熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2014年8月アーカイブ

コラム

2014年08月アーカイブ

熊本県建築協会緊急防災隊の防災訓練実施

当社が所属する団体、熊本県建築協会では、毎年この時期に防災訓練を実施しています。
目的は、大規模災害発生時の県及び市町村からの応援要請に速やかに応えるための訓練で
す。

今回は、本日12:00に震度6強の地震により熊本県及び各市町村の施設が損壊するな
ど大きな被害が発生。
熊本県土木部建築住宅局から建築協会事務局に対し、二次災害防止のために、緊急防災隊
の出動要請を行う。というものでした。

私は熊本中央地区の担当でしたので、今回の被災想定建築物とされた熊本工業高校に行き、
同地区の22社のメンバーと共に被災調査訓練を行いました。

明日は台風11号が熊本地域に最接近する予想です。
施設が損壊するなど大きな被害がないことを祈るばかりです。
 

date:2014/08/08 (金)

ページの先頭へ

台風11号が心配

今週末から来週初めにかけて接近すると予想されている台風11号が非常に心配です。

当社では来週から夏季休暇(8/11〜8/17)に入ります。
この時期、職人さん達も盆休み休暇を取っているところが多いですので、万が一の時の
対応をどうするか、いまから検討していなければなりません。
場合によっては夏季休暇期間をずらす事も念頭に入れなければならないと感じています。

また、8/9(土)の夜は、夏季休暇を前にしてスタッフ全員で暑気払いを行うことになっています。
ちょうど台風が最接近するかもしれないという微妙なタイミングです。
まずは無事に暑気払いができるのか、台風対策の為の話し合いになるのか心配していると
ころです。
上棟したばかりの所、引き渡し間近の所、様々ですが、
何事もなく通り過ぎてくれることを祈るばかりです。

追伸:8/7(木)午前9時段階で日本の気象庁の進路予想と米軍の進路予想が微妙にずれています。
    どちらを信じて良いのか、、、
 

date:2014/08/07 (木)

ページの先頭へ

Y様邸上棟式

以前のコラムで、狭小地に建つ住宅の棟上げについて書かせて頂きましたが、
先週土曜日に無事に上棟式を執り行いました。

着工前の敷地

基礎工事も終わり、上棟に向けて土台を敷き込む準備をしているところです。

骨組みを組み上げている状況

2階部分を組み上げている所。

3階部分を組み上げている所。

3方向に囲まれた状態で隣地との空きも少ないですので、風がほとんど通らず作業環境も悪
いです。熱中症にならないように注意しながら工事を進めています。

上棟式の様子です。

作村建築部次長が祝詞をあげている所です。
目をつぶって聞いていると、神主さんが祝詞をあげられているように上手です。。。(笑)

直会(食事会のようなもの)の様子です。

最後に記念撮影

設計は三宮さん、現場は作村・草津コンビ、棟梁は松下さんです。
かなり難易度の高い建物ですが、三宮さん指導の下、Yさまの納得されるような立派なお家
をつくりあげたいと思います。

完成模型です。

date:2014/08/05 (火)

ページの先頭へ

N様邸完成写真が出来上がりました。

熊本市西区八分字のN様邸の写真が出来上がりました。

N様との出会いは、いまから3年半前に近見で開催しました完成見学会でした。
一端は他社で家づくりを進めていらっしゃいましたが、今一つ進展しないということで改
めて当社にご相談頂いたのがご縁の始まりです。

当社のコンセプトは

             “少しだけ時計をゆっくり回したら・・・
                           家づくりは、もっと楽しくなる“

普段は車で通り過ぎている道のりも、
自分の足でゆっくり歩いてみると、
これまでとは違う風景が見えてくるものです。

それは家づくりも同じだと思います。
完成までの道のりをあせらず、急がず、一つひとつの工程をじっくり進めていけば、
思いがけない喜びや感動と出会えると信じています。

今回のN様との家づくりも、あせらず、急がず、じっくり進めさせて頂きました。
時間は掛かりましたが、その分とっても素敵なお家になりました。

お家は昨年末にお引き渡ししていましたが、外構の樹木が育った状態で外観写真を撮
影しようと思っていましたので、この時期の撮影となりました。

設計は若松さん、現場は有村君が担当しました。

外観写真

内観写真

date:2014/08/01 (金)

ページの先頭へ