熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

最近多いご相談。

当社発行の10月号の会報誌にご紹介させていただいた内容です。

最近になって、同じ様なご相談が立て続けに有りましたので、会報誌と同じ内容ですが

改めてご紹介させていただきます。


最近、当社への問い合わせで2世帯向け住宅のご要望が多いですね。

新築の場合もありますし、リフォームの場合もあります。

業界紙を見ると、最近の新たな動きとして、「三世代同居」が増加しているそうです。

厚生労働省の調査でも、長年減少し続けてきた「児童のいる三世代同居世帯」の数が、

2008年から増加に転じているとの事。


考えて見ますと、現在、当社でプラン提案中のなかで、新築の三分の一、大型リフォー

ムの半分が2世帯、3世帯むけの家づくりをご検討のお客様です。

要因は何でしょうか?


従来の二世帯同居というと、親の老後の問題が第一で、子世帯は面倒を見る代わりに土

地や資金の提供を受けるというパターンが一般的でした。

しかし最近では、「二世帯で一緒に子どもを育てたい」、「三世代で仲良く暮らした

い」、「親子共同出資で、より充実した住宅を」というように、積極的な理由から同居

を選択する世帯が増えてきているようですね。


他にも、親世帯が慣れ親しんでいる土地で暮らすことによって、子や孫も地域のコミュ

ニティーに参加しやすいというメリットもあります。子どもの運動会に行くと、懐かし

い同級生に出会い、子どもたちが自分が歌っていた校歌を歌う…幸せな環境ですよね。


余談ですが、

当社の場合は、奥様のご実家の方に、ご両親と2世帯を考えられている方が多いですね。

実は、私の実家でも、私の妹家族が父親と一緒に住んでいます。

やっぱり娘の方が気楽なのでしょう。。。


少子高齢化の対策も必要でしょうが、子育て支援の一環として、2世帯住宅を建てる方

や、リフォームをする方には建築費の一部を補助する、とか大幅な減税をする、といっ

た支援策が出来ると良いですね。

date:2009/10/29 Thu

ページの先頭へ

城山の社グループホーム現場より

現在、熊本市城山町にて木造平屋のグループホームを建設しています。

先月末、棟が上がったばかりの状態で台風18号が接近しましたので大変心配しました

が、さいわい影響はなく、工事は順調に進んでいます。

現在、大工造作工事が進行中で、完成は12月初旬の予定です。


現在の工事状況です。

外部の状況です。




内部の状況です。





完成したらこんな感じなります。

外観パース




内観パース





設計は、ばん設計小材事務所小材健治先生です。

現場担当は作村さん、川口さんのコンビです。

date:2009/10/27 Tue

ページの先頭へ

会社ショールーム計画!!

現在の打合せスペースでは手狭になってきたこともあり、昨年より1階事務所部分をショ

ールームにするという計画案を進めていました。

スタッフも忙しくしていた為、なかなか計画案も進んでいませんでしたが、ここに来て

どうにも手狭になってしまい、年内にはショールーム工事を終わらせることにしまし

た。


計画案としては構想がほぼまとまり、現在、最終的な詰めを行っている状況です。

また、ショールームと言いましても、キッチン、ユニットバスなどを展示するつもりは

なく、当社が日頃使っています自然素材などの材料、製品のサンプル等をお客様との打

合せ時に、分かりやすいように展示するにとどめています。


ショールームにお金を掛け過ぎますと、その費用はハウスメーカーの展示場や営業マン

の経費と同じで、最終的にお客様の負担になってしまうからです。


その為、限られた予算のなかで計画案を進めていますので、考えているすべての事が実

現するとは思っていません。


これから徐々に内容を充実して行く予定です。


予定では、12月下旬にはオープンできる予定です。あくまでも予定ですが、、、


計画案です。詳細をお見せ出来ないのが残念です!















date:2009/10/23 Fri

ページの先頭へ

秋の「住まいのわくわく相談会」のご案内です。



来る10月24日(土)、25日(日)に、ヤマハリビング熊本ショールームにて

「住まいのわくわく相談会」を開催致します。


今回も「オール電化&リフォーム大特集」です。


ヤマハさんは楽器やバイク、ボートのイメージがありますが、国内で初めてシステムキ

ッチンを販売したメーカーであり、水廻り商品にも長い歴史を持った会社です。

楽器の特徴を生かした「浴室音響システム(サウンドシャワー)」やキッチンの「ピアノ

塗装扉」、ボートの生成技術を生かした「人造大理石」等、多岐に渡る分野の特色を盛

り込んだこだわりの商品をたくさん作っている会社です。


特に、デザイン・品質・価格面でのコストバランスが良く、お客様の人気も有り、当社

の家づくりにも一番多く採用されている会社です。


今回の「住まいのわくわく相談会」にお越し頂くことで、次のようなことが分かりま

す。


□ オール電化にした場合のご自宅の光熱費のお得額がわかります。

□ IHを使った料理のテクニックや便利な機能を、楽しく体験していただけます。

□ 建て替えorリフォームについて悩んでいらっしゃる方に

□「地震で家が壊れないか心配」な方向けに耐震診断の相談会も開催しています。

□ 厳選された自然素材を使った「無添加リフォーム」にご興味がお有りの方。

□ テレビドラマに出てくるような素敵なデザインリフォームをお考えの方に。

□ 相談会では、新築の相談もお受けしていますので、当社の家づくりにご興味がお有

りの方は、ぜひショールームまで足をお運び下さい。

□ その他にも、最新のキッチン、ユニットバス、洗面化粧台等を実際に見て、さわっ

て確認していただけます。

□ 外壁塗装、屋根替え、雨漏り修理、苦情、その他なんでもお気軽にご相談下さい。


その他、新築・リフォームの施工事例をたくさん展示していますので、当社の家づくり

にちょっとご興味がお有りの方や、三友工務店がどんな会社かお知りになりたい方もお

気軽にお越し下さい。
 

お会いできるのを楽しみにしております。
 

詳しくはイベント情報「http://www.sanyu-k.jp/news/kengakukai/20091024.html」をご

覧下さい!!!

date:2009/10/21 Wed

ページの先頭へ

熊本市T様邸現場より

T様邸は木造2階建て、延べ床面積40坪。

外断熱2重通気工法の“夏涼しく、冬暖かい”快適な家です。

先日上棟いたしましたので、基礎完了から上棟までの流れを簡単にご紹介いたします。


基礎工事が完了し、上棟に先立ち、予め工場で加工した木材(プレカット)を現場内に
運び込んでブルーシートで覆っている状況です。


作業時の安全確保のために、事前に外部足場を先行して組み立てます。


いよいよ作業開始です。


予め加工された木材を、手順に沿って組み上げている状況です。



屋根を支えるためのタルキを取り付けている状況です。


ほぼ骨組みが組み上がった状況です。


外断熱用の断熱材ネオマフォーム40世魏虻に上げている状況です。


屋根面に断熱材を隙間なく敷き詰め、さらに気密性能を上げるためにジョイント部分に丁寧に気密防水テープをはっている状況です。


同上


同上



参考までに、
外断熱のメリットの一つは、このように屋根面に断熱材を取り付けるために、
小屋裏(屋根と天井との間にできる空間)を自由に使えるという点です。
その為、延べ床面積は同じでも、家全体の空間としては広く使うことが可能です。
また、屋根面で断熱しているため、小屋裏部分の温度も室内と同程度なので、
大事な品物もこの部分に収納することが可能です。

また、外張り断熱についてお知りになりたい方は、今回の建物でも使用しています断熱材、ネオマフォームのメーカーである旭化成様のホームページをご覧下さい。
大変分かりやすく解説してあります。

「http://www.asahikasei-kenzai.com/akk/insulation/neoma/wood/about.html」

外張り断熱の効果については

「http://www.asahikasei-kenzai.com/akk/insulation/neoma/wood/effect.html」


工程の続きです。

屋根面に通気のための胴縁を取り付けている状況です。


同上


屋根板(ヒノキ、厚み12ミリ)を取り付けている状況です。


同上


屋根板に防水用のアスファルトルーフィング22kを敷き詰めている状況です。


重なり幅もメジャーで確認しながら作業を進めています。
横方向200澄そ鎚向100整幣


完了です。


これで、雨が万一降っても安心です。


外観はこんな感じになります。


家の内部から屋根面を見上げるとこんな感じです。
断熱材ネオマフォームが隙間なく敷き詰めてあります。



上棟までには、このような手順で進めていきます。

今回の場合、2日間の工程でした。

date:2009/10/16 Fri

ページの先頭へ

会社リーフレットの刷新

現在使っている会社リーフレットは、株式会社への組織変更と社屋ビルの建て直しに併

せて作った物です。

当時、2000部ほど印刷していましたが、在庫が少なくなり、また、現在の会社の状

況も当時と比べるとかなり変わってきた為、リーフレットを改めて作り直すことになり

ました。

7月から制作会社の方を交えて内容を検討していましたが、会社案内としての性格上、

紙面に限りがあり、現在の会社の内容をどうまとめるか、というところで色々と悩み、

考えさせられました。


さいわい、制作会社のスタッフの方々が当社の意図しているところを上手く汲み取って

くれて、時間は掛かりましたが、会社案内としてコンパクトにまとめてくれました。


制作会社のK様、O様には本当にお世話になりました。

色々と難題を持ちかけましてスミマセン。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


印刷はこれからですが、こんな感じのリーフレットに仕上がる予定です。

091016001

091016002

091016003

091016004

091016005

date:2009/10/16 Fri

ページの先頭へ

グループホーム城山の社 現場より

現在、熊本市城山町にて木造平屋のグループホームを建設しています。


一昨日、棟が上がったばかりの状態で、

台風18号の影響が非常に気になるところです。

現場は、風対策も万全にしていますが、

近年にない大型台風のようですので大変心配です。


何事もなく通り過ぎてくれることを祈るばかりです。





date:2009/10/07 Wed

ページの先頭へ

今月号の会報誌締め切り迫る・・・(汗)

毎月、当社とご縁のあった方々に会報誌「快適生活」を送らせて頂いています。

その会報誌の中で「社長通信」「会社の近況」他、などを私が担当して書いています

が、毎日、意味もなく?慌ただしくしている為に、中々原稿がまとまりません。

編集長の嫁さんから、そろそろ・・・という声が掛かり、今日は一日缶詰状態で原稿書

きに専念している所です。



今月号の社長通信では、前々回8月号に書きました「2世帯住宅」の事について、また違

った視点から書かせていただきました。


また、会社の近況では、今月、来月と企画しているイベント情報を書かせていただきま

した。


今日中には、何とか原稿を書き上げるつもりです。


この後、編集長からのチェックを受け、内容変更、削除、訂正等のダメ出しに備えるつ

もりです。


みなさまのお手元に届くのは、今月の中旬くらいになるかと思います。


楽しみにお待ち下さい!!

date:2009/10/06 Tue

ページの先頭へ

グラディート新町マンション竣工引き渡し

新町のユメマート様(旧ニコニコ堂)が入られているビルが老朽化し、このビルの建て

替え工事を進めていましたが、先週無事に竣工引き渡しを行いました。


当工事は、建吉・三友建設共同企業体という形で工事を進めさせて頂きました。

場所が新町ということで、街中で通行量も多く工事は大変でしたが、最後まで事故もな

く立派なビルをつくりあげることが出来ました。

工事に携わったスタッフ、並びに協力会社の皆様に感謝いたします。


引き渡しの様子です。

御施主様に引き渡しの書類関係を説明しているところです。




みんなで記念撮影を行いました。


グラディート新町マンションの竣工写真です。



date:2009/10/05 Mon

ページの先頭へ

「くまもと家づくりの本」に掲載されました。

この雑誌は「熊本で家を建てたい」人のハウジング情報誌として、

年2回発行されています雑誌です。


今回は2009年版秋冬号vol.13に掲載されました。


2ページに渡って、三友工務店がどんな家づくりを進めているのか?といった内容をコン

パクトにまとめて掲載されています。

一般書店でも購入できますが、会社までお問い合わせいただきますと、先着5名様までプレ

ゼントさせて頂きます。


ご興味がお有りの方は会社までご連絡下さい!





date:2009/10/01 Thu

ページの先頭へ