建て替えかリフォームでお悩みの方

新築、もしくは購入した当初は間取りも設備も最適だった住まいも、築年数の経過とともに老朽化が進んでいき、家族構成やライフスタイルが変化することで、リフォームするか、建替えるかを考える時期がやってきます。それぞれに一長一短がありますが、家族にとって最も適した選択肢は何なのか。そこには今後の生活設計も大きく関わってきます。それぞれのメリット・デメリットを比較して検討しましょう。そして、リフォームにするか、建替えるかの基準として、住まいの状況を知ることも重要です。

家の老朽化の程度を外装や屋根などの状況から判断するのは素人には難しいですが、ホームインスペクションといわれる住宅診断を利用すれば、今の家の状況を正しく知ることができます。建て替えかリフォームかの具体案も見えてくるでしょう。

三友工務店は新築からリフォームまで手掛け、経験も豊富です。ホームインスペクションの有資格者もいます。建て替えかリフォームか、悩まれましたらどうぞお気軽にご相談ください。

acceptation

  • リフォームイメージ

    リフォーム

    基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しい設備に入れ替えること。古くなったキッチンやお風呂を取り替えたりして、建築当初の性能に戻すのがリフォームです。

  • リノベーションイメージ

    リノベーション

    家族構成やライフスタイルの変化に合わせて間取りを変えるなど、建物の持つ元々の性能以上に新たな付加価値をつけること。既存の基礎部分は残して、構造体(躯体)が見えるところまで解体し、新たに全ての間取りや内装をつくり直すことはスケルトンリノベーション、または全面リノベーションとも言います。

  • 建て替えイメージ

    建て替え

    もともとの家を解体して、同じ場所に新しい家を建て直すことです。

建て替えとリフォームの

merit & demerit

「建て替え」or「リフォーム」を選択するには、双方のメリット・デメリットを把握したうえで、建物の状態や今後の暮らし方、
コストの問題など総合的に判断する必要があります。その目安となる双方のメリット・デメリットをいくつかご紹介します。
ちなみに、ここで言うリフォームは建て替えで悩むほどの全面リフォームになりますので、実際は「リノベーション」と捉えてください。

建て替えの場合

メリット

  • 自分たちのライフスタイルに合わせて自由な間取りがつくれる
  • 寒い、暑い、暗い、湿気が多い、収納がない等の不満を解消できる
  • 耐震性能、省エネ性能がリフォームに比べ高い

デメリット

  • リフォームに比べて費用が高くなる
  • 現行建築基準法に適合せず、建て替えの出来ない場合がある
  • 現行建築基準法に適合すると、家の面積が小さくなる場合がある
  • 工事期間が長く、仮住まいが必要となる
  • 二世帯住宅の場合、高齢のご両親の暮らし方が変わり、慣れるまでに時間がかかることがある
  • 昔からあった立派な庭を残せない場合がある
  • 現行建築基準法では建て替えできない場合でもリフォームなら可能

リフォーム(リノベーション)の場合

メリット

  • 建て替えよりも費用が抑えられる
  • 住みながら工事ができる(ただし工事範囲による)
  • 工事期間が短い
  • 税金が安い
  • 古民家など、家の歴史と想い出を引き継げる
  • 庭をそのまま活かせる
  • 現行建築基準法では建て替えできない場合でもリフォームなら可能

デメリット

  • 間取りに制約がある
  • 現行基準並みに耐震性能、断熱性能、気密性能などを上げると、建て替えと変わらない費用が掛かることもある
  • 増築して面積を増やす場合、現行基準に適合するのが難しくなる場合がある

主だったリフォームor建て替えのメリット・デメリットを上げましたが、実際のところ色々な事情もありますのでケースバイケースで判断するしかありません。お客様にとっては大変悩ましい選択でしょうが、リフォームor建て替えで悩まれましたら、ぜひ一度私どもにご相談いただければと思います。これまでの豊富な経験から、きっと最良のアドバイスが出来ることと思います。

住宅イメージ

住宅イメージ

住宅イメージ

住宅イメージ

project

これまで「建て替え」or「リフォーム」で悩まれた方で、
最終的に「リフォーム」または「建て替え」を選択されたお客様の声を簡単にまとめました。

※なお諸事情で、すべての方が当社で工事をなさっている訳ではございません。

リフォームを選択された方

  • 築35年くらいの両親が建てた家。自分が生まれ育った家を壊すのが忍びなかった。これまでのリフォーム事例を見て、ここまで出来るのであればリフォームしようと決断。
  • 築100年以上の古民家。代々引き継がれてきた家を子ども達に引き継ぎたかった。耐震補強をして熊本地震でも被害はなかった。
  • 祖母の家を譲り受け、予算の範囲内で自分たちのライフスタイルに合うようにリフォームした。
  • 戦後間もなく建てられた築65年位の古民家。初めは建て替えを検討したが、敷地内に棟続きの親世帯の古民家があり、現在の建築基準法に適合するのが難しく、建て替えできなかった。
  • 戦後間もなく建てられた築65年位の古民家。初めは建て替えを検討したが、敷地内に棟続きの親世帯の古民家があり、現在の建築基準法に適合するのが難しく、建て替えできなかった。

リフォーム・リノベーションの施工実績を見る

建て替えを選択された方

  • 築年数35年くらいの親が建てた家。出来ればリフォームと考えたが、自分たち家族のライフスタイルに合うような間取りには出来なかった。
  • 親が建てた家で築年数はそれほど古くはなかったが、建坪が大きすぎてリフォーム後の維持管理を考え、小さく高性能な家に建て替えた。
  • 築年数は40年以上の2階建。耐震性能が低く、構造補強にかなりの金額が掛かることが予想され、間取りも思うようにならなかった。
  • 築年数は30年くらい。初めは全面リフォームで考えたが、耐震性を考えると壁を取り除けず間取りに制限がありすぎて断念。
  • 築年数の古い古民家。できれば家を子ども達にも引き継ぎたかったが、構造を補強するには相当な費用が掛かることが分かりリフォームを断念。仕方なく、家の思い出の柱や欄間を解体時に取り出し、新しい家に取り付けて思い出を引き継ぐことにした。

新築の施工実績を見る

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ