熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2014年3月アーカイブ

コラム

2014年03月アーカイブ

「八代鏡町の家」完成見学会のお知らせです。

今週、3月15日(土)・16日(日)の二日間、、
お客様のご厚意により八代鏡町にて完成見学会を開催致します。
先週に続き、2週連続の完成見学会となります。

今回は、子育て世代の平屋のお家です。
設計は若松さん、現場は草津君が担当致しました。

       家族がもっと楽しくなれる!
               ゆったりのんびり平屋の住まい

平屋で広々とした間取りですが、外張り断熱のお陰で冬でも快適です。キッチンからは、
リビングダイニング・和室・子ども部屋が見渡せ、ご家族がどこにいても気配がわかりま
す。また、リビング、ダイニング両方から出入りできる広めのデッキは洗濯干し場やバー
ベキュー、子どもさんの遊び場としても活躍しそう。平屋でもトイレを2つ設けるなど、
水回りの動線の良さも暮らしやすさのポイントです。 (設計:一級建築士 若松恵子)

こんな感じのお家です。

完成予想模型です。(ほぼこの通りに出来ています。)

社内検査の状況
担当していない設計・工務スタッフなども集まって、それぞれの目線で検査を行い、指摘
事項を書き出します。同時に、納まり・デザインなどについてみんなで協議しています。

「お客様の声」

Q:三友工務店を知ったきっかけを教えてください
A:インターネットで地元の工務店を探していたところ、三友工務店を見つけたのがきっか
けです。調べてみると妻の職場の近くだったので、まずは資料を請求して、その後に会社
を訪問しました。職場の近くでしたが会社のことは全く知らなくて、訪問して改めて、そ
ういえば見たことがあるかなと思ったくらいでした。

Q:最初の印象はどうでしたか?
A:しつこい営業活動がありそうで住宅展示場には行っていなかったんですが、三友工務店
さんは営業担当がいないということであまり身構えずにお話を聞きに行くことができまし
た。最初に対応してくださった社長さんは自称営業担当ということで、土地探しから資金
繰りまで、何でもざっくばらんに話してくれて、とても好感が持てました。設計士さんと
も直接話しをすることが出来ましたし、その場で即答できないことは、後日ちゃんと調べ
て対応してくれる誠実な対応が良かったです。

Q:三友工務店を選んだ決め手は何でしたか?
A:家づくりは全くの素人で何も分かりませんでしたが、三友工務店さんは設計と工務が同
じ社内で意思疎通を図りながら家づくりをされるということで、安心してお任せできると
思いました。また、三友工務店さんが建てた家の完成見学会では同じような家は一つとな
く、どれも住まい手の希望が十分に反映されているのが良く分かりました。何回か話しを
聞いているうちに、もう他の会社の家を見る気がしなくなり、家を建てるなら三友工務店
さん以外では考えられなくなったのが契約の決め手です。

Q:家づくりでこだわった点を教えてください
A:田舎で土地は十分にあったので、10年、20年先の自分たちが年を取ってからのことま
で考えて平屋にしました。平屋でも5人家族なのでトイレは2つ造り、1つは寝室に近い
場所に設けてお客様用も兼ねています。寝室にはウォークインクローゼットと、妻が欲し
がっていた専用の書斎も設けました。ちなみに私の書斎は、ダイニングのカウンターテー
ブルです。そして、家の中心は家族が集まる、広く明るいLDK。子ども部屋はこのLDK
を通って行くように配置して、子ども達が大きくなっても必ず顔を合わせられるようにし
ています。デザインには特にこだわりませんでした。最初に私たちの考えを話し、その上
で若松さんに書いてもらった図面がまさにイメージ通りだったので、とても気に入ってい
ます。

Q:外断熱を採用していますが、これは前からご存知でしたか?
A:三友工務店さんで説明を受けて初めて知り、とても良さそうなので採用しました。11
月に棟上げがあり、夜はそこで宴会となったので、すごく寒いんだろうなと思って覚悟し
ていましたが、もう断熱材が入れてあって全然寒くなかったんです。断熱材だけでこんな
に違うのかと感心しました。また、先週も知人と近くを通ったので寄ってみたのですが、
火の気が全くないのに中はとても温かいんです。冬の寒い日でしたが、その温かさに知人
も驚いていました。完成後が本当に楽しみです。

Q:これまでのスタッフの対応はいかがでしたか?
A:設計の若松さんは話しやすく、主婦目線からここはこうした方が使いやすいといったア
ドバイスもしてもらいました。例えば、和室は小上がりにしたんですが、下部を収納にす
るなど使い方のアドバイスや、殺風景だったキッチンの目隠し壁の一部をくり抜いてガラ
ス板を入れるとか、女性ならではの提案が良かったです。たくさんのカタログの中から壁
紙や素材を選ぶのは大変でしたが、分からないものは現場で若松さんの意見を参考に決め
ていきました。分からなければ若松さん、というように、とても頼りにしていました。ま
た、工務の草津さんも気さくな良い人で、現場では大工さんも含め、皆さんにとても良く
してもらいました。

Q:三友工務店に頼んで良かったなと感じることはありますか?
A:自由度が高かったので、妥協することなく希望を叶えることが出来ました。打ち合わせ
の中で、こうしたら見積りより少し高くなるけれども、こうすれば同じような仕上がりで
も安く抑えられる、というように細かなアドバイスもあり、金額の見通しがついて計画も
進めやすく、予算内で収まったのが良かったです。また、最初にもらった「家づくりノー
ト」は、自分たちの望む生活スタイルや、こだわりたい場所、どんな家に住みたいのかを
明確にすることができ、その後の家づくりでもブレない指針となりました。そして、これ
だけ詳しく書いたのなら、きっと希望通りの家が出来るだろうという期待も大きかったで
す。

Q:新しい家ではどんな暮らしをしたいですか?
A:今までアパート暮らしで狭かったし、2階だったので階下の人に気を使って子ども達も
走り回れなかったので、新しい家では伸び伸びと遊ばせてあげたいです。まずは季節も良
いので、お披露目を兼ねてバーベキューも良いですね。また、キッチンも広くなり、洗濯
ものが干せる庭やウッドデッキもあるので、家族全員の布団を干すのも楽々。家事もはか
どると思います。満足できる家づくりをしていただきありがとうございました。
 

date:2014/03/13 (木)

ページの先頭へ

「益城の家」完成見学会レポート

好天にも恵まれまして,2日間に渡り沢山の方にお越し頂きました。

 

 

 

前回の1月に開催しました「宇土の家」に続き、今回も平屋のお家でした。

ちなみに、今週末に開催致します「八代鏡町の家」も平屋です。


最近は子育て世代の方々にも平屋のご希望が多いです。

今回見学会にお越しになられた方の印象としては、

家づくりに関して勉強されている方が多いなぁ、と感じました。

素材や構造的なことはもちろん、換気や気密・断熱などについてお尋ねになる方も有り、

建築の仕事をされているのではないか?と思うような方もなかにはいらっしゃいました。

 
消費税も4月から上がりますので、じっくり勉強しながら家づくりを進めようと思われて

いる方が多くなっているのでしょう。

また、お若い方でも少し和っぽい家、「和モダン」を希望される方が多いのも印象的でした。


 

 

date:2014/03/12 (水)

ページの先頭へ

K様邸新築祝い

先週の金曜日に、K様邸の新築祝いに行って参りました。
K様邸は、一昨年の12月にお引き渡ししましたお家です。
新築祝いは引っ越し後の落ち着かれた頃にされる方が多く、今回のK様邸もお住まいにな
ってちょうど一年経ってのお祝いでした。
もうすぐ転勤で、しかも遠方になるかもしれない?と予想されていましたので、新築祝い
は今しか出来ないとお思いになり、私たちの方にお誘いをされたようです。

当日は設計を担当しました三宮さんが所用で参加できませんでしたので、私と現場担当の
有村君、楠本棟梁の3人で出席させて頂きました。
お祝いの席では、出会った時のエピソードや家づくり期間中の思い出などで花が咲き、
夜遅くまで楽しく過ごさせて頂きました。

私などは、気持ちよくビールを飲んでいた所、有村君から“社長、それはノンアルコール
ビールじゃなかですか!”と指摘され、“え〜!?”と改めて缶を確認するとその通り。
ほろ酔い気分で良い調子で飲んでいたつもりでしたが、実はノンアルコールでした。

K様ご夫妻が、てっきり私がお酒を飲まないとお思いで、気を利かされて何もおっしゃら
ずにノンアルコールの缶ビールを私の前に用意して下さっていたのです。
私はそれとは知らず、本物のビールと思い込んで飲んでいましたので、ペース配分をしな
がらチビチビと飲んでいました。

お酒が飲めない私には、本物とノンアルコールの味の違いが良く分からず、缶の見た目も
変わりませんでしたので、“今日は調子がよか!、缶ビールば5㌢くらい飲んだのに赤くな
らんバイ!”と思っていました。
情報の共有が如何に大事かと言うことを、こんな席でも学ぶことが出来ました。。。(笑)
それから改めて乾杯し、私も本物のビールを飲み始め、すぐに酔いが回り、本当に良い調
子になりました。

まぁ、そんなことも有り、
大音量の有村君を筆頭に、みんなで大笑いして一時を過ごしました。
近隣の方は何を騒いでいるのかと迷惑だったかもしれませんね。。。(笑)

K様ご夫妻と楽しい一時を過ごせたことに感謝致します。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ノンアルコールでほろ酔い気分!?

家づくり期間中の写真を見ながら、思い出話をしている所です。

K様邸は、こんな感じのお家です。

 

date:2014/03/11 (火)

ページの先頭へ

今週末、3月8(土)、9(日)に開催します完成見学会の準備中です。

本日は、明日・明後日に益城町惣領にて開催させて頂きます完成見学会の準備をしています。
外部のテント、キッズコーナー、受付などに始まり、

内部のディスプレイなども役割を決めて粛々と準備をします。
メインの準備は現場を担当したスタッフ(今回は有村君)と江崎君、作村建築部次長が中心になって行い、私や嫁さんは主に建物内部のディスプレイを担当します。

なかでも有村君・作村さんは、こういったイベントごとに長けていて、とてもスピーディ
ーに準備を進めます。下手なイベント屋さんなら彼らには敵わないと思います。
PTA活動での経験が、こんな時に活かせるのでしょうね。。。(笑)
 

たまに“社長さんも設営を手伝っているんですか?”と言われますが、“毎回メインでやってます!”と笑って答えます。毎回のことなので手慣れたもので準備も楽しいです。

ということで準備の方も着々と進んでいます。

先日撮影しました写真をお見せ致します。

 

date:2014/03/07 (金)

ページの先頭へ

古民家再生の現場より

昨年、9月末より工事をしています古民家再生の現場です。
今回のS様邸は、御主人の御両親と同居する為の2世帯リフォームです。
設計を担当しているのが風間さん。現場は沼田君です。

着工前はこんな感じの外観でした。
屋根は10年程前に葺き替えてありました。

仮設足場が掛かっていますが、現在、こんな感じになっています。
西側の下屋を解体して増築しています。

内部はこんな感じです。

着工前

昨年、11月の状況

現在の状況

着工から半年近くが過ぎ、現在、大工工事も大詰めを迎えています。
予定では母屋を2月末に完成させる予定でしたが、
長い年月の中で木組みがくるっていたり、事前調査では分からず解体してみて初めて分か
った部分などもありました。その為、構造的に補強が必要な所も多々出て来て工事が遅れ
てしまいました。

お客様には工期が遅れてご迷惑をお掛けしていますが、ご理解を頂いて慌てすに丁寧に仕
事を進めさせて頂きたいと思っています。
その為、完成までにはまだしばらく時間がかかりそうです。
経験豊富な風間さんが、これからどういう風に仕上げていくのか楽しみです。

設計にあたって:風間 滋 一級建築士

・ 御主人の御両親との同居という2世帯住宅(お子様3人を含む7人家族)に於いて
  それぞれ自立した生活空間を持ちながら、出来るだけ出会いを強制せず、又家族として
  の暖かい触れ合いも十分可能な「ちょうど良い距離」を大切にしたプラン構成。
 (ご両親の生活空間に小さいキッチンとトイレ・洗面を設置、座敷(和室10帖)は
  御親戚の方達が集まる時の部屋だけでは無く、普段は御両親の居間(サブリビング)
  としても考える。等)
・ 本体の耐震補強を行うと共に、本体の周囲を囲む下屋と増築部分の耐震耐風強度を上げ、
  本体を保護するように全体のバランスを考える。
・ 金物を一切使わない伝統的な架構の美しさを積極的に各室のデザインに生かす。
・ 断熱性能の向上を図るため、床・壁・天井に十分な厚さの断熱材を配置し、気密性・気
    流止め及び外壁側の通気についても考慮するとともに夏場の通風にも配慮。

 
 

date:2014/03/04 (火)

ページの先頭へ