熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム

コラム

家づくりに掛かる費用について・・・本体工事費以外にこんなに掛かるんですか?

家づくり相談会などで、家づくりに掛かる費用のお話をしていると、
”建物本体工事費以外にこんなに掛かるんですか?”
と驚かれる事がよくあります。

当社では家づくり全体に掛かると思われる費用を分かり易く明示するために、
下記のような構成で総資金概算計画書をお出しします。

A 本体工事費
B 付帯工事費
C 別途工事費
D 諸費用・その他

内訳は下記のような項目となります。

A 本体工事費
当社では、使用する材料を一つひとつ拾い上げて細かく見積もりし、
その積み上げた金額で「A本体工事費」を算出します。

一方、一般的にハウスメーカーでは、
「床面積」に「標準坪単価」を単純に掛けて「A本体工事費」を算出しています。

相談会などでお話ししていると、
この「A本体工事費」だけで家が建つと思われているお客様が意外に多いです。

実際の家づくりでは、これ以外に下記のような費用が発生してきます。

B 付帯工事費
地盤保証・住宅保証費
造作家具工事(造りつけ家具)
上下水道加入金
ガス工事

C 別途工事費
アンテナ工事
空調工事
照明器具及び取付工事
カーテン・ブラインド工事
エクステリア(外構)工事
地盤補強工事
本管引き込み工事費
測量費・調査費
解体・撤去工事費
造成工事費

ここまでが
  ↑  三友工務店が担当する(できる)工事に関係する費用です。
―――――――――――――――――――――――――

それ以外に下記のような費用が発生致します。

D 諸費用・その他
〇 諸費用
印紙代
登記費用
火災・地震保険費用

〇 借入時の費用
事務取扱手数料
印紙代
保証料、保証事務取扱手数料
団体信用生命保険料
抵当権設定/登録免許税
抵当権設定/司法書士報酬
つなぎ融資費用

〇 その他
式祭典費用/地鎮祭
式祭典費用/上棟式
引越し費用
仮住まい費用
家具・家電購入費
その他費用

〇 入居後の税金
不動産取得税
固定資産税
都市計画税

等々です。
家づくりには本体工事費以外に、これだけの費用が掛かることをご理解下さい。

◎ ここで注意しなければいけないのが、
A本体工事費に含まれる内容が住宅会社により若干異なることです。

当社の場合は本体工事費に下記のような工事費まで含んでいます。
A 本体工事費
共通仮設費・・・工事中に現場で使用する仮設の水道・電気・トイレなど
建築主体工事・・・基礎工事・木工事など構造や、仕上げ工事などの建築工事費
電気工事・・・宅地内の屋内・屋外電気工事
給排水工事・・・宅地内の屋内・屋外給排水工事
設計費・・・設計費、設計監理費、建築確認および完了検査申請手数料など
諸経費・・・現場経費、事務・通信費、各種保険料など
産廃処分費・・・工事中に発生した残材や加工くずの処理費用

このなかで、当社では本体工事費に含まれていますが、
次のような工事費を、付帯工事・諸費用という名目で、
本体工事から切り離している会社も多いです。

・屋外の電気工事費
・屋外の給排水工事
・設計料
・諸経費(現場経費、事務・通信費、各種保険料など)
・産廃処分費

当然、これらを切り離した分だけ本体工事費が低く抑えられます。
ハウスメーカーが表示している「標準坪単価」は、
この本体工事費を床面積で割って算出していますので、
この数字だけ見ると当然「坪単価」が安く見えてしまいます。

◎ さらに、床面積についても、
「延べ床面積」なのか「施工面積」なのかで各社違っています。
「施工面積」には、吹き抜けやベランダ面積等も含みますので、
当然、面積が大きくなります。
その為、坪単価は更に安く見えてしまいます。

「坪単価」は、
家づくりを進められる上でお客様が一番気になられる指標と思いますが、
実はこのように統一基準がなく、
各社、様々なやり方で都合の良いように算出されているのが現実です。

「坪単価」、ひいては「本体価格」だけを聞いて、
一見、安いと思っていても、
家づくりに掛かる費用を合計すると
思わぬ費用になっていることも多々ありますのでご注意下さい。

家づくりを進めるときは、「坪単価」「本体価格」だけに目を奪われず
総費用まで細かく確認・比較することが大事かと思います。

話が長くなってしまいましたが、
本体工事費用以外にも、
家づくりを進める上で必ず必要になる費用があることを
ご理解頂ければ幸いです。

date:2018/10/18 (木)

ページの先頭へ

芦北:松下組様のi-works4.0モデル展示場見学

建築家、伊礼智氏が提唱されているi-works project。
熊本メンバーである松下組様が、
この度、i-works4.0の平屋タイプを芦北町に建設されました。

以前のコラム「芦北:松下組さまのi-works 4.0モデルハウス造園工事ワークショップに参加」でもご紹介していますが、

「i-works 4.0」は、
建築家伊礼智氏が提唱する、
誰もが心地よいと思える家づくり、
i-works projectの新しい平屋タイプのモデルです。

当社も九州地区でいち早くi-works projectに加盟していますが、
モデル住宅の建設までは到っておりませんでした。

今回、松下組様がモデル住宅を建設されましたので、
同じメンバーのよしみで早々に見学させて頂くことになりました。
松下社長には感謝致します。

見学している様子です。

松下社長をご紹介している所です。
 

各々自由に建物内外を見学

スケールを持ち出して確認している有村君

みんな、この全面開放できる掃き出し窓の納まりに興味津々の様子
 

黙々と写真を撮る松武君

せっかくの写真に私のカバンが!・・・(笑)

2階部分の納まりについて話し合う松下棟梁、有村君、日置棟梁

     
外回り見学

最後に記念撮影
 

三友工務店は、i-worksのモデル住宅を現時点で持っていませんが、
i-worksを建てることはもちろん可能です。
ご興味がお有りの方は当社までお問い合わせ下さい。

i-works projectの詳細につきましては、
こちらの公式ホームページをご覧下さい。
http://i-works-project.jp/index.html

date:2018/10/13 (土)

ページの先頭へ

ご夫婦二人で暮らされる平屋の住まい

先月末の9/29(土)30(日)の二日間にわたり、
熊本市中央区にて完成見学会を開催させて頂きましたお家です。
当日は台風24号が接近していましたのでどうなることかと心配いたしました。

見学会につきましては、
初日9/28(土)は台風24号の影響もほとんどなく、
通常通りの完成見学会となりました。
さすがに2日目9/30(日)は台風24号が熊本に最接近しましたので中断しようかと悩みましたが、
招待状をお送りしていたお客様がもしかしたら来場されるかもしれないと思い、

対応のスタッフを4人に減らして、そのまま決行する事にいたしました。

とても素敵なお家でしたので天候に恵まれず残念でした。

ご夫婦二人で暮らされる「平屋の家」は、
延べ床面積34坪で、床下エアコン1台で快適に過ごせるお家です。

設計概要

 “終の棲家”を考えた
豊かな趣味を悦び、愉しむ平屋の住まい
 
閑静な住宅街の南東角地に建つ34坪の平屋は、
読書好きな御主人と多趣味な奥さまが、
二人で好きなことをしてゆったりと過ごすための住まいです。
この家は、あちこちにある本棚と、
普段使いはもちろんのこと、来客にも対応できるよう備えたリビングと
和室が特徴的ですが、
何より、
お二人が暮らしやすいよう工夫された生活動線が1番のポイントです。
 


たくさんの本に囲まれて過ごす書斎

旧宅の欄間を磨いて再利用

 追伸
完成見学会2日目、お昼前後の暴風雨の中、
わざわざお越しになった熱心なお客様も何組かいらして、
中断せず決行して良かったと思いました。
お陰で、外で待機していた私と作村さんは台風の風と雨でびしょ濡れ状態で、
ただでさえ少なくなった髪が、悲惨な姿となっておりました。。。(笑)

date:2018/10/09 (火)

ページの先頭へ

英国インテリア専門ショップ、神奈川の(株)コマチ家具さまを訪問

一昨日、工務の吹春君と神奈川県大和市にある、コマチ家具さまに行って参りました。
コマチ家具さまは、
英国スタイルの部屋づくりをプロデュースされている
日本でも数少ない英国インテリアの専門ショップです。
ホームページはこちらです。
http://www.komachikagu.com/index.html

今回、熊本在住のお客様から、
お住まいのマンションを英国スタイルに改修したいというご依頼をお受けました。

2年ほど前にも一度お話しがありましたが、
その時は熊本地震の復旧で慌ただしくしていたのと、
正直、当社で出来るのか不安でしたので辞退しておりました。

この度、改めてご連絡頂き、
こんな仕事を熊本で出来る機会はそうありませんので、

思い切ってチャレンジさせて頂くことになりました。

当社もマンションリフォーム/リノベーションにつきましては
かなりの実績がありますが、
本格的な英国スタイルにリフォームした実績はこれまで一度もありません。

今回ご依頼頂いた仕事は、
マンション改修のデザイン自体はコマチ家具さまが既に描かれていて、
当社はその図面に基づいて施工していけば良いのですが、
何しろ経験がありませんので素材、部材を
どこから仕入れるかなどもまったく分かりません。

そこで、現場を担当する吹春君と神奈川のコマチ家具さまに伺って直接指導を受け、
且つ実際に改修されたマンションを見に行くことに相成った次第です。

コマチ家具さまにて内装の打ち合わせをしている吹春君。
こんなデザインを出来る方は熊本にはいないと思いました。


店内はこんな感じのアンティーク家具が所狭しと並んでいます。
全国から、わざわざお越しになるお客様も多いと聞きました。

最後に、コマチ家具さまが実際に手がけられた
お客様邸(マンション)を見せて頂くことが出来ました。

コマチ家具の専務取締役、田野口淳子様は、
主婦の友社から
「天井が低い日本の住まいを素敵にする カーテン&ウインドウデザインマニュアル」
という本も執筆されていらっしゃる方です。

ご興味がお有りの方は、検索されると直ぐに見つかると思います。

この本です。



 
当社の家づくりスタイルとはまったく違いますが、
チャレンジ精神を持って臨めば、
今後、きっと当社の家づくりに何か参考になる部分があると考えています。

date:2018/10/05 (金)

ページの先頭へ

熊本市中央区にて「上棟式&モチ投げ」を執り行いました。

先週土曜日の夕方から、熊本市中央区にて上棟式&モチ投げを執り行いました。
台風24号の影響を大変心配致しましたが、影響もほとんどなく安心致しました。

今回「上棟式&モチ投げ」を執り行いましたM様邸は、
子育て世代のご夫婦とお子さん2人で暮らされる「平屋の家」です。
延べ床面積30坪、外張り断熱のお家です。

スタディ模型です。
 

上棟式の様子です。
現場を代表して祝詞を上げる有村君。

お施主様の手により取り付けられた棟札

最後に記念撮影


モチ投げの様子です。

五色の旗を揚げて、餅投げ用のステージをつくり準備万端です。

ご近所から集まってこられた皆様。

モチ投げ開始


台風24号が接近していましたが影響はほとんどなく、
ご近所から沢山の方が集まられ、大変賑やかな餅投げとなりました。
感謝です!

date:2018/10/02 (火)

ページの先頭へ