熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 「経営事項審査」終了

コラム

「経営事項審査」終了

既に工務店の日々に嫁さんが書いておりますが、
昨日「経営事項審査」を熊本県庁にて受けて参りました。
嫁さんにとっては「会社の決算」と「経営事項審査」の時期が一年で
一番忙しくて緊張する時だと思います。

経営事項審査の為だけに書類を作ってくれる専門の会社も有りますが、当社の場合は嫁さ
んと総務の西さん二人で行っていますので、緊張も一入だったと思います。
その経営事項審査も無事終了し、嫁さんは一安心していることでしょう。。。

ちなみに経営事項審査というのは、公共工事の入札に参加する建設業者の企業規模・経営状況
などの客観事項を数値化した、建設業法に規定する審査のことで、略して
経審とも呼ばれています。

公共工事の入札に参加する建設業者は、必ずこの経審を受けなければなりません。
経営審査には、売上高、技術者数、資金繰状況(流動比率)、利益率など主な企業情報を網
羅されていて、企業経営の良し悪しを客観的に見られ、他社と比較できるという点では、会
社を経営していく上での一つの指標として私たちにとっても役立つ資料です。

また、点数はすべて数値化されていて公表されていますので、
売り上げ、利益、借り入れ金額も含め、だれでも経営内容を確認することができる
状態にあります。

この点では、私たちのように公共工事を手がけている会社は、年に一回は必ず、行
政機関の審査を受けなければならない義務を負っていますので、その客観的な数値
データーを比較することで、どのような会社か大まかにでも判断する事は可能でしょう。

住宅やリフォームを専門にされている会社は、規模が大きくても公共工事を受注さ
れていませんので経審を受けられていません。
その為、私たちのように経営内容まで細かく調べられて公表されていませんので、
経営内容の実態が分かりにくいところが有ります。

公共工事を手がけているから安心というわけでは有りませんが、
少なくとも、経営審査を受けて、その数値を一般に公表されているという点では、
会社を選ばれる上での一つに指標となるのではないかと思います。
 

date:

ページの先頭へ