熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム

コラム

股旅社中の総会・・・鹿児島ベガハウス

先週はスタッフ4名(統括部長作村さん、設計内田さん、阪本さん、工務松武君)を伴って
股旅社中の総会に出席致しました。

股旅社中は、家具デザイナーと工務店と住まいに関するメーカーが協働して新しい家づくりに取り組む活動です。
住まい手と建築空間の接点となる家具、建具、さまざまな建築部品について、既製品や従来の手法で満足できるものができなければオリジナル製品の開発を行おうという前向きなデザイン実践活動です。
めざすのは、「手ざわりのいい家」、「住めば住むほど心地良くなる家」、「隅々までていねいにデザインする家」です。地域に根付き、住む人に合わせた注文住宅を設計から施工まで顔が見える間柄でつくり上げ、生涯にわたってきめ細かなアフターメンテナンスをほどこすといった特長を持つ工務店ならではの家づくりの、さらなるレベルアップを探求します。今までにないものを求め、志を同じくする仲間としてたがいに研鑽し合いながら交流を深め、開発力の向上、時間とコストの合理化、情報とノウハウの共有、そして人材育成にこのチーム活動を生かしていきます。
詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。
http://www.matatabishachu.com/

今回は鹿児島ベガハウスにて開催されました。
始めに、デザイン競技会2018が開催。
デザイン競技会は、股旅社中の理念である「人材育成と研鑽」を目的とし、
日頃の業務とも関連の深い「家具」をテーマとした企画です。

純粋なコンペというより、デザイン研究に近い取り組みです。

家具デザイナー、村澤一晃氏よる開会の御挨拶
IMG_8078_R

前年最優秀の愛知県の(株)イシハラスタイル、石原社長からトロフィーの返還。
IMG_8079_R

今年の募集テーマは、
「親子でつかう家具・道具・造作」
子どもと一緒に過ごす時間を豊にしてくれる家具・道具・造作のデザイン競技でした。
デザイン条件として、主要素材は硬質フェルトとし、
その他の素材は木・鉄・ウレタンなどを使用可能、等々。

発表の順番を決めるくじ引き風景
IMG_8087_R

各参加者、与えられた条件の中、
ユニークで実用性のある様々な作品を提案され、
レベルの高さに驚きました。

当社からは内田さん、阪本さん、松武君の3人でチーム三友をつくり、
日頃の業務の合間を縫って、当社なりのスタンスでデザイン競技会に臨みました。

提案したプレゼンボード(阪本さんが絵を描きまとめました)
20180705プレゼンボード

発表はチームを代表して内田さん。
IMG_8122_R

当社も初めての参加でしたが、
まずまずの結果でした。

他のチームの発表風景
IMG_8090_R IMG_8091_R IMG_8101_R IMG_8108_R IMG_8114_R IMG_8130_R

今年の最優秀は、
野沢工務店、野澤裕氏の提案の「P―CUBE」
IMG_8103_R

夜の懇親会の模様
IMG_8162_R IMG_8168_R IMG_8165_R

終盤は、
各自思い思いの場所で寛いで懇親を深める機会があり、
私は敷地内にあるベガ荘や、作業場などで寛がせて頂きました。
ベガ荘は、まるで別荘のような雰囲気。
IMG_8074_R IMG_8071_R IMG_8069_R

http://www.vegahouse.biz/vegasou/ ← 「ベガ荘」 詳しくはこちらをご覧下さい!
作村さんと2人して”いいね!”を連発。

作業場には、現在ベガハウスで進行中のプロジェクトの模型や、
その建物の木組み模型などがおいてありました。
IMG_8153_R
IMG_8146_R

翌日は、引き続きベガハウスにて総会が開催されました。
総会では、これまでの全体活動報告や
今年度の活動内容について活発な意見交換が行われました。

みんなで記念撮影
股旅社中180706記念写真

来年4月~5月頃に、
股旅メンバーに三友工務店の手がけた住宅を見学して頂くツアーが決まりました。
股旅社中のメンバー工務店は家づくりのレベルも非常に高いので、
今からプレッシャーを感じている次第です。

date:2018/07/11 (水)

ページの先頭へ

新築注文住宅の「お客様の声」冊子作成中

当社では工事が完成した後、
お施主様に三友工務店を選んだ理由や
家づくりのこだわった点などをインタビューしています。

顔や名前は一切出ませんので、
お客様も遠慮することなく、良いこと、悪いこと、
全て本当のことをお話いただいています。

これまでに多くの方々から「お客様の声」を頂き、
忌憚のないご意見やご感想を頂きました。
そこで今回、当社で新築注文住宅をお建てになられた
20人の「お客様の声」をまとめ、冊子にすることに致しました。

この「お客様の声」をご覧いただければ、
当社がどんな家づくりをしているのか、
また、会社の雰囲気やスタッフの気質などが
等身大で伝わることと思います。

実際にお建てになったお家の完成写真も併せて掲載してありますので、
「お客様の声」と対比しながらご覧になると、
これから家づくりを始められるお客様にも
大変参考になる資料になると思います。

総ページ数も94ページとなり、かなりのボリュームです。
いま最終確認段階で完成まであと一息です。

お客様の声冊子_hyo1-4_0620_R 08_09_福田_out_R 10_11_福田_out_R

7月中には印刷まで出来上がると思いますが、
この「お客様の声」冊子をご覧になって
共感できる部分、
興味を持たれた部分がありましたら、
三友工務店にお声かけ頂けると嬉しいです。

date:2018/07/07 (土)

ページの先頭へ

歯の治療

定期的に歯のメンテナンスを受けていますが、
先日は歯石を除去したとたんに前歯の1本が
「冷たい」「熱い」飲み物でシミる知覚過敏のような症状になりました。

それも尋常なシミかたではなく、ズキンとくるような激痛です。
お陰で、まったく食事が出来なくなりました。

再度病院に行き、その症状を伝え、
シミ止めのクスリを塗って頂き、
痛み止めのクスリも貰いました。

シミの方は少しずつ感じないようになりましたが、
今度は食事の時に、その前歯で噛むと、
これまでにない激痛が走るようになりました。

何とか我慢して様子を見ていましたが、
歯茎が腫れてきて、さすがにこの状態はまずいのでは?と思い
病院に行き検査して頂くと、「神経が死んでいるようだ」との事。

つまりは冷たい物を飲んでシミなくなったのは、
神経が死んで感じなくなったため。
逆に今度は神経が死んで歯茎が腫れて
物を噛むときに激痛が走るようになったようです。
その場で神経を取って頂き、気分的に少しは落ち着きました。

私の通っている歯科医院は、いつも丁寧な対応で、

今回も無理を言って直ぐに治療して頂き有り難く思っています。

それにしても、歯石を除去してから1ヶ月。
私にとってはろくに食事も出来ない日々が続きました。
歯磨きは欠かさずしているつもりでしたが、
きっと歳のせいで歯にもガタがきているのでしょうね。。。(笑)

date:2018/07/03 (火)

ページの先頭へ

三友さんって営業が居なくてどうやって仕事を受注しているのですか?

同業者の方からよく受ける質問です。

いまでこそ「設計士とつくる注文住宅」のようなスタイルで
たくさんの住宅会社・工務店が仕事をされていますが、
当社は10年以上前からそのスタイルで仕事をしています。

理由は、私自身があまり営業されるのを好まないためです。
ゆっくりと考えながら前に進むタイプなので、
お客様にも、むやみに営業することなく
自分のペースで家づくりを進めて頂けるようにしたい!
と常々思っています。

スタッフも同じ価値観を共有していて、
総務を除けばスタッフは全員が技術者であり、
そのほとんどが一級の資格を持っています。

No.・曾_MG_0079

ちなみに現在のスタッフ構成は、
役員2名、技術15名、経理3名の20名です。
技術スタッフの内訳は、設計が6名、工務が9名です。
営業は1人もおりません。

また、役員2名、技術スタッフ15名の建築に関わる資格者は、
1級建築士 9名
1級建築施工管理技士 4名
2級建築士 4名

このように、スタッフのほとんどが建築技術者、
しかも、建築に関わる資格で1級を持っている社員がほとんど、
といった会社は熊本に限らず、全国の住宅会社・工務店を見渡してみても
それほど多くはないと思います。

当社では定期的に予約制の完成見学会を開催していますが、
その場合であっても、とくにこちらから営業することはありません。
建物を見て頂き、何か興味があること、気になることがあれば、
都度ご質問頂き、答えられる範囲で丁寧にお答えするだけです。

このようなスタイルがお客様からも受け入れられ、
当社で家づくりされるほとんどの方が、
完成見学会に何度も足をお運びになり、
”そろそろ家づくりを進めたいのですが、どうしたら良いですか?”
とのご相談から始まります。

その為、とくに営業が居なくても何とかやっていけるのではないか、
と思っている次第です。

そして当社が60年以上にわたって存在し続けたのも、
技術の確かさを皆様方に信頼していただいた結果だと思っています。

date:2018/06/28 (木)

ページの先頭へ

三友工務店事務所の外構リニューアル計画

現在、当社の外構(植栽などの庭)部分の
全面的なリノベーションを計画しています。

庭の方は3月の段階でほぼ決まりましたが、
それに併せて建物の方も少し改修しないと
バランスが取れなくなり、
建物正面玄関廻りの改修を
併せて行うことになりました。
180529会社外構改修に伴うファサード改修_0001_0001

我が家の事は、手が空いたときしか行いませんので、
延び延びになっていましたが、やっと動き出し、
現在、2パターンまで絞り込み検討中です。
パースが小さくて違いが分かりにくいですが、、、(笑)

① 正面玄関タイル部分を塗り壁として、
  一部格子取り付け。
  アプローチ部分には木製の格子取り付け。
180529会社外構改修に伴うファサード改修_0003_0001_R
 

② 正面玄関タイル部分全面に板を張る。
  アプローチ部分には木製の格子取り付け。
180529会社外構改修に伴うファサード改修_0004_0001_R

当社の事務所ビルは、1997年12月の竣工で、
今年で21年目を迎えます。
まさにアッという間です。
_DSC7584

いまから8年前に1階事務部門を改修し、
いまのようなスタジオとなりました。

   改修前
P1050279

 改修後(現在はディスプレイを増やし、また変わっています)
DSC_5335明るめ

2年前の熊本地震の際も、
書類棚や備品類が倒れただけで、
建物への被害はほとんどありませんでした。

 

date:2018/06/26 (火)

ページの先頭へ