「澄家」換気システムの開発者本田社長と、床下エアコンを採用されたお客様宅を訪問。 | 社長コラム | 三友工務店

社長コラム

社長コラム

「澄家」換気システムの開発者本田社長と、床下エアコンを採用されたお客様宅を訪問。

シェア

「澄家」換気システムは、当社が10年以上前から標準で採用している換気システムです。
先週、その開発者である(株)マーベックスの本田社長が会社にお越しになりました。

今回の来社の目的は、
当社が2年ほど前に「床下エアコン」と「澄家」換気システムを
組み合わせて建てさせて頂きました、お客様宅の訪問です。

当時、熊本で「床下エアコン」を取り入れた住宅は

ほとんどありませんでしたので、
今後の研究の為に、お施主様にご協力頂き、
家の内外に温湿度計を4台取り付けさせて頂きました。

設置場所は、外部に1台、床下に1台、
1階リビングに1台、2階ホールに1台です。
この計測器のデータをwi-fiを通じてインターネット上に
丸々1年に渡り蓄積させて頂きました。

お施主様には仕事の傍ら、
取り付けられた4台の温湿度計のデータを
毎日調べて頂き、そのデータを整理して、
毎週、当社にメールで送って頂くという、
大変な作業をお願い致しました。

また、これに併せて毎月の電気使用量もグラフ化して
送って頂きましたので、一年間の内外部の気温・湿度、電気代
が一目瞭然で分かります。

何より、モデル住宅ではなく、
実際に住まわれているお客様宅の温湿度データということで、
非常に貴重なデータが得られていると思います。

前置きが大変長くなってしましましたが、
この一年間に渡る膨大なデータを、本田社長にお知らせした所、
すぐにT様にお目にかかりたいという事になり、
今回の訪問となりました。

本田社長には、この貴重なデータを活用して、
「澄家」換気システムと床下エアコンを組み合わせた
全館冷暖房システムの更なる改良、開発などに
つなげて欲しいと願っています。

また、こんかい多大なご協力、ご理解を賜りましたT様には深く感謝申し上げます。

ちなみにT様邸は、
延べ床面積35.4坪の2階建て。
床下に9畳用家庭用エアコン1台、
2階に同じく9畳用の家庭用エアコンを1台設置して、
家を丸ごと快適にする事が実現出来ています。

床下エアコン
IMG_5048_R

赤外線カメラで室内の温度差を確認している本田社長
 IMG_5077_R IMG_5054_R IMG_5065_R

風量計にて床下ガラリから吹き出てくる風量を測定
IMG_5060_R

「床下エアコンで家を丸ごと快適にする」仕組み
簡単にいうと、
床下に設置したエアコンからでる温風が
床下空間全体に行き渡り、
その暖かい空気がリビングなどの吸気口(ガラリ)から
ほんのりと入り込み家全体に広がっていくという仕組みです。

その当時の概念図です。
床下エアコンの仕組み図_001

 

その為に、住宅にも高い性能が求められますので、
Q値で1.3程度、
断熱方法については外断熱と内断熱を組み合わせた
高気密・高断熱の高性能な仕様となっています。

また床下の空気が効率よく回るように、
基礎の内部立ち上がりも極力減らすなど、
設計を担当した若松さんが構造全体を見直し、
色々な工夫を行いました。

追伸:
お客様宅の訪問後、会社に戻り。
居合わせた設計・工務スタッフを集めて、
本田社長による、全館冷暖房システムの特別セミナーを開催して頂きました。

IMG_5088_R IMG_5096_R

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ