新年、明けましておめでとうございます。 | 社長コラム | 三友工務店

社長コラム

社長コラム

新年、明けましておめでとうございます。

シェア

旧年中は皆様よりひとかたならぬご愛顧を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
今年が皆様にとりまして、幸多き一年となりますようお祈り申し上げますと共に、
引き続き今年も弊社への変わらぬご支持の程をよろしくお願い申し上げます。

誠に勝手ながら、当社はまだ年末年始休暇中です。
今年は10日(月)より通常営業となります。
ただし、休暇中も連絡を取ることが出来る体制を整えておりますのでご安心下さい。
大変申し訳ございませんが、フリーダイヤル「0120-146-983」までご連絡頂き、
メッセージを残して頂きますと、折り返しご連絡をさせていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

古閑家の正月は健軍神社から始まりました。
境内は大渋滞
img_3061_r img_3071_r

3日、4日は一泊二日で久しぶりに家族揃って長崎観光をしてきました。
目的は軍艦島(端島)の見学です。

img_3189_r

ウイキペディアによると
端島(はしま)は、長崎県長崎市(旧高島町)にある島である。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していたが、1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている[2]。2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。

また、端島に残る集合住宅の中には、大正5年に建設された建物もあり、日本初の鉄筋コンクリート造の高層アパートです。
それらの古い鉄筋コンクリート建造物が取り壊される事無く手付かずのまま放棄されているため、建築工学の観点からも経年劣化などの貴重な資料として注目されています。

ただ私には今一つ気がかりな事が一つありました。
島である以上当然ですが、船で渡らないといけないという点です。
何しろ私は乗り物酔いが酷くて、バスなどでも直ぐに酔います。

しかも冬の海なので、そうとう揺れるかもしれない!と知人から脅されていました。
船の場合、途中で下ろして貰うわけにはいかず最後まで付き合わなければいけないのが
辛い所でした。

嫁には“波があったら子どもと3人で行ってきて、俺は行かん!”と情けない宣言をしていました。当日、港内の波はほとんど有りませんでしたので、酔い止めのクスリを飲み素直に乗船することに致しました。
が、席に着いたらアナウンスで港内を出たら揺れるかもしれないと流れ、それだけで気分が落ち込みました。

実際に船が動き出すと、酔い止めのクスリが効いていたのか思っていほど気分も悪くならずに何とか無事に島にたどり着き帰ってくることができました。

乗船待ちの列
img_3151_r
img_3152_r
img_3155_r

軍艦島

img_3160_r img_3189_r img_3205_r img_3171_r
このくらい船が揺れている時もありました

 いよいよ上陸

img_3213_r img_3214_r img_3238_r img_3240_r
img_3262_r
取りあえず証拠写真を撮影。。。(笑)
img_3230_r

海が荒れていて上陸できないことも少なからずあるようなので、
目的であった軍艦島に無事に上陸できたことに感謝したいです。
一泊二日で長崎市内を駆け足で巡りましたのでさすがに疲れましたが、
家族みんなの良い思い出になったと思います。

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ