社長コラム

社長コラム

低利ローン「フラット35S」中古住宅に適用

シェア

今日の日本経済新聞の1面に出ていた見出しです。
原文をそのまま掲載致します。

——————————————————————————————————————
国土交通省と住宅金融支援機構は来年度から、省エネ改修や耐震性向上策などを施した
中古住宅を購入した人に低利融資する制度を始める。
改修などで条件を満たせば、機構が取り扱う長期固定金利の住宅ローン「フラット35S」
を使えるようにする。
成長が見込まれる中古住宅の取引を活性化させる狙いだ。
フラット35Sは機構が民間金融機関と提携して2005年に始めた最長35年の住宅ローン。
省エネなどに優れた住宅を対象に民間より低い金利で長期融資する。政府は年内にも当初
5年間の金利をさらに0.7%優遇する処置を導入する方針で金利は年1%台となる。
ただフラットは35Sは省エネ性能などの条件が厳しいため、そのままでは中古住宅の9割
以上(5000万戸以上)が対象にならない。
また現状では個人が住宅を改修して条件に合わせても融資の対象とはしていなかった。
新制度ではもともとはフラット35の条件を満たさない中古住宅でも、①窓を複層ガラスや
二重サッシにする②壁に断熱材を入れる③部屋の段差を直し,浴室に手すりをつけるーー
などの改修をすれば融資対象とするよう制度を見直す。
個人は中古住宅の省エネ改修などを前提に民間銀行の窓口で融資を申請する。
機構が指定する専門機関が中古住宅の図面などをチェックし,改修で条件を満たすと判断
した場合には融資する。
政府は現在4兆円の中古住宅の流通市場と6兆円の改修市場を20年までに2倍にする
目標を掲げている。新制度を足がかりに,数年内にフラット35の中古住宅向けの融資規模
を約7000億円に広げる考えだ。
日本の住宅流通に占める中古住宅の割合は14%。
米国の78%、英国の89%などに比べて小さい。
人口減で新築住宅が増えることは考えにくく,中古住宅市場の拡大が課題となっている。
——————————————————————————————————————
ここまでが原文です。

ポイントは、今回の新制度ではもともとはフラット35の条件を満たさない中古住宅でも、
一定の改修を行えば融資対象になるというところです。
原文に書いて有るとおり、
①窓を複層ガラスや二重サッシにする
②壁に断熱材を入れる
③部屋の段差を直し,浴室に手すりをつける
などの改修をすれば融資対象となるようです。
非常に利用しやすくなりました。

また現状では個人が住宅を改修して条件に合わせても融資の対象とはなりませんでしたが、
省エネ改修などを前提に、機構が指定する専門機関が中古住宅の図面などをチェックし,
改修で条件を満たすと判断した場合には融資されるようです。
 

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

対応エリア

【熊本県】熊本市、八代市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、合志市[下益城郡]美里町[菊池郡]大津町、菊陽町[阿蘇郡]西原村[上益城郡]御船町、嘉島町、益城町、甲佐町[八代郡]氷川町

対応エリアであっても、状況によって対応できない場合もあります。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ