熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2018年12月アーカイブ

コラム

2018年12月アーカイブ

仕事納め。

当社の年末年始休業は、12月28日(金)~1月8日(火)の12日間です。

その為、27日(木)は仕事納めとなりますので、
朝から全スタッフが集まって社内の大掃除を行いました。

大掃除の様子です。

私のデスク廻りを掃除している松武君
感謝です。

エタノール暖炉のガラスを掃除する有村君

せわしなく動き回る吹春君

2階設計室の窓を拭く身の軽い内田さん

大掃除が一先ず片付いてから、
一年を振り返った簡単な会議を開催いたしました。

会議では「漢字一文字で一年を振り返ろう」というタイトルで、
各自の今年一年間も振り返って発表してもらいましたが、
一人ひとりの、その漢字一文字に込められた思いを聞いていて、
”そんな一年だったんだなぁ”と、私はとても感慨無量となりました。
お互いを知る上でも良い機会になったことでしょう。
良い一年の振り返りができて感謝です。

私はてっきり「忙」ばかりで収拾がつかなくなるのでは?と
とても心配しておりました。。。(笑)
この漢字一文字は、まとめて来年1月号の会報誌に掲載する予定です。

その後、工務スタッフは各自の現場を点検して廻り、
夜は居酒屋でささやかな忘年会を開催いたしました。

乾杯の音頭は、先日一級建築士に合格して縁起の良い松武君

中締めは、来年早々に一級建築施工管理技士の結果発表を控えている園田君が抜擢

忘年会はいつも通りの盛り上がりで、
日頃のストレスを十分発散してくれたと思います。

最後に記念撮影

また誠に勝手ながら12月28日(金)~1月8日(火)までの期間を
年末年始休業とさせていただきますが、
0120 – 146 – 983 (フリーダイヤル)までご連絡頂き、
メッセージを残して頂きますと、
折り返しご連絡をさせていただきます。

休業中でも連携を取ることが出来る体制を整えておりますので、
どうぞお気兼ねなくご連絡ください。

 

date:2018/12/29 (土)

ページの先頭へ

祝:松武君が一級建築士試験に合格!

12月20日に国土交通省から一級建築士試験の合格発表があり、
みごとに松武君が合格いたしました。


松武君は今年6月に縁あって当社に入社し、
工務部に配属されています。
今年30才で長崎県出身。
当社に来る前は長崎県内の市役所で公務員をしていて、
公共施設の建築・保全を主に担当する営繕課に勤めていました。
2番目のお子さんが誕生されるのを機に、
奥様の実家がある熊本市内に戻って来られることになりました。

余談ですが、
当社で建てさせて頂く2世帯住宅のかなりの件数が、
奥様の方のご実家を2世帯向けに建て替える仕事です。
松武君もそれに近いような形で熊本に戻ってくることになったのかなぁ?と想像します。

そんな経緯を経て当社へ入社して頂くことになりましたが、
入社するときの個人の一番の目標が、今回発表になった一級建築士の合格でした。
このたび無事に松武君の念願が叶い、本人もホッとしている所だと思います。

現在、松武君は工務に配属されていますが、
将来を見据え、設計に配置転換することを考えています。

これで当社の一級建築士も9名となり、
工務スタッフが持っている一級建築施工管理技士の4名を併せると、
建築に関わる一級の資格者だけでも13名となりました。
他に二級建築士が3名います。

当社は小さい会社ですので総勢20名しかおりませんが、
そのうち総務が3名、残りは私を含め全員が技術者であり、
営業は1人もおりません。

このようにスタッフのほとんどが、
建築に関わる資格で一級を持っているいるような会社は、
全国を見渡しても数少ないと思います。

そういった意味では、
当社は典型的な技術者集団であり、
創業以来60年以上にわたって地域に存在し続けたのも、
技術の確かさを皆様方に信頼していただいた結果だと思っています。

スタッフ紹介ページ
https://www.sanyu-k.jp/corp/staff.html

date:2018/12/25 (火)

ページの先頭へ

新築注文住宅の事例・・・平屋26坪

今回ご紹介します住宅は、
子どもさん達も巣立たれ、
ご夫婦2人でユッタリと過ごされる為の終の棲家です。

設計は風間さん、現場は園田君が担当致しました。

敷地面積110坪、延べ床面積は2LDKで26.3坪。
ロフトが1.5坪あります。

スタディ模型です。

こんなお家です。

内観

date:2018/12/21 (金)

ページの先頭へ

私たちの仕事について・・・工務スタッフ編

<私たちについて> 

家づくりは「どんな家をつくりたいか」と同じくらい
「誰といっしょに家づくりに取り組むのか」が
とても大切なことだと思います。
私たち、三友工務店の設計と工務のスタッフが、
どのように家づくりに取り組んでいるのか。
実際に携わっている担当者の声をご紹介します。

工務スタッフの声

「キレイで気持ちの良い現場」が、いい家づくりに。
お引き渡し後の、心地良い暮らしのために
現場での細やかな対応を心掛けています。

〇 私たちの仕事について

私たちは、お客様の暮らしの心地よさは
「キレイで気持ちの良い現場」にすることから始まると考えています。
それは、現場で働く職人さんや、近隣の方々の安心と満足は、
竣工後のお客様の暮らしの豊かさにつながることだと思うからです。
三友工務店では一人の設計士がお客様を担当するように、
工事現場でも私たち工務の中から一人の担当者がついて対応します。
担当者は、設計初期段階での見積り対応から現場工事、お引き渡し、
そしてお引き渡しの後のアフターフォローまでずっと変わらず担当しますので、
家を建てた後もおつきあいは続きます。

また、新築の段階から状況を把握しているため、
その後の修理・改修や、リフォーム・リノベーションなどにも柔軟に対応できます。
これも、お客様が建てた家にずっと心地よく暮らしていただきたい、
という想いから生まれた体制です。

〇 三友工務店の工務の特徴

「キレイで気持ちの良い現場」にするために、
私たちは近隣の方たちにも心を配っています。
近隣の方たちとは、
家を建てた後もお客様のご近所さんとしておつきあいが続くものです。
心地良い暮らしは、
周りの方たちとの良い関係がとても大事だと考えています。
工事の段階から近隣へのごあいさつは丁寧に行い、
クレームなどが発生した場合は迅速な対応を心掛けています。

また、担当の設計士と細かな連携を取ることができるので、
現場での仕様の変更にも対応できます。
設計の段階で決まっていた仕様も、
現場でお話を伺いながら変更することもあります。
(できないこともありますが!)それが、三友工務店の強みでもあります。

〇 工務から見た三友工務店の特徴(良いところも、そうでないところも)

① 社内の設計士と密に連携できるので、現場での変更にも柔軟に
現場での仕様変更などのご希望があった場合は、
すぐに担当設計士と連携を取り、できる限りのことは対応しています。
「もうプランができあがっているから…」とお客様が遠慮することなく、
何でも話せる現場をめざしています。
何でも話せる現場こそが、
キレイで気持ち良い現場になる第一歩だと思います。

② 詳細なお見積もりを出すので、わかりやすい
設計が作成したプランをもとに、
ご希望の仕様をお聞きしながら、
使う材料の数量、単価、メーカー名まで
細かく記載したお見積もりを出します。

もし、途中で仕様が変更になっても、
変更になる材料の金額が明確なので、
お客様にとってもわかりやすいお見積もりです。
坪単価いくら、というような曖昧な計算ではないので、
プランに基づいた適正な価格を把握することができます。

③ 電球の取り替えから対応できるアフターフォロー
お引き渡し後のアフターフォローも、
工事現場を担当した者が対応します。
どんなことでもご相談ください。
また、リフォームやリノベーションのご相談もお気軽にご連絡ください。

④ 現場で決めることが多いので、時間がかかります
三友工務店の家づくりの特徴として、
現場で細かな仕様を決めていくことが挙げられます。
現場で決めることが多い分、
変更などにも柔軟に対応できるメリットがある一方、
一般的な工事に比べて時間がかかることもあります。

⑤ 経験豊富な職人さんによる、丁寧な仕事
お客様とのおつきあいと同じように、
私たちと現場を担当する職人さんとのおつきあいも長いものです。
長年のおつきあいの中で培った信頼関係があります。
腕のいい、経験豊富な職人さんが多いのも、
私たちの現場の特徴でもあります。
職人さんたちの丁寧な仕事ぶりと、現場での対応力に、
私たちはいつも助けられています。

date:2018/12/18 (火)

ページの先頭へ

私たちの仕事について・・・設計編

<私たちについて> 

家づくりは「どんな家をつくりたいか」と同じくらい
「誰といっしょに家づくりに取り組むのか」が
とても大切なことだと思います。
私たち、三友工務店の設計と工務のスタッフが、
どのように家づくりに取り組んでいるのか。
実際に携わっている担当者の声をご紹介します。

設計スタッフの声

家づくりは、何でも話せる関係性が必要。
だからこそ、一人の設計士が最初から最後まで
家づくりのお手伝いをします。

〇 私たちの仕事について

設計の仕事は「ご家族の想いをカタチにする」ことです。
想いをカタチにするために、
お客様の建てたい家の話や、
ご家族の暮らし方について、
いろんな角度から、いろんなお話をお聞きします。

それが、私たちにとっていちばん大事な仕事だと思って取り組んでいます。
三友工務店には営業マンがいませんので、
打ち合わせから、設計、工事、お引き渡しまで、
担当となった設計士が最後までおつきあいします。

一人の設計士が納得のいくまでおつきあいしますので、
途中で仕様を変えたり、
最初の要望から追加したい項目が出てきた場合でも対応できます。

もちろん、実現が難しいご要望はお受けできない場合もありますが、
その場合でもきちんとご説明して、
お客様にとってベストな方法をいっしょに探っていきたいのです。

〇 三友工務店の設計士の特徴

お客様と何でも話せる関係を築くことができれば、
ご家族の想いをカタチにすることにつながると思います。
そのため、私たち三友工務店の設計士は、
打ち合わせの回数に制限を設けていません。

お客様が納得いくまで、何度でも打ち合わせを行います。
通常のハウスメーカーでは、
設計士との打ち合わせは○回までと制限されることが多いものですが、
私たちは打ち合わせの回数に制限を設けていません。

それは、お客様と何でも話せる関係を築いていくためには、
じっくり話し合うことが大事だと考えているからです。
丁寧な打ち合わせをするため、
他社と比べて多少お時間がかかります。
それでもお客様に納得していただく家をつくることを、
私たちは最優先に考えていきたいのです。

〇 設計士から見た三友工務店の特徴(良いところも、そうでないところも)

① 最初の打ち合わせからお引き渡しまで、一人の設計士がおつきあい
営業マンがいないので、
お客様の担当となった設計士が最初から最後までおつきあいします。
家づくりの最初の段階から一人の設計士がおつきあいするので、
仕様のご提案や、変更のご希望にも柔軟に対応できます。
これはお客様にとって、大きなメリットになると思います。

② 私たちが直接お話を聞くので、イメージをダイレクトに
「こんな風なイメージにしたい」というお客様の想いを、
私たち設計士が直接うかがいます。
お話を聞いた設計士が、プラン設計を担当しますので、
お客様のイメージをダイレクトに反映できます。
お互いに理解できるまで、納得いくまでお話をうかがいますので、
お客様と私たちとのイメージの食い違いが少なくできます。

③ 打ち合わせの回数が多い分、時間がかかります
私たちの家づくりは、
「家づくりにあまり時間を掛けられない」「いますぐ建てたい」
と考えている方には向いていないかもしれません。
それは、私たちの家づくりは、とても時間がかかるからです。
私たちには「お客様が納得のいくまで話し合ったうえで家づくりに取り組みたい」
という想いがあります。
だから、丁寧な打ち合わせをする結果として、とても時間がかかります。
でも、その分だけ後悔しない、
本当に納得のいく家づくりが出来ることと思います。

④ 工事を担当する工務スタッフと、細やかに連携できます
社内の工務担当者といつでも話ができる環境にあるので、
工事がはじまった後でも柔軟な対応ができます。
工事がはじまった後に決める仕様についても、
工務と連携を取りながら対応しますので、
設計に変更が必要となった場合でも私たちが対応します。

date:2018/12/14 (金)

ページの先頭へ