熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

第27回住まいのリフォームコンクール受賞式出席(東京)

今回、優秀賞を受賞しました益城M様邸は、設計が下田雅子、現場担当が田中繁廣でし

た。

東京での表彰式にはこの2人に招待状が届いていましたが、忙しくて時間がないというこ

うとで、口だけ出して何もしていない私が代表で受賞式に出席してきました。

その時頂いた表彰状です。



見ての通りで、設計者と工事担当者の名前のみで、私の名前はどこにも出ていません。

ガッカリ!、でも当然!!


当日は、全国からそうそうたる会社が出席されていて、改めて賞の大きさを実感致しま

した。

財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 理事長 島崎さまのご挨拶



国土交通省 住宅局住宅生産課 課長 橋本さまのご挨拶



審査委員長 東洋大学名誉教授上杉啓先生による作品好評




厳粛な雰囲気の中、多少緊張致しましたが何とか無事に演壇で優秀賞の賞状を頂くこと

が出来ました。



10102905

それにしても、どの会社の作品も素晴らしかったです。


また、当社とネットワークを結んでいる株式会社OKUTA(オクタ)様からも、今回2作品

を受賞されていました。


表彰式後の懇親会で、株式会社OKUTA(オクタ)の取締役酒井さんとデザイナーの中濱さ

ん、澤村さんと記念撮影。



懇親会の様子です。




来年も、この場に来られますように、、、

date:2010/10/29 Fri

ページの先頭へ

ジェルコ九州支部のデザインコンテスト発表!

日本増改築産業協会(通称ジェルコ)九州支部のデザインコンテストの発表があり、当

社の作品が何と4つも選ばれました。(日本増改築産業協会(通称ジェルコ)は、国内最

大の「リフォーム関連企業」の全国組織です)


感謝です!


〇最優秀賞 益城M様邸 一家団欒できるキッチンに

 設計 下田雅子 工事担当 田中繁廣 

http://www.sanyu-k.jp/reform/kominka3/

(この作品は、今年度の住まいのリフォームコンクールでも優秀賞を受賞していま

す。)


〇優秀賞  花園M様邸    スタイリッシュなオープンキッチン

設計 風間滋 工事担当 作村貞勇 川口省吾

http://www.sanyu-k.jp/reform/exsample/collabo.html


〇審査員賞 八反田N様邸 つかずはなれずのほど良い2世帯

設計 若松恵子 工事担当 吹春清文 

http://www.sanyu-k.jp/reform/exsample/nisetai.html 

(この作品は、第2回熊本YRリフォーム選手権でも最優秀賞を受賞しています。)


〇パナソニック賞 花園M様邸 ホテルを思わせるような素敵なトイレ

設計 風間滋 工事担当 作村貞勇 川口省吾

http://www.sanyu-k.jp/reform/exsample/collabo.html


今回初めての応募でしたが、先日の第27回住まいのリフォームコンクール受賞に続く

快挙でした。


何より、当社の3人の設計スタッフ全員が、デザインコンテストに入賞したことが嬉し

いです!


設計スタッフ並びにそれを支えている工務スタッフのレベルの高さに改めて感謝してい

るところです。

date:2010/10/26 Tue

ページの先頭へ

住まいのワクワク相談会「TOTOショールーム」レポート

今回はグッドハートさんのご協力の下、太陽光発電のセミナーを開催致しました。

グットハート平田社長の話が大変分かりやすかった、と好評でした。感謝です!



私達スタッフも、初日後ろで聞かせて頂き、既に太陽光発電を取り付けられている稲留

副社長の体験談も交えながら、和気あいあいとした雰囲気の中でセミナーは修了致しま

した。


また、2日目は思いの外、沢山の方がお越しになりましたので、折角のご来場にも関わ

らず慌ただしい対応となってしまい、反省しているところです。


TOTOショールームスタッフのみなさまには大変お世話になりました。

10102602

date:2010/10/26 Tue

ページの先頭へ

熊本市内にて、Mさま邸上棟式が執り行われました

M様との出会いは、東京で建築家として活躍されている三宮健司先生からのご紹介で

す。

これまでにも三宮先生からのご紹介で、一緒に仕事をさせて頂いた事が何度か有りまし

たが、今回は、2世帯住宅のご相談でした。

現在、東京にお住まいの方で、熊本に帰って2世帯住宅を建てたい、と希望されている

方がいらっしゃいますが、対応できますか?といったご相談だったと思います。

もちろん、三宮先生からの話であれば喜んで対応させて頂きたい、といった返事をさせ

て頂きました。


昨年6月頃から、この件に関する技術面、予算面などのご相談を三宮先生やM様から受け

ておりましたが、計画は順調に進み、土地造成の完了と共に、8月に起工式を執り行わ

せて頂きました。

工事は9月より着工していましたが、この度無事に棟も上がり、上棟式を執り行うことに

なりました。


M様邸は、木造在来2階建て、延べ床面積70坪、外断熱二重通気工法の快適なお家で

す。

設計は、ゆう設計室 三宮健司先生、現場担当は作村さんと草津君のコンビです。


ちなみに三宮先生の経歴は、下記の通りです。

九州大学大学院修了後、内井昭蔵建築事務所に勤務され、世田谷美術館や皇居内の吹上

新御所などを手がけられ、2000年に独立されて「ゆう設計室」を設立されました。



三宮先生のデザインセンスと当社の強みである技術力を融合させて、M様ご家族が納得

されるような“いい家”をつくりあげたいと思います。


Mさま、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


上棟式の様子です。


作村建築部次長が工事を代表して祝詞奏上






食事会の様子です。

お施主様のご挨拶。








食事会も大変賑やかな内に修了致しました。

中締めの様子です。




最後に記念撮影



私は予定がありましたので中座致しましたが、宴会は延々と続いたようです。

また、盛り上がった宴会のなかで、○○電気の工事担当F君が独身ということが分か

り、その場で作村建築部次長がお嬢様と見合いをさせるというハプニングまで有り、何

とも想い出に残る上棟式となりました。

見合い?の様子です。


date:2010/10/23 Sat

ページの先頭へ

住まいのワクワク相談会「TOTOショールーム」のご案内

今回は(も?)楽しいイベントになりそうです!!

ワイガヤ家づくり倶楽部の一環として開催致します

“後悔しないための 太陽光発電のセミナー”が面白いです!!

私も知らなかったことが多く、ほんとにこれを知ったら驚きますよ! 


太陽光発電の意外な真実を、当日は本音で話してもらいます。

講師は、熊本県内で実績のある“グットハート(株)”の平田社長です。

太陽光発電のメリット・デメリットを含め、とても分かりやすい内容でお話し頂く予定

です。


ご期待下さい!!


詳しくは、イベント情報をご覧下さい。

date:2010/10/20 Wed

ページの先頭へ

久しぶりに感動した本!

日頃はビジネス書ばっかり読んでいますが、たまには気分を変えてみようと思い、浅田

次郎さんが書いた「終わらざる夏」を読んでいました。

なかなか面白い小説で、上巻を読み終え、下巻を買いに本屋に行きましたが、

たまたま同時期(戦時中)の事を書いた「永遠の0」というタイトルの本が目にとま

り、こちらの本も購入いたしました。


文庫文を購入しましたので、携帯もしやすいため先に読み始めていましたが、昨日、読

み終えました。


この本、面白いです!!


発行日が2006年の8月ですので、今から4年前に出版された本でした。

ベストセラーになった本かも知れませんが、私はまったく知りませんでした。

もっぱら、ビジネス書や文房具関連の本ばかり読んでいましたので、、、


たまたま手にした本でしたが、読んで良かったです。


内容は、下記の通りです。

作品の紹介記事より
_______________________________________________________________________________

「日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげ

すまれたゼロ戦パイロットがいた...。人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎と

フリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始め

る。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。元戦友たちの証言から

浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ち

ながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り―それが祖父だった。

「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻を志願したのか?健太

郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。は

るかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語。」

_______________________________________________________________________________


零戦のパイロットであり、

特攻として死んでいった祖父宮部久蔵の謎を調べるために出会った、

元戦友たちからの証言を通して、

当時、20代前後の優秀な青年達がいかに戦争に巻き込まれ、

特攻隊として敵艦に体当たりすることを余儀なくされたか、

といった話がミステリー仕立てで展開されています。


フィクションではありますが、物語の背景は実際の太平洋戦争の話であり、

歴史を学ぶ上でも有益な小説でした。


もっと若いときに読んでおきたかったですね。

学生時代にこの本に出会っていれば、生き方が少しは変わったかも知れません。

・・・かなり大げさですが。


日頃ビジネス書しか読んでいなかったので、よけいにそう感じてしまいました。


やっぱり、ビジネス書ばかり読んでいてはダメですね!

年もとってきましたし、今更ながらではありますが、色々な本を読んで感性を磨かなけ

ればいけないとつくづく感じた次第です。


明日からは、浅田次郎さんの「終わらざる夏」の下巻を読み始めます。

この感動がいつまで続く事やら、、、


追伸:今から思えば遠い記憶でしか有りませんが、大学に入りたての10代後半の頃、

「二十歳の原点」という本があり、当時とても感動した覚えがあります。

残念ながら、感動した記憶は残っていますが、内容までは良く思い出せません。

本屋で見つけたら、立ち読みでもしてみようかと思います。

date:2010/10/19 Tue

ページの先頭へ

熊本県技能祭「ワーキング・カーニバル2010」に参加

熊本県技能祭「ワーキング・カーニバル2010」は、熊本県下の大工や左官など様々

な技能を持つ職人さん達が一同に集まる、2年に一回開催されるイベントです。



見る・触れる・作るなど参加型のイベントで、本立て製作や和菓子づくり体験などの

「ものづくり体験教室」や、熟練技能士による製作実演をはじめ、子どもから大人まで

楽しめるイベントが多数揃っていました。








私は、今回、熊本県建設業協会建築部会の会員として参加し、

当日は、展示ブース内で一般来場者向けの相談会を開催いたしました。

こんな感じです。



明日まで開催していますので、ご家族連れでお越し下さい。

子供さんも楽しめるコーナーが満載ですよ!!

会場の様子です

板金工業組合さんが作ったロボット
10101621








date:2010/10/16 Sat

ページの先頭へ

日創建材さま創立25周年パーティー

当社の協力会社である日創建材さまの創立25周年パーティーに出席してきました。

当日は、取引関係のお得意様、銀行関連の方、工事関連の方など、総勢300名近くが出席

されていました。


入り口から出席者の長い列が、、、





日創建材さまは、建材類、住設機器の販売や、住宅の外壁サイディング、屋根カラーベス

ト工事や、ビルの軽鉄天井・壁、間仕切り工事、内外装各種ボート貼を仕事とされてい

る会社です。

当社では、主に住宅の外壁サイディング工事をお願いしています。


丁寧な施工で、信頼性も高く、安心して工事をお願い出来る会社の一つです。


思い起こすと、私が東京、熊本での設計事務所勤務を経て三友工務店に入社したのがち

ょうど25年前のことですので、偶然にも同じ年に会社を創業されたということです。

その間、社会情勢も激変し、公共事業も少なくなり、日創建材さまと同じような業態の

会社の多くが、変化について行けず、規模を縮小されるか廃業、もしくは倒産の憂き目

に遭いました。


その中で、日創建材さまは後継者へのバトンタッチも万全に、ますます業容を拡大され

ようとしています。


青柳会長の経営手腕と先を見通す眼力には頭が下がる思いです。


当日は、スクリーンを使って日創建材さまの創立からの歩みなどの紹介もありました

が、私が三友工務店に入社してからの出来事を振り返りながら、自分のことのように懐

かしさを感じてしまいました。



日創建材さまの、ますますの発展をお祈り致します!!


青柳会長のご挨拶


津軽三味線演奏家・高崎裕士さんの生演奏!・・・ 凄かったです!!


会場内の様子です。


date:2010/10/11 Mon

ページの先頭へ

次回イベントの企画

今月、23(土)、24(日)にTOTOショールームにてワクワク相談会を開催致しま

す。

それに向けての企画会議をしているところです。



2,3ヶ月に一度開催していますので、ショールームを使ったワクワク相談会もかなりマ

ンネリ化してきました。


そこで、今回は、目玉として最近お問い合わせの多い“太陽発電”について、同会場内に

てセミナーを開催することになりました。

太陽光発電につきましては、新築、リフォームをご検討中の多くのお客様からお問い合わ

せを頂きますが、一部に悪質な業者も居るようで、工事後の雨漏りなどの苦情も絶えな

いようです。


そこで、今回は太陽光発電のメリット、ディメリットや、計画・工事にあたってのチェ

ックポイントなど、分かりやすく正直にお話しして頂こうと思います。

特に、太陽光発電に過度な期待や誤った認識をお持ちの方も多いようなので、より具体

的な資料を元に説明して頂く予定です。


セミナー講師として、太陽光発電については熊本でも実績のある

グットハート(株)の平田社長を迎え、


“太陽光発電を導入する前に!”

「後悔しないための太陽光発電」と題してセミナーを開催いたします。


詳しい内容は、改めて掲載させて頂きますが、どんなセミナーになるか、私も楽しみにし

ている所です。

date:2010/10/07 Thu

ページの先頭へ

T様邸上棟式

熊本市内にてT様邸の上棟式が執り行われました。

T様邸は、木造在来2階建て、延べ床面積 32坪のお家です。

ほぼ平屋に近い間取りで、

設計は若松さん、現場担当が草津君のコンビで家づくりを進めさせて頂いております。


T様ご家族のご要望は、犬(2匹)を室内で飼いたい、その為に犬にとっても快適な環

境を保ちたい、またそれをお世話するT様ご家族にとってもメンテナンスが簡単で使い

やすい事。そして、出来るだけ環境負荷をかけないエコな家がご希望でした。

完成は、当初来年1月を予定していましたが、お施主様のご協力により工事も順調に進ん

でいますので、年内にはお引き渡しが出来そうです。


T様ご家族の御満足いくような“いい家”をつくらせて頂きたいと想います。


上棟式の様子です。

ご家族、ご親戚で棟札を持って記念撮影


私が挨拶しているところです








協力会社を代表して、八丁設備の田中社長による3本締め


最後に記念撮影

date:2010/10/05 Tue

ページの先頭へ

本日、熊本市内にて地鎮祭が執り行われました。

今回の住宅は、診療所付住宅です。

設計は(有)小川建築事務所さまです。

自然素材をたっぷり使った木の香り豊かな診療所と住宅です。

木造在来2階建て、延べ床面積82.16坪、1階が診療所、2階が住宅です。

断熱材にも自然素材の羊毛を使った快適な空間です。

完成は来年3月を予定しています。


良い家が出来ますように一生懸命頑張りたいと思います。


その時の写真です。


お施主様が鎌を入れられている所です。


小川先生が鍬を入れられている所です。


私が鋤を入れているところです。


最後に記念撮影



余談として、

地鎮祭ではタイを神前にお供え致しますが、

今回は、そのお供えするタイを小川建築事務所の小川先生が自ら釣って来られました。

事前に、現場担当の作村建築部次長が、小川先生から“お供えするタイは釣ってきま

す!”との連絡は受けていました。


私も、その件は聞きましたが、2人して多分釣れないだろうと言う話になり、

釣れなかった場合のことを心配して、タイを一匹準備しておりました。

おまけに、作村さんはその電話のやりとりの中で、冗談交じりに小川先生に「神前にお

供えするタイですので、南蛮漬けにするようなタイではいかんですよ!」と電話口で言

いましたとの事。


まさか小川先生が本当にタイを釣ってこられるとは思いませんでしたので、作村さん

も反省しきりでした。。。

しかも何と立派なタイを12匹も!


お供えした小川先生が釣ってこられましたタイです。



幸先の良いスタートが切れて良かったです。

date:2010/10/02 Sat

ページの先頭へ

リフォーム調査での出来事

今回の調査は、田舎づくりの大きな住宅でした。

図面がありませんでしたので2時間ほどかけて、間取りを作図しながら調査を進めまし

た。

調査は順調に進みましたが、2階の天井部分が雨漏りしているので確認して欲しいという

ご要望が上がりました。


早速、押し入れの天井から屋根裏を確認することになりました。

所が、今回の調査は私と、設計の風間さん、現場監督の田中さんが伺っていますので、

身の軽い人間が一人もおらず、誰が上がるか?ということでもめました。

私は、その中では年は若かったですが、ぎっくり腰のような症状になっていましたので、

情けないことにとても上がれる状態にはなく。

設計の風間さんは、最初から上がろうという気配さえ有りません。

仕方なく、最近、朝の散歩で痩せてきたという田中さんが老体にむち打って上がること

に、、、


身の軽い?田中さんが小屋裏に上がっているところです。
押し入れに上るのも一苦労でした。(田中さんスミマセン)




身の軽い吹春君も連れてきていれば良かったです。

date:2010/10/01 Fri

ページの先頭へ