熊本の住宅会社 三友工務店

木造在来住宅はもとより日々木、外断熱工法の家、自然素材住宅、
また住まいのリフォームを通じて真に価値あるサービスをご提供

トップページ > コラム

コラム

今年一年,本当に,お世話になりました。

今年も色々な出来事が御座いました。

年明け早々の1月、会社の1階部分をスタジオとしてオープンさせて頂きました。

多少、広告も致しましたが、一番反応してくれたのは何と同業の建設業者でした。(笑)

公共工事も激減し、この先どうして行くかで思案中の方も多く、たまたま見つけたスタ

ジオオープンの広告に反応されたのでしょう。

なかには、建築は止めて“カフェでも始めるの?”といったご意見をまじめに言われる

方もあり、同業の方へのインパクトが大きかったのも世相を反映しているのでしょう。


また、住宅の完成見学会も6回、構造見学会を1回開催させて頂きました。

毎回、お客様のご要望に添った趣の違う家をつくらせて頂いておりますので、

来場されるお客様の幅も広く、子育て真っ最中の方から、定年を迎え、子供達も巣立っ

た為、小さな住宅をご計画されている方など、様々でした。

“自然素材の家がいい”という点は変わらないものの、ご要望は多種多様です。

今年、ご要望の多かったのは、ご年齢に関わらず“平屋の家”でした。

また、断熱性能が高く、省エネ効果の高い“外張り断熱”もご要望が非常に多かった一

つでした。


リフォームにつきましては、今年はデザイン面で非常に飛躍できた年でした。

一つには新築で磨いたデザイン性を、そのままリフォームにも上手く活かせるようにな

ったことも有るかも知れません。

初参加で、日本でもっとも権威のあるリフォームコンテストで優秀賞を頂いたり、

リフォーム産業団体であるジェルコの九州支部のデザインコンテストで最優秀賞、優秀

賞、審査員特別賞、パナソニック賞と4作品で入賞を果たしました。

これまで積み上げてきたものが一気に花咲いた感じです。


また、マンションリフォーム分野でも、これまでビル工事で培ってきた経験を活かし、

自然素材を使ったデザイン性のあるリフォームという分野で多くの実績を残すことが出

来ました。


ビル部門に関しましては、数年前から手がけていました地上デジタルテレビ放送に向け

た鉄塔局舎工事が終盤を迎え、現場担当の沼田君、江崎君が休む暇もなく山間や海沿い

現場を駆け巡っていました。


公共工事部門につきましても、現在、熊本市立江原中学校の校舎改築工事が進行中で

す。

それ以外にも、ビル、マンションの修繕、営繕、同リニューアル工事など、多くの工事

を手がけさせて頂きました。



この不況にも関わらず、何とか無事に一年を終わることが出来るのも、

お客様からの一本のお電話を、駅伝のタスキのように各スタッフ、職人さん達が受け継

ぎ、途切れることの無いように一生懸命つないできた結果だと思います。

仕事の機会を与えて頂いたお客様に感謝と尊敬の心を忘れることなく、家づくりを通し

て、お客様に安心・安全で快適な生活を提供できますように、これからも頑張って参り

たいと思います。


今年一年本当に有り難うございました。

date:2010/12/31 Fri

ページの先頭へ

会社床ワックス掛け

会社は、27日に基本的には業務を終了していましたが、

お客様のご都合もありましたので、会社スタジオでは昨日、本日と打ち合わせが行われ

ておりました。

取りあえず、すべての打ち合わせが終了致しましたので、スタジオ、階段、トイレなど

の床のワックスがけをしている所です。


10122902


もちろん床板のワックスは,100 パーセント自然素材の油性塗布剤、木塗油です。

ちなみに、

木塗油は、亜麻仁油(あまにゆ)をベースにダンマルという木の樹脂、青森ひば油、紅

花油等の食用植物オイルを加味して製品化しております。塗布剤に着色する際には、ど

うしても石油系その他の溶剤が必要となります。木塗油はそれを一切使わないことを製

品のコンセプトとしています。


下記のような特徴があります。

・ 伸びが良い(低粘度)ので塗り面積が広く、使いやすい。

・ 仕上がりは透明で光沢がほとんど無い。(クリアタイプ)

・ 含浸性(浸透)が良く塗布面に対しての密着性良好。

・ 撥水・防水性が良好。

・ 抗菌・防カビ作用有り。(化学的防腐剤は一切使用していません。)

・ 原材料は自然素材100%を使用。

・ 素地の呼吸を妨げない。

・ メンテナンスが簡単。


ということで、最後は自然素材ワックスの紹介になってしまいました。(笑)

date:2010/12/29 Wed

ページの先頭へ

仕事納め

三友工務店は本日で今年の業務は終了です。

但し、年末まで私は動いています。 貧乏暇なし、と言った所でしょうか。。。

もし、資料請求、ご相談などお有りであればお気軽にメール、電話にてご連絡下さい。

可能な限り、対応致します。

来年は1月7日(金)からの営業です。

どうぞ宜しくお願い致します。

追伸:コラムはまだまだ続きます。  

date:2010/12/27 Mon

ページの先頭へ

激動の1週間

先週は,ホームページシステム変更中のためコラムへの書き込みが出来ませんでした。

その間、私に取りましては大きな出来事が御座いました。

病気で長期療養していました父が亡くなりました。

父は6年前から体調を崩して入退院を繰り返しておりましたが、

21日(火)に家族に見守られながら静かに息を引き取りました。

84歳の生涯でした。


父は,三友工務店の創業者でもありましたので、葬儀への参列者の方も多く、

また、心温まる電報や供花などもたくさん頂き、改めて父の偉大さに感じ入りました。


私が会社を引き継いでからは、会社に出ることも少なくなっていましたが、

6年前に体調不良で倒れてからは、会社には一切出て来なくなりました。


振り返ってみますと、父は今から20年前に大きな交通事故にあいました。

本人はもちろんのこと,家族も助からないと思っていましたが、

九死に一生を得て、奇跡的に回復し、仕事はもちろんのこと、ゴルフを楽しめるまでに

復活致しました。


父としても、それからの20年は神様からの頂き物だと思っていたと思います。

死ぬ間際には“やり残したことは何もはない”とも言っていたようです。

父としても良い人生が送れたのではないかと思っています。



父は昭和28年8月に三友工務店を創業致しました。28歳の時です。

父の幼少期はまさに戦時中で、成人の頃に終戦を迎える厳しい時代でした。

皆が貧乏で貸家暮らしが当たり前の中、持ち家への憧れから熊本工業の建築科に進学

し、卒業後は第6師団で施設工事の現場監督、終戦後も建設会社で現場の仕事に携わっ

てきました。その後熊本に戻り、土地家屋調査士を経て創業へと至りました。


会社を興した当初は戦後の復興期で、リヤカーを引きながら建物の修繕をするなど苦労

もした,と聞いております。

しかし、その地道な努力から少しずつ「よか仕事ばしなさる」と人づてに仕事も増え、

やがて市や県の大きな公共工事を手掛けるまでに発展致しました。


父は現場の仕事に納得しないと建築途中の家でもイチからやり直しをさせる、いわゆる

“もっこす”でしたが、その仕事に対する情熱と揺るぎない信念で多くの信頼を得てき

たと思っております。


バブル期には、銀行から借金をして事業を拡大し、バブル崩壊と共に倒産する会社も多

くありましたが、父は「借金をしてまで大きな仕事はしない」「金を失っても、信用を

失う仕事はするな」という信念に基づき、堅実で健全な経営を貫きました。

「おたくの会社は堅か」とよく言われますが、どんな不況の波にも左右されず、確かな

実績を残してこられたのも、父が貫いてきたこの創業の精神があったからこそだと思っ

ております。



父は頑固な性格でしたので,仕事上のことで私とケンカすることも度々御座いました

が、いまとなっては"良い想い出"です。

date:2010/12/27 Mon

ページの先頭へ

コラムの更新について

現在ホームページのサーバー移行のため、

コラムの更新を一時休止いたしております。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

何卒よろしくお願いいたします。

date:2010/12/25 Sat

ページの先頭へ

電磁波の影響?

環境を考えて,エコなハイブリッドカーを購入された方のお話しです。

車を買ってから急に体調が悪くなったとのこと。

特に、高速道路などでスピードが出ているとき(エンジンがフル回転?)しているとき

に、強く感じられた見たいです。


日頃から蛍光灯などでも電磁波を感じられるほど、かなり敏感な方でしたので、

車から出る電磁波の影響ではないかと疑われ、

1ヶ月でハイブリッドカーを売られて、ガソリン車に買い換えられました。

しかも電磁波を発生させそうなCDやナビなどの機器類は一切付けなかったとのこと。

それからは調子も良くなられました。


地球環境を考えてエコな取り組みをされている方でしたが、こうなってくると何だか難

しい話になってきますね。。。

date:2010/12/20 Mon

ページの先頭へ

今年最後の無料家づくり相談会のご案内です。

一年経つのは早いものです。

いよいよ、今年最後の無料家づくり相談会となりました。

今年は18回開催させて頂きました。

色々なご相談をお受けしました。


ご相談で一番多かったのが「家づくりの進め方がわからない?」というご質問でした。

私としては,意外でした。

というのも、これまでは当社にお越しになるお客様は、いろいろな住宅会社を既にご覧

になっていて、たまたま当社が近くで見学会を開催していたので取りあえず見に来た,

という方がほとんどでした。

その為、家づくりの基本的な部分は既に説明を受けられている事が多く、相談としては

三友さんはどんな家をつくっていますか?といった具体的な質問が比較的多かったよう

な気がします。


所が,意外にも当社が初めてだという方が,ここ数年多くなってきたように感じていま

す。

お尋ねすると、前からちょっと気になっていた!とか、友人・知人から三友さんに一度

行ってみたら、といった紹介があったとのことでした。

この厳しい環境の中で、本当に有り難い話です。


他にも、様々なご相談をお受け致しました。

例えば、

・家づくりの流れがわからない

・家づくりに掛かる総費用を教えて欲しい。

・資金計画について

・いつ、どれくらいのお金を払うか

・三友さんがどんな家をつくっているか教えて欲しい。

・建て替えた方が良いか、リフォームでも十分可能か?

・建築基準法上の問題で建て替えできないと言われたが,リフォームで可能か?

・マンションのリフォームをしたいが提案して頂けますか?

・中古住宅の購入を検討しているが、プロの目で見て頂けないか?

・現在、分譲マンション(ローン支払中)に住んでいるが、1戸建てを購入できるか?

・相続の問題

・土地の探し方、等々


なかには当社では対応できないご相談も有り、詳しい方をご紹介したケースも多々御座

いました。



これまでどうして良いか分からず悩まれていたことが,意外にあっさり解決したことも

あり、早く相談していれば良かったなどのお声もたくさん頂戴しました。


今回が今年最後の相談会です。

このホームページをご覧の方で、家づくりで何かお悩みを抱えておられる方がいらっし

ゃれば、お気軽にご相談下さい。

ただし、時間は2時間で事前予約の必要があります。

相談後の,当社からの営業行為は一切ありません。


どうぞ、御安心下さい!


お申し込みは「http://www.sanyu-k.jp/soudankai/」の無料家づくり相談会申し込みフ

ォームよりお願い致します。

電話でのお申し込みももちろん可能です。

フリーダイヤル 0120−146−983  

お客様係 大森、または西までお申し付け下さい。

date:2010/12/16 Thu

ページの先頭へ

健康診断

日赤病院にて1泊2日の健康診断を受けてきました。

まあ、色々と御座いましたが、年も年ですから、、、年相応の問題でしょう。

ショックだったのは、握力が右が31しか無かったことです。


昨年、36でしたのでこれはいかんと思い、握力を鍛える器具を購入して望んだのに残

念。なんと年齢で言うと60代の筋力とか、、、ガッカリです。

即席で鍛えたのが悪かったのかも、、、

何事も一夜漬けはダメですね!


でも、敏捷性は優れていると言うことで、こちらは30代の評価を頂きました。

体力面での総合では40代後半の評価でしたので、まずまずといった所でしょうか。

ただ、内臓年齢では50代後半の評価を頂きましたので、これから頑張らないと行けな

い所です。


特に、腹回りがメタボラインの85を越えたのがショック!


昨年より2.5センチも腹回りが増えていました。

体重は1キロ減っていたのに、腹回りだけが増えているという、なんとも情けない状況

です。


お酒は飲みませんけど、お菓子が好きなのがいけないようですね。。。反省!!


宿泊していた日赤病院から見た日の出です。




日の出を見たのは久しぶりでしたので、思わずシャッターを切りました。

date:2010/12/15 Wed

ページの先頭へ

三友Style×トーヨーキッチン 相談会終了

今回は昨年に続き2度目の開催と言うことで、ほんの少しだけバージョンアップ致しま

した。

当社とこれまでご縁があったお客様には招待状をお送りし、

相談会と言うよりは感謝祭といった雰囲気でイベントを開催致しました。

今回は、うどん、おにぎり、ナゲット、フライドポテト、ホタテ、イカリングなど、炭

水化物と揚げ物ずくしのもてなしでした。

ちょっと体には負担が掛かったかも知れませんね?

うどんの出汁を作っている吹春君(もちろん最後は、責任者がきちんと作りました)



揚げ物研究をしている所です。



すっかりさまになっている作村さん



何をどうするか悩んでいる?嫁さんです。



早速試食(朝食?)している吹春君



大賑わいのテントの中









近所の小学生も参加!




また、テント横には子どもさん向けの簡易の射的コーナーなども設け、稲留副社長が一

日相手をしてくれました。






お陰でどちらかというと,ショルーム内より外の方が賑わった感があったイベントでし

た。








スタッフも自ら愉しみながら、これまでお世話になった職人さんや協力会社の方々にも

声をかけて食事に来て頂いたりしました。


なかには、通りがかりの方が出店と勘違いされて“うどんを一杯下さい”と立ち寄られ

る場面も有り、一同唖然と致しましたが、その内慣れてきて対応も上手くなりました。


今回も沢山の方にお越しいただき,感謝しております。


それにしても先週の完成見学会に続き2週連続のイベントでしたので,スタッフも疲れ

ていることでしょう。


今週はゆっくりと体を休めて欲しいです。


最後にみんなで記念撮影

date:2010/12/13 Mon

ページの先頭へ

三友Style×トーヨーキッチン 昨年に続き2回目のコラボレーション企画



昨年末に開催させて頂きましたコラボレーション企画が好評でしたので、

今年も年末の押し迫った今週の11(土)、12(日)に“住まいのわくわく相談会”

を開催させて頂く事になりました。


ちなみに昨年はこんな感じでした。

これまで手がけた事例集、自然素材などを展示している様子です。





相談会の様子です。










外はこんな感じでした。






とてもオシャレで、キッチンメーカーのショールームとは思えないような雰囲気の所で

す。

普段はなかなか入りにくい所ですが、今回は三友styleの演出?もしておりますので、

お気軽にお越し下さい。

当日は当社のこれまでの事例集(新築、戸建てリフォーム、マンションリフォーム、古

民家再生)などもたくさん展示しています。


当社の家づくりにご興味がお有りの方は、是非、足をお運び下さい。

お子様連れでも安心してご覧頂けるように、即席のキッズコーナーも準備しておりま

す。


子どもさまにもとっても人気です。

安心してお越し下さい!!

詳しくはイベント情報

「http://www.sanyu-k.jp/news/pdf/20101211.pdf」をご覧下さい。

date:2010/12/09 Thu

ページの先頭へ

熊本市内にてG様邸もち投げ&上棟式が執り行われました。

今回のG様邸は、比較的街中にあり、近隣に住宅も少なかったのでもち投げの集まりを

心配していましたが、天候にも恵まれましてたくさんの方に参加して頂きました。

当日は、Gさまのご友人、お知り合いの方、加えて近隣の方々もたくさんお越しにな

り、賑やかなうちにもち投げは終了致しました。

(現場担当、作村さんの地元と言うこともあり、二日間にわたり“もち投げのお知ら

せ”を配るという努力も実りました。)

感謝です!


上棟式の様子です。

作村さんが祝詞を心を込めて読み上げました。






棟札を持って記念撮影


もち投げの様子です。

始めにお施主様のGさまがご挨拶されている所です。




いよいよもち投げです。










その後、食事会が行われ、会は和やかなうちに終了致しました。

現場担当のスタッフと共に記念撮影




G様邸は自然素材をたっぷり使った木の香り豊かな診療所付住宅です。

木造在来2階建て、延べ床面積82.16坪、1階が診療所、2階が住宅です。

設計が(有)小川建築事務所さま、

当社の工事担当が作村さんと川口さんのコンビです。


工事完了が2月末と言うことで余裕はありませんが、設計の小川先生のご指導の下で“い

い家”づくりを進めたいと思います。

date:2010/12/09 Thu

ページの先頭へ

F様邸完成見学会レポート

今年最後の完成見学会は、

「37坪の狭小地でも実現できた! 豊かな空間とくつろぎの住まい」でした。

敷地面積が37坪と小さな敷地ですので、隣家との距離も近くなるし、日が差しにくいこ

とも予想されました。

その為、設計を担当しました若松さんが、隣家とのプライバシーに配慮しつつも、圧迫

感がないようにリビングは吹き抜けにし、また1階は廊下をなくすなどして出来るだけ部

屋を広く取ることで開放感を演出しました。

また、キッチン収納や大容量のウォークインクローゼット、水回りの動線など、主婦目

線での使いやすさ、暮らしやすさも実現しました。



今回のお家は敷地条件などで、かなりの制約を受けていましたが、

若松さんが上手くプランをまとめてくれて“豊かな空間とくつろぎの住まい”にする事

が出来ました。

感謝です!


また、見学会当日はエアコンはリビング1階部分の1台しかつけていませんでしたが、

吹き抜けを通して2階まで暖かい空気が上がり、各部屋とも十分な暖かさを確保すること

が出来ました。


来場されていたお客様にそのことを伝えると、1台しかエアコンつけてないんですか?と

いった驚きの声も上がっていました。

特に、来場の方が玄関扉をひっきりなしに開け閉めしている状態でしたので、なおさら

違いがお分かりになったことと思います。


外張りを体感するのは、冬が一番ですね。


難しい説明よりも、体感して頂く事が一番ですので、、、、


当日の様子です。





外では子どもさん達がゲームで暇つぶし





最後に記念撮影

10120805

date:2010/12/08 Wed

ページの先頭へ

イチョウ舞い散る季節

当社では毎朝午前7時45分から掃除をしていますが、

今月に入り、イチョウの落葉も激しくなってまいりました。

朝から外回りの掃除を一通り終わって気がつくと、この通り。



今朝は風が強かったので、イチョウの葉っぱが空から舞うように落ちてきました。




取りあえず、きりがないので今日はここまでと諦めました。

明日はどうなっている事やら、、、


道路沿いはこんな状態です。

date:2010/12/03 Fri

ページの先頭へ

三友工務店安全協力会のボーリング大会並びに忘年会

忘年会は、いつもお世話になっておりますキャッスルさまで開催させて頂きました。

今年もスタッフ、協力会社併せて100名弱の方が参加され、一級宴会士の吹春くんの司会

の下で、会は賑やかに進行致しました。

吹春君が舞台から中々降りない為、多少、独演会の様相を呈していましたが、

とにかく、会場は盛り上がり楽しい忘年会となりました。

いつもながらに、時間オーバーをしましたし、キャッスル様の備品を壊すというハプニ

ングもあり、今年もキャッスル様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。


斉藤社長様、いつもながら申し訳御座いません。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


ということで、その時の写真をご覧下さい。

今回は、カメラマンさんに同行頂きましたのでたくさんの楽しい写真を撮ることが出来

ました。感謝です!



始めにボーリング大会のようです。

投げる姿は迫力満点?(富士金属の上野さんです)


左手を左太ももで支えながら華麗(加齢!)なフォームで投げる私です。


真剣そのものの作村さん


若さにあふれた有村君の投球


驚きの表情!(クラフトの高群さん)


すっかり和んでいる楠本棟梁と江崎君


同じく、出田実業の福田さんと草津君


すっかり中年太りの八丁設備の田中社長


余裕の川口さんと大森さん


若松さんとトーソー緒方さん、作村さん(取りあえず終わってホッとしている所?)




いよいよ忘年会の開催風景です。

急遽、川口さんのジャケットを借りて司会を務める作村建築部次長


会場の様子です


友交会会長 石原電設の石原社長のご挨拶です。


私がご挨拶しているところです。
さすがはプロカメラマンばい!
リサイタルをしているような写真になりました。


友交会副会長の栃原住建栃原社長の乾杯の御発声


早速、会食


石原会長と栃原副会長


五瀬君と江崎君


有村君と下田さん、若松さん


良い写真なので出しました(作村さん)


私と栃原社長と石原社長


笑顔が良い稲留副社長


なにやら相談している中村鉄筋社長と菅野さん


すっかりご機嫌の日創建材の青柳君(この後、事件が起きました)


私の嫁さんです(コメントは控えます。。。)


三友工務店の知恵袋、西さんです。


主婦目線での設計に定評のある若松さんです。


若さがうらやましい!8月入社の総務・企画スタッフの大森さんです。


稲留副社長から目をつけられた広告会社ネットワークの岡本さんです。




絶好調の稲留副社長です


同じく絶好調の吹春君です(彼はこの後、場内、場外で伝説?をつくりました)




ボーリング7位入賞で大喜びしている私です。


舞台にあった掲示板を壊して、責任のなすりあい?をしている日創建材の青柳君と吹春君




社長賞を手に、じゃんけんをしている嫁さんです。




社長賞を受け取ったのは、何と掲示板を壊してキャッスルの関係者に土下座していた青柳君


酔いも回り、すっかりご機嫌な4人組です


最後に舞台に上げられ、作村さんが私達の結婚当時の話をしているところです。




実は、作村さんは私の結婚式で司会をしてくれました。


最後に記念撮影。(走り回っていた吹春君を捕まえて、やっと記念撮影)



追伸:宴会で大活躍した吹春君は、翌日、目が覚めたら当社協力会社のZさんの家で寝

ていたとの事。本人はまったく記憶がないようでした。

Zさまの奥様には大変ご迷惑をおかけしたようです。

この場を借りてお詫び申し上げます。

date:2010/12/02 Thu

ページの先頭へ