貴重な(驚きの)体験 | 社長コラム | 三友工務店

社長コラム

社長コラム

貴重な(驚きの)体験

シェア

少し古い話ではありますが、
9月は防災月間ですので、書かせて頂きます。

先々月の7月、
股旅社中の総会が大川で開催され、
その時、泊まっていたビジネスホテルでのハプニングです。

夜の懇親会が終わり、
私と作村統括部長の2人は、
2次会に参加することもなく
早々とホテルに引き上げました。

部屋で小一時間ほどメールチェックなどを行い、
眠りについたのが午後11時30分頃だったと思います。
疲れていたのか、良い気分で爆睡しておりました。

ところが、
深夜1時過ぎ、
突然、火災報知機がなりだし「5階で火事が発生しました」
との、けたたましいサイレンが鳴り響きました。

私の部屋は2階でしたので、
ホテル備え付けの寝間着のままでカバンをもち、
素足に革靴を履いて大急ぎで部屋を飛び出しました。

廊下で避難通路を探していると、
私と同じ着の身、着のままで出てこられた股旅メンバー2人がいて、
そのまま3人で階段を駆け下りてロビーに向かいました。

ロビーにいざ下りてみると、
2次会に行っていた股旅メンバーが
ほろ酔い気分で帰ってきたばかり。

その中に、
寝間着姿の3人が超不格好な姿で、
避難通路の扉を開けて登場しましたので、
みんな驚いて目が点になっていました。
笑いをこらえている人もいて、まぁバツが悪かったですね。。。(笑)

その後、何人かがロビーに避難してきましたが、
いかに警報器がなって避難してきたとはいえ、
2次会メンバーとのあまりの違いに、
恥ずかしくてしょうがなかったでね。

幸いなことに誤作動だと分かり、
このまま居てもバツが悪いので
直ぐに階段で戻ろうとした所、
再び、火災報知機がけたたましく鳴り始めました。

これは本当の火事か?と心配致しましたが、
その後、誤作動だと館内放送が流れました。

その間、10分くらいだったと思いますが、
作村さんはロビーに避難して来ません。

翌朝、作村さんに”なんばしよったと”、と尋ねると、
お酒を飲んでいたのか、
何が起こっているのか最初は分からなかったとのこと。

その後、冷静に洋服に着替え、
靴も履いてキチンとした格好で
私と入れ違いでロビーまで下りてきたようです。

作村さんの部屋は4階。
火災報知機でアナウンスされた火元5階の真下です。
もし、本当の火事であれば逃げ遅れていたのでは?と,思いました。

翌朝、食事する時、
ホテルの方がご迷惑をお掛けしました。と挨拶してくれました。
その後、
”これでうちも終わったか”と思いましたと
本音をぽろりと漏らされたのが印象的でした。

常日頃から避難通路の確認は
怠らないことだとつくづく思いました。

それにしても火災報知機の音は凄かったです。
耳について離れません。

まぁ、2度と経験することはないと思いますが、
本当の火事でなくて良かったです。

その後、東京出張などを何度かしておりますが、
この時のトラウマか、寝る時はすぐに避難できるように
荷物をまとめて、避難階段も確認して寝ています。

貴重な体験をさせて頂きました。

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ