熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2016年12月アーカイブ

コラム

2016年12月アーカイブ

健康診断

年に一度、一泊二日の人間ドックを受診しています。
毎年、11月から12月に受診していますが、
今年は震災対応などで申し込が遅れ、クリマス直前の受診となりました。

例年、その時期が近づくと意識し始めますので、自ずと食事と運動に気を遣うようになります。
だいたい3ヶ月前ごろからはダイエットモードになり、

1年で蓄えた脂肪をまとめて落としている(体質改善している)ような感じですかね。

ただ私の場合、ダイエットといっても、甘いものをなるべく控えるのと、
夜の食事を減らすだけの話で、たいしたことはしていません。

併せて、ジムにも週2日、3日は継続的に通い、無理なく体重を2.5キロほど落としました。
お陰で体重も軽くなり、ストレスも発散できて気分が良いです。

が、この時期は忘年会真っ盛りとあって、人間ドックを直前に控えピンチが続いています。
さすがに目の前に豪華な料理が出てくると、
つい手が伸びてしまうのが情けない。。。(笑)
しかも、ほとんど飲めませんので食べるばかりでなお悪く、
何とか自制して乗り切らなければと思っています。

健康診断直前だけ頑張っても意味がないのではと言われますが、
しないよりはましですし、
何より、人間ドックを受診していなかった昔と比べると体重が8キロほど減っています。

継続は力なり。
一年に一度、体をリセットする意識を持たせる意味では役に立っていると思います。

人間ドックまであと少し、いい数値を残して気分良く来年を迎えたいところです。

date:2016/12/13 (火)

ページの先頭へ

東京出張

毎日、熊本地震被災復旧工事に取り組んでおりますが、
そろそろ来年に向けての準備をしなければならない時期となりました。
今回の東京出張では、私たちの業界の流れを学び、
併せて工務店同士の情報交換も行わせて頂きました。

モチベーションの高い方ばかりで学ぶことも多く、
非常に刺激を受けました。

日頃、被災復旧工事に追われていますが、
世の中はどんどん進んでいることを改めて認識致しました。
取り残されないように頑張らねばと思った次第です。

date:2016/12/10 (土)

ページの先頭へ

新築住宅事例・・・S様邸

今回ご紹介しますお家は、延べ床面積39坪、2階建て、ご家族3人で暮らされるお家です。

当社のお客様は、自分のペースで家づくりを進めたいと希望される方が多いです。
特に、今回ご紹介しますS様のように、営業マンに急かされて決めていくことに辟易されて来られた方も沢山いらっしゃいます。
ただし、なにぶんテンポがユッタリしていますので、急いで家をつくろうと思われている方には当社は向かないかもしれませんが、、、(笑)

設計段階でのスタディ模型です。
16120620-1_r 16120620-2_r 16120620-3_r

完成写真です。
161206-2_r 161206-3_r 161206-4_r 161206-5_r 161206-6_r 161206-7_r 161206-8_r
161206-1_r
161206-9_r

「お客様の声」
Q 三友工務店を知ったいきさつを教えてください
A リビング新聞に載っていた完成見学会の広告で知りました。当時は平屋に関心があり、その広告がちょうど家の近くで、しかも平屋だったため、行ってみることにしました。三友工務店さんの名前は以前から広告で知っていましたが、実際に足を運んでみたのはその完成見学会が初めてでした。

Q 三友工務店の第一印象はいかがでしたか
A いろいろと詳しく説明をしてくれ、アイパッドで他の実例も見せてくれたり、対応が丁寧でとても感じが良かったです。後から知ったのですが、その時に担当してくれたのが社長さんでした。見学した家も木をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気が私たちのイメージに合っていました。

Q 他の住宅会社も検討されましたか
A はい。家づくりを考え始めた頃は、大手住宅メーカーの展示場を中心に見て回っていたのですが、モデルハウスは確かに参考になる点もありましたが、見せるための家で実際に住む家でないため、私たちには大きすぎて現実味がなかなか湧きませんでした。また、住宅メーカーは営業攻めがすごくて、これには辟易しました。行ったその日にはもう電話がかかってきて、来週に間取りの提案をしましょうと言われ。その時はまだ土地もなく、何も見えない状態だったのに、間取りを提案されても逆に困るばかりです。
その点、三友工務店さんからはアプローチはないのですが、定期的に見学会の案内が届くため、自分たちの意志で好きな時に行けるのが良かったです。当時はまだ土地もなく、いつまでに家を建てたいという具体的な考えがなかったので、お陰でせかされず、ゆっくり家について考えることが出来ました。

Q 三友工務店を選んだ決め手は何でしたか
A その後、通勤や子どもの通学等の条件に適った土地が見つかり、本格的に家づくりを考えるようになりました。その頃には大手住宅メーカーは候補から外し、「木を使った家」をテーマに地元の会社を選択していきました。三友工務店さんを選んだ決め手は、やはり「人」でしょうか。営業はしてこないのですが、こちらから尋ねると丁寧に教えてくれるし、素人では気が付かないことまでも提案してくれる。連絡しなくても、見学会の案内状は届く。そういう距離感が私たちにとても合っていたと思います。

Q 新居の住み心地はいかがですか
A 家中に出来るだけ物を置かず、スッキリとした空間を作りたかったので、とにかく必要な場所に必要量の収納を設けました。中でも玄関横に作った大きな納戸、キッチンのパントリーは重宝しています。キッチンも夫婦で作業が出来るよう、ゆとりを持って広く作りました。前の家はキッチンに大人が2人で立つと身体がぶつかっていたのですが、今では忙しい朝もぶつかることなく、余裕で作業をすることが出来ます。トクラスから新しく出たキッチンはデュアルワークスペースタイプで、2人同時での作業がしやすくて選んで良かったと実感しています。2階に洗濯物を干せるスペースを設けたのも仕事を持つ主婦には大助かりですし、リビングも広くて落ち着きます。下田さんからの提案で、リビングは天井だけを珪藻土にしていますが、これも正解だったと思います。オープンなキッチンでも匂いが広がらず、室内で飼っているペットの臭いも気になりません。また、外張り断熱は夏でも1階はそれほど暑くならず、11月の今もそう寒くもなく、快適に暮らしています。

Q この間スタッフの対応はいかがでしたか
A 最初は平屋を考えていて図面も書いてもらいましたが、色々と検討して最終的には2階建てにしています。その時も快く了承してくれ、さらに資金のことなど詳細に教えてくれたので、安心して進めることができました。また、新居にどうしても飾りたい絵があり、また、それに合わせて今どういう物を持っているのか、新居ではどういう生活をしたいのかというイメージから入ったので、設計の下田さんには様々な提案をしてもらい、私たちの考えを具現化してもらいました。色々とわがままを聞いてもらい、下田さんには何度も図面を書いてもらって迷惑をかけたのではないかと心配していますが、私たちの気づかないことまで気を遣ってもらい、本当に良い家が出来たたと思います。お陰でお気に入りの絵も映え、2階建ての家での生活も快適。提案してもらった神棚の位置もぴったりです。
建設中に熊本地震があり、工期が1カ月延びた時は構造の面などで少し不安になりましたが、きちんと説明があり、点検もしてもらいました。当時はもうクロスを決める段階で、ほぼ完成していたのが良かったと思います。引渡し後も震度4レベルの地震がありましたが、特に問題なく安心しています。

Q 家づくりの一番の想い出を教えてください
A 建設中は毎週現場に足を運んでいました。自分たちの家が出来ていく過程を見るのも楽しかったし、棟梁の松本さんが良い人で、現場を見ながら「ここはこうすると強度が増すんです」といった、大工さんならではの色んな話をしてくれたのも楽しかったです。打ち合せも楽しくて、今はそれが終わってしまったのが少し寂しいくらいです。また、たくさんの中から自分たちで好きなものを選んでいく作業も楽しかったです。三友工務店さんでの家づくりは、本当に私たちに合っていたんだなと思います。
ありがとうございました。

date:2016/12/06 (火)

ページの先頭へ

工事中の家を見ることは可能ですか?

当社にお問い合わせ頂くなかで、最近、とくに多い質問です。
熊本地震の影響も有り、実際に基礎や骨組みを自分の目で確かめたい、
という方が多くなったのだと思います。

現場をご案内することはいつでも可能です。
なるべくなら、大工さんなどがいて現場が動いている平日か、土曜日をお勧めしています。
実際に働いている職人さんがいると、現場の雰囲気が伝わりますので、
ご自分達が家づくりを始めた時に、どんな雰囲気のなかで工事が進んでいくのかが分かり、
良い経験になると思います。

職人さん達は、基本的に話すのが苦手な人が多いですが、現場で何か尋ねたりすると、
その受け答えの中に、何となく人柄が伝わります。

例えば、こんな状況をご覧頂くことができます。

基礎の鉄筋の状況
161202-1

上棟間もない現場
161202-4

屋根の断熱材を取り付けている状況・・・外張り断熱と充填断熱の違いを確認できます。
161202-2

制震装置
161202-3

気密試験の状況
161202-5

当社の実際の現場をご覧になりたい方は、お気兼ねなく会社までご連絡下さい。

ハウスメーカーなどの見学に行かれて、
その後の営業に辟易されている方も多いと思いますが、
当社では一切営業はしませんので、安心してご覧下さい。

当社、WEB限定見学会情報「https://www.sanyu-k.jp/tours/」などでも、
構造見学のご案内をしていますので、お気軽にお申し込み頂ければ幸いです。

date:2016/12/02 (金)

ページの先頭へ