熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

(社)熊本県建設業協会建築部会の安全大会が開催されました。

(社)熊本県建設業協会建築部会とは、県内でも上位グループの建築会社を会員とする

組織で、技術と経営に優れた企業つくりを目指している団体です。


毎年、この時期に合同安全大会が開催されています。



今年の全国安全週間のスローガンは、


「みんなで進めようリスクアセスメント   

めざそう職場の安全・安心」でした。


スローガンの後半部分、「めざそう職場の安全・安心」は分かりやすくて

良く理解できますが、前段の「みんなで進めようリスクアセスメント」は、私には、ど

ういうことか分かりませんでした。


みなさまは、“リスクアセスメント”という言葉はお聞きになったことはありますか?

私は、良く意味が分かりませんでしたので会社で調べてみました。


リスクアセスメント (risk assessment) とは、リスクの大きさを評価し、そのリスクが

許容できるか否かを決定する全体的なプロセスのことである。

具体的には、リスク分析により明確化されたリスク因子に基づき、

1. リスク因子により組織の財務基盤にどのような悪影響を及ぼしうるかの評価

2. それにより、どのリスク因子を優先的に対処していくかの優先順位決定

3. リスク対処のコストパフォーマンスを、上述の財務基盤への影響度も絡めて分析評価

し、再検討

と言った手順を取る。

上記2番目のリスク因子の優先順位を決定する際には、リスクマップが作成されるのが

一般的である。



と有りました。


これを読んでも何のことかは良く分かりません。

なんだか難しい話のようですね。


もっと分かりやすいスローガンをつくって頂ければ有りがたかったです。



ところで、当社からも毎年この安全大会に参加していますが、

今年は5名の現場スタッフが参加し、熱心に講話に耳を傾けました。


特に、記念特別講演をされた大悲山向陽時寺住職の渡辺紀生様の講話は、面白く為にな

る話で一杯でした。



演題は「ギター和尚のお元気説法」でした。



この方は、PTA、町おこしを経験され、住職の弾き語り説法「ギターと笑いのお元気

説法」の講演などで好評を博し、熊本県内、九州一円はもとより全国各地からバスツア

ーが組まれているようです。


また、NHKテレビ、ズームインスーパー、おもいッきりテレビ、新聞などで幅広く紹

介されている方みたいですね。


ギターを弾く和尚さんがいるという話は聞いたことがありましたが、実際、講演を聴く

のは初めてで大変楽しみにしておりました。

安全をテーマとした内容ではありませんでしたが、梅雨空を吹き飛ばすような楽しくて

元気の出るようなお話をたくさん聞くことが出来、良かったです。


後半にはギターを持って歌われましたが、若い頃は音楽関係を目指していた、と言うだ

けのことはありとても上手でしたね。


しかも、見かけとは裏腹な洋楽専門だとか、、、

date:2010/06/29 Tue

ページの先頭へ

新しいスタッフ募集!!

先日の東京研修で身にしみて感じた事。

これまでホームページ、イベント企画、チラシ作成など、主な部分はすべて私と嫁さん

で行っていましたが、限界を感じています。

優秀なスタッフもたくさんいますが、全員技術者の為、設計、現場の仕事に追われてい

て余裕もなく、とても手伝ってなどとは言えない状況が続いています。

流石に、イベントの時は自分の仕事を置いて、全員で手伝ってくれますが、

毎日というわけにはいきません。

かといって営業は入れたくないし、、、


そこで、このたび新しいスタッフを募集することにしました。

募集するのは事務兼企画スタッフです。

事務作業だけではなく、

お客様対応からイベント企画、ホームページ更新(ブログ程度)、などなど幅広い対応

ができる優秀な方を募集します。


当社は、まだまだ知名度もなく小さな会社ですが、

創業以来、健全経営を貫いておりますし、優秀なスタッフも揃っていますので、これか

らの厳しい時代にも十分対応できる会社だと思っています。

ちょっと平均年齢が高いですが、その分、提案力、技術力には自信があります。


ちなみに、当社の家づくりのコンセプトは

“ちょっと上質で、いっぱいこだわったナチュラルテイストの家づくり”です。


私たちの考えに共感していただけ、

あなたのこれまで経験してきたことを、当社で活かせると感じられたら、取りあえず会

社までご連絡下さい。


今回、募集させて頂くのはお一人です。


いい出会いがあることを祈っています。


どうぞよろしくお願い致します。

date:2010/06/28 Mon

ページの先頭へ

東京出張

今回は、東京に3日間滞在しました。

初日は、某コンサルタント会社の時流大予測フォーラムに参加。

住宅、不動産、リフォームと、いろいろなテーマでセミナーが開催され、限られた時間

のなかで、コンパクトに凝縮された経営情報を得ることが出来ました。


2日目はホームページに関連する事を相談するために、某企業を朝から訪問。

その後、そこで午後から開催されていたセミナーに飛び入りで参加。

飛び入りとはいえ、夕方までみっちりと取り組んできましたが、

参加者のあまりのレベルの高さに話について行けず、何一つ意見を言えなかったのが残

念。


勉強会では、これまで考えたこともないようなテーマで討論が始まり、その考え方、結

論の行方に終始驚かされました。


3日目は、木造ドミノ研究会の定例研修に参加。

今回のテーマは『伝える力』でした。

10062410

工務店ITのカリスマ『・・・』さんという方が講師で、伝える力を磨きました。

私は、年なので何のことかよく分かりませんでしたが、

Youtube・ツイッター・ユーストリームと云うような新しい伝える道具が注目されてい

て、今後は、これらの道具を地域工務店として如何に使えば仕事に活かせるか、といっ

たテーマで勉強会が行われました。


更に、各会社で『工務店TV局』を立ち上げようという話になり、私にはどういうことか

まったく分からなくなってしまいました。世の中、本当に進んでますね!!


かしこい下田さんに出席してもらえば良かったと反省!


今回も、良い出会いがあり、充実した3日間となりました。



参考までに、木造ドミノ住宅はこんな感じの家です。
10062411

10062412

date:2010/06/24 Thu

ページの先頭へ

八代M様邸完成見学会レポート

見学会翌日から月曜、火曜、水曜と3日間東京に出張していましたので、

コラム掲載が本日となりました。

今回の完成見学会は、予想していたとおり梅雨真っ直中での開催となりました。

特に、2日目は大雨と強風のなかでの開催となり、あまりの酷さにこのまま続けて

も・・・午後からはスタッフの中止の要請?

ただ、この悪天候のなかでも当社の家づくりにご興味をお持ちの方が、午後からもポツ

リポツリとお越しになりましたし、熊本市内からわざわざお越しになるお客様もいらっ

しゃいましたので、そのまま続行することに致しました。


八代市内での見学会は、今回が初めてでしたが、

結果的には、悪天候にもかかわらず2日間で36組、人数にして100人弱のお客様にお越し

頂き、感謝致しております。


1日目は、まだこんな感じで余裕がありましたが、、、


2日目は、風雨のため写真を撮るのも忘れてしまいました。


見学会の様子です。





今回完成見学会を開催させて頂きましたM様邸は、こんな感じの家でした。
私のカメラで撮りましたので、少々手ぶれしておりますが、、、









date:2010/06/24 Thu

ページの先頭へ

八代M様邸完成見学会のご案内です。

koganigaoe

来たる6月19日(土)、20日(日)に、

お客様のご好意により熊本県八代市松崎町にて「新築住宅の完成見学会」を開催する運

びとなりました。

毎回、お客様のご要望に応じていろんな家をつくらせて頂いておりますが、


今回の住宅は「笑顔がうまれる自分らしい家づくり」

〜家族みんなが健康で幸せになれる住まい〜

M様邸は、ご家族4人でお住まいになる木造在来2階建て、

延べ床面積39.8坪、断熱材に自然素材の羊毛断熱材を使ったお家です。

「冬暖かく、夏涼しい」快適空間に、家族の夢と希望を叶えた自由設計の「こだわりの

家」は、世界でひとつの“自分仕様の家”を追求する方に必見です。

設計が下田さん、現場担当が草津くん、棟梁が楠本さんです。


設計士に聞く「ここがポイント!」


設計の下田さんから今回の見所を話して貰いました。

こだわったのは家族の健康

介護を必要とされるお子様がおられ、家で過ごす時間が多いため、家族のみんなが「我

が家が一番、気持ちよくて楽しい場所」と思える家づくりを提案致しました。

まず、無垢材や珪藻土といった健康的な自然素材を使い、特に1階のお子様の部屋は天

井までも珪藻土の塗り壁に。木をふんだんに使っていながらも和風にはならず、洋風の

洒落た雰囲気もある絶妙なデザインもポイントです。


また、吹き抜けのように開放感のあるリビングをはじめ、全体的に余裕のある間取りは

居心地が良く、動線もスムーズで家事も介護もしやすい造り。

大きく取った開口部からは常に明るい陽射しが差し込み、風の抜けも良く、快適そのも

のです。

リビングからつながるウッドデッキ


リビングからダイニングを見たところ


開放感のあるリビング


書斎コーナー



(外観)白を基調とした上品な色合いの外観です。


こんな方に見に来て欲しいです!

・吹き抜けのように開放感のあるリビングが欲しい方

・無垢材や珪藻土といった健康的な自然素材を使った“ちょっと上質な家”をご覧にな

りたい方

・リビングの一部にちょっとした書斎が欲しい方

・光と風にあふれる快適な間取りをご覧になりたい方

・リビングからウッドデッキに繋がる開放的な空間をご覧になりたい方


ご来場いただくとこんな事が分かります!

・吹き抜けにしなくても、開放的なリビングをつくる方法が分かります。

・自然素材の良さを体感できます。

・コンパクトながらも、快適でとても落ち着く書斎のつくり方が分かります。

・明るくて風通しの良いリビングのつくり方が分かります。

・家事動線の良さを体感できます。


『M様との出会い』

M様との出会いは、一昨年ホームページより資料を請求頂きましたのがご縁の始まりで

した。

その後、見学会に何度かお越しになり、無料家づくり相談会へのお申し込みを頂きまし

た。

家づくりを進められる中で、一番大切に考えられていた事は


“身体に優しく、明るくて風通しの良い家“です。

外観のイメージは、シンプルでナチュラルモダンな家でした。

昨年4月から基本プランの提案を進めていましたが、土地の造成の問題もあり、じっくり

ゆっくりとご検討頂いていました。

工事は今年2月から着工し、この度無事に完成致しましたので、完成見学会を開催させ

て頂く運びとなりました。


展示場をご覧になられるのも良いですが、実際、住まう人が建てられた家をご覧になる

ことで、より現実的に自分たちの家をイメージできることと思います。

色んな住宅会社の家をご覧になって、三友工務店を選択肢の一つに加えていただければ

幸いです。


これから家づくりをお考えの方には、一見の価値はあるかと思います。

どうぞこの機会にご家族お揃いで、お気軽にお越し下さい。

スタッフ一同、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

詳しくは、イベント情報

「http://www.sanyu-k.jp/news/kengakukai/20100619.html」をご覧下さい!!

date:2010/06/17 Thu

ページの先頭へ

経営事項審査が終了

昨日、熊本県庁にて経営事項審査を受けてきました。

経営事項審査というのは、公共工事の入札に参加する建設業者の企業規模・経営状況な

どの客観事項を数値化した、建設業法に規定する審査のことで、略して経審とも呼ばれ

ています。


公共工事の入札に参加する建設業者は、必ずこの経審を受けなければなりません。

この経審を受けることによって会社の経営内容を客観的に判断できますので、人間に例

えれば健康診断を受けているようなものです。


審査は非常に厳しく、経営規模、経営状況、技術力、その他の審査項目(雇用保険の有

無など)に渡って会社の状況を細かく調べられます。

点数は、すべて数値化されていて公表されています。


その為、私たちのように公共工事も手がけている会社は、売り上げ、利益、借り入れ金

額も含め、経営内容をすべて公表されていますので、だれでも経営内容を確認すること

ができる状態にあります。


この点数によって、公共工事のランクが決まります。

このランクによって、参加できる工事金額が変わってきますので、私たち建設会社は、

この点数を上げることに血眼になっていました。

なかには、点数を上げるために決算を誤魔化して赤字の会社なのに、わざわざ利益が出

ているように見せかけていた会社も有ったように聞いています。


もっとも、現在は公共工事も減り、受注機会も少なくなってきましたので、以前ほどで

はないと思います。


住宅やリフォームを専門にされている会社は、規模が大きくても公共工事を受注されて

いませんので経審を受けられていません。

その為、私たちのように経営内容まで細かく調べられて公表されていません。

この点では、私たちのように公共工事を手がけている会社は、年に一回は必ず、行政機

関の審査を受けなければならない義務を負っていますので、その客観的な数値データー

を比較することで、どのような会社か大まかにでも判断する事は可能でしょう。



今年の経審が無事に終了し、ひとまずホッとしている経理の嫁さんです。
何しろ、準備する資料が膨大ですから、、、
このキャリーに書類を載せて、熊本県庁の経審会場に行って参りました


バックの中身は、こんな状態でした。
決算書、銀行の残高証明書、職員の資格証明書(1級建築士の免許など)、雇用保険の書類、工事契約書などなど・・・


date:2010/06/15 Tue

ページの先頭へ

家づくりの話

当社にお越しになるお客様のなかで、新築をお考えの場合に多い相談事例をご紹介致し

ます。

「これまで色々なハウスメーカーの展示場や完成見学会に足を運びました。

でも、いざ相談してみると、プラン、見積書があっと言う間に出てきて、仮契約を急が

れるばかり。もう少し、間取りや仕様の打ち合わせを重ねてから契約したいと思ってい

ても、営業の方から契約後に本格的な打ち合わせをじっくりと進めて行きますので大丈

夫ですよ!といった話になる。

このままでは不安だし、自分たちの思うような家づくりにならないのではないかと思

い、それ以上の話を進めなかった」と言ったご相談です。


なかには、そこで契約されて家づくりを進められている最中に、当社にご相談に来られ

る方もおられます。


「なんだかよく分からないうちに仮契約を結びましたが、

契約後に打ち合わせを進めると、ちょっと変更したり、オプションを付ける度に、どん

どん追加費用が上がってきて、とても心配で打ち合わせにはならなかった」


「かといって契約金を払っているので、いまさら解約するのももったいない・・・と思

う。でも、何とかなりませんか?」と言った相談です。


当社としては、出来る限りのアドバイスは差し上げますが、それ以上のことは出来ませ

ん。



以前あった事例では、

完成見学会にお越しになり、

色々と家づくりについての話を具体的にされていましたので、すでに家を建築中なのか

なぁと思いながら対応していました。

しばらくすると、実は、郊外のとある分譲地に家を建てる予定で、すでに建築条件付き

の土地を購入し、現在、その住宅会社と契約して家づくりを進めている、というお話で

した。


ところが、設計をすすめても自分たちの思うような家に近づかない。

たまたま、近くで当社の見学会が開催されていたので参考までに見に来た。

三友さんのことはまったく知らなかったが、思っていた以上に良かったので、つい相談

させて頂きました。と言うことでした。


見学会会場では、時間的な制約もあり、要点だけお話しさせて頂きましたが、

その後、会社に連絡があり、いろいろな観点からアドバイスさせて頂きました。

その方は土地からの購入でしたので契約金として、既に数百万支払われていました。

解約してもかなりのお金が戻ってこないと言うこともあるし、契約された会社も非常に

立派な会社なので、時間をかけて自分の思いを伝えられれば立派な家が出来ますので心

配いりませんよ!と励まし、そのまま家づくりを進められることになりました。


このような事例を見ていると、共通しているのが、展示場を見て、取りあえずプランと

価格を出してもらい、何とか予算内に収まっていた。そして、営業の方がとても良い方

だったので、勢いで仮契約してしまった。というケースです。


ところが、実際、家づくりを進めると、思わぬ事がいろいろと出てきて、、、、


家づくりは、難しいですね。

展示場に行って、いろいろな住宅を見るのも大事ですが、営業マンに乗せられて勢いで

契約しないことですね。


家づくりに時間をかけて、自分たちがどんな家をつくりたいのか勉強しながらユッタリ

と進められることをお勧めします。

date:2010/06/12 Sat

ページの先頭へ

厄入り、厄晴れ、還暦の祝い

5日(土)に、有村くん、風間さん、吹春くん3人のお祝いを致しました。

有村くんが厄入り、吹春君が厄晴れ、風間さんが還暦でした。

若いと思っていた有村君、吹春君が厄入り、厄晴れ、あまり年が変わらないと思ってい

た風間さんが何と還暦とは、、、感慨深いものが有ります。


風間さんから“赤いちゃんちゃんこ”は勘弁して下さいと言う申し出がありましたが、

お祝いということで、宴会中は構わずこの状態で居て頂きました。

取りあえず、開式の後、すぐに撮った写真がこれです。


作村建築部次長の司会のもとで、粛々とお祝いは進行致しました。


宴会では、これまでの思い出話など色々と話題が飛び、また新たな発見などもあり、楽

しい一時となりました。

私はお酒が飲めませんので2次会は遠慮しようと思っていましたが、

そのまま送迎バスに乗せられて、逃げ出す余裕もなく街中の2次会会場まで連行されてし

まいました。


2次会も盛況の内に終了致しましたが、

その後も場所を変えて、宴会は延々と続いたそうです。

なかには、朝方4時近くまで飲んでいたグループ(Iさん、Sさん、A君、F君)も居

たとの事。元気で何より!


今回は、日頃忙しくしているスタッフの、気晴らしも兼ねてのお祝いでしたが、

かえって飲み疲れたのでは?と心配しているところです。


3人揃って記念撮影。
風間さんが妙に似合っていて、、、


私があまり長い挨拶をしましたので、I副社長があくびをしている所です。。。
ちょっと長すぎましたか?   反省!!


稲留副社長の音頭で乾杯!













お祝いのタイから丁寧に実をとる吹春君。
仕事も一生懸命ですが、やることが細かい!


ご機嫌になったところで、再度記念撮影

date:2010/06/08 Tue

ページの先頭へ

八代 M様邸完成見学会準備

M様邸もほぼ完成し、先日、見学会広告用の取材と写真を撮りに行きました。

取材風景


M様邸は、ご家族4人でお住まいになる、延べ床面積40坪、2階建ての住宅です。

健康と暮らし方にこだわった、お施主様の想いのいっぱい詰まったお家で、

開放感のあるリビングをはじめ、全体的に余裕のある間取りは

居心地が良く、動線もスムーズなつくり。

明るい日差しが差し込み、風の抜けも良く、快適な空間です。




また、断熱材には自然素材の羊毛断熱材を使用し、

冬暖かく夏涼しい家を実現しています。


今回のM様邸も、当社のコンセプトでもある

“ちょっと上質で、いっぱいこだわった”お家です。

三友styleの自然素材で出来た上質でオシャレな空間は、

参考になる工夫がいっぱいです。


見学会は6月19(土),20(日)の2日間を予定しています。

梅雨のまっただ中かも知れませんが、見る価値のある質感に仕上がっています。

詳細は改めてホームページに掲載致しますので、当社の家づくりにご興味がおありの方

は、是非、お越し下さい。

date:2010/06/04 Fri

ページの先頭へ

会社がこれから目指すもの

景気も上向いてきたと言われていますが、実感するにはほど遠い感じがしますね。

国外では、ユーロ危機、北朝鮮と韓国の問題、他。

国内では、民主党政権の行方も・・・

また、身近で言えば私の小学生の息子が言う事を聞きません・・・(涙)

この先どうなることやら、、、


こういう厳しい環境の中でも、何とか頑張っていかなければなりません。


今のところは当社も少数精鋭のスタッフと共に、地道な会社運営を行っていますので、

借り入れもなく何とかやって来ていますが、これから先はどうなっていくかは分かりま

せん。


そこで、まだ体力のある今のうちに、これから先のことを考えて、スタッフ全員参加で

会社がこれから目指すべき方向性などについてまとめていく事に決めました。


幸いな事に、経営革新事業の一環として公的機関の助成金を使える事が分かり、

早速、申し込む事に。


昨日は、その専門家派遣として登録されている方の中から、鹿子木先生にお越し頂き、

これから検討して行かなければならない事について、概略のお話しをして頂きました。


鹿子木先生には、現在の社会情勢を含めてこれからどうしなければいけないか、といっ

た事を予定外の時間をとってわかりやすく話して頂き、感謝致しております。


3ヶ月という短いスパンですが、スタッフ全員参加で実りのある結果を導き出せればと思

っています。

date:2010/06/01 Tue

ページの先頭へ