熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

M様邸古民家再生

昨年、10月より工事に着手していましたM様邸現場ですが、

ようやく完成いたしました。

今回のM様邸は古民家でしたが、昔の雰囲気を漂わせながらもデザイン性のある上質な

空間をつくりました。


着工前の外観はこんな感じでした。


玄関


家が大きかったので、光や風を取り入れるために一部を解体し、

間取りを全面的に変更いたしました。

家の西側部分を解体して面積を減らし、こんな感じに変わりました。


玄関



屋根瓦の印象でずいぶん趣が変わっています。

内部は、小さく仕切られた部屋が多かったですが、

改修後は間仕切りを取り払い、広々としたリビングへと変わりました。

当初はこんな感じでした。








家の内部をすべて解体してしまい、こんな感じにしました。


完成後は、古民家としてのたたずまいを残しながらも

上質な空間へと見事に生まれ変わりました。










ご相談に来られた当初は、築年数が古かったので建て替えOrリフォームでかなりお悩み

でした。

ただ出来ることなら築年数は古いが、お爺ちゃんがつくられたこの家を再生して長く棲

みたい、と言うお考えでもありました。


このご相談を受け、古民家再生では経験豊富な田中さんと、設計の下田さんが現地調査

を進め、痛みが激しいところはあるが、修理したり、補強していけばリフォームでも可

能ではないかという結果を基に進めた改修工事です。


当社には、このような建て替えOrリフォームかでお悩みのお客様から、お問い合わせを

たくさん頂きます。


特に最近は、経済情勢が良くないと言うこともあって、お住まいの家をリフォームした

り、中古の住宅をお買いになってリフォームするというお話しが本当に多いですね。

私たちとしても、どちらが良いかという判断は難しいところですので、公平な立場で見

解を示して、御施主様に判断をゆだねています。


でも、結局決めてとなるのは、家の構造が大丈夫か?ということよりも、その家に愛着

が有るかと、というところで判断されることが多いようです。

例えば、“爺ちゃんがつくった家を壊すのは忍びない”といった話はよくお聞きしま

す。


また、例え壊すことになった家でも、長年住んだ自分の家が解体されている現場を見

て、寂しさのあまり涙ぐまれることも多いです。


私たちがこれから造っていく家も、将来、建て替えることになったとしても、家族のみ

んなに感謝の言葉で見送られ、別れを惜しまれるような、そんな愛着の持てる住まいを

つくって行きたいです。

date:2010/02/26 Fri

ページの先頭へ

M様邸上棟式が執り行われました。

M様との出会いは、昨年7月に開催いたしました完成見学会です。

ホームページをご覧になって、当社の自然素材を使ったナチュラルな家づくりに共感い

ただき、たまたまその時、熊本市内良町で開催していた完成見学会にお越しになった事

がご縁の始まりでした。


家づくりを進めるにあたって、M様の一番のご要望は、

ご家族の事を考えて、外部アプローチを含め、平屋で完全バリアフリーの“車椅子で快

適に生活できる家”です。


その為、外構、アプローチ、住宅内部の動線、特に水回りの設計が非常に難しく、設計

担当の風間さんは、何度もプランを修正しながら一つひとつの問題を解決していきまし

た。


今回も、ご家族の想いがいっぱい詰まった素敵な家になりそうです。


設計が風間さん、現場担当が草津君、棟梁が松下さんです。

M様ご家族がご納得されるような“いい家”をつくりたいと思います。

M様、これからどうぞ宜しくお願いいたします。


その時の写真です。

御神酒を頂いているところです。


棟飾りを持って記念撮影



私が挨拶しているところです。

date:2010/02/23 Tue

ページの先頭へ

会社ショールーム写真撮影

先日、会社ショールームの撮影を行いました。

カメラマンは、当社専属?のHさんです。

いまから撮影できませんか?など、突然電話していつも無理な事ばかり言って困らせて

いますが、Hさんは出来る範囲で快く対応してくれます。


カメラマンのHさんとは長い付き合いですが、毎回、撮影アングルやディスプレイの方

法などでもめます。

私には私の考えもあり、HさんにはHさんなりのプロカメラマンとしての気構えがあ

り、いろいろ意見をぶつけ合いながら撮影を行います。



プロカメラマンの中にはプライドが高く(そう見えるだけかもしれませんが・・・)、

自分の世界があって、なかなか意見を言いづらい方もいらっしゃいますが、Hさんはま

ったくそう言うところがありません。




すなおに意見を聞いてくれて、はっきりとダメ出しもしてくれます。

そんなところが長いお付き合いが出来ている所以でしょう。

今回のショールーム撮影につきましても、私なりの考えを話、それに対してプロカメラ

マンとして応えてくれました。


電話一本でいまから直ぐ来られませんか?など、無茶な事ばかり言っていますが、お互

いの信頼があるからこその事だと思っています。


今回も撮影で色々ともめましたが、その甲斐あって、いい写真が出来上がって良かった

です。

着工前写真


同じアングルから撮った完成写真です。




家づくりも同じですが、やはりお客様が何かを感じられたときに、気軽に声を掛けられ

るようなアットホームな関係が大事ですね。

date:2010/02/18 Thu

ページの先頭へ

T様邸完成見学会を盛況のうちに終了することが出来ました。

久しぶりの見学会でしたが、今回もたくさんの方に見学していただくことが出来まし

た。 感謝です!

思っていた以上にたくさんの方がお見えになりましたので、対応が行き届かない所が

多々あったのではないかと心配しております。






今回の住宅は、当社得意の自然素材+外張り断熱ということで

“木の香りのするあったかい家”でした。


一年で最も寒い時期にその暖かさを体感していただける一番の機会でした。


2階建ての40坪の住宅でしたが、1階リビングに18帖用のエアコンを付けただけで、

階段吹き抜けを通して2階部分まで暖かくなりました。

これには私自身も驚いた次第です。

すべての家がこんな状態になるとは思いませんが、来場されていた方々も、口々に、こ

の家暖かいねえ!と驚きの声を上げられていました。


やっぱり外張りはすごい!と改めて感じた次第です。

また、外張りについてご存じの方も多く、色々なご質問を受けたりしましたが、実際に

この暖かさを体感していただけましたので、工法的なことでお話しするより、何よりの

回答になったようです。


見学された方の中には“これだったら暖かいし、光熱費もあんまり掛からんけん床暖房

も太陽光発電も入らんかもしれんね”との声も有りました。


当社の家づくりでも、外張りがすべてというわけでは有りませんが、

エコという立場で言えば、建てた後に光熱費が少なくて済む。

車で言えばハイブリッドカーのようなもので、最初に費用は掛かりますが、

将来にわたって少ない光熱費で快適に過ごせる家、という面で地球環境にも微力ながら

貢献できると思っています。


次回の見学会は、4月末を予定しています。

お客様の想いの一杯詰まった素敵な平屋の家です。

ご期待下さい!!

date:2010/02/16 Tue

ページの先頭へ

久しぶりの完成見学会のご案内です!!(前編)



久しぶりの新築住宅完成見学会のご案内です。

場所は熊本市山ノ神2丁目

日時は今週末、2月13日(土)、14日(日) 午前10時〜午後5時30分です。


今回のT様邸のコンセプトは

「家 族 の こ だ わ り を ち り ば め た 自 分 仕 様 の 家 づ く り」

T様邸は、ご家族4人でお住まいになる木造在来2階建て、

延べ床面積40坪の自然素材を使った外断熱2重通気工法の家です。


外張り断熱の「冬暖かく、夏涼しい」快適空間に、家族の夢と希望を叶えた自由設計の

「こだわりの家」は、世界でひとつの“自分仕様の家”を追求する方に必見です。


設計が若松さん、現場担当が有村くん、棟梁が坂本さんです。

設計士に聞く「ここがポイント!」



設計の若松さんから今回の見所を話して貰いました。


『デッドスペースを生かして収納を』

一番の見どころは、明るく開放的なリビングに、使い勝手のよい対面式キッチンです。

実際以上に広く感じるのは、廊下や壁を少なくして間取りに繋がりを持たせているか

ら。また、収納を各所に設けたのも、余計なものを外に出さず、家をスッキリと見せる

工夫のひとつ。キッチン横には食品庫も兼ねた大容量の収納があり、これはとても便利

ですよ。


『家族全員の「欲しいもの」を実現!』

キッチン横の家事スペースは、奥様が一番に希望されたこと。ここで家計簿をつけた

り、書類の整理をしたり、また時にはお子さんが勉強したりと多目的に使えます。

一方、御主人が熱望されたのが、掘りごたつ式の書斎。タタミ約1畳分の広さですが、

ゴロンと寝そべることができ、とても落ち着く空間です。書棚も造り付けにしました。

もちろん、子供部屋も遊び心のあるロフト付きでちゃんと確保しています。


『子育てしやすい工夫もいっぱい!』

実はこの家は、成長する子どもを見守る、子育てを考えた家でもあるんです。

例えば、ゆとりある2階ホールは家族の共有スペース。

寝室と子供部屋をつなぐ場であり、親子で本を読んだり、パソコンをしたり出来る

“セカンドリビング”です。

また、リビングに階段を通して吹き抜けにしたことで、お子さんがどこにいても気配が

感じられます。

家族が必ず顔を合わせる間取りなので、コミュニケーションもより深まると思います

よ。


『自然素材と外張り断熱の快適空間』

また、温かみのある無垢の床もポイントです。

特に1階は幅広で節の少ないきれいなパイン材を使っていて、とても心地よい肌触り。

夏はサラッとして、裸足が気持ちいいですよ。

そして、何よりも注目すべきは外張り断熱。

今回のように、冬の完成見学会に立ち会われた方は本当にラッキーです。

いかに室内が暖かく快適か、実際に体感してください。

家中が自然の優しいぬくもりに包まれているのが分かると思いますよ。


『自由設計で自分スタイルの家づくり』

今回のお施主様は家づくりに対してとても積極的で、最初からイメージがしっかりして

いたので、その要望を一つでも多く叶えてあげたいと思って頑張りました。

もちろん予算内で、ですよ。

当社では企画商品のない完全自由設計。

だから、間取りはもちろん、外観から床材まで全てお施主様と一緒に考えていきます。

正直言って大変な作業ですが、その分、お施主様は選ぶ楽しさを満喫でき、本当に自分

らしいスタイルのある家を建てることができるんです。  



(リビング)


開放的なリビング・ダイニングは、外張り断熱だからこそ出来た大空間。
対面式キッチンで家族の会話もはずみます。
また、階段下のスペースを利用して、家事スペースと収納を作りました。



(書斎)


御主人が熱望した掘りごたつ式の書斎は、
タタミ約1畳分という広さが絶妙で、心落ち着く空間です。




(ビー玉)




勝手口のタタキに家族で施したビー玉アートは、家づくりの良い思い出。
これを見るたびに、我が家への愛情も深まります。


(外観)


シンプルな中にも個性がうかがえる、上品なツートンカラーが印象的な外観です。

        

こんな方に見に来て欲しいです!

・家族とのつながり感を大切にされたい方

・キッチン廻りの余計なものを外に出さず、家をスッキリと見せたい方

・多目的に使える家事スペースが欲しい方

・ご自分の隠れ家的書斎が欲しい方

・夏涼しく、冬暖かい家を体感されたい方


ご来場いただくとこんな事が分かります!

・外断熱だから出来る、家族の集まる広いリビング。

・デッドスペースを使った見せない収納の方法が分かります。

・タタミ約1畳分とコンパクトながらも、快適でとても落ち着く書斎のつくり方が分か

ります。

・外断熱の快適さを体感出来ます。



date:2010/02/11 Thu

ページの先頭へ

久しぶりの完成見学会のご案内です。(後編)

『T様との出会い』

T様との出会いは、昨年3月に熊本市清水万石にて開催いたしました完成見学会です。

たまたま奥様のご実家が見学会会場のすぐ近くだった、ということで見に来られました

が、その時に見て頂きました“大屋根の家”を大変気に入って頂き、その建物に関する

事で何度かメールでやり取りをさせて頂きました。


その後、玉名で開催いたしました完成見学会にもご家族でお越しになり、早速、家づく

り相談会にお申し込み頂いたのがご縁の始まりです。


《お客様の声より》


● 三友工務店との出会い

家を建てようと考え始めて、まず住宅メーカーや展示場を見て回りました。

有名ハウスメーカーなら地震に強くて安心かなと思い、具体的な打ち合わせも進めてい

ました。

そんな時、たまたま帰省していた実家に、折り込みチラシで三友工務店の完成見学会が

あることを知りました。

正直、全く期待もなく、近くだから行ってみようか、というくらいの軽い気持ちでの訪

問でした。

でも、行ってびっくり。

今まで見たことのない大屋根の外観に、自然素材を使った温かみのある室内空間。

素人の私から見ても一つひとつの造りの丁寧さが分かり、瞬間、心にピンときました。

そこで外張り断熱のことも教えてもらい、冬は暖かく、夏は涼しい家も夢じゃないと思

いました。

しかも、地震に強く、100年持つ家と聞いて、とにかく一度相談してみたいと思いまし

た。

家に帰ってすぐに主人に「出逢ってしまったかもしれない!」と話して、次の見学会に

は家族で参加。

担当者の対応も親切で、もう迷いなく、安心して三友さんにお願いすることにしまし

た。


● 家づくりへのこだわり

「地震に強く、冬は暖かで夏は涼しい家」は絶対に譲れない条件でした。

家族が集まれる広くて明るいリビング、キッチンも明るくて機能的な対面式を希望しま

した。

また、主人は狭くても良いから掘りごたつ式の書斎を熱望していましたね。

収納も多く、玄関奥に設けたロッカー兼収納棚も、家族の「あったらいいな」を形にし

たものです。

あれもしたい、これも欲しいで設計に4カ月もかかってしまいましたが、お陰で楽しみ

ながら家づくりをすることができました。


● 工事期間中の対応について

断熱材が雨に濡れているのを見た時、なんだか汚くて本当に大丈夫かな?と思ったこと

がありました。

この事を言うべきかどうか迷って尋ねると、現場監督の有村さんは笑顔で「大丈夫です

よ!」と一言。

工事期間中を通して、不安になったことはすぐに有村さんに言える、その現場の雰囲気

にすごく安心できましたね。


現場もきれいで、両隣だけでなく奥の家まで挨拶に回って頂いた心遣いに感動しまし

た。

子供も学校の帰りに現場に立ち寄るのが楽しみだったようです。

あと、普通は社長ってお会いすることないでしょう。

話しをするのは営業さんで、現場はまた別というか。

それが三友さんでは社長が現場に立ち、直接打ち合わせが出来るんですね。

カオが見えるから安心だし、間違いがないですよね。


●三友工務店へのイメージは?

相談しやすいアットホームな雰囲気が良かったです。

実際、色味や素材など迷いに迷って、細かい所まで何度も相談しましたが、どんなこと

でも親身になって一緒に考えて頂き、私たちのイメージをそのままに最良の方法で提案

してくれる姿勢に、会社の誠実さが感じられました。


● 三友工務店への希望は?

「外張り断熱で夏は涼しく冬は暖かい」、と言われても温かさや涼しさは個人差があっ

てイメージしにくいので、具体的な数値を出してくれると分かりやすいと思いました。

実際に外張り断熱の家で生活している人の体験談もお聞きしたかったです。

また、耐震強度についても同様、数値で示した資料があれば良かったと思います。


貴重なご意見をありがとうございました。



案内がかなり長くなってしまいましたが、今回のT様邸も一生懸命つくらせて頂きまし

た。残念だったのは、見学会前に雨が続きましたので外構工事が進まず、中途半端にな

ってしまった事です。

こんなに雨が続くなんて思わぬ事でしたが、これも致し方ないことです。

見学会当日は好天になることを祈るばかりです。

当社の家づくりにご興味がお有りの方は、是非、お越し下さい!!

お会いできるのを楽しみにしております。

詳しくは

「http://www.sanyu-k.jp/news/kengakukai/20100213.html」をご覧下さい!!

date:2010/02/11 Thu

ページの先頭へ

我が家の梅が開花

ここの所のあったかい陽気で、我が家の梅の木にも花が咲きました。

いよいよ、春到来でしょうか。






今週末は久しぶりの完成見学会です。

このままあったかい陽気が続けばよいですが、、、

date:2010/02/09 Tue

ページの先頭へ

2月号会報誌送付準備

ついこの前、1月号の会報誌を送付したばかりだと思っていましたが、早くも2月号の会

報誌を送付する時期になりました。

特に、1月号がかなり遅れただけによけいに早く感じてしまいます。

先ほど2月号の印刷が出来上がり、現在、みんなで手分けして袋詰め作業を行っていると

ころです。

10020903

こんな事までみんなでやっているの?と思われるかもしれませんが、

当社はそんな会社です。

無駄な経費はあまり使いたくありませんので、今回の袋詰め作業も私や副社長を含め

て、社内の重責スタッフも参加して行いました。


今月号もスタッフ便り、お家のメンテナンス方法やガーデニング、収納のコツなど盛り

だくさんの内容でお送りします。


この会報誌は、当社と今までご縁のあったみなさま方に毎月お届けしています。

今月号の会報誌は、今週中旬にはお届けできると思います。

楽しみにお待ち下さい。

date:2010/02/08 Mon

ページの先頭へ

会社ショールーム

昨年末にショールーム化工事は終わっていましたが、これまで準備不足で写真を公開

していませんでした。

ここに来て、何とか小物も揃ってきてショールームらしくなってきましたので、本日、

一部を公開いたします。


実は、お客様からまだ工事中ですか?というお尋ねもありましたので、、、


ショールームというよりは、当社がつくっている住宅をイメージしたスタジオといった

方が良いかもしれません。

キッチンもユニットバスも何も展示していません。


経費を掛けずに、三友スタイルの雰囲気を感じていただける空間づくりに徹しました。

素材も、安心してお使いいただける無垢材、珪藻土、和紙などに限定いたしました。

当社が日頃から使っている素材を、実際の雰囲気の中で確認することが可能です。


嬉しかったのは、打合せをしているときに、

子どもさんが“パパ、この家買おうよ!”と言ってくれたことです。

一瞬にして場がなごみ、爆笑の渦に包まれました。


感謝です!


着工前はこんな感じの事務所でした。


同じアングルから撮った完成写真です。
私のスナップ写真ですので、上手く撮れていませんが、
こんな感じになりました。

date:2010/02/05 Fri

ページの先頭へ

住宅の火災について

今朝のニュースで宇土の住宅火災の報道がされていました。

幸いけがをされた方はいらっしゃらないようで良かったですが、

最近、火災で亡くなる方が多いですね。


昨日届いた業界新聞に住宅火災についての記事が載っていました。

火災で亡くなる方の6割が65才以上の高齢者で、火災発生時の深夜の逃げ遅れが

大きな原因だそうです。


その為に、平成18年に火災警報機の設置義務がスタートしましたが、

それ以前に建てられた住宅には、まだあまり付いていないのが現状でしょう。


この業界紙のなかでも、米国の例を取り上げてありましたが、

米国では火災警報機の設置で、1970年代から比べると、

死者が半減しているという内容でした。


つまり、火災が発生した初期に異変に気付けば助かる可能性は高いということです。

いい家をつくっても、火災に巻き込まれてしまったら、もともこも有りませんので、

安心、安全という意味からも火災警報機を今まで以上に普及させていかなければ、と思

った次第です。


ただ、押し売りにならないように気をつけなければなりませんが、、、


実は、私の家にも火災警報機は付いておりません。

早速、手配をしなければ!!

date:2010/02/03 Wed

ページの先頭へ