熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 三友工務店 安全協力会”友交会”の総会

コラム

三友工務店 安全協力会”友交会”の総会

先日、熊本テルサにて当社の安全協力会“友交会”の総会が開催されました。
堅苦しい話で恐縮ですが、
「友交会」というのは、会員の安全と健全な発展に寄与し、会員相互の啓発及び親睦を図
ることを目的として組織された会です。

その目的を達成するため次のような活動を行っています。
・安全に関する連絡会等の開催。
・会員相互の親睦並びに意思の疎通。
・その他本会の目的を達成する為に必要な活動。

そして、今年は「友交会」を組織しましてちょうど10年目、節目の年にあたりました。
10年という節目を迎え、長年会長職を勤めて頂きました石原会長より、そろそろ会長職を
退きたいとのお申し出が有り、今回、役員改選が行われまして新しい会長、副会長が選任
されました。

現会長である(株)石原電設社長 石原健二様、
現副会長である(有)栃原住建社長 栃原光信様は顧問に就任して頂く事になりました。
そして、
新会長として出田実業(株 )特販部取締役 営業部長 柿塚文伸 様に、
新副会長として原田木材(株)部長代理 兼本達也 様に就任して頂く事になりました。
これから「友交会」のまとめ役として、より良い方向に会を導いて頂く事を願っています。

ところで、
十年一昔と言いますが、まさにその通り。
私たちの仕事の環境も大きく変わりました。
公共工事は指名競争入札から一般競争入札に変わり、一つの仕事に数十社が応募してくる
という状況で、運を味方に付けなければ受注は出来ません。
また、インターネットの普及でホームページから直接仕事の依頼が来る時代になりました。
昔ながらの営業マンは、もはや行き場はないでしょう。。。

当社の10年前を振り返ってみると、
当時は新築住宅・リフォームの受注割合が、全体売り上げの39%でした。
ところが、現在は87%の売り上げを、新築住宅・リフォームが占めています。
この10年間で売り上げこそあまり変わらないものの、部門別の受注割合が大きく変わりま
した。
こうしてみると、当社も時代の流れに応じて、ここまでは何とか進化することが出来たよ
うに感じます。

それを支えてくれたのが当社の協力会「友交会」のメンバーです。

総会の様子です

石原会長による冒頭のご挨拶

私が会社を代表しまして挨拶

役員改選に伴い、新会長となられました
出田実業(株) 特販部取締役 営業部長 柿塚文伸 様のご挨拶

総会が無事終了し、引き続き、公益財団法人 熊本県暴力追放運動推進センター 専務理事
福田重光様をお招きして、「暴力団の被害を受けない為に」という内容で70分間の講話
がありました。

真剣に勉強する協力会社の皆さま

いよいよ宴会です。

稲留副社長による乾杯の御発声

わざわざ前に出て来て、無理矢理写真に入る〇春君。・・・(笑)

宴会の様子です。

途中、総務田中さん手作りの、三友工務店のイメージビデオを放映いたしました。
好評!でしたので2回上映(1回目は宴会が始まったばかりで誰も見ていませんでしたの
で、、、笑)いたしました。

今年1月に加わった新しいスタッフ、工務園田君と設計内田さんを紹介。

設計スタッフが舞台に上がって一言挨拶。

私の嫁さんまで舞台に上がって丁重な挨拶。

最後に、新副会長となられました原田木材(株) 兼本達也 様による一本締め。

最後に恒例の記念撮影

date:

ページの先頭へ