O様邸現場レポート・・・気密試験 | 社長コラム | 三友工務店

社長コラム

社長コラム

O様邸現場レポート・・・気密試験

シェア

O様邸の気密試験を行いました。
外張り断熱で家をつくる場合、気密試験は必須です。
家全体を断熱材で包み込んだ状態で行います。

こんな状態です。
内部

外部

相当隙間面積(C値)というものを求めますが、
住宅の隙間を直接計ることはできませんので、気密測定を行って住宅の相当隙間面積を測
り、住宅にどのくらいの隙間があるかを判断します。

気密試験をして所定の数値にならない場合は、みんなで手分けして空気が漏れている所を
探し、ふさいでいきながらこの試験を繰り返します。
今回のO様邸は、C値が0.3に収まりました。

相当隙間面積(C値)というのは、家の気密性がどのくらいあるかを示す指標です。
家に隙間がどのくらいあるかを示す指標といった方が分かりやすいかもしれません。
この数字が小さいほど気密性が高い住宅となります。

一般に高気密住宅といわれる住宅はC値が2.0以下くらいです。
今回のO様邸の測定値が0.3ですので、一般的に高気密住宅といわれる住宅の約1/6位
の隙間でした。

気密試験の様子

気密試験の結果を確認する設計、平田さん。
もちろん現場担当の有村君も控えています。

結果を表示する機械装置

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ