熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 地鎮祭から上棟までの大まかな流れ・・・

コラム

地鎮祭から上棟までの大まかな流れ・・・

今回ご紹介する事例は、先日、上棟したばかりのお家です。
ピアノ教室を併設された2世帯住宅で、延べ床面積50坪、2階建です。
設計は若松さん、現場は草津君が担当します。

先週、天候を見計らって無事に上棟いたしました。

完成予想パース
170720 (42)

Y様邸は、お施主様のご要望で柱はすべて「桧の4寸角」です。
断熱は外張り。
屋根、壁の断熱材にはアキレスのキューワンボードを使っています。
経年性能に優れた高性能硬質ウレタンフォーム断熱材で、
遮熱性能に優れた新タイプのアルミ箔を貼ってあります。
また、耐震面では制震装置ジーバを採用し、10箇所設置しています。

地鎮祭から上棟までの大まかな流れをご紹介します。

〇 地鎮祭
地鎮祭は、建物を建てる際に、
工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことをいいます。
170720 (1) 170720 (2)

〇 地盤改良工事
事前に地盤調査を行い、必要であれば地盤改良を行います。
今回は地盤改良工法として、ハイスピード工法(採石パイル)を採用致しました。
170720 (3) 170720 (4)

〇 基礎工事
・基礎をつくる為に地盤を掘削し、
   砕石を敷きつめてランマー(振動ローラー)で転圧し、地盤を固めます。
170720 (5) 170720 (6) 170720 (7) 170720 (8)
   砕石地業完了
170720 (9)
   地鎮祭の時に神社から頂いた鎮め物を家の中心に埋めます。
170720 (10)

・土壌防蟻処理
   ベタ基礎工事に入る前に、基礎下になる地盤面(砕石面)
   には土壌防蟻処理を行います。

   これによりベタ基礎下の土壌面から侵入してくる
   シロアリに対してバリアを作ります。
170720 (12) 

・防湿シートを全面に敷きつめ、地面から上がってくる湿気を予防します。
170720 (13)

・鉄筋を組み立てます。

   当社の場合は、鉄筋径が13㍉、タテヨコ15センチ間隔で配筋しています。
170720 (14) 170720 (16) 170720 (15)


・コンクリート打ち

   コンクリート強度は24N/㎜2。
   ベタ基礎の厚みが15センチ、外周部が30センチです。
   立ち上がり部分の厚みは、外張り断熱の場合、
   外周部が17センチ、内部が15センチです。

   コンクリートはベタ基礎部分と、立ち上がり部分と2回に分けて打ちます。
170720 (18) 170720 (22)

完成した基礎
170720 (23) 170720 (24)


・土台敷き込み

完成した基礎の上に土台を敷き込みます。
土台はヒノキ。
予め防腐防蟻(エコボロン)を行った上で敷き込みます。
170720 (25) 170720 (26)

・仮設足場設置
足場を先に設置して、作業の効率化と安全性を確保します。
170720 (27)

・建て方
1階床部分に構造用合板を敷き詰めます。
始めるにあたり、お施主様に建物四隅を御神酒で清めて頂きます。
1707201 (2)

まず柱を立てることから始まります。

柱はお施主様のご希望で、すべてヒノキの4寸角です。
お施主様に、記念に柱を立てて頂いている様子です。
17072002

順次、組み上げていきます。
170720 (30) 170720 (31) 170720 (32) 170720 (33)

2階の梁も格子状にガッチリ組んであります。
170720 (35)

170720 (36) 170720 (37)

途中、かなり省略しますが、
外張り断熱ですので、アキレスのキューワンボードを屋根面に取り付けた状態です。
ボード上の断熱材ですので、つなぎ目はすべて気密防水テープで目張りします。
170720 (38)

この上に通気胴縁を専用ビスで取り付けて、
厚み1.2センチの野地板(杉板)を張って、
防水の為のアスファルトルーフィングを貼ります。
170720 (39) 170720 (40) 170720 (41)

この上に瓦桟を取り付けて陶器の瓦がのります。
瓦は、三州の防災瓦で、台風が来ても飛ばないように全数ビス止めです。

以上が、大まかな地鎮祭から棟上げの流れです。
上棟式は、当社では日を改めて、もう少し工事が進んだ段階で行っています。

date:

ページの先頭へ