熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2014年9月アーカイブ

コラム

2014年09月アーカイブ

タカノホーム様のリノベーションモデルハウス見学

ジェルコ九州支部の9月定例会で、福岡タカノホーム様のリノベーションモデルハウスを
見学してきました。

   ジェルコとは、日本住宅リフォーム産業協会の通称で、国内最大の「リフォーム関連企業」
   の全国組織です。

タカノホーム様は「戸建リノベーション」の提案力をNHKで全国放送されるような
素晴らしい会社です。

今回見学できましたモデルは、タカノホーム様自ら中古住宅を購入されてリノベーション
され、展示場として一定期間使用した後に販売するという形の物件でした。

当社も戸建リノベーションを数多く手がけていますので、興味があり今回参加させて頂き
ました。

モデルの概要は、
実際の住宅地に建つ、土地67.7坪・建物28.55坪・2階建て・築年数40年弱の中古住宅で
す。

見学会の様子です。

見学者の方が多かったので、3班に分かれて時間帯をずらしての見学となりました。
関心の深さを窺えます。

展示場の写真をあまりお見せすることは出来ませんが、こんな感じでした。

現在、国の施策もあり中古住宅流通の活性化が叫ばれています。
リノベーションすれば立派に再生できる住宅を、取り壊して建て替えるのはほんとにもったいないです。

当社の場合、タカノホーム様のように中古住宅を自ら購入し、リノベーションして販売する、
という営業スタイルは考えていませんが、リノベーションするとこんなに変わる!という
所を、お見せできるような機会(見学会など)は必要だと思いました。

____________________________________________

最後に当社の施工事例を一つご覧下さい。
築35年の中古の平屋を購入されてのリノベーション事例です。

設計コンセプト
キッチン以外は和室の続き間ばかりで、全体的に暗い印象でした。明るく広いLDKにし
たいとの事で、家の中心に広々としたLDKを配置。
リビングの天井高をできるだけ高く上げ、梁をみせました。キッチンに立ちながら子ども
たちの様子が見渡せる、対面式のキッチンに。
内装はナチュラルな雰囲気にしたいとのご要望で、パイン材の床材と白を基調としたもの
としています。
玄関は扉の位置を変え、玄関の横に収納を設け、スッキリとした玄関になるようにしました。

ビフォー

解体状態(方向は違います)

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

 

date:2014/09/13 (土)

ページの先頭へ

熊本県既存木造住宅耐震改修工法講習会

先日、熊本県庁にて既存木造住宅の耐震改修工法に関する講習会が開催されました。
講師の方は名古屋大学災害対策室スーパーバイザーの川端寛文先生などで、
愛知県での取り組み状況などを元に、耐震に関わる話を色々と聞くことが出来ました。

当日は県内の建築設計事務所や、私達のような建築会社、市町村の方などたくさんの方が
熱心に受講されていましたね。
県庁地下大会議室がほぼ満杯になるような状態でしたので、関心の深さが窺えました。

当社からは私を含め10名が出席し、耐震改修工法について多くのことを学びました。
特に、低コストで出来る耐震改修工法などの事例紹介は勉強になりましたね。
愛知県での事例を元にしての話でしたが、
具体的に商品名も出しての紹介でしたので、教科書レベルの話とは違って実務に使えそう
な講習会でした。
受講して良かったです。
 

date:2014/09/11 (木)

ページの先頭へ

益城町にてM様邸上棟式&もち投げが執り行われました。

先日、益城町にて上棟式&モチ投げを執り行いました。

準備中の現場担当園田君。

棟札に御神酒をかけられているところです。

みんなで記念撮影

棟札の裏には、ご家族の願いが書かれています。

この棟札を見るのは、遠い将来に建て替えかリフォームでご検討される時だと思います。
その時、この棟札に書かれた願いを見られてきっと涙されると思います。

園田君が工事関係者を代表して祝詞をあげているところです。

棟札をご家族で取り付けられている所です。

最後はご主人の手により、しっかりと取り付けられました。

いよいよモチ投げです。

今回はモチの他に、紅白のお饅頭も用意してありました。
私としても初めての経験でした。

始めにお施主様のご挨拶

モチ投げ開始です。

みなさま準備万端なのか、カゴを持ってお越しになられた方もいらっしゃいました。

最後にお饅頭を直接手で受け止められるように、ていねいに投げられました。

特に、子どもさん達を前に集め、一人ひとりにていねいに投げられていたのには感心致し
ました。気配りが素晴らしいです。

直会(食事会のようなものです)

お施主様のご挨拶

工事関係者を代表して私の挨拶

お父様による乾杯の御発声

最後に記念撮影

M様との出会い
昨年1月にトーヨーキッチンにて相談会を開催しました時にお越しになったのが、ご縁の
始まりです。当初はリフォームor建て替えでお悩みでしたので、リフォームでの検討も進
めさせて頂きました。色々と悩まれた結果、最終的には建て替えを選択され、先日、無事
に上棟式を執り行わせて頂く事になりました。

設計は内田さん、現場は園田君が担当致します。
M様ご家族が納得されるような立派なお家をつくりあげたいと思います。
M様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
 

date:2014/09/05 (金)

ページの先頭へ

熊本市N様邸 完全2世帯住宅完成見学会レポート

先週末に、2日間にわたり2世帯住宅の完成見学会を開催させて頂きました。
雨に悩まされることもなく、2日間にわたり沢山の方にご来場頂きました。

今回の設計を担当致しましたのは下田さんです。
現場は有村君が担当致しました。

設計コンセプト:      『家族の想いが行き交う 4世代が暮らす家』

   利便性のよい立地ながらも閑静な住宅街にある、南側道路に面した71坪の敷地。
   初めてお伺いした時、南側と北西角にあった大事にお手入れされてきたとわかる庭が印象
   的でした。
   長年、この地で暮らしてきた御家族が、息子さんご家族との同居を機に、2つのアプローチ
   と2つの玄関のある完全2世帯のお家に建て替えることとなりました。
   1階には生活の時間帯が違う大人家族が、お互いを気遣いながらもそれぞれの時間を過ご
   せるように、2階は子育て世代家族で現在は子ども中心の生活ですが、将来、御夫妻2人
   だけでの暮らしもイメージし、また、盆・正月には御親戚が、今までと変わらず賑やかに
   集えるよう、建て替え前の家の記憶を残しつつ計画しました。

こんな感じのお家でした。

今回のお家は完全2世帯住宅でしたので玄関も二つあります。
ご両親世帯の玄関です。

子どもさん世帯の玄関です。

お客様の声

Q 三友工務店はどうやって知りましたか?
(お母様)実は、建て替え前の家は三友工務店さんに建ててもらったんです。長男が生ま
れた年なので、約37年前でしょうか。設計は稲留さんでした。ですから、その流れで何と
なく三友工務店さんにお願いしようと思っていました。義母は最初から三友工務店さんが
良いと言っていました。また、隣の敷地で次男夫婦も三友工務店さんで建てています。

Q 建て替えですが、リフォームは考えませんでしたか?
(お母様)三友工務店さんに相談したところ、リフォームも出来るということだったので
一応検討してみましたが、完全二世帯住宅を希望していたので、そうなると無駄なスペー
スが出てきてもったいないということになり、結局は建て替えとなりました。また、37年
前の家なので耐震性の心配もありました。

Q 他の住宅メーカーさん等との比較はされましたか?
(お嫁さん)とりあえず住宅展示場などは見て回りましたが、三友工務店さんなら他の会
社でいいなと思ったこともお願いできると聞いて、それなら大丈夫かなと思いました。
実際、何でも話しやすい雰囲気で良かったです。

Q 玄関から別々の完全二世帯住宅ですが、これは最初から決めていたんですか?
(お母様)はい。私がこの完全分離タイプが良かったんです。私も嫁という立場だったの
で、そこら辺は良く分かっていますよ。

Q 親世帯と子世帯、ご家族の意見の取りまとめはどうされましたか?
(お嫁さん)最初はそれぞれに“家づくりノート”で希望を書いて、それをもとに下田さ
んに図面を書いてもらいました。そこで何度か家族で相談をしたりしましたが、基本的に
はそれぞれの要望を汲んでもらったので、どちらかが合わせるということはありませんで
した。

Q 新居にはどんなことを希望されましたか?
(お母様)完全別居型の二世帯住宅で、玄関も別々です。高齢の義母もいますし、私たち
夫婦の将来のことも考えてバリアフリー仕様にしてもらいました。玄関にはスロープもあ
るし、洗面台も車椅子対応です。また、本家なのでお盆やお正月には人が集まる機会も多
いので、リビングは出来るだけ広めにしてもらっています。前の家に収納が少なかったこ
ともあって、収納はたくさん造ってもらいました。食器棚など造作もお願いしましたが、
中でもテレビボードは大きな絵も収納できる工夫がされていて良かったです。義母が趣味
で絵を描くので、絵を立ててしまえるのは助かります。主人は書斎があれば良いというこ
とで、特に希望はありませんでしたね。
(お嫁さん)陽当りがよく、明るく、風が通る家です。トイレは階段の近くにするなど、
水回りの配置は自分たちで使いやすいように決めました。LDKはワンルームの造りで、対
面キッチンから全体が見渡せ、子どもが遊ぶのを見ながら家事をすることが出来ます。
リビング続きの畳の部屋は小上がりにして、下部は収納にしています。畳は私の実家で作
った畳表で、床の間も造ってもらったんですが、下田さんからのアイデアで、床の間も畳
敷きになっています。あと、子ども部屋は1つですが、将来は2部屋に仕切れるようにし
ています。バルコニーも思ったよりも広かったので良かったです。

Q 完全自由設計は決めることが多くて大変ではなかったですか?
(お母様)正直、大変でした。こんな
ことまで決めなくちゃいけないの、と思ったり。
でも、困った時には下田さんが私たちのイメージに合ったものを事前に2、3種類選んでく
れたので、そこまではなかったです。むしろ、下田さんの方が大変だったんじゃないかと
思いますよ。
(お嫁さん)こっちが悩んでいると、必ず下田さんから提案があるので助かりました。
特にクロスは種類が多すぎて選びきれず、逆にこっちから下田さんはどれが良いですか?
と質問して、選んでもらいました。確かに選ぶことは多いんですが、その都度アドバイス
があるので大丈夫でした。

Q この間のスタッフの対応はいかがでしたか?
(お母様)何でも良くしていただきました。スタッフの皆さんの仲が良く、それが見てい
ても分かり、とても感じが良かったです。棟梁の方は若いのに丁寧に仕事をされていたし、
有村さんはノリが良く、いつも場を盛り上げてくれました。特に上棟式での大声での祝詞
は印象深いです。あと、2階の生活音が響かないよう、義母の部屋の上には部屋を作ってい
ません。構造的にも音は響かない造りだそうですが、下田さんにはこういう細やかな配慮
もしていただきました。義母の部屋からは前の家の庭も見ることが出来るんですよ。
(お嫁さん)下田さんはちょっと聞いたことでも詳しく調べてくれて、返事も早くて何を
頼んでも安心でした。細やかなアドバイスも良かったです。先にこれからするべきことの
工程表みないなものをもらっていたので、作業の見通しがついたのは良かったですね。
あと、私たちはまだ天草に住んでいて、あまり現場に来ることが出来ないため、来た時に
可能な限り作業をまとめてくれたりしたのも助かりました。

Q 新居での暮らしに期待することはありますか?
(お嫁さん)私たちはすぐに住むわけではないのですが、隣に住む義弟家族と共通の中庭
があるので、そこでバーベキューとかが出来たら良いと思います。

 

date:2014/09/04 (木)

ページの先頭へ