熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 現場レポート・・・上棟までの大まかな流れ

コラム

現場レポート・・・上棟までの大まかな流れ

上棟間もない現場、K様邸。
奥様のお母様とお住まいになる2世帯住宅です。
延べ床面積36.8坪、2階建て。
敷地面積が65坪。敷地内に高低差があります。
設計は三宮さん+平田さん、現場監督は有村君、棟梁は日置さんです。

スタディ模型はこんな感じになります。
IMG_0047

現在、屋根工事が進行中です。
現在までの工事進捗状況を段階ごとに追うと。

基礎を造るために所定の深さまで掘削。
180214 (1)

基礎の下になる地盤面を強くするために砕石を入れ、機械を使って締め固めます。
180214 (2)

地鎮祭の時に神社から頂いた鎮め物を家の中心に埋めます。
180214 (5) 180214 (6)

砕石が所定の厚みあるかの確認
180214 (4)

配筋状況
180214 (7)

鉄筋の寸法と間隔が当社の仕様規定通りになっているかの確認
180214 (8) 180214 (9)
第三者機関による配筋検査
180214 (10)

コンクリート打設の状況
180214 (11)

コンクリートの厚みが規定通りになっているかの確認
180214 (13)

基礎工事完了
180214 (14)

基礎の寸法が当社仕様通りになっているかの出来高確認
180214 (15) 180214 (16)

基礎の中を掃除
180214 (17)

上棟に先立ち、前日までに土台を敷き込みます。
180214 (18)

上棟作業開始
お施主様に祈念の柱を取り付けて頂いている所です。
180214 (19)

電線を交わしながら木材をクレーンでつり込む様子(神業!)
180214 (20)
180214 (21)

現場担当の有村君と日置棟梁が入念に打ち合わせしている所
180214 (23)

外張り用の断熱材、アキレスQ1ボードを屋根面につり上げている所
180214 (25)

アキレスQ1ボードを屋根面に取り付けて、つなぎ目はすべて気密防水テープで目張り。
180214 (26)

通気胴縁を専用ビスで取り付け。
180214 (27)

屋根ガルバリウム鋼板下地の針葉樹合板取り付け
180214 (28)

ここまでの作業は、1日で終わります。

翌日以降、大工工事と併行しながら
屋根仕舞い(ガルバリウム鋼板などを取り付け)
180214 (31)

以上が本日までの作業になります。

 

date:

ページの先頭へ