熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム

コラム

安全協力会9月度例会・・・救急救命措置等に関する訓練

今月の安全協力会9月度例会は、救急救命措置等に関する事を学びました。
4年前にも同じ研修を受けたことが有りますが、
最近自然災害が多いですので、安全協力会として再度受講することにいたしました。
IMG_0799_R

今回も熊本市消防局中央消防署警防課出水出張所署員の方々を講師としてお招きいたしました。
緊急出動要請が何時かかるか分からない中、1時間という短い時間の中で多くのことを学ばせて頂きました。

はじめに、出水出張所署員の方から救急救命処置に関するお話を伺い、
救急隊が到着するまでに何をしなければならないか等、
非常に具体的で分かり易い講習をして頂きました。
IMG_0801_R IMG_0800_R

その後、実際の場面を想定しての訓練が人形を使って行われ、
倒れている人に対する声かけから始まり、
呼吸しているかどうかの判段の仕方や、
居合わせた人への応援要請の仕方。
例えば、
「誰か119番に連絡して下さい」ではなく、
具体的に指名して連絡して貰うことなど、
声の掛け方一つで行動を即することが出来る事を学びました。

実際に人形を使って胸骨圧迫(一般に心臓マッサージと云われるもの)の方法を学んだり、
AEDを実際に使って、どのような手順で進めていくかなどの訓練なども受講することが
出来ました。
IMG_0815_R IMG_0813_R

AEDの訓練では私がたまたま近くにいたので指名され、訓練を行いました。
「音声ガイダンスに従い進めれば大丈夫ですよ!」と言われましたが、
突然の指名でしたので緊張して頭が真っ白になり、
音声ガイダンスがまったく耳に入らずアタフタ致しました。

焦っていて、音声ガイダンスがまったく耳に入らず、
どうして良いか考え中の私。
訓練で良かったです。。。(笑)
IMG_0823
サポートが入りやっと動き出せた所。
IMG_0825_R


廻りからは
「音声ガイダンスを聞いていない」「間に合わん」
などの
冷やかし声がたくさん聞こえましたが、
私は突然の指名で緊張状態にあり、
しかも大勢に囲まれていますので
頭が真っ白になっていて、
音声ガイダンスがまったく耳に入らない状態にいたようですね。

動画も撮っていましたので、
あとで見て思わず笑ってしまいました。
パニックで頭が真っ白になるというのは
こういう事だと思いました。

ただの訓練でこの状態ですから、
実際にこのような場面に初めて遭遇したら、
焦ってしまって、何も出来ないかも知れません。

しかし、今回訓練で一度体験しましたので、
AEDの使い方も分かり、
今後はスムーズに進められると思います。

2班に分かれて胸骨圧迫(一般に心臓マッサージと云われるもの)の方法を全員が体験
IMG_0835_R
IMG_0843_R IMG_8822_R
 

4年前にも同じ研修を受けていましたがあまり覚えておりませんでした。
とくにAEDに関しては音声ガイダンスに従えば大丈夫!と楽観していましたので、
実際にやってみて、
本番で初めて使う場合は、パニック状態にいるので
音声ガイダンスがあっても、
そう簡単にはいかないだろうと思いました。
2人以上で声を掛け合いながら進めるのが良さそうです。

「ただ聞く」のと「実際やる」のでは大違いでした。
日頃の訓練が如何に大事かを身をもって痛感した次第です。

今回、お忙しいなかにご足労頂き講習して頂きました
熊本市消防局中央消防署警防課出水出張所
の金子所長様以下、
署員の方々には深く感謝申し上げます。

date:2018/09/14 (金)

ページの先頭へ

芦北:松下組さまのi-works 4.0モデルハウス造園工事ワークショップに参加

「i-works 4.0」は、
建築家伊礼智氏が提唱する、
誰もが心地よいと思える家づくり、
i-works projectの新しい平屋タイプのモデルです。

今回のワークショップは、
芦北町の松下組さまが建てられている
「i-works 4.0」モデルハウスの本体完成に伴う
造園工事のワークショップです。

当社から参加したのは、松武君と阪本さんの2名。

造園工事ワークショップは、
「美しい住まいの緑」85のレシピを執筆なさっている
人気造園家、荻野寿也氏の指導の下で行われました。

私は体力に自信がなかったので、
ワークショップには参加せず御挨拶だけして帰りました。。。(笑)

作業風景
DSCN0732_R DSCN0725_R

荻野寿也
 IMG_8714_R

熱心に作業する松武君と阪本さん
DSCN0699_R IMG_8722_R

最後に行われた記念撮影の写真です。
(松下組松下社長より送って頂きました。)
松下組造園工事ワークショップ_R

i-works projectの詳細につきましては、
こちらをご覧下さい。
http://i-works-project.jp/index.html

date:2018/09/10 (月)

ページの先頭へ

2週連続の2世帯住宅完成見学会終了

先のコラムにも書いていますが、
熊本地震以降、2世帯住宅への「建て替え」や
「リフォーム/リノベーション」を
ご希望される方がとみに増えて参りました。

2週連続で開催いたしました完成見学会も、
これまでにない沢山のお客様がお越しになりました。

1軒目は、
先々週末に完成見学会を開催いたしました、
2世帯住宅に建て替えをされたY様邸です。
敷地面積80坪。延べ床面積45坪の2階建てのお家でした。

   『同居だけど暮らしやすい、
           イマどき二世帯住宅』

お母様と娘さんご夫婦が暮らす、木造二階建ての二世帯住宅。
水廻りを全て共有する同居型の二世帯住宅ですが、二階をご夫婦の空間とし、廊下を介してトイレ・浴室・洗面が使え、リビングを通らず玄関に出られるなど、親子の生活領域に配慮しています。オークの無垢床に板張りの勾配天井、ふんだんに木を使ったたくさんの造作家具も見どころのお家です。      
(設計:一級建築士 内田智子)


こんな感じのお家でした。

3G2A5829_R 3G2A5831_R 3G2A5860_R 3G2A5850_R 3G2A5866_R 3G2A5884_R 3G2A6204_R 3G2A6198_R3G2A6312_R 3G2A6256_R
2階
3G2A6364_R 3G2A6394_R

2軒目は、
先週末に完成見学会を開催いたしました、
築15年のお家を2世帯向けにリノベーションされたM様邸です。

『親世帯子世帯の生活スタイルを尊重した、
 上下階分離型の完全二世帯住宅リノベーション』

築25年の木造2階建て。息子さん家族との同居を機に、まずはご両親が暮らす1階部分をリフォームしました。和室中心だった間取りを、客間の1室を残して開放感あるLDKと主寝室+クローゼットとし、水廻りの位置も暮らしやすさを考えて大移動。室内は殆どバリアフリー仕様で、耐震補強、断熱性能もアップしました。また、天井に入れた断熱材は消音効果もあり、1階で趣味のオーディオを楽しんでも、2階でお孫さんが走り回っても、互いに気を遣わない快適な二世帯住宅となりました。(設計:一級建築士 内田智子)

見学会の様子です。
IMG_8729_R IMG_8730_R

キッズスペース
IMG_8587_R

完成写真は、ビフォーアフター形式で改めてご紹介いたします。

また7月末に完成見学会を開催いたしましたK様邸も2世帯住宅でしたので、
三友工務店初の3回連続の2世帯住宅の完成見学会となりました。

こちらはこんな感じのお家でした。
3G2A5726_R 3G2A5694_R 3G2A5657_R

date:2018/09/07 (金)

ページの先頭へ

戦後間もなく建てられた、築65年位の古民家の改修現場より・・・②

以前にもこのコラムに書いていますが、
現在、古民家の改修工事に着手しています。
戦後間もなく建てられた住宅で、築年数も65年くらいです。
設計は下田さん、工務は草津君が担当しています。
今のスタイルに合った暮らし方ができるように、
間取りも全面的に変わります。

元々はこんな感じの住宅でした。
外観
P1050863_R

屋根:古民家によくあるパターンですが、
元々の母屋から増築が繰り返されていて、
屋根が複雑に絡み合っています。
雨漏りもかなりあったのではと思います。
P1050876_R

内部
P1050826_R P1050825_R

着工したのが4月末で、
6月の段階で内部は解体されてここまで進んでいました。
IMG_7828_R IMG_7825_R IMG_7819_R

現在はここまで進んでいます。
 IMG_8635_R IMG_8631_R

屋根につきましては、
改修が進んで現在この状態です。
IMG_8619_R

現在の外観
IMG_8611_R


着工して4ヶ月も経つのにまだここまで?
とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、
屋根の形を変えたり、耐震的な補強、断熱材施工などをしたりと、
手の掛かる作業も多く時間が掛かっています。

一般的に古民家の全面改修(リノベーション)の場合は、
工事範囲と内容にもよりますが、
だいたい工期が半年くらい掛かることが多いようです。

また以前のコラムにも書きましたとおり、
古民家の場合は、内部を解体していくと思わぬ事もあり、
現場状況に応じて臨機応変に対応していくことが要求されます。

その為、今回の現場でも経験豊富な草津棟梁(草津君の父)が担当し、
設計下田さんを交え、草津親子で話し合いながら現場を進めています。

date:2018/09/05 (水)

ページの先頭へ

新築2世帯住宅の完成見学会レポート

当社では、ここ最近2世帯住宅の完成見学会が続いています。
熊本地震以降、2世帯住宅への「建て替え」や
「リフォーム/リノベーション」を
ご希望される方がとみに増えて参りました。

先日開催しました完成見学会も、
これまでにない沢山のお客様がお越しになり、
みなさま間取りを真剣にご覧になっていました。

先週開催しました完成見学会のコンセプトは、

『同居だけど暮らしやすい、
        イマどき二世帯住宅』
お母様と娘さんご夫婦が暮らす、木造二階建ての二世帯住宅。

水廻りを全て共有する同居型の二世帯住宅ですが、二階をご夫婦の空間とし、廊下を介してトイレ・浴室・洗面が使え、リビングを通らず玄関に出られるなど、親子の生活領域に配慮しています。オークの無垢床に板張りの勾配天井、ふんだんに木を使ったたくさんの造作家具も見どころのお家です。 

                                                                       (設計:一級建築士 内田智子)

見学会の様子です。
IMG_8595_R IMG_8596_R IMG_8592_R IMG_8624_R

屋外に設けたキッズスペースの様子
IMG_8658_R IMG_8656_R

こんな感じのお家でした。

1階の広々リビングです。素敵な造作家具が映えます
3G2A5829_R 3G2A5831_R 3G2A5884_R 3G2A5860_R 3G2A5850_R 3G2A5866_R


また今週末は、

熊本市南区にて二世帯住宅へリノベーションしたお家の完成見学会を開催致します。

今回のお家は

『親世帯子世帯の生活スタイルを尊重した、
 上下階分離型の完全二世帯住宅リノベーション』

築25年の木造2階建てを、息子さん家族との同居を機にリノベーションいたしました。

1階が親世帯、2階が子世帯。
玄関も2つある、完全分離型の二世帯住宅です。
今回はご両親が暮らす1階部分のリノベーション工事の完了に伴う
親世帯部分の完成見学会となります。

リノベーション設計ポイント(設計:一級建築士 内田智子)
・和室中心の間取りを暮らしやすい洋室に
・将来を考えて寝室の近くにトイレを設置
・趣味の音楽やテレビを楽しめる、くつろぎのLDK
・バリアフリー仕様+耐震補強+断熱性能UPで快適に
・家が片付くたっぷり収納

二世帯住宅のご相談は多くなっています。
建て替えを検討しているが、今の家にも愛着がある方、
どんな間取りがリノベーションに向くのか見てみたい方、
もちろん新築の単世帯の家づくりのご参考にも…
是非ご見学ください。

3回連続の二世帯住宅完成見学会が続いていますが、
毎回違っていて、いろんな工夫があり参考になると思います。
今週末のリノベーション見学会をご希望の方は、こちらからお申し込み下さい。
https://www.sanyu-k.jp/event/


date:2018/08/30 (木)

ページの先頭へ