熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

御船町にてM様邸完成見学会を開催いたしました。

天候にも恵まれまして、たくさんの方にご見学いただきました。感謝です!

今回は、いつもの見学会とは少し異なり、リフォームを検討中のお客さまもたくさんお

越しになりました。

多分、バリアフリーをテーマにしていたからだと思います。


今でこそ、ほとんどの住宅がバリアフリー対応になっていますが、一昔前までは段差が

あるのは当たり前の世界でした。

その為、高齢になられると、その段差で躓いてしまうといった事が頻発してきます。

今回リフォームを検討中の方が多かったのは、そういう所を改善するためのヒントをつ

かみたい、といった思いで見学に来られた方もいらしたからでしょう。

なかには、家を建てて間もない方も何組かいらして、熱心に相談をされていました。


M様邸を見学していただき、新築、リフォームを問わず、家づくりに何かお役に立てれ

ば幸いです。


見学会当日の様子です。




最後にみんなで記念撮影!
たくさん来られましたので、さすがに疲れました。



今回の見学会開催にあたりまして、同じような境遇の方にこそ見て欲しいと、積極的に

協力していただきましたM様ご夫婦には、心よりお礼申し上げます。

2日間、本当に有難うございました。

これから長いお付き合いをさせてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

date:2010/04/26 Mon

ページの先頭へ

嘉島クレアにてヤマハ展示会が開催されました。

当日は、御船町にてM様邸完成見学会も開催していましたので、こちらは当社の稲留副

社長が担当いたしました。

主催がヤマハ様でしたので、私達はそのお手伝いとしての参加です。

その為、当社の名前は一切出ていませんでしたので、当日、クレアに行かれた方もお気

づきではないと思います。

午前10時から午後8時まで蔦屋書店前のイベントスペースで相談会を開催していました。

こんな状況でした。



M様邸完成見学会スタッフもこちらに集合してスナップ写真

date:2010/04/26 Mon

ページの先頭へ

「M様邸 新築工事 御船町」完成見学会のご案内です。



平素よりみなさま方には格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、来たる4月24日(土)、25日(日)に、

お客様のご好意により御船町にて「新築住宅の完成見学会」を開催する運びとなりまし

た。


毎回、お客様のご要望に応じていろんな家をつくらせて頂いておりますが、


今回の住宅は、“心豊かなバリアフリーの家づくり!”と題しまして

家族と一緒に、もっと楽しく、もっと快適に

車 椅 子 で も 自 由 に 暮 ら し を 楽 し め る家



M様邸は、ご家族4人でお住まいになる平屋の家、

延べ床面積37坪の木の香り豊かな自然素材の家です。


今回の住宅は、お子様が車椅子をお使いで、今までの家では段差もあり、毎日の生活が

とても大変なので、将来のことを考えて、お建てになった平屋の家です。

その為、M様ご家族の何よりのご希望は、平屋、そして車椅子でも自由に暮らしを楽し

める家でした。


設計が風間さん、現場担当が草津くん、棟梁が松下さんです。

設計士に聞く「ここがポイント!」

10042104

目指したのは、生活のバリアフリー

お子様が車椅子というハンディを踏まえた上で私が考えたのは、家族がお世話しやすい

家ではなく、家族のみんなが一緒に暮らしやすい家。建物のバリアフリーはもちろん、

車椅子でも毎日の生活を自由に楽しめる“生活のバリアフリー”が最大のテーマでし

た。例えば、ダイニングに続く和室を車椅子の座面高に合わせたことで、車椅子からの

移動が容易にできる。玄関ポーチを全てウッドデッキにしたことで、いつでも気軽に外

出ができる。

お子様にとって自分でできる事が増えるということは、目に見えるバリアだけでなく、

見えない心のバリアもクリアになることだと思います。



今回設計を担当しました風間さんは新潟県出身で、大学を卒業後、東京のアトリエ的な

建築家が主催する設計事務所に勤務され、結婚を機に熊本に来られました。その後、熊

本の設計事務所に長年勤務され、昨年、当社にお越しいただきました。非常に力量のあ

る方で、これまでデザイン性にすぐれた建物を、数多く手がけられています。数寄屋建

築から伝統建築、現代和風、ナチュラルモダンな家など幅広い対応ができる方です。


お客様の声

■ 家を建てようと思ったきっかけを教えてください。

子どもが車椅子を使っていて、今の2階建ての家では、段差もたくさんあり、子供を抱

えて2階への往き来は大変でした。平屋で、車椅子でも生活がしやすい家がほしいと新築

を考えました。


■ 三友工務店との出会いを教えてください。

昨年から本格的に家づくりを考えはじめ、いろいろな住宅メーカーや展示場を回りまし

た。多分、熊本市内の展示場は一通り回ったと思います。三友工務店を知ったのは、良

町の家の完成見学会の折り込みちらしでした。すぐにホームページで検索したところ、

内装がすごく良くて見学会に行くことに決定。家族で出掛けました。そこで感じたの

は、新築特有の臭いがしなかったこと。天然素材を使っているからでしょうか。雰囲気

も今まで見た住宅メーカーのものとは違い、ナチュラルで落ち着いた感じが気に入った

ので、すぐに相談してみることにしました。


■ たくさん見て回られた中で、三友に決めた理由は何でしょう?

私たちの家に対する要望は、普通の人と比べるとかなり特殊なもので、車椅子での生活

を中心に家づくりを考えていました。玄関のスロープはとても重要で、車から降りて、

車椅子に乗り換えて、家に入る。この流れを理解して、雨の日でも濡れずにスムーズに

移動できるということが、譲れない条件でした。

三友さんは、設計の風間さんが、私たちの特殊な要望にも柔軟に、外構も含めたトータ

ルな提案をしてもらえました。最初は大きな案が4つあり、それからいろいろ検討して図

面も5回以上書き直してもらい…。最初に提示した金額に収まるよう上手にまとめても

らえました。いろいろコストダウンしましたが、譲れないところはきっちり押さえてい

て、多分、希望したことはほとんど取り入れてもらえたと思います。

私が仕事でCAD設計をしているので、自分で図面を起こして伝えたこともありますし、逆

に私が出来上がった図面をチェックしたりもしました。おそらくプロからすれば、嫌な

客だったと思いますが、いつでも快く対応してもらいました。ありがとうございます。


■ 家づくりで一番こだわったところはどこでしょうか?

やはり車椅子でも使いやすい動線と、敷地内はすべてバリアフリー。さっきも出ました

が、駐車スペースを3台確保したうえで、車をつけて車椅子に乗り換え、玄関スロープに

つながるという動線は一番こだわりました。また、車椅子でも家の中を自由に移動でき

る部屋の広さと開口部、トイレや洗面、お風呂などの水回りも重要。あと、私がキッチ

ンに立っている間、目の届く範囲で子どもたちが遊べるスペースとして、ダイニングの

横に小上がりの和室を設けたのもポイントです。高さは車椅子の座面高と同じにして、

移動を楽にしています。壁は車椅子がぶつかっても大丈夫なように腰板を貼りました

が、デザイン的にも良かったです。あと、友人が集まった時に、みんなでバーベキュー

が出来るようなウッドデッキを作ってもらいました。玄関から一体の素材を使い、車も

横付けできるので、子どもたちにも便利なウッドデッキです。本当にこの一年、これ以

上にないと言うくらい車椅子の事を考えましたね。


■今回の家づくりで三友工務店をどのように感じましたか?

「社長」というイメージが変わりました。会社の社長さんはお偉いさんで、話もできな

いというイメージですが、三友工務店の社長は気さくで親しみやすかったです。今日も

お茶を出してもらいましたし(笑)。それから、三友さんでは営業の方がいないので、

思ったことを、設計や現場の方にダイレクトに伝えられるのが良かったです。何でも対

応が早いのには感心しています。また、建設の段階ごとに建具や壁紙など、現場と照ら

し合わせながら物が選べたので、イメージしやすかったです。メーカーだと家のイメー

ジもないまま最初に全部選んで、もうおしまいだったと思います。三友さんの家づくり

の工程を踏んでいくと、何で家が2カ月で建つのか不思議ですよね。

また、私たちの特殊な要望を理解してくれ、その多くをクリアしてもらい、感謝してい

ます。お陰で、子どもが自分でできる事も増えるだろうし、これからの新生活が楽しみ

です。そうそう、子どもが建築中の家を見に行って、今まで聞いたことのない台詞を言

ったんですよ。「ママ、こっちおいで」「かくれんぼしよう」って。子ども達も新しい

家をとても楽しみにしています。


貴重なご意見を、ありがとうございました。


展示場をご覧になられるのも良いですが、実際、住まう人が建てられた家をご覧になる

ことで、より現実的に自分たちの家をイメージできることと思います。

色んな住宅会社の家をご覧になって、三友工務店を選択肢の一つに加えていただければ

幸いです。


追伸:今回の住宅は特殊事情もあり、設計にも随分時間をかけさせていただきました。

建物としては、新築ですが、バリアフリーという面で、リフォームにも取り入れられる

ヒントがたくさんあります。また、自然素材にこだわったナチュラルテイストの三友ス

タイルも随所に活かされています。

めったに公開できないお宅だと思いますので、この機会に、是非、お越しください。

date:2010/04/21 Wed

ページの先頭へ

家族サービスで映画を見に行くことに

昨日の日曜日は、久し振りに休むことができましたので、家族で映画を見に行きまし

た。見た映画は「アリス・イン・ワンダーランド」。

ジョニー・デップ主演の映画で、オープニング興行収入がアバターを上回っている、今

話題の映画です。


注目されていることもあり、映画館は満席でした。

3Dの映像も始めてみましたが、本当に綺麗でした。

でも、内容は家族の反応に比べ、私にとっては今一つ、という所でした。

「不思議の国のアリス」を基に映画化したものだ、という事も映画館を出た後に嫁さん

から聞いて分かりました。

嫁さんも子供たちも承知の上だったようです。

私一人が知らなかったようで、なんともまぬけな話です。


私は、小さい頃は本には全く興味がありませんでしたので、「不思議の国のアリス」と

いう本は聞いたことがありますが、内容はまったく知りません。

あのような話だったのか、と今更ながら感じ入った次第です。

年をとっているので、不思議の国の話に入っていけなかったのでしょう。

目をつぶっている時間も多少ありましたし、、、


本屋さんでぶらぶらするのも良いですが、たまには旬の映画を見て感性を磨かなければ

いけないなぁと反省している所です。

date:2010/04/19 Mon

ページの先頭へ

中古住宅について

以前にも何度か書いておりますが、最近、中古の住宅をお買いになって全面リフォーム

を検討されている方が非常に多いですね。

厳しい経済情勢の中、あまり借入を増やしたくないというお考えだと思います。

築年数も20年以上の建物が多く、ほとんと土地の価格だけで取引されています。

その為、比較的きれいな住宅でも、建物の価値はほとんど評価されず、土地代のみで

す。

その為、購入される側から言うと非常にメリットがあります。



また、築年数20年といっても、メンテナンスさえしてあれば驚くほど立派なものもあり

ます。

日本では外国に比べて中古住宅の流通が少ないので、もったいない話ではありますが、

20年以上も経つと建物の価格はほとんど評価されません。

築年数20年以上といっても、新耐震基準以降であれば、現在の基準から行くと満たさな

いものも多いですが、補強することによって耐震性能を上げることができます。

また、先にも書きましたように、メンテナンスさえしてあれば比較的きれいです。


実は、私も10年ほど前に会社近くの中古住宅を購入しています。

その家は、当社で建てさせていただいたものですが、事情があって売りに出され、会社

の近くという事もあり、私が購入することになりました。

購入しましたときに、家族構成の違いからくる間取り変更を多少行いましたが、それ以

外は30年近く経っていますが、今のところ問題はありません。

当時は、中古住宅もいまほど安くはありませんでしたので、今思えばかなり良い値段で

買っていたと思います。

それと比べると、現在の中古住宅の価格は驚くほど安いです。

売られる方は大変でしょう。

購入する側から言うと、今が買い時でしょう。


また、中古の住宅を購入されるときの目安が熊本市内であれば1500万位でしょうか。

その住宅のユニットバス、キッチン、トイレなどの水回りを単純に交換する程度であれ

ば、200万〜300万位。全面的に間取りから変更される場合は700万〜1500万位です。


また、1000万が新築かリフォームで悩まれる一つの判断の目安にもなっています。


中古の住宅を1500万で買って、1000万でリフォームしても合計で2500万ですので、新築

のマンションを購入する金額で、新築同様の庭付きの一戸建て中古住宅が手に入りま

す。


また、最近当社へのお問い合わせが多いもとのとして、中古のマンションをお買いにな

って間取り変更が絡む全面リフォームをご検討される方です。

こちらの場合は、内容にもよりますが500万〜1000万位費用がかかります。

単純な水回りの変更であれば、150万〜300万位です。

マンションでも当社が良くやるような木を使った自然素材リフォームをすれば、戸建て

感覚で非常に落ち着く空間が得られます。


ですから、土地をお持ちでない方が、我が家をお求めになる場合の選択肢としては4つ

あることになります。

・土地を購入して住宅を建てる

・中古の住宅を購入してリフォームする

・新築のマンションを購入する

・中古のマンションを購入してリフォームする

費用も上から下へ安くなります。

経済情勢も厳しいですので、土地つきの新築を考えず、ほかの選択肢も考えながら家づ

くりを進められることをお勧めします。

date:2010/04/17 Sat

ページの先頭へ

次回開催いたします完成見学会の打合せ

先日、4月24(土)、25(日)に開催します完成見学会の案内チラシをつくるため

に、お客様と打合せをさせていただきました。

内容は、家をつくろうと思ったきっかけ、当社に決めた経緯、設計、工事途中での対応

など、時間を掛けてお話しいただきました。


お客様の声を頂くときは、私が入ると気を使われて本音でお話ししていただけない場合

もありますので、いつも私は席を外すことにしています。

特に、完成見学会などの広告に使う場合は、最近は社外の方にお願いして、第三者てき

に本音を引き出して頂くようにしています。


このお客様の声は、私たちにとってもこれからの方向性を確認していく上で、とても大

事なものです。

その為、お客様の声を聞き取りして頂く時は、当社の悪い面も含めてなるべく本音を聞

き出して頂くようにお願いしています。


お客様インタビューの一部をご紹介いたします。

■ 家を建てようと思ったきっかけを教えてください。

子どもが車椅子を使っていて、今の2階建ての家では、段差もたくさんあり、子供を抱

えて2階への往き来は大変でした。平屋で、車椅子でも生活がしやすい家がほしいと新築

を考えました。


■ 三友工務店との出会いを教えてください。

昨年から本格的に家づくりを考えはじめ、いろいろな住宅メーカーや展示場を回りまし

た。多分、熊本市内の展示場は一通り回ったと思います。三友工務店を知ったのは、良

町の家の完成見学会の折り込みちらしでした。すぐにホームページで検索したところ、

内装がすごく良くて見学会に行くことに決定。家族で出掛けました。そこで感じたの

は、新築特有の臭いがしなかったこと。天然素材を使っているからでしょうか。雰囲気

も今まで見た住宅メーカーのものとは違い、ナチュラルで落ち着いた感じが気に入った

ので、すぐに相談してみることに・・・続く


インタビューのほんの一部をご紹介いたしましたが、

今回、完成見学会を開催させて頂きますM様邸は、

平屋で37坪、ご家族4人でお住まいになるお家です。

設計は風間さんが担当しました。


風間さんより一言

お子様が車椅子というハンディを踏まえた上で私が考えたのは、家族がお世話しやすい

家ではなく、家族のみんなが一緒に暮らしやすい家。建物のバリアフリーはもちろん、

車椅子でも毎日の生活を自由に楽しめる“生活のバリアフリー”が最大のテーマでし

た。


設計コンセプトは、

家族と一緒に、もっと楽しく、もっと快適に

「車椅子でも自由に暮らしを楽しめる家」


完成見学会は4月24(土),25(日)を予定しています。

詳細は、また改めてご案内いたします。

date:2010/04/13 Tue

ページの先頭へ

パソコンを買い換え

4年近く使っていましたパソコンが調子悪くなり、

ウインドウズ7がインストールされたパソコンに買い換えました。

まだ使い始めたばかりですが、慣れるまでにかなりの時間がかかりそうです。


事務機器やさんからは、業務用で使うのであればまだXPの方が良いのでは、という助

言もありましたが、日頃から新しいことにも取り組んで行くように指導していることも

あり、思い切ってウインドウズ7のノートパソコンにしました。


私もかなりの歳なので、使いこなせるか心配ですが、ボケ防止と思って使って行きたい

と思います。


はるか昔の話ですが、学生時代はフォートランでプログラムを作っていましたし、社会

人になってからもNECのPC8001、8801,9801などを持っていましたの

で、こういった物に抵抗がある訳ではありません。


また、設計事務所勤務時代はベーシックで建築構造設計のプログラムなどを自分で作っ

たりもしていました。

今考えると、演算にもすごく時間がかかっていましたが、自分の作ったプログラムで、

結果が出たときは達成感がありましたね。


あの頃が懐かしいです。

date:2010/04/09 Fri

ページの先頭へ

ゴルフ練習場での一コマ

久しぶりにゴルフ練習場で汗をかいてきました。

年間でも1,2回しかゴルフに行かなくなりましたので、練習場に行くことも少なくな

ってきました。

たまに、ストレス発散を兼ねて練習場に出かけますが、ボールに思うようにあたらず、

ストレスが発散出来ているのか微妙なところです。

ただ、終わった後は汗をかいたこともあり、爽快な気分になりますのでこれで良し、と

思って気持ちよく帰ります。


そんな練習場での一コマです。


若いカップルがやってきて、私の前に2打席確保しました。

初心者では無さそうで、それなりに経験もあるようでした。

2人は、数十分ほど黙々とボールを打っていましたが、女の子が疲れたのか、後ろの打

席で打っていた男性のところに来て、休みながら眺めていました。


しばらく眺めていましたが、突然、「カッコワリ〜」の一言。


追い打ちを掛けるように、

「背骨のまがっとるよ」、「年寄りのごたっ」と言い出しました。

その後も「そら〜いかんばい」「鏡ば見てごらん」「お父さんに習った方がよかよ!」

とアドバイスまでする始末。


私は思わずずっこけてしまいました。


言われた男の子は、怒るでもなく必死になってボールを打ち続け、「はよなおさんとい

かんばい」とまじめに言い出しました。

このカップル、付き合いが長いのかどうか分かりませんが、初めてゴルフ練習場に一緒

に来たのでしょう。


もうちょっと柔らかく言えば良いのにと、後ろでハラハラしながら一部始終を聞いてい

ました。

彼女に良い所を見せようと思って、初めて練習場に誘ったのかも知れません。

きっと頭の中は真っ白になっていたことでしょう。


私が嫁さんからこんな事を言われたら、「もおせん」といって、その場で帰ってしまう

ところですが、、、


この男の子は素直なんでしょうね。


先に帰りましたので、その後どうなったのかは分かりませんが、

今どきの女の子ははっきり物を言いますね。

こんな子たちが、いつかは当社にも入社してくるんだろうなぁ、と思うと何だか複雑な

気持ちになりました。

date:2010/04/07 Wed

ページの先頭へ

TOTOショールームにて相談会を開催いたしました。

4月3(土)・4(日)に、TOTO様のショールームをお借りして、自然素材のこだわり

リフォーム相談会を開催いたしました。


コンセプトは「なごむ、くつろぐ、暮らしを愉しむ」


当日は今話題の住宅版エコポイントの相談会も開催し、何をするともらえるの? いくら

お得なの? など、さまざまなご質問にもお答えいたしました。


今回はリフォームをメインに相談会を開催しましたが、リビング新聞をご覧になって新

築のご相談に来られた方も数組いらっしゃいました。感謝です!

当日の様子です。

展示スペース


これまで手がけてきた住宅やリフォームの写真をたくさん展示しました。


お世話になりましたTOTOショールームスタッフのみなさまと記念撮影

date:2010/04/06 Tue

ページの先頭へ

TOTOショールームにて自然素材のこだわりリフォーム相談会を開催いたします。

4月3(土)・4(日)に、TOTO様のショールームをお借りして、自然素材のこだわり

リフォーム相談会を開催いたします。


コンセプトは「なごむ、くつろぐ、暮らしを愉しむ」


創業以来57年、私たちはお客様のこだわりをカタチにする家づくりを目指してきまし

た。

リフォームでも、体に優しく温もりあふれる自然素材の戸建てやマンションリフォーム

を数多く手がけ、ご好評をいただいています。


今回は、水回りのNo.1ブランドTOTOのショールームにて、木をたっぷり使った内装や趣

味や暮らしに合わせた間取りのご提案など、暮らしを豊かに彩るリフォームの相談会を

開催します。


当日は今話題の住宅版エコポイントの相談会も開催し、何をするともらえるの? いくら

お得なの? など、さまざまなご質問にもお答えいたします。


今回はリフォームをメインに相談会を開催しますが、新築のご相談も大歓迎です。

当日は新築、リフォームなどの写真集、資料などもたくさん展示しています。


当社の家づくりにご興味がお有りの方は、お気軽にTOTOショールームまで足をお運

び下さい。


当社には営業は居ませんので、その後の訪問などは一切ありませんのでご安心下さい。


また、興味はあるが会社に直接行くには抵抗が有る、という方も多いと聞いておりま

す。

今回はTOTOショールームですので、取りあえずお越しになって、写真集などをご覧

になりませんか?

詳しくは、

イベント情報「http://www.sanyu-k.jp/news/pdf/20100403.jpg」をご覧下さい!

お会いできるのを楽しみにしております!

date:2010/04/01 Thu

ページの先頭へ

熊本市小山にてU様邸起工式が執り行われました。

U様との出会いは、奥様が当社の家づくりにご興味をお持ちで、子どもさんを連れて

当社にお越しになったのがご縁の始まりです。

その時私が不在で、たまたま対応しましたのが、今回設計を担当いたしました若松さん

です。


先日、武蔵丘で起工式を行いましたU様も同じパターンで、私が居ない方がスムーズに

ことが運ぶようですね。嬉しいやら悲しいやら。。。何とも複雑ですが、、、

その後、あらためてご主人と会社にお越しになり、当社の家づくりについてお話しさせ

ていただきました。


土地はご実家の横に有りましたので、色々とお話しを重ねながら提案をさせていただき

ました。

他社でもご検討されていましたが、設計の若松さんの人柄と主婦目線での提案を気に入

っていただき、最終的には当社で家づくりを進められることになりました。感謝です!


そんな経過を辿って始まったU様邸の家づくりです。


U様ご夫婦が家づくりを進める上で、一番大切にしたいことは「子どもの姿を見ながら

生活したい!」というものでした。

U様邸は、木造平屋 延べ床面積33坪、ご家族5人で暮らされる快適なお家です。


ご家族の想いが一杯詰まった思い出に残るような家づくりを進めさせていただきたいと

思います。


その時の写真です。








最後にみんなで記念撮影


鍬入れの儀の際、ご主人が鍬を入れた後、子どもさんから拍手が舞い起こりました。

宮司さんも、これまで1000件以上の起工式をしてきましたが、こんな事は初めてで

す。と感動されていました。


私も、もちろん初めての経験で、何となくジ〜ンと来る物がありました。

その後は、鍬入れの儀で使った砂で砂遊びが始まり、子どもさんたちが砂だらけになっ

てしまいました。きっと着替えも大変だったと思います。

これもいつかは一つの思い出に変わることでしょう。。。

良い家づくりのスタートが出来ましたことに感謝です。


それにしても、当社で家づくりを進められる方は、ほのぼのとしているというか、何か

しらあったかいご家族が多いですね!


良い出会いに感謝しています。

date:2010/04/01 Thu

ページの先頭へ