えている)に由来するのだそうですが、

確かに炎のような形をしていますね!

 

そういえば、私が以前、材木卸店で働いていた際、

農学部出身の社員のおじさんがおりまして、

“なんで学名じゃなくて和名で通称で流通させてんだ、この業界は!”

と、いつもぼやいていたのを思い出しました(笑)

例えば、”白樫”と”ホワイトオーク”は直訳では全く同じですが、

実際は異なる木です。

白樫は大工さんの道具の柄や土台によく使われます。

固く、変形量が少ないからです。

対して、ホワイトオークはワイン樽などによく使われます。

適度な油分を持ち、芳香もあるので、長期間の貯蔵に向いているからです。

名前は”同じ”ですが、全く違う使われ方ですね。

そういう例がたくさんあるので、おじさんのぼやきも理解できないではないのですが…

ちなみに私はいつもバーチとビーチがいつもこんがらがります(笑)

カバとブナなので、見ればすぐに違いは分かるのですが…

和名と英名もやや似ているのでややこしいですね。

 

学名はラテン語なので、基本的にはローマ字読みで大丈夫なのですが、

英米人は平気で自分の国の言葉寄りに発音するので、

“世界中のみんなが共通のルールで読めるたった一つの名前をつける”、

という努力は中々報われることが難しそうです(笑)

そういった試みはお客様の会社などでも往々にしてあるのではないでしょうか!?

フランスからのお客さん


皆さんこんにちは、

三友工務店設計の藤山悟です。

 

“Bon Boyage!がHave a nice trip!よね?”と聞くと、

“それは、そうなんだけど、フランス人がどうするか知ってる?と聞かれ、

“あぁ、Salut!って言うんだっけ?”

“じゃなくて、こうすんの!”

と、左右の頬を合わせてチュッと音を鳴らされ、

33歳のおじさんが照れて”それなら知ってる…”と言った、ある晴れた朝。

雲一つない青い空の下、大通りのバス停で。

 

先日、フランスからお客さんがやってきました。

会社にではなく、個人的になのですが。

彼女はカンヌ生まれのパティシエで去年から10カ月日本で働いていたそうです。。

日本でのハードな労働環境に耐えたご褒美として、

最後に、北海道から鹿児島に飛び、今度は南から長崎まで北上した後、

別のフランスから来る初めて訪日する友達と東京まで東上して帰国するとのこと。

ものすごいタフな日程ですね。

なんでそんなに重いバックパックが背負えるのか信じられません。

最初はヒッチハイクで鹿児島から来るって言ってましたし…

最終的にはバスで来ましたが。

 

9歳離れたフランス人の若い女の子に好きなものを聞かれて、

“ダフト・パンク、ヴァネッサ・パラディ、フランス・ギャル、セルジュ・ゲンスブールが好きよ。”と答えたら、

“ほんとに!?私もフランス・ギャルめっちゃ好き!”って聞いた時には耳を疑いました。

ダフト・パンクはまだしも、フランス・ギャルやゲンスブールは、

日本人でも60代以上しか興味がない元アイドルのお婆さんとプロデューサーだと思っていました(笑)

ちなみにカンヌ生まれなのでヴァネッサ・パラディは近くで見かけたことあるそうです。

まぁ、太秦で北大路欣也を見かけるようなものでしょうか?

ぼくは見かけたことないですけど(笑)

 

“フランス人の建築家だとジャン・ヌーヴェルが好きなんだよね。”と言うと、

誰だかご存知ないみたいでしたが、“ターニング・トルソ”なら知ってると言われ、

そりゃカラトラヴァ(スペインの建築家)だろ、と思いながら、

まぁ、みなさん自国の芸能人以外の他業種の有名人なんて知らなくて当然なのかもしれません。

 

ちなみに初日の夜は本妙寺や繁華街を歩いたんですが、

何分雨だったので、とりあえず夕飯は外食することにしました。

上の裏の“弐の弐”の”汁餃子”がいたく気に入ったらしく、

2杯目注文しとった時はかなりびっくりしました(笑)

やっぱり、飲食関係の職業の方は食べ物がお好きなですね。

ちなみにその日は車で来たのですが、

お酒を飲むかどうか聞かれて、

“いやいや、捕まっちゃうよ。”と答えると、

“そーだった!フランスでは1、2杯は全然OKなんだよね。

北海道で友達とレンタカー借りて、居酒屋寄って、2人ともビール注文したら、店員にすごい怪訝な顔されたよ”

と笑い、“明日はアタシが作るよ。”と言ってくれました。

 

翌朝は小国方面へ向かいました。

生憎の雨だったので、外輪山上の道は予想通り全く前方が見通せない状態でした。

予定では草千里や大観望に寄って、夕方くらいに温泉入って帰れればいいかと思っていたのですが、

とりあえず黒川温泉に直行。

161023_%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89_037

最初はあまり乗り気ではなかったけど、黒川に到着し、

入湯手形で3か所好きな温泉入れると聞くと彼女も俄然テンションが上がってくれました。

 

“熊本は馬刺しが有名だけど食べたことある?“と聞くと、

“馬好きだから、馬の肉は食べれない!”と言っていましたが、

昼食後、とある土産物屋で、髪の毛に食い物の匂いついたから、と言って、

棚に並んだ化粧水のスプレーを噴射していたのが、まさしく馬の油の成分を抽出したやつだったので、

“えっと、言いづらいんだけど、それ悲しいことに、馬由来の化粧水よ。“と指摘すると、

“えっ!?SAKURAって書いてあるのに?とても悲しい!”とびっくりしていました。

“馬肉のこと桜肉って言ったりするんよね。

多分、馬肉の色が桜の花の色に似とるからかね?知らんけど。”と説明すると、

“意味がわからん!”と憤慨されていました(笑)

161023_%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89_025

彼女は総じて温泉には満足してくれました。

最後の温泉を出るときには空も晴れあがってくれて、

ぼく自身ゆっくり歩いて回ったのは初めてでしたので、とてもよかったです。

甘味処では甘いものを追加注文していて、やっぱり驚きました。

161023_%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89_039

名物のシュークリームが完売してしまっていたので、

“来年絶対来なくちゃ!また、一緒に来よう!”

と彼女は言っていたのですが、ぼくはこの手の社交辞令がすごく嫌いなんですよね(笑)

 

しかし、黒川温泉は中国人やヨーロッパ系含めて結構な数の外国人の観光客が訪れるにも関わらず、

インフォメーションセンターで配られるペラペラの案内以外はほとんど外国語表記もなく、

スタッフの方も全然外国語対応じゃないのが勿体ないなと感じました。

一か所でも多言語対応のスタッフがお1人でもいらっしゃるだけで、

お客さんがわんさかいらっしゃるようになるのではないでしょうか?

 

最後の温泉から上がると、なんと空が晴れあがっており、

これ幸いとばかり大観望へ向かいました。

雨上がりなので、雲の下の風景がとてもドラマチックでした。

桃源郷とはかのようなものでしょうか?

上手く写真には収められないのでとても残念ですが…

161023_%e5%a4%a7%e8%a6%b3%e6%9c%9b_001_fb_cover

とにかく帰り道中、ずっと空がキレイで、

キレイなもんを一緒に見てくれる友達もしくは知り合いがいてくれるのは有難いんですが、

正直、生涯の伴侶が欲しいなぁ、と思いました(笑)

161023_%e5%a4%a7%e8%a6%b3%e6%9c%9b_007_fb

帰り着くと、昨日の約束通り、

彼女が謎のパスタを作ってくれました。

一緒に必要な食材を買い物しているときに、

“これで全部!”とカゴの中身を見て言ったので、

“いやいや、パスタ忘れとるよ。”と指摘すると、

“フランスだとどの家にもパスタあるのが当たり前だから、わざわざ買うって発想がなかった!”

と言っていて、確かにそうかも、と思い驚きました。

人は慣れ親しんだ習慣から脱するのは難しいものですね(笑)

その日は珍しくワインを飲みました。

まぁ、ワイングラス何て洒落たものがなかったので、湯呑で飲みました(笑)161023_%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf_004_fb

 

それで迎えた朝がbise初体験。

彼女は長崎へと旅立って行きました。

 

このバス停でも、時刻表に要予約などと書いてあって、ちょっとバタバタしました。

結果、空席があれば予約不要で乗れるのですが、

空港や各地を結んどる路線なのに、時刻表にはアルファベットも振っていませんし

英語のHPは分かりづらく、ちょっと残念でした。

まぁ、電話で問い合わせて事なきは得たのですが。

 

バブル崩壊後20年の時を経て、

おうちデートでフレンチディナーにbiseを添えて、

今回はさよなら、また今度。

 

ぼくが彼女の温泉付きパティスリーに行ける日が来るのは、

まだまだ先のことになりそうです(笑)

献血デー


こんにちは。

設計の平田です。

11月11日に熊本建設会館にて、建設業関係の方による「献血」が行われました。

年齢問わず、献血に参加できるようにと、イベントが開催されています。

特に10代から30代までの若者の献血離れが深刻とのこと。

今回は200mlを複数人から採血するのではなく、

健康な人から血液をより多く採血できるようにと、

400mlのみの献血を行うようになったとのこと。

 

会場では「骨髄バンク、ドナー登録」の依頼も行われ、

普段接することの無い内容のため、とても新鮮でした。

三友工務店からも数名が各時間に献血に参加。

 

と、その一人岩城さん登場。

img_7828_r  

 

注射針の苦手な岩城さん、憂鬱な中、真剣な眼差しで採血中(・_・)

img_7830_r

無事に400mlの採血を行い貢献して来られました。

 

骨髄バンク・ドナー登録をした人は「くまもんマグカップ」

img_7831_r

献血をした若者はみなお菓子の詰め合わせ。

献血に行くと景品がもらえる特典もあります。

是非、貢献できる方は献血にご参加ください。

 

11月11日は何の日?

「第一次世界大戦停戦記念日」や「ポーランドの独立記念日」などあったとのこと。

その他に「介護の日」から「ポッキーの日」「いい買い物の日」「おりがみの日」・・・

「麺の日」「もやしの日」「煙突の日」・・・(@_@)

検索すると沢山ヒットします。

11月11日は建築にも関係あるようです。

「公共建築の日」「配線器具の日」「電池の日」

意味あるものから、語呂合わせなど様々。

調べてみると、シュールな内容に思わず笑ってしまいました。

 

 

 

 

いろいろ準備中です


こんにちは、総務の古閑です。

先日、ディスプレイの境さんに来ていただき
社内をクリスマス仕様に飾り付けをしていただきました。

img_3212

クリスマス用の箱の中から、1年ぶりにお目見えの
クリスマスグッズ。

img_3229

クリスマスツリーも飾ってもらい
すっかりクリスマスモードになりました。

img_3214 

img_3218

社内では若手の皆さんが集まって、今月末に行われる
三友工務店安全協力会の忘年会の打合せの真っ最中です。

img_20161107_182248-s

昨年は、平田さんと藤山君の司会で盛り上がりましたが
今年はどんな感じになるのでしょうか?

楽しみです。