熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

自然素材住宅にお住まいのI様邸にお邪魔いたしました。

先週の金曜日、阿蘇内牧にお住まいの、自然素材住宅で家を造られたI様邸にお邪魔いたしました。

昨年12月に当社が某雑誌に記事を掲載する事になり、設計を担当された小川建築事務所の小川様にもお願いして、座談会形式のインタビューに応じていただきました。その時の原稿確認の為に、今回再びお伺い致しました。

I様邸には何度もお伺いしておりますが、家の中に一歩入った時の木の香りと、杉板の足触りの良さ、そして家から眺める景色に、毎回感動させられます。
原稿確認していただいた後、I様から手打ちのそばまでご馳走になり、同行してきた当社の宮崎君も感動しきりのようでした。
何をしにお伺いしたのかも忘れるほど、ついついくつろいでしまいまして、I様には、ご迷惑をおかけしたのでは、と反省しきりです。

その時の写真です。
itidatei022401
itidatei022402
itidatei022403

次回お伺いするときは、家族でお伺いするかもしれません。
(娘の・・・が、遊びに行きたがっています!)

I様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
また、取材に協力していただきました、小川建築事務所の小川様にもお礼申し上げます。

date:2006/02/27 Mon

ページの先頭へ

我が家の梅の木に一輪の花が咲きました。

我が家の梅の木に、やっと一輪の花が咲きました。
もうすぐ、寒〜い冬も終わりです。

umenoki

umenoki2


今年の冬は、ことのほか寒く、私の家は築24年になりますが、無駄に広い為か、家中寒くてたまりません。ちょうど6年前に、中古で購入した住宅ですが、家の造りは良く、断熱材もきっちり入っています。
しかし、当時は気密性が今ほど重要視されておらず、家全体で考えると隙間がかなりあるのでは、と感じています。
その上、外断熱工法の住宅の完成見学会を立て続けに開催しているだけに、その温かさの違いに愕然としています。吹き抜けやリビング等の大きな空間がありながら、わずかの暖房で家中が暖かいことに、造り手である私も驚きました。
どの見学会も来場の方が多く、玄関の開け閉めを頻繁にしたにもかかわらずです。
我が家も中古の住宅として購入したばかりですが、こんな寒い時期になると、もし家を造りなおす事が有れば、絶対に外断熱工法で建てたいと、いつも感じています。

date:2006/02/20 Mon

ページの先頭へ

最近何かと話題の建築業界。

アスベスト問題に始まり、リフォーム詐欺事件や姐歯元一級建築士による構造計算書偽造事件。そして、某ホテルによる竣工完了検査後の改造事件。など、とかく話題の多い建築業界です。この業界に生きる人間として、肩身の狭い思いをしています。
構造計算書偽造事件については、良心的な会社が、まじめに、設計事務所の図面通り、しかも建築確認許可も出ている様な図面に基づいて建物を造っても、その構造に問題が有れば、業者側にもそれを発見できなかったとして、不適格業者の烙印を押されかねない状況です。
また、ここの所熊本で問題になっている八代木村建設が建てた物件の中で、強度不足が指摘されている新たな問題。今後どうなるのか気がかりです。
現在の所は、八代木村建設がらみの建物だけですが、他の地元建設会社にも波及しないかと心配しています。
当社が施工した物件は、よもやこの様な事態にはならないと思いますが、それぞれの問題が解明されてくると、ますます建築に対するイメージが悪くなってくるのでは、と危惧しています。
私たちの業界も、前途多難だなあとつくづく感じる今日この頃です。

date:2006/02/14 Tue

ページの先頭へ

熊本市月出にて「TOKYOの建築家と造る外断熱二重通気工法の家」の完成見学会を開催します。

今週11日(土)、12日(日)に東京で活躍されている建築家三宮健司氏とコラボレーションした外断熱二重通気工法の家の見学会が開催されます。
企画、基本設計を三宮健司様が担当され、私どもの会社で実施設計をさせて頂きました。
日頃私どもの会社で手がけている住宅とは、ひと味違っていて見所沢山です。
私たち工務店としても、良い勉強になりました。
2日間限定ですので、興味がお有りの方は、ぜひ見学会においで下さい。
きっと何かを感じられる事と思います。
担当した現場監督の感想です。
「在来木造でありながら曲面が多く、しかも外断熱2重通気工法の建物という事で、現場での納まりに大変苦労しましたが、やりがいの有る仕事に携わる事が出来て良かったです。」と言う事でした。

リビング
satousamateiribinngu

ダイニング
satousamateidaininngu

和室
satousamateiwasitu

2階ファミリースペース
satousamatei2kaikazokusitu

date:2006/02/08 Wed

ページの先頭へ

リフォーム事例

子供様が大きくなられ、「勉強部屋を何とかしたい」との要望にお応えしたリフォームです。
増築案も考えましたが、1階リビング上部が一部吹き抜けになっていた為、その吹き抜け部分と2階廊下を改修して子供部屋を造る提案を致しました。当社で新築した建物ではありませんでしたが、築年数も新しく、骨組みもしっかり造ってあった為、構造検討を行い、梁を補強して工事を進めました。増築案に較べ、費用も安く済み、お客様の負担も軽くなりました。

(着工前)
2階廊下から見た写真です。
komatunosamakaisyuumae1

1階リビングから見上げた写真です。
komatunosamateikaisyuu2


(竣工)
着工前と同じ角度から見た写真です。上の段がベットです。
材料は、床、壁、本棚とも杉材です。
komatunosamateisyunnkou1

違う角度から見た写真です。
komatunosamateisyunnkou2

ベット上から見た写真です。ベットの床も杉材です。
ベットの床板を外すと、下は収納になっています。
komatunosamateisyunnkou3

1階リビングから見上げた写真です。天井材も杉材です。
komatunosamateisyunnkou4



date:2006/02/06 Mon

ページの先頭へ

ゴルフレッスン開始。

昨年1年間の不甲斐ない(それ以前もたいしたことは有りませんが!)ゴルフスコアーに、ついに業を煮やしてしまいました。
3桁台のスコアーというのは、日常茶飯事ですが、さすがに〇〇〇を超えてしまうと、ゴルフを始めた頃に戻ったみたいで、さすがの私もこれではいかん、と落ち込みました。
ゴルフ場でプレーするのは年間5,6回ですが、下手なりに長年やってきただけにショック!
ということで、今年1月からレッスンに通い始め、まだ受け始めたばかりですが、今までやっていた事がいかに勘違いであったか、とつくづくと感じています。
クラブの握り方に始まり、テークバックの方向、トップの位置、腰の回転の仕方など、多岐にわたって勘違いがあったようです。どおりで・・・・・ハズです。
コーチの指導を素直に受け入れて、勘違いで固まったフォームを解きほぐし、一から出直しだ、と感じる今日この頃です。

date:2006/02/03 Fri

ページの先頭へ