熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々

*

*

工務店な日々

工務店な日々

見学会をおこないました!

  • 2017.06.09

こんにちは。総務の井です。

先日行われた新築住宅完成見学会。

太陽の暑い陽射しが降り注ぐ中、ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

今回のお家は、設計が内田さん、現場監督は草津さん。

IMG_5384

お施主様もお気に入りの、明るい陽が差し込むテラスをバックに一枚。

笑顔がとってもステキなお二人です。

よく見ると、背後になにか写っているような・・・(笑)

 

「ワークスペース」を兼ねた今回のお住まい。

さっそく中に入ってみよう!と思ったら、

なんと、ドアが3つあります☆

IMG_5393

IMG_5392

テラスを挟んで、左に2つ、右にひとつ。

「事務所」「ご家族の生活スペース」「来客用も兼ねた和室」へと、それぞれに直通する扉になっていました。

IMG_5364

こちらが事務所。

広々として落ち着いたワークスペースです。

IMG_5369

ご家族用玄関から入ったリビング・ダイニング。

赤い色のシステムキッチンが華やかな印象です。

IMG_5395

お食事の時の急な来客にも、引戸で簡単にしきることができるので安心ですね。

 

お家を建てられた後も、月日が経つにつれ、家族構成や働き方、生活スタイル等も少しずつ変化していくことと思います。

ワークスペースを併設した今回の家は、

公私をわけた間取りでありながら、ご家族とのつながりを感じられる仕様。

将来のライフスタイルの変化にも対応した、お子様のご成長を一緒に見守ることのできる、あたたかいお住まいでした。

 

 

祝・総務の井さん入社1周年!


こんにちは、事務の二宮です。
早くも6月となり、やがて梅雨入りかという季節。毎朝、洗濯物を外に干すか干さないかで悩む日々です。一方、学生さんの中にはもう夏休みが待ち遠しい~という方もいるかも知れませんね。小学校は今週がプール開きだそうです。

さて、三友工務店では総務の井さんが今年4月で入社1年となりました。
入社間もなく熊本地震がありバタバタの1年でしたが、真面目で丁寧な仕事ぶりで、もう何を任せても大安心。今では三友工務店には欠かせない存在です。
そこで入社1周年記念として井さんにインタビューしてみました。

***

Q 入社前と入社後で会社の印象は変わりましたか?
A 入社前も社員の方はすごいと思っていましたが、入ってみると皆さんパワフルに最先端の事をされているので、より一層すごいと思いました。
Q この1年で嬉しかったこと、楽しかったことは?
A 上棟式や社内検査などに同行させてもらい、完成前のお家を見ることができたことです。
Q 自分自身で変わったことはありますか?
A 街を歩いていると何となく建物に目がいくようになりました。出来ないことでも、とりあえずやってみよう!と思うようになりました。
Q これからやってみたいことや抱負をどうぞ!
A 写真や動画の撮影技術を上げて、ブログに活かしていきたいです。仕事に役立つ資格取得にも挑戦していきたいと思います。

▲請求書を作ったり、電話やお客様の応対をしたりと忙しい井さんですが、いつも穏やかな物腰と爽やかな笑顔がステキです ☆彡

▲請求書を作ったり、電話やお客様の応対をしたりと忙しい井さんですが、いつでも穏やかな物腰と爽やかな笑顔がステキです ☆彡

輝く総務の星として、毎日頑張っている井さん。私は密かに三友工務店の「のっち(by perfume)」だと思っています。似てますよね!?

これからもどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました!

6月の新築完成見学会


こんにちは。事務の二宮です。

やがて梅雨入りの気配が感じられるこの頃ですが、

今週6月3日(土)と4日(日)の2日間、熊本市東区にて新築住宅の完成見学会を開催します! 

大きなテラスからの陽射しに癒される、ワークスペースを兼ねた心地よい2階建てのお家です。

このお家を設計した内田さんにポイントを聞いてみました。

*****

軒のある広いテラスが印象的な、ワークスペースを併設したお住まいです。

玄関は家族用、事務所直通、和室直通の3つがあり、パブリック空間とプライベート空間を上手に棲み分け。

普段はひと繋がりのリビング・ダイニングも、来客時には引戸で簡単に仕切ることができます。

テラスと一体感のある開放的なリビングもご家族のお気に入りです。

3G2A5548

3G2A5522

3G2A5513 

*****

完成邸にはモデルハウスとは違い、そこに暮らす方の家づくりへの想いが込められています。実際の住まいを見て、こだわりの間取りや生活動線、造作や収納の工夫などを体感して、理想の家の具体的なイメージを描いてください。

こんなお家、ぜひ見てみたい! と思われた方、まずは下記のフリーダイヤルにご連絡ください。見学会場をお知らせします。

なお、三友工務店には営業スタッフがいませんので、見学会に参加したからといって訪問やお電話などの営業行為はありませんので、安心してご来場くださいね。

6月3日(土)・4日(日)10時~17時

新築住宅完成見学会のお申込みは 

電話:0120-146-983 

どうぞよろしくお願いします(週末が晴れますように!)

 

2つのお家レポート。

  • 2017.05.29

こんにちは。総務の井です。

社長のコラムでもご紹介がありましたが、

先日、二日間にわたり、新築住宅完成見学会をおこないました。

今回のお家は、「ギャラリーのある平屋のような2階建て」。

設計は下田さん、現場監督が園田さんの、昨年住まいのリフォームコンクールで優秀賞を受賞されたコンビです。

個人的には、はじめて上棟式に同行させてもらったお家なので、その後どんな風に仕上がっているのかとても楽しみでした。

 

玄関を上がるとすぐに、「ギャラリー」。

お施主さまの思い入れある絵画や陶器が展示されています。

そして対面キッチンのある生活スペースを通り、階段を昇っていくと、

IMG_5294

たくさんの書籍を収蔵できる、広々としたロフトが出現。

IMG_5295

外から見た時の、シュッとした傾斜のある屋根の形が、そのままに感じられます。

木の香りに包まれた、とても心地よい空間でした。

IMG_4655

▲ちなみに、こちらは昨年12月に行われた上棟式の時の同じ部分の写真です。

 

一見すると木でできているように見える外壁は、木目調の「サイディング」。

IMG_5313

セメント質と繊維質を主な原料に、板状に形成したもので、柄や色などのバリエーションが豊富な外壁です。

 

お客様とスタッフが、何度も打ち合わせを重ね、たくさんの選択肢の中から、納得のいく「ひとつ」を選んでいく。

ギャラリーを併設した今回のお家は、「こんな家があったらいいな!」を形にした、

印象的なお住まいでした。

 

ところ変わって見学会会場のテント内キッズスペース。

なんとこちらでも、もうひとつの「家づくり」が行われていたのです。

下田さんがお子様用にと作ってくれたレゴブロックの作品をキッズスペースに飾っていたところ、

それを見た小学校に入学したばかりの男の子が、

「家をつくる!」

箱からブロックを取り出し、構想をねっているご様子。

さっそく基礎の部分から建築開始!

迷いなくブロックを積んでいき、床・壁・屋根と、みるみるうちに形になっていきます。

そして、出来上がった作品がこちら。

IMG_5278

屋根はだんだんと斜めになっていて、煙突がついています。

玄関のドアを開けて中をのぞいてみると、なんとテーブルまでありました!

ほんのわずかな時間で、こんなにすばらしい家が建つとは!!

小さな建築家さんに、心から感動を覚えたのでした。

IMG_5282

以上、見学会より、2つのお家のレポートでした。

股旅社中の勉強会


こんにちは。

設計の平田です。

先日設計の先輩3名と股旅社中の全体ミーティング兼ねての勉強会に

参加するために広島へ行ってきました。

全体で13社の参加メンバーの方が勢揃い。

 

■股旅社中とは・・・

家具デザイナーさんと工務店と住まいに関するメーカーが協働して

新しい家づくりに取り組む活動をしている団体です。

 

今回のスケジュールは、

①股旅社中のメンバーの一社、沖田ホームさんの

先月お引渡しされたお客様のご自宅を見学。

②沖田ホームさんにお邪魔して、

「秘密基地」

第1号(モックアップ)、第2号(完成体)、第3号(進化版)の検証に参加。

③股旅社中全体ミーティング、及び新しい家具デザインコンテストの

各社各自が考える家具の中間発表を聞かせていただきました。

 

広島市内のお宅へ移動→

熊本では交通の便として自家用車が必須のため、

ご要望として2台以上の駐車スペースを言われるお客様が多いのですが、

広島市のような、土地、地形、交通事情により、立ち並ぶ極小住宅というものに

あまり馴染みのない私にとって、木造3階建の住宅はとても真新しい印象を受けました。

170518_股旅社中1_R

 

窓枠、建具枠、階段の踏板の細部まで考えられた納まり、

天板や突板、新しい部材の発見、

家具や照明製作時の検証のお話などお聞きすると、

もっと頑張らねば・・・と触発されます。

170518_股旅社中4_R

 

昼食場所へ移動→

お昼ご飯はみなさんで広島風お好み焼きを堪能させていただきました。

170517_股旅社中 お好み焼き_R

まんまるなお好み焼きです@@

昼食時には昨年の熊本地震の話題で持ち切りでした。

 

沖田ホームさんへ移動→

「秘密基地」の検証では、子供心(大人も夢中!?)をくすぐる

小さなチャイルドスペースを見せていただきました。

170518_股旅社中5_R

サイズは奥行500mm、間口1500mm、高さ1500mm。

内部には子供サイズの机と椅子、くぐり戸と小窓が付いています。

170518_股旅社中9_R

背面には黒板シートが付いており、チョークでお絵かきができます。

170518_股旅社中10_R

 

モックアップから、

第一段階の完成体・・・その後実際に設置して子供の反応を検証・・・

その後進化版の作成・・・・

学生時代に設計の授業で検証のために作成したモックアップを思い出しました。

当時のワクワクした気持ちが何だか懐かしくなります。

 

「P-JOINT」と呼ばれる家具用の金物を使用し、

金物を見せることなく固定でき、簡単に組み立てや解体ができます。

170518_股旅社中14_R

 170518_股旅社中15_R 170518_股旅社中16_R

170518_股旅社中17_R

 

また、上部には布があり、カーテンのように自由に使えます。

可愛い生地やカラフルな生地にすると子供も喜びそうです。

170518_股旅社中7_R

↑逆光で暗くなっていますが、内部はこのようになっています。

170518_股旅社中8_R

 

 

その後、全体ミーティングがあり、家具デザインコンテストの中間発表。

各社各自が考えるコンセプト~

(検証をしている会社さんもいました)~アイディアの発表。

家具をデザインして製品化に至るまでの過程を垣間見れたことは

私にとって、とても勉強になりました。

発想や造形だけではなく、機能性の確認、なぜそれが必要と考えたのかの検討検証。

家具だけではなく「ものづくり」全てにおいて精通する大切なことだと思います。

 

今回の勉強会で、実際に見て触れて教わって、とお腹いっぱいの研修でした。

また、参加されたメンバー方の

明るいアットホームは雰囲気はとても居心地が良く、

厳しいところも勿論あると思いますが、ものづくりへの情熱が伝わり、

とても有意義な時間となりました。

こうやって、いろんな方とお話して、見せていただいて、

勉強させてもらえる環境に改めて感謝です。

 


 

 

広島駅から熊本駅に戻ると「くまモン」が衣替え。

170518_股旅社中 くまモン_R

↓こちらは昨年のくまモンです。

170518_股旅社中くまモン 去年の10月_R

他にも特注の衣装をいくつも持っていそうですね。