熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々

*

*

工務店な日々

工務店な日々

現場見学会のお知らせ


こんにちは、事務の二宮です。

今日は久々の現場見学会のお知らせです。

 

6月9日(土)・10日(日)10時~17時

熊本市内で現場見学会を行います!!

今回は建築途中のおうちの見学会ですが、

  • ランニングコストを抑えた快適でエコな住宅の作り方
  • 床下に設置したエアコンで行う、全館冷暖房システムの仕組み
  • 完成したら見えなくなってしまう構造骨組み

 

などを見学することが出来ます。

 

中でも見どころは

「床下エアコンで家を丸ごと快適にする!」

心地よい住宅を作るには、断熱・気密の性能を高めるだけではなく、冷暖房や換気計画をしっかりして、室内の温熱環境を整える必要があります。

今回の構造見学会では、ごく一般的な家庭用のエアコンを床下に設置し、快適な温熱環境を生み出す仕組みを見学できます。

***************

【冬の暖房時】

床下空間に広がった暖気で全体が暖められ、やがて室内もゆっくりと暖まります。パッシブ冷暖説明図4

【夏の冷房時】

床下空間に溜まった冷気はファンで持ちあげて室内にゆっくりと吹き下ろします。

パッシブ冷暖説明図3

***************

※今回のお家は暖房のみの採用となっております

この構造現場を見てみたい! という方は、完全予約制となっておりますので、どうぞ下記のフリーダイヤルかメールよりご予約ください。

会場の詳しい地図をお送りします。

↓ ↓

株式会社 三友工務店

フリーダイヤル:0120-146-983

メール:info@sanyu-k.jp

 

どうぞよろしくお願いします (^^♪

現場見学会へ向けて ダンボール工作

  • 2018.06.01

こんにちは。総務の井です。

6月9(土)・10(日)に、

「パッシブ冷暖」を取り入れたお住まいの

現場見学会を開催いたします。

建築途中の現場見学会は久しぶりの開催です。

ご来場のお客様に、システムの説明を行うための

エアコン模型制作を阪本さんが制作中です。

 

先日、大きなダンボールを探していた阪本さん。

事務所には、使えそうなものがなかったので、

岩城さんにお願いして、

現場から余っているものを持ってきてもらいました。

IMG_7751

人ひとり、すっぽり入る大きさのダンボール。

このままでは、ちょっと大きすぎるので、

一度解体して、組み立て直します。

 

さっそく、がっちりと金具で止まっている部分を

切り落としていく阪本さん。

通りすがりの岩城さんと社長も、

「おっきーね~」と

この、おおもの解体作業を見守ります(^^)

IMG_7754

IMG_7755

ふと、阪本さんが手にしているカッターを見ると、

設計の方がよく使われているものと似ているような・・・

IMG_7761

細身で軽い素材でできていますが、

阪本さんいわく、

刃の入り込み方が鋭利で、

一般的なカッターよりも深く切り込めるので、

とっても重宝しているのだそう。

 

特にこの赤い印がついているのはなかなか売ってないようで、

見つけるのに苦労したとか。

阪本さんの力説に、

普段あまり使うことがない私も

なんだか欲しくなってきました(笑)

IMG_7766

愛用のカッターで、

どんどんダンボールをさばいていく阪本さん。

どんな模型に仕上がるのか。

現場見学会までのお楽しみです。

IMG_7757 

 

素晴らしいパフォーマンスに感動でした!


こんにちは、総務の古閑です。

先日、熊本中央ロータリークラブの
創立30周年記念式典に参加してきました。

「復興祈念公演」ということで
3つの団体の公演がおこなわれました。

益城町立益城中学校 吹奏楽部の演奏

IMG_5729

熊本市立帯山中学校 合唱部の歌声

IMG_5730

福島県立好間高等学校 フラダンス

IMG_5733

どれも本当に素晴らしくて
感動に思わず涙しそうになりました。
「いかんいかん。年のせいかな…」
と思いましたが、

来賓祝辞の方も
素晴らしいパフォーマンスに、うるっときてしまいました。と仰っていたので
私だけじゃなかったんだ!と安心いたしました。

頑張っている若者の、
演奏だったり、歌声だったり、ダンスは
心に響くものなんですね!

こちらも年は取ってますが、
がんばろう!と元気をいただきました。
とても良いものを見せていただき感謝です。

ハニカムスクリーン

  • 2018.05.23

こんにちは。総務の井です。

1階事務所奥にある窓のブラインド。

長年使っていた昔ながらのブラインドでしたが、

開閉する度に途中で引っかかり、

ついに壊れてしまいました。

そこで、協力業者のCraft(クラフト)さんに依頼して、

新しいものと取り替えてもらうことに。

IMG_7724

こちらは「ハニカムスクリーン レフィーナ」という、

ニチベイのブラインドです。

プリーツ状になっていて、チェーン操作で

折りたたむように昇降します。

今回取り付けたのは、「ツインスタイル」という、

上部にシースルー生地、下部に不透明の遮光生地の

二種類を配置したもの。

IMG_7734

IMG_7737

割合を自在に調整できるので、

外からの視線を遮りながら、光も採りこんだり、

シースルー生地のみを全開にして、景色を楽しんだりと、

使い方は様々です。

IMG_7739

IMG_7738

取付完了!

あっという間に、おしゃれな一角へと早変わり。

開閉も、チェーンひとつで

とってもスムーズになりました。

 

冬は室内の暖かさを、ハニカム内の空気層が

外に逃がさないように守り、

夏は、外からの熱い陽射しを、

前後二枚の生地で遮ってくれるとのこと。

 

時折目に映る、やわからな光と緑に癒されながら、

快適に過ごしています。

 

新国立競技場ほんと楽しみです!


こんにちは、総務の古閑です。

ゴールデンウィークに
東京ステーションギャラリーで開催中だった
「くまのもの」—隈研吾とささやく物質、かたる物質
を見てきました。

IMG_5710

新国立競技場の設計者ということで
建築に素人の私でも知っている建築家。
会場はたくさんの人でした。

IMG_7523 

新国立競技場の模型 完成が楽しみです!

隈研吾さんイコール「木」だと勝手にイメージを持っていたのですが
「木」はもちろん他にも
「竹」・「紙」・「土」・「石」・「金属」・「ガラス」…と
様々な材料を使っていろいろな建築をされていました。

IMG_7550

いろんなことに挑戦されていることに驚きました。

建築家隈研吾さんの頭の中はどうなっているんだろう?
という素朴な疑問が。。。
凡人には理解できない立体の世界が広がっているのでしょうね。

主人は「こんなの造るの大変だけん(T_T)」と言ってました(笑)

太宰府天満宮のスターバックスコーヒーも
隈研吾さんの設計ということで、
是非行ってみたいな!と思った次第です。