熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

今年一年間、本当にお世話になりました。

今年もお陰様で沢山の方々とご縁があり、住宅新築、リフォーム、ビル建築、寺社山門建築など様々な工事をさせていただきました。
限られたスタッフの中で、よくこれだけの仕事が出来たものだと、一年を終わって感心させられます。
当社の社員は、私から言うのもなんですが実によく働きます。
少数精鋭といっても過言ではありません。
朝早くから夜遅くまで、みんな一生懸命頑張ってくれます。
そのお陰で、今年も一年間仕事もとぎれることなく、無事に年の瀬を迎えることが出来ました。
すばらしい社員に恵まれて、本当に良かったです。
来年がどんな年になるかは判りませんが、このスタッフと共に、世の中の流れに柔軟に対応しながら頑張って行こうと思っています。
今年一年本当にお世話になりました。
また来年も宜しくお願いいたします。

date:2006/12/30 Sat

ページの先頭へ

S様邸完成見学会報告その1

先日、江津1丁目で開催しました「完成見学会」のレポートをまとめました。

一日目は夕方から雨がぱらつく程度で、天候の方には恵まれましたが、二日目はあいにくの天気となってしまいました。ただ、悪天候の中、たくさんの皆様(46組 人数にして130名の方)にご来場頂きまして、無事開催を終えることが出来ました。

私にとっては、非常に残念なことでしたが、2日目の日曜日に突然の“めまい”におそわれてしまい、そのまま熊本市民病院に入院(5日間)してしまいました。
私たち工務店にとっては、お客様とお会いできる数少ない機会だった為、準備も万全で望んだつもりが、当の本人が体調不良でダウンしてしまい、情けない思いでいっぱいでした。

早速ですが、今回見学会を開催しましたS様邸は、木造在来工法の平屋建て、純和風(数寄屋風)の住宅で、ご夫婦で老後を暮らされる為の家です。
「老後の暮らしを快適に、心豊かに過ごせるやさしい家づくり」をコンセプトに設計を進めました。

S様とのお付き合いは、たまたま近くの家を3年前に当社が工事したことがきっかけで、2年前の台風災害時に復旧依頼を受けた時からのお付き合いです。
今年の4月にS様より家づくりについてのご相談を受け、約3ヶ月間ほどの設計・見積もり期間を経て、8月中旬より基礎工事に着工致しました。

今回、お客様にお願いしましてインタビューをさせて頂いておりましたので、その内容を簡単にご紹介します。
当社のスタッフ(私や、現場担当の田中)が居合わせると本音が聞けないかも知れないと言うことで、外部スタッフにインタビューをお願いしました。
ただ、S様も私たちにかなり気を遣ってお話しいただいたのか、当社にとってはかなり良すぎる内容でした。
実際は当社に対する不安も何かしら有ったのではないかと思いますので、少し割り引いて読んでいただければ幸いです。

家づくりを進めていく上での、何かの参考になるかも知れませんので、ここに掲載させていただきました。

↓その2に続く

date:2006/12/25 Mon

ページの先頭へ

S様邸完成見学会報告その2

■三友工務店との出会い
三友さんとは、台風災害がきっかけで、そのときからのお付き合いになります。そのときの対応がしっかりしていて、仕事もキレイなんですよ。それからはずっと三友さんにお願いしていました。

■家を建てようと思ったきっかけ
以前の家は、築30年の2階建ての家だったんです。最近、足が弱ってきて上がり下りが大変だし、夫婦二人で暮らすには掃除も大変なので、平屋で小さい家を建てたいと思ったのがきっかけでした。

■家づくりの依頼のきっかけを教えてください。
近くに、三友さんが建てられた家があるんですけど、その建築途中の現場を見てまして、三友さんの技術の高さというのも知っていましたし、台風災害からのお付き合いもありましたので、まずは三友さんに相談に行きました。

■建築中のエピソードなどを教えてください。
対応が非常によかったですね。社長さんについては、台風災害の時から知っていたのですが、今回特に、担当の田中さんがよくしてくれました。本当に親身になってくれまして、小さなところまで気がつかれるので安心してお任せしていました。ちょっとした偶然なんでしょうが、縁があったんだと思います。

■ご自分の家で気に入っているところを教えてください。
全部です。というのも、ひとつひとつこだわってつくりましたので、全部がやっぱりいいですね。

■気に入らないところはありますか?
気に入らないところですか?まだありませんね。完璧ということはありえないので、住んでみたらもしかしたら色々出てくるかもしれませんが、今は気に入らないところはありません。

■これから家を建てられる方にアドバイスをお願いします。
いろいろな見学会や展示場、現場を見て、自分たちの家というものを見つけてください。ハウスメーカーや住宅会社も悪くはないと思いますが、本当にこだわりをもって家を作りたい方は、工務店さんをおすすめします。正直、ここまで良い家が出来るとは思っていませんでした(笑)。

■三友工務店にひとことお願いします。
こんなに良い家づくりをされることを、もっと早く知りたかった。もう少し宣伝なりピーアールなりして下さい!

以上のようなインタビュー内容でした。
今後もS様の期待を裏切らないよう、アフターも万全の体制でお付き合いさせていただきたいと思っています。

南側から見た写真です。
saitousamateisyunnkouminamigawa

リビングの写真です。
saitousamateisyunnkouribinngu

和室の写真です。
saitousamateisyunnkouwasitu

キッチンの写真です。
saitousamateisyunnkoukitttinn

date:2006/12/25 Mon

ページの先頭へ

今年も残りわずかになりました。

一年が過ぎるのは早いものです。
今年も残すところわずかとなってしまいました。
今年も色んな事がありました。
私にとって、今年は一生忘れることの出来ない一年になりそうです。
前回のコラム(嫁さん代打)にも書いてありますように、17日未明より突然“めまい”におそわれました。
その日は、完成見学会の2日目でしたが、朝から“めまい”の為に起き上がることも出来ず、市民病院に運ばれ、そのまま入院。5日間の入院生活を送り、昨日何とか帰れる状態まで復活しましたので退院してきました。
脳や耳の精密検査を受けましたが、異常は見つからず、取りあえず”ホッ”としている所です。
一年間、休みもなく働いた付けが、最後になってドカーンとやってきたようです。
皆様も残り1週間ですが、最後まで油断せず良い年を迎えることが出来ますように程ほどに頑張ってください。

date:2006/12/22 Fri

ページの先頭へ

ピンチヒッターです

 実は、社長が日曜よりダウンしてしまいました。
めまいがして、起き上がれない状態になり、点滴をしても回復せずそのまま入院してしまいました。どうやらメニエールという耳からの病気のようです。
二日間めまいに悩まされ、今日はやっと起き上がれるようになった様ですが、かなり辛そうでした。
年末の忙しさと完成見学会でかなり、はりきっていたのですが、過労がたたったのでしょう。
コラムを更新していなかった事を気にしていたので、経理の私が変わりに書いています。
 みなさんもどうにか無事に今年を乗り切りましょう!

古閑 公留美

date:2006/12/19 Tue

ページの先頭へ

今週土日に純和風、平屋建てのお客様宅の完成見学会を開催します。

来る12月16日(土)、17日(日)お客様のご好意により、江津1丁目にて新築住宅の完成見学会を開催することになりました。

S様邸は、木造在来工法の平屋建て、純和風(数寄屋風)の住宅です。
案内チラシ(ホームページトップ新着情報からご覧になれます)の通り、ご夫婦で老後を暮らされる為の家です。
「老後の暮らしを快適に、心豊かに過ごせるやさしい家づくり」をコンセプトに次のような所を工夫しました。

家の内部は、水回りを含め各部屋がゆとりある空間にしてあります。
また、幅広の建具を使用し、段差を無くし、要所に手すりを取り付け
た、バリアフリー仕様になっていますと共に、寝室の近くに広々とし
たトイレを配置してあります。リビングは開放感あふれる勾配天井と
なっていて、気持ちの良い空間を演出しています。
また、現代風な色づかいをした和室も見所の一つです。
外観は、格式高い屋根と御施主様が自ら選ばれた外壁塗り壁の色の調
和が見所です。他にも見所が沢山あります。

swaitousamateikannseikenngakukaishasinn

これから家づくりをお考えの方には、一見の価値はあるかと思います。
どうぞこの機会にご家族お揃いで、お気軽にご覧下さい。

date:2006/12/11 Mon

ページの先頭へ

東京にて研修を受ける(続)

前にも書きましたが、これからの会社の方向性を決めるような大事な研修を東京で受けて参りました。
受講生3人、先生2人という私にとっては非常にラッキーな研修で2日間にわたって、みっちり勉強して参りました。
受講者の方も青森・静岡・熊本、企業規模も違っていて、非常にフレンドリーな中で、互いの情報交換も出来ました。ただ、私は2日間とも風邪?で体調が万全ではなく、先生の話にうなずいてはいるものの、どこまで頭に入ったかは疑問です。
とにかく、内容の濃い研修で疲れたのと、風邪の影響で体調が悪いせいもあって、せっかく東京まで行きながら、終われば途中寄り道もなくホテルに直行し、そのままコンビニで買った弁当を食べて即寝入ってしまいました。
銀座伊東屋で私の趣味の文房具を見て回りたかった・・・残念。
それにしても、東京の壮大さには驚かされました。
私も、25年前は代々木にある設計事務所に勤めていましたが、それから東京もずいぶん変わったみたいです。以前勤めていた会社は、今どうなっているのだろう・・・?

研修会場となった東京国際フォーラムの写真です。 ・・・凄かった!です。
「熊本の建設会社では絶対建てきらんばい!」

toukyoukokusaifo-ramu1

toukyoukokusaifo-ramu2

date:2006/12/07 Thu

ページの先頭へ

熊本市帯山3丁目で開催しました構造見学会の報告です。

先日、帯山3丁目で開催しました「構造見学会」のレポートをまとめてみました。
今回の見学会は、一日目は天気の方にも恵まれましたが、二日目はあいにくの天気となってしまいました。不安定な天候の中、たくさんの皆様にご来場頂きまして、無事開催を終えることが出来ました。
今回ご見学いただきました「自然素材の家」は、日本有数の木材の産地である宮崎県諸塚村の葉枯らし乾燥材を使用しています。
その為、葉枯らし乾燥材特有の赤みと艶のある良質の木材を使用することが出来ました。
この葉枯らし材は、諸塚村でも産直住宅用にしか供給していない、数に限りのある大変貴重な木材です。
今回見ていただいた住宅は、プランがほぼ決まってからすぐに、諸塚村の森林組合に使用部材一覧表を送り、あらかじめ構造骨組みで使用する木材を仮押さえしていました。
その後、建築確認検査終了後に、正式に諸塚村の森林組合に改めて発注させていただ木材を使用しています。

さて、ここで見学会会場でお客様から頂いた感想です。
「プレファブの家が多い中で、まだこんな家をつくれるんですね」
「使用されている柱や梁が大きくて綺麗ですね。また、屋根部分の天井板がすごく綺麗 ですね。」
当社が展示していたこの建物の基礎の写真をご覧になって、
「鉄筋がいっぱい入っていて、強そうですね。今まで、他の所でも通りがかりで、基礎 の配筋を見たこと有りますが、こんなにしっかりと造ってあるところは、見たことが ありませんでした。出来上がったら見えなくなってしまう、こんな基礎や、骨組みの 写真まで撮ってあるのはすごいですね。」
「間取りがシンプルで、住みやすそう」
「将来的に、間取り変更が簡単にできそう」
「骨組みしかないですが、木の香りが良いですね」
「羊毛断熱材が良い。 値段が多少高くても、ぜひこの断熱材を使いたい。」
「中にはいるだけで、何か気持ちがよい。」
「住宅街の中を歩いてきたのですが、突然どっしりとした木の家が現れました。
 昔のおばあちゃんの家の様な、どこか懐かしい感じがしました。」
「今まで色んな住宅を見てきましたが、2階の窓を外から見た時の感じが、とても新鮮で した。」

見学会来場の方々から、この様なお声を頂きました。

今回は、私一人で対応しましたので、残念ながら写真を撮れませんでした。
完成は、来年3月の予定です。

また、12月16(土)、17(日)には熊本市江津1丁目にて純和風平屋建て(数寄屋風)
の完成見学会を予定しています。
詳しくは、会社までメールまたはお電話で、お気軽にご連絡下さい。

date:2006/12/01 Fri

ページの先頭へ