熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 実績紹介トップ > 車椅子でも自由に暮らしを楽しめる家

その他の住宅実績

「車椅子でも自由に暮らしを楽しめる家」イメージ

車椅子でも自由に暮らしを楽しめる家車椅子でも自由に暮らしを楽しめる家

バリアフリーを謳った家が増えていますが、車椅子といっても高齢で筋力が衰えたためなのか、若いけれど障がいや事故のためなのか、状況によってバリアフリーの在り方は当然、異なってくるはずです。だから、その家族に合わせたバリアフリーは必要でも、単に段差をなくしただけの“お決まり”なバリアフリーには価値がないと私たちは思います。
今回のM様邸は、障がいのため車椅子での生活を送るお子様が、毎日を快適に過ごせるように考えられた、まさにM様仕様のバリアフリー住宅で、ハンディがあっても生活を楽しめる暮らし方の提案がたくさん盛り込まれています。もちろん、水回り動線の工夫や玄関スロープからの連携など、実用的で細やかなアイデアは誰にでも使いやすく、車椅子をお使いの方はもちろん、バリアフリー住宅を検討中の方、一般の方にとっても、家づくりの参考となる素敵な家になりました。

設計のポイント 設計:風間滋(一級建築士)「目指したのは、生活のバリアフリー」お子様が車椅子というハンディを踏まえた上で私が考えたのは、家族がお世話しやすい家ではなく、家族のみんなが一緒に暮らしやすい家。建物のバリアフリーはもちろん、車椅子でも毎日の生活を自由に楽しめる“生活のバリアフリー”が最大のテーマでした。例えば、ダイニングに続く和室を車椅子の座面高に合わせたことで、車椅子からの移動が容易にできる。玄関ポーチを全てウッドデッキにしたことで、いつでも気軽に外出ができる。お子様にとって自分でできる事が増えるということは、目に見えるバリアだけでなく、見えない心のバリアもクリアになることだと思います。

ギャラリー

トップ


サムネイルクリックで画像が拡大します。

お客様の声
家を建てようと思ったきっかけを教えてください

子どもが車椅子を使っていて、今の2階建ての家では、段差もたくさんあり、子供を抱えて2階への往き来は大変でした。平屋で、車椅子でも生活がしやすい家がほしいと新築を考えました。

三友工務店との出会いを教えてください。

昨年から本格的に家づくりを考えはじめ、いろいろな住宅メーカーや展示場を回りました。多分、熊本市内の展示場は一通り回ったと思います。三友工務店を知ったのは、良町の家の完成見学会の折り込みちらしでした。すぐにホームページで検索したところ、内装がすごく良くて見学会に行くことに決定。家族で出掛けました。そこで感じたのは、新築特有の臭いがしなかったこと。天然素材を使っているからでしょうか。雰囲気も今まで見た住宅メーカーのものとは違い、ナチュラルで落ち着いた感じが気に入ったので、すぐに相談してみることにしました。

たくさん見て回られた中で、三友に決めた理由は何でしょう?

私たちの家に対する要望は、普通の人と比べるとかなり特殊なもので、車椅子での生活を中心に家づくりを考えていました。玄関のスロープはとても重要で、車から降りて、車椅子に乗り換えて、家に入る。この流れを理解して、雨の日でも濡れずにスムーズに移動できるということが、譲れない条件でした。
三友さんは、設計の風間さんが、私たちの特殊な要望にも柔軟に、外構も含めたトータルな提案をしてもらえました。最初は大きな案が4つあり、それからいろいろ検討して図面も5回以上書き直してもらい…。最初に提示した金額に収まるよう上手にまとめてもらえました。いろいろコストダウンしましたが、譲れないところはきっちり押さえていて、多分、希望したことはほとんど取り入れてもらえたと思います。私が仕事でCAD設計をしているので、自分で図面を起こして伝えたこともありますし、逆に私が出来上がった図面をチェックしたりもしました。おそらくプロからすれば、嫌な客だったと思いますが、いつでも快く対応してもらいました。ありがとうございます。

家づくりで一番こだわったところはどこでしょうか?

やはり車椅子でも使いやすい動線と、敷地内はすべてバリアフリー。さっきも出ましたが、駐車スペースを3台確保したうえで、車をつけて車椅子に乗り換え、玄関スロープにつながるという動線は一番こだわりました。また、車椅子でも家の中を自由に移動できる部屋の広さと開口部、トイレや洗面、お風呂などの水回りも重要。あと、私がキッチンに立っている間、目の届く範囲で子どもたちが遊べるスペースとして、ダイニングの横に小上がりの和室を設けたのもポイントです。高さは車椅子の座面高と同じにして、移動を楽にしています。壁は車椅子がぶつかっても大丈夫なように腰板を貼りましたが、デザイン的にも良かったです。あと、友人が集まった時に、みんなでバーベキューが出来るようなウッドデッキを作ってもらいました。玄関から一体の素材を使い、車も横付けできるので、子どもたちにも便利なウッドデッキです。本当にこの一年、これ以上にないと言うくらい車椅子の事を考えましたね。

今回の家づくりで三友工務店をどのように感じましたか?

「社長」というイメージが変わりました。会社の社長さんはお偉いさんで、話もできないというイメージですが、三友工務店の社長は気さくで親しみやすかったです。今日もお茶を出してもらいましたし(笑)。それから、三友さんでは営業の方がいないので、思ったことを、設計や現場の方にダイレクトに伝えられるのが良かったです。何でも対応が早いのには感心しています。また、建設の段階ごとに建具や壁紙など、現場と照らし合わせながら物が選べたので、イメージしやすかったです。メーカーだと家のイメージもないまま最初に全部選んで、もうおしまいだったと思います。三友さんの家づくりの工程を踏んでいくと、何で家が2カ月で建つのか不思議ですよね。
また、私たちの特殊な要望を理解してくれ、その多くをクリアしてもらい、感謝しています。お陰で、子どもが自分でできる事も増えるだろうし、これからの新生活が楽しみです。そうそう、子どもが建築中の家を見に行って、今まで聞いたことのない台詞を言ったんですよ。「ママ、こっちおいで」「かくれんぼしよう」って。子ども達も新しい家をとても楽しみにしています。

住宅実績一覧へ

お問い合わせ

  • 無料相談会
  • イベント情報
  • 土地探しについて相談したい
  • 資金計画について相談したい
  • 家づくり全般について相談したい

ゆっくりじっくり家のことを考えたい方へ 無料メールマガジン登録のご案内(全7回配信)

自由設計と注文住宅の違い、会社を比較検討する時のポイント、三友工務店に営業マンがいない理由など、家づくりのスタート地点に知っておきたい情報を分かりやすく紹介したメールセミナーを全7回に分けて三友工務店からお届けします。今後の家づくりにぜひお役立てください。

三友工務店の家づくり

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらまで! 0120-146-983

お問い合わせ

資料請求

お客様のこだわりをじっくりカタチにします。お気軽にご相談ください。

当社には営業スタッフはおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。