熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

新車をぶつける

ショック!
数ヶ月前に買い換えたばかりの、新車「ハリアー」を駐車場でうっかりポールにぶつけてしまい、ナンバープレートとフロントバンパーをへこませてしまいました。
前方部にはセンサーをつけていましたが、車体のちょうど真ん中部分で反応しなかったようです。車を止める時に、高さ60センチ位のポールが前にあるのは気づいていましたが、帰る時に何を考えていたのか、そのまま前に発進してしまいました。
幸い、ディーラにて見てもらった所、バンパーはほとんどへこみが判らないくらいにその場で直してくれました。しかし、元通りにするには6万弱かかるとの事。見た目には、バンパーのへこみはあまり判らなくなったので、今回はナンバープレートの枠のみの取り替えをその場で依頼。修理代が数千円で済んだのは助かりましたが、大事に乗っていただけに、ガックリ。それにしても、相手がポールで良かった。これで、人にケガでも負わせていたら大変な事でした。もう少しで夏も終わりますが、気合いを入れ直して、頑張りたいと思います。

date:2005/08/29 Mon

ページの先頭へ

熊本市内にてN様邸の上棟式が執り行われました。

今回の建物は、自然素材+外断熱工法の「日々木」仕様の建物です。
完成見学会でお会いしたのがご縁で、私どもの会社で住宅を建てさせて頂くことになりました。上棟式では、天草からご親戚の方々が多数来られ、大変賑やかな宴を迎える事が出来ました。宴会では、家づくりの話題から、ご親戚の方々のお仕事の話や、今問題になっているアスベストの事まで、多方面にわたる話題で盛り上がりました。
今回の住宅は、現場監督沼田君と経験豊富で熟練の技を持つ棟梁中村さん(昔気質で少々頑固です!)の元で、家づくりを進める事になりました。
完成が12月という事で、まだまだ始まったばかりですが、N様の御納得いくような建物
を造る為に全力で頑張って参りたいと思います。
N様今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

その時の写真です。

NAKAHAMASAMATEIJYOUTOUSIKI1

NAKAHAMASAMATEIJYOUTOUSIKI2

NAKAHAMASAMATEIJYOUTOUSIKI3

date:2005/08/23 Tue

ページの先頭へ

家族サービス

お盆休み期間は本でも読んでゆったりと家で骨休みでもしようか、と考えておりましたが、一時もじっとして居られない性格の娘の為に、家族旅行に出かけて参りました。
日頃の罪滅ぼしとは言え、大分の湯布院に泊まり、別府の水族館「海たまご」、猿で有名な「高崎山」まで足を伸ばしました。
湯布院では、街中を延々と歩いて散策した後、疲れ果てて小さな旅館に泊まりました。
この旅館は、一つひとつの部屋が離れになっており、造りも古民家風で、非常に良い雰囲気を醸し出していて、商売柄ついつい細かいディティールにまで目にとまり、今の仕事に活かせないかと考えたりもしておりました。
別府の水族館「海たまご」では切符を購入するのにも規制があり、中も大混雑で何か良く判らないうちに外に出てしまいました。その後、高崎山の猿を見に行きましたが、係員の説明を聞いていると、A群、B群、C群と3つの群れが居るそうですが、A群は壊滅的な状態で最近は餌場にも来ない(近寄れない)と言う事で、数年先にはこの群れは無くなってしまうだろうとの事。猿の世界も人間社会同様複雑な問題を抱えているようで、こちらの方が妙に気になってしまいました。
今回の旅は、新車(ハリアー)での初めて遠出で、慣れない運転で非常に疲れましたが、渋滞に巻き込まれる事無く、無事帰って来られたので幸いでした。子ども達も喜んでくれた様で一安心致しました。
ちなみに、娘は今日からYMCAの4泊5日の海のキャンプに意気揚々と出かけました。
誰に似たのか一時もじっとして居られない性格のようです。

YUFUINNKAZOKURYOKOU

date:2005/08/19 Fri

ページの先頭へ

D様邸上棟式

熊本市内にてD様邸上棟式が滞りなく終了致しました。
今回の建物は、外断熱2重通気工法の家です。
炎天下の中での上棟作業となりましたが、屋根に断熱材ネオマフォームを取り付けた後は、2階部分でもまったく暑さを感じませんでした。普通なら、とても居られないくらい熱気がありムッとしていますが、断熱効果が優れているせいか、それほどの不快感は有りませんでした。また、今回担当の楠本棟梁は、外断熱工法の住宅を数多く手掛けていますが、「この工法の家は夏でも涼しかけん、工事がしやすかですもんね!」と言っていました。
家を造る上で、一番重要な部分を携わり、しかも工事の最初から最後まで居て家の状態を肌で感じている棟梁の言葉に、自信を持った次第です。
完成が10月末の予定ですが、D様の御納得いくような立派な家が出来るように、全力で頑張りたいと思います。
D様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

上棟式後の宴会の模様です。
DOBASISAMATEIJYOUTOUSIKI3

屋根断熱材ネオマフォームです。
DOBASISAMATEINEOMAFO-MU

屋根に断熱材を取り付けている状況です。
DOBASISAMATEIYANEDANNNETU

date:2005/08/12 Fri

ページの先頭へ

D様邸上棟準備

35度を超える炎天下の中、真っ赤な顔に日焼けして上棟に向けて励む現場監督有村君と楠本棟梁。この炎天下の中、みんなの体が持つのか心配です。とは言う物の、大工さんからの「エアコン付きの現場事務所を設置して!」の声には、思わず聞こえない振りをしてしまいました・・・。
みんな、熱中症にならないように木陰で休憩を取りながら、安全に仕事を勧めて欲しい。

その時の様子です。

手前で指揮をしているのが現場監督有村君です。
DOBASISAMAJYOUTOUJYUNNBI1

建て方の様子です。
alt="DOBASISAMAJYOUTOUJYUNNBI2">

上から指揮をしているのが、楠本棟梁です。
DOBASISAMAJYOUTOUJYUNNBI3

みんな暑さでぐったり。手前のワイシャツを着た大きいお尻が、谷部長です。
DOBASISAMAJYOUTOUJYUNNBI4



date:2005/08/06 Sat

ページの先頭へ

アスベスト問題について

いよいよ8月、夏本番です。
雑用に追われながらも充実した日々?を送っています・・・
所で、最近気になるのがテレビ、新聞等の報道でその危険性を指摘されているアスベストの問題です。
当社では、ビル・住宅等の改修工事を数多く手がけていますが、今まで気にもしていなかった事(認識不足)を、指摘され始め、現場ではその対応に非常に不安を感じています。
また、お客様からのアスベストに関する問い合わせも多くなり、曖昧な返事は出来ない為、その都度メーカーに問い合わせをしながらわかる範囲でお答えしております。
特に、見た目にもアスベストが含まれているように感じる「繊維壁」。
これについては、多くのお客様から問い合わせを受け、メーカーへの確認の範囲では、アスベストは含まれていないと言う事でした。
その他、古い家では色んな所にアスベストが使われていそうで、私たち工事関係者としても心配している所で有り、その対応にも不安を感じています。
ビルならともかく、一般住宅の解体時(特にリフォーム)のアスベスト飛散防止については、どう考えて良いのか。また、その処理に伴う費用(相当な費用がかかるのでは!)については、どう考えるのか疑問・不安だらけです。
リフォーム等で、ほんのちょっとの改修工事で、もしアスベストが含まれている部分の除去が絡んだ場合、その除去費用の方が高くなりそうで、お客様に納得して頂けるか心配です。
とにかく、お客様の不安を駆り立てないように、なおかつ安全に暮らして頂けるような改修工事を進めていきたいと思っています。

date:2005/08/01 Mon

ページの先頭へ