熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

「無垢の木の家」完成見学会を開催中です。

今日7月29日(土)、明日30日(日)の2日間に渡って、熊本市春日4丁目にて自然素材住宅の完成見学会を開催しています。建築家平川義隆氏による設計で、宮崎県諸塚村の木材をふんだんに使った、木の香り豊かな住まいです。
当社では、今まで色んな家造りをしてきましたが、今回の建物も見所の沢山ある、工務店にしか出来ない家造りだと思っています。
炎天下の中、社員一同汗を拭き拭き待機しております。
ご興味がお有りの方は、暑い中では御座いますが、一度足を運んでいただき、無垢の木の家の心地よさを体感していただければ、と思っています。
なお、次週8月5(土)、6(日)も、当地にて完成見学会を開催します。
今回ご都合の悪かった方で、一度見てみたい、とお思いのお客様は、次週も引き続き見学会を開催していますので、宜しくお願いいたします。
当社では、しつこい営業は一切致しませんので、ご心配なくお気軽においで下さい!
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

hirakawasamateikannseikenngakuka

date:2006/07/30 Sun

ページの先頭へ

今日の雨はすごかった!

今日の大雨はすごかったですね!
もう少し、この雨が続いていれば、私の家も床下浸水になったかもしれません。
嫁さんの話によると、家の前の小川がもう少しで溢れ出す寸前だった、との事。
ここ最近では、一番の雨量でした。
私が小さい頃は、この辺りまで水が来る事は良くある事でしたが、今では河川改修が進み、家の土地が浸かる事はありませんでした。
しかし、今回の大雨では危機一髪の所まで、水が来たようです。
写真がなくて残念ですが・・・

余談ですが、
私が小さい頃は、梅雨時期の大雨による江津湖の洪水には、有る意味楽しみもありました。
昔は、今ほど水が直ぐには引かず、数日も経つと、増水していた小川の水も透き通り、そこには錦鯉などの観賞用の魚がウヨウヨと泳ぎ回っていました。
当時、江津湖近隣では小川から水を引いて、自宅の庭に池を作られていた方が多く、増水した為に、その池で飼っていた鯉などが逃げ出したものです。
子供ながらに網を持って、増水した小川に入り、その鯉を追いかけ回して、楽しんだ記憶があります。挫念ながら捕まえた記憶は御座いません。
鯉もそれほど間抜けではなかったようです。
その時の、透き通った小川の水の綺麗さを、未だに忘れる事はありません。

date:2006/07/21 Fri

ページの先頭へ

最近のリフォーム事情について

昨年あたりから大型リフォームの問い合わせが非常に多くなってきました。
最近特に多いのが、中古の住宅をお買いになり、入居前にリフォームしてから引っ越しをなさるケースです。あるいは、まだ購入はしていないが、良い物件があるので見て貰えないだろうか、と言う問い合わせです。
世の中、好景気のようですが、将来に対する不安からか、土地から探して家を建てるより、中古の住宅を購入し、生活しやすいように可能な範囲(金銭的な面も含めて)で間取りを変更し、そこで快適に過ごす。そして将来、資金的に余裕が出来てきた時、その場所に建て替える事を目標にされている方が多いようです。
また、中古の住宅を購入される方の中には(ほとんど?)、土地から探して家を建てる事も検討された方が多いようです。
その為、リフォームについての要望、こだわりをお持ちの方がほとんどです。
私たちの会社では、そのこだわりを出来る限り実現に近づける為に、設計・工務・大工などのスタッフが一体となって仕事を進めていきます。

話は変わりますが、一言でリフォームと言っても、網戸の張り替えから、ビフォーアフターのような大型工事まで色んな工事があります。
色んな形で、仕事に携わりますが、末永くお付き合いが出来、いずれ建て替えるときには声を掛けるから、と言って頂けるような仕事をしたいですし、そんな会社になって行きたい、と思っています。

date:2006/07/12 Wed

ページの先頭へ

久々の勉強!

昨日、監理技術者講習会を受講してきました。
監理技術者講習と言うのは、
「公共機関発注の工事に監理技術者として現場に配置するときは、監理技術者資格者証を所持した技術者の内、工期のどの期間から見ても前5年以内に監理技術者講習を受講修了した者をあてなければならない。配置された技術者は資格者証と、講習修了証を携帯し、公共機関の発注者の求めに応じ、いつでも提示できるようにしなければならない。」

早い話が、5年以内に講習を受けていないと、例え1級を持っていても公共機関発注の工事には現場員として配置できませんよ。と言うことです。
その為に、久しぶりに一日みっちり講義を受けて、色んな勉強をして参りました。
とても1日では消化できる内容ではありませんでしたが、今まで知らなかった事、忘れていた事などを改めて学ぶことが出来、非常に勉強になりました。
途中眠くなることもありましたが、最後には簡単な試験も有ると言うことで、いつもとは違う適度の緊張感の中で、充実した一日を過ごすことが出来ました。

date:2006/07/05 Wed

ページの先頭へ