熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々 > 2017年5月アーカイブ

*

*

工務店な日々

工務店な日々

2つのお家レポート。

  • 2017.05.29

こんにちは。総務の井です。

社長のコラムでもご紹介がありましたが、

先日、二日間にわたり、新築住宅完成見学会をおこないました。

今回のお家は、「ギャラリーのある平屋のような2階建て」。

設計は下田さん、現場監督が園田さんの、昨年住まいのリフォームコンクールで優秀賞を受賞されたコンビです。

個人的には、はじめて上棟式に同行させてもらったお家なので、その後どんな風に仕上がっているのかとても楽しみでした。

 

玄関を上がるとすぐに、「ギャラリー」。

お施主さまの思い入れある絵画や陶器が展示されています。

そして対面キッチンのある生活スペースを通り、階段を昇っていくと、

IMG_5294

たくさんの書籍を収蔵できる、広々としたロフトが出現。

IMG_5295

外から見た時の、シュッとした傾斜のある屋根の形が、そのままに感じられます。

木の香りに包まれた、とても心地よい空間でした。

IMG_4655

▲ちなみに、こちらは昨年12月に行われた上棟式の時の同じ部分の写真です。

 

一見すると木でできているように見える外壁は、木目調の「サイディング」。

IMG_5313

セメント質と繊維質を主な原料に、板状に形成したもので、柄や色などのバリエーションが豊富な外壁です。

 

お客様とスタッフが、何度も打ち合わせを重ね、たくさんの選択肢の中から、納得のいく「ひとつ」を選んでいく。

ギャラリーを併設した今回のお家は、「こんな家があったらいいな!」を形にした、

印象的なお住まいでした。

 

ところ変わって見学会会場のテント内キッズスペース。

なんとこちらでも、もうひとつの「家づくり」が行われていたのです。

下田さんがお子様用にと作ってくれたレゴブロックの作品をキッズスペースに飾っていたところ、

それを見た小学校に入学したばかりの男の子が、

「家をつくる!」

箱からブロックを取り出し、構想をねっているご様子。

さっそく基礎の部分から建築開始!

迷いなくブロックを積んでいき、床・壁・屋根と、みるみるうちに形になっていきます。

そして、出来上がった作品がこちら。

IMG_5278

屋根はだんだんと斜めになっていて、煙突がついています。

玄関のドアを開けて中をのぞいてみると、なんとテーブルまでありました!

ほんのわずかな時間で、こんなにすばらしい家が建つとは!!

小さな建築家さんに、心から感動を覚えたのでした。

IMG_5282

以上、見学会より、2つのお家のレポートでした。

股旅社中の勉強会


こんにちは。

設計の平田です。

先日設計の先輩3名と股旅社中の全体ミーティング兼ねての勉強会に

参加するために広島へ行ってきました。

全体で13社の参加メンバーの方が勢揃い。

 

■股旅社中とは・・・

家具デザイナーさんと工務店と住まいに関するメーカーが協働して

新しい家づくりに取り組む活動をしている団体です。

 

今回のスケジュールは、

①股旅社中のメンバーの一社、沖田ホームさんの

先月お引渡しされたお客様のご自宅を見学。

②沖田ホームさんにお邪魔して、

「秘密基地」

第1号(モックアップ)、第2号(完成体)、第3号(進化版)の検証に参加。

③股旅社中全体ミーティング、及び新しい家具デザインコンテストの

各社各自が考える家具の中間発表を聞かせていただきました。

 

広島市内のお宅へ移動→

熊本では交通の便として自家用車が必須のため、

ご要望として2台以上の駐車スペースを言われるお客様が多いのですが、

広島市のような、土地、地形、交通事情により、立ち並ぶ極小住宅というものに

あまり馴染みのない私にとって、木造3階建の住宅はとても真新しい印象を受けました。

170518_股旅社中1_R

 

窓枠、建具枠、階段の踏板の細部まで考えられた納まり、

天板や突板、新しい部材の発見、

家具や照明製作時の検証のお話などお聞きすると、

もっと頑張らねば・・・と触発されます。

170518_股旅社中4_R

 

昼食場所へ移動→

お昼ご飯はみなさんで広島風お好み焼きを堪能させていただきました。

170517_股旅社中 お好み焼き_R

まんまるなお好み焼きです@@

昼食時には昨年の熊本地震の話題で持ち切りでした。

 

沖田ホームさんへ移動→

「秘密基地」の検証では、子供心(大人も夢中!?)をくすぐる

小さなチャイルドスペースを見せていただきました。

170518_股旅社中5_R

サイズは奥行500mm、間口1500mm、高さ1500mm。

内部には子供サイズの机と椅子、くぐり戸と小窓が付いています。

170518_股旅社中9_R

背面には黒板シートが付いており、チョークでお絵かきができます。

170518_股旅社中10_R

 

モックアップから、

第一段階の完成体・・・その後実際に設置して子供の反応を検証・・・

その後進化版の作成・・・・

学生時代に設計の授業で検証のために作成したモックアップを思い出しました。

当時のワクワクした気持ちが何だか懐かしくなります。

 

「P-JOINT」と呼ばれる家具用の金物を使用し、

金物を見せることなく固定でき、簡単に組み立てや解体ができます。

170518_股旅社中14_R

 170518_股旅社中15_R 170518_股旅社中16_R

170518_股旅社中17_R

 

また、上部には布があり、カーテンのように自由に使えます。

可愛い生地やカラフルな生地にすると子供も喜びそうです。

170518_股旅社中7_R

↑逆光で暗くなっていますが、内部はこのようになっています。

170518_股旅社中8_R

 

 

その後、全体ミーティングがあり、家具デザインコンテストの中間発表。

各社各自が考えるコンセプト~

(検証をしている会社さんもいました)~アイディアの発表。

家具をデザインして製品化に至るまでの過程を垣間見れたことは

私にとって、とても勉強になりました。

発想や造形だけではなく、機能性の確認、なぜそれが必要と考えたのかの検討検証。

家具だけではなく「ものづくり」全てにおいて精通する大切なことだと思います。

 

今回の勉強会で、実際に見て触れて教わって、とお腹いっぱいの研修でした。

また、参加されたメンバー方の

明るいアットホームは雰囲気はとても居心地が良く、

厳しいところも勿論あると思いますが、ものづくりへの情熱が伝わり、

とても有意義な時間となりました。

こうやって、いろんな方とお話して、見せていただいて、

勉強させてもらえる環境に改めて感謝です。

 


 

 

広島駅から熊本駅に戻ると「くまモン」が衣替え。

170518_股旅社中 くまモン_R

↓こちらは昨年のくまモンです。

170518_股旅社中くまモン 去年の10月_R

他にも特注の衣装をいくつも持っていそうですね。

 

 

 

 

爽やか初夏の装い


こんにちは、事務の二宮です。

今月末は熊本市内の小学校では運動会が行われるそうで、ご家庭によってはお天気が気になりますね。快晴といわず曇りでいいから、雨だけは勘弁してもらいたいものです。

そして運動会が終われば、そろそろ梅雨入り…。じめじめして嫌だなあ~と思いますが、でも暦の上では5月から6月初旬頃を「初夏」と言うらしく、今がまさに初夏! もう夏だと思えば、雨の日でもちょっと気が晴れるかも、ですね(笑)。

会社のディスプレイをお願いしている境さん。今月は「初夏」をテーマに、爽やかなコーディネートをしてくれました。

▲アジアンリゾートをイメージさせる素敵なディスプレイ

▲アジアンリゾートをイメージさせる素敵なディスプレイ

▲ブーゲンビリアやサンタンカなどトロピカルな花で初夏を表現

▲ブーゲンビリアやサンタンカなどトロピカルな花で初夏を表現

▲色鮮やかなコーディネートは見る人を元気にしてくれますね

▲色鮮やかなコーディネートは見る人を元気にしてくれますね

雨の日でも三友工務店は爽やか初夏の気分です。

新築完成見学会のご案内


こんにちは。またまた事務の二宮です。

今日はカーテンよりも大事なお知らせがありました!!

明日5月20日(土)と21日(日)の2日間、熊本市南区にて新築住宅の完成見学会を開催します! ギャラリーを併設した木造平屋の素敵なお家です。

 このお家を設計した下田さんにポイントを聞いてみました。

 ***

熊本市郊外にある集落の一角に「倉庫を建てたい」とのご相談から、家づくりは始まりました。

お話しをお伺いすると、手元にある思い入れのある絵や置物などの品々や本を保管したい。できればいろんな人に観てほしい。ギャラリーのある平屋がいいなあ・・・と。

25坪の生活スペースに、納戸を併設したギャラリー。

書庫兼用の、風が心地よい寝転びたくなるロフトもついています。

3G2A5415

3G2A5407

3G2A5384

***

 実際に見学会場に来ていただけると、ふんだんに使った木の香りや心地よさ、広さの感覚、家事動線のスムーズさを体感できると思います。

三友工務店の建てた家を見てみたい! と思われた方、まずは下記のフリーダイヤルにご連絡ください。見学会場をお知らせします。

なお、弊社には営業スタッフがいませんので、見学会に参加したからといって訪問やお電話などの営業行為はありません。安心してご来場くださいね。

 

富合の家 新築住宅完成見学会

5月20日(土)・21日(日)10時~17時

お申し込みは 電話:0120-146-983 

 

どうぞよろしくお願いします m(__)m

 

続・カーテン小話


こんにちは、事務の二宮です。

先日、事務所のカーテンについて書きましたが、まだ続きがありました。実はカーテンを作った時の共布でクッションカバーも作ってもらったのでした。

▲カーテンとお揃いの素敵なクッションカバーです

▲カーテンとおそろいの素敵なクッションカバーです

▲なんと高窓のカーテンもおそろい!

▲なんと高窓のカーテンもおそろい!

インテリアファブリックはデザインもよく、生地もしっかりしていて、クッションや小物に仕立ててもサマになります。

ちなみに、オーダーカーテンで残った布は「残布(ざんぷ)」といいます。普通はメーカー側で廃棄されることが多いそうですが、オーダー時に「残布同送」と伝えれば残り布はもらえるらしいです。小さな残布でもコースターやランチョンマットなど作れるみたいですよ。知らなかった…。

エコ、エコといわれる時代、なんでも無駄なく使うのは大事ですね。