熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

先週に引き続き、今週はリフォームの見学会を開催します。

熊本市大江にて、1階はご自宅、2階は下宿として使われていた住宅を全面改修し、
2世帯住宅として、再生した家です。
2階は中廊下形式で、両側に部屋がある典型的な下宿の間取りでした。
これをどう改修するかが問題でしたが、設計の若松さんが見事に解決してくれました。
工事にあたっては、築年数も古い為、2階部分は屋根、外壁、柱、梁を残して内部を全面解体し、さらに柱・梁・壁を構造的に補強してリビングとして使えるように改修しました。
下宿として使われていた改修前の間取りからは、想像もつかないような姿に変わり、お客様にも大変喜んで頂きました。
工事は、難しく、またやりにく仕事でしたが、工事中のお客様の全面的なご協力、ご理解も得られ、スムーズに仕事を進めることが出来ました。
今回、お客様のご厚意により、2日間のリフォーム見学会をさせて頂く運びとなりました。

改修前:玄関から階段を見た状況(急勾配)
uedasamateityakkoumae3

改修後:階段、ホール周りを改修
uedasamateisyunnkou1

改修前:2階部分
uedasamateityakkoumae4

改修後;2階の部屋を解体し、広々としたリビングに改修
uedasamateisyunnkou2

date:2006/05/24 Wed

ページの先頭へ

熊本市内にて自然素材住宅の構造見学会を開催します。

今週20日(土)、21日(日)に、熊本市春日にて自然素材住宅の構造見学会を開催します。
今回の住宅は、建築家平川義隆氏設計の自然素材住宅です。
木材は、日本で初めてFSC森林認証を取得した宮崎県諸塚村の森林組合から、当社が直接購入した葉枯らし乾燥材を使用しています。
ちなみに諸塚村は、日本でも有数の杉の産地ですが、今回使用する木材は、その中でも産地直送住宅用に、時間を掛けて特別に葉枯らし乾燥させた物です。
この葉枯らし乾燥材は非常に品質も良く、毎年限られた棟数ぶんしか供給できない為、私たちにとっても大変貴重な材料です。
ご興味がお有りの方は、是非遊びに来てください!

kouzou1

kouzou2

kouzou3

date:2006/05/18 Thu

ページの先頭へ

ホタル発見!

会社から自宅への帰り道、距離にして約200丹未瞭擦里蠅髻△箸椶箸椶畔發い撞△辰討い襪函△い弔發覆5月の連休には見かけるホタルを、今年は中々発見できませんでした。
今年はホタルもゆっくりしているのかと思いきや,そのホタルを一昨日やっと発見。
数は少ないものの、よくよく見ると、あちこちで点滅を繰り返していました。
本当は、もっと早くから出ていたのかも知れませんが、会社から疲れてボーとしながら脇目もふらず?家に帰っていたのか、全く気がつかなかったようです。
毎日の暮らしのなかでも、普段とは違う何か、を発見出来るよう、ゆとりを持って行動しなければ、と感じた次第です。

date:2006/05/13 Sat

ページの先頭へ

連休も終わり、気分も一新。

連休も終わり、気分も一新。と行きたいところですが、久しぶりの家族サービスで、普段は決して使わないような筋肉や、子供の信頼を勝ち取るための精神的プレッシャー(傍目には判らない!)の為か、すっかり疲れてしまいました。
今回は、子供達の希望で福岡への小旅行と言うことになりましたが、“博多どんたく”とも重なり、博多の街は大混雑でした。
おまけに、アレルギー性鼻炎の為か博多の街を鼻水垂らして歩き回り、頭はボッとしながらも何とか子供達を見失うこともなく、ついて回ることが出来ました。
ポケットティッシュ配りの店員さんを、これほど有り難く思ったことはありません。
また、熊本では、ちょっとそこまで行くにも車を使う私にとって、目的地に着くまで地下鉄やバスを使って延々と歩き回らなければならない博多の街が、大きなフィットネスクラブのように思えてなりませんでした。それにしても、博多の人は毎日の通勤で鍛えられているのか、歩くのは速いし、みんな体力があるなあ、とつくづく感じました。
家に何とかたどり着き、いつもの温泉で一人ゆっくり出来たときが、私にとって一番の気分転換になりました。(笑)

date:2006/05/09 Tue

ページの先頭へ

連休だ!

今年に入り、一日ゆったりと休む暇もなく、せわしい毎日を送っていましたが、5月の連休3,4,5日の3日間は、休むことにしました。
私としては、この3日間を温泉にでも浸ってゆったりと過ごそうかと思っていましたが、家族が許してはくれません。(当然か!)
連休初日の3日から、早速泊まりがけで福岡に行くとの事。
もちろん私が鞄持ち兼運転手。のようです。
福岡に、なんばしに行くと、と言いたくなりましたが、日頃の家族とのふれあいの無さを反省し、快く了解しました。
行く先々で渋滞に悩まされ、着いても行楽客で混雑するだろうなあ、と思いながらも子供達の信頼を勝ち取るために、頑張って行かねば、と思っています。
それにしても、疲れるだろうなあ〜・・・!。

date:2006/05/02 Tue

ページの先頭へ