熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2015年4月アーカイブ

コラム

2015年04月アーカイブ

三友 → 「サンユウ」と「ミトモ」

三友工務店の創業は1953年です。
創業60年を超え、先代社長時代にお世話になりましたお客様も世代交代が進み、子供さん
世代とのお付き合いとなって参りました。

電話などで修繕の依頼などをお受けしますが、たまに「ミトモさんですか」と言われます。
決まってお近くにお住まいの年配の方です。
私の曖昧な記憶ですが、昔は「ミトモさん」と言われていたお客様の方が多かったような気
がします。
その為、「ミトモさんですか」と電話口で尋ねられると、なんだか懐かしく感じられます。

会社のロゴマークを検討していた頃で、多分、いまから20年位前の事だと思いますが、
先代社長である私の父に、三友工務店の読み方が「サンユウ」ではなく「ミトモ」の方が良
いかもしれないと相談されたことがあります。

理由は、
「ミトモ」の方が短くて発音しやすい事と、やわらかい響きが何となく上品に聞こえるから
だったと思います。
話はそのまま立ち消え、ロゴを作ったときにはローマ字でも「SANYU」と表記するよう
になりました。

このロゴマークになりました。

話は変わりますが、
電話などで「三友工務店」と言いますと、「サンユウ」という私の発音が悪いのか,声が聞
き取りにくいのか分かりませんが、何度も聞き直されることが有ります。
特に県外などに電話する時が多いです。

先日も東京のメーカーに電話問い合わせしましたが、受付の方が「サンポンコムテン」とか
「サンコンテン」とか言ってなかなか聞き取ってくれません。
東京には変わった名前の会社が多いので、素直に聞き取ってくれないのだろう!と勝手
に思い込んでいましたが、、
どうやら年齢と共に私の発音に磨きが掛かり、より聞き取りにくくなっていたようですね。。。(笑)

私の父も「サンユウ」という発音が自分でしにくくて、「ミトモ」に変えようと思ったのか
もしれないなぁ、とふと感じました。
高齢化も進んでいますしねぇ。
短くて発音しやすい「ミトモ」に変えるのも良いかもしれない!と思った次第です。
 

date:2015/04/10 (金)

ページの先頭へ

「くまもと住宅百科」発売!

「新聞社と企業調査会社がつくった頼れる住宅情報誌」というのが売りの、
珍しい住宅情報誌です。
新聞社は「熊本日日新聞社」、企業調査会社は「東京経済株式会社」です。
熊本では他に数社ほど住宅情報誌を出されている会社がありますが、
それぞれに特徴が有り、掲載されている住宅会社も様々です。

「くまもと住宅百科」は、先のように新聞社と企業調査会社が作られた事もあり、
独自の視点から熊本県内で高い信頼と実績を誇る会社を掲載されたと聞いています。
有り難いことに当社にもお話を頂き、2ページの枠で掲載させて頂きました。

書店・コンビニなどにも並びますので、一度手に取られてご覧頂ければ幸いです。

 

date:2015/04/06 (月)

ページの先頭へ

新年度を迎え気になっていた事。

4月から新しい年度に変わり、公共工事を手がけている会社は格付け(ランク)の見直しが
あります。このランクによって発注される金額も大きく変わります。
その為、私たち建築会社にとりましては、この時期に送られてくる、この決定されたランク
がとても気になる所です。
自社のランクは当然ながら、他社の動向も気になります。

国、県、市町村により格付け基準が違うために、それぞれの所から「競争資格認定通知書」
という形で決定通知書が会社に送られてきます。
このランクの見直しの元になるものが、経営事項審査の点数です。
経営事項審査というのは、公共工事の入札に参加する建設業者の企業規模・経営状況
などの客観事項を数値化した、建設業法に規定する審査のことで、略して「経審」
とも呼ばれています。
公共工事を受注している建設会社は、毎年、経営事項審査を受けることが義務づけられています。

先日、熊本県のランクが発表され、当社は「工事の種類:建築一式工事」で昨年と同じA1
ランクに格付けされました。
熊本県のランクはA1、A2、B、C、Dと5つのランクに別れています。
サッカーで言うならJ1、J2、J3リーグのようなものですかね。
当然ランクによって発注される工事金額も変わってきますので、
どのランクで仕事が出来るかで売り上げに大きく影響が出てきます。

当社は昨年、「新築住宅」「リフォーム」が主で公共工事を手がけていませんでしたが、
引き続き熊本県の格付けでA1という一番上のランクに運良く残ることができました。
この機会を活かし、今年は創業以来培われてきた技術を活かせる公共工事にも果敢に挑戦
したいと思います。
 

date:2015/04/03 (金)

ページの先頭へ

請求書のチェック

早いもので今年も3ヶ月が過ぎましたね。
いよいよ新年度のスタートです。
本日は朝から箱一杯にたまった請求書をチェックしています。

毎月、100社を超える会社から請求書が送られてきますので、確認するのも中々大変です。
まずは総務の方で協力会社さんから送られてきた請求書を整理し、各現場担当者が順番に
確認します。
その後、請求一覧という形でまとめられたものが私の手元に届き、私が最終確認をするとい
う流れです。

現在は紙媒体の請求書ではなく、インターネット回線を利用してお互いにやりとりしてい
る会社も多いと思いますが、当社では昔ながらのやり方で、協力会社さんから毎月請求書を
送って頂き、一つ一つ間違いがないか確認しながらお支払いをしています。
アナログですが、これはこれで手書きの請求書を通して職人さんの人柄が見えてとても良
いと思っています。

そういう訳で、本日は1日請求書を確認している次第です。
 

date:2015/04/02 (木)

ページの先頭へ