工務店な日々

設計の部屋

模型作り その④~仕上がり編~

シェア

こんにちは。三友工務店の設計の阪本です。

 

今回は模型製作最後、第4回目の「仕上がり編」になります。

 

カラー模型

・外観の素材感のある雰囲気

をポイントにした模型づくりを目指しています。

 

では、引き続き作業の様子を見ていきましょう!

 

 

①屋根の作成

 

外側の組み立てが終わったら、次は屋根の組み立てです。

 

今回の屋根は、模型の中の間取りが見えるように、取り外しができるようにします。

 

屋根の着脱ができるということで、屋根だけで形が保たれるよう、

小さなパーツ(写真の、小さな白い三角のパーツです)で補強する必要があります。

 

まず屋根の面をのりで接着してから、調整しながら補強のパーツを付けていきます。

屋根の山になっているパーツは2パーツを接着させてできているので、

きれいな見た目にするために切断面を40度くらいにカットする必要があります。

 

斜めカットは難しいので、個人的には苦手なところです・・・。

 

補強した屋根はこんな感じになります。

屋根装着!! 

完成まであと少しですね。

 

②敷地の作成

 

建物が完了したら、次は建物の周りの物を作っていきます。

素材感を目指し、今回は試験的に段ボールで敷地を作ります。

配置図や現地の写真を参考に、接道の位置や道路からの高さが分かるよう模型に落とし込んでいきます。

 

スチレンボードで敷地を作成することもありますが、

段ボールだと、素材感があり作っていて楽しく、裁断面も面白く出来上がります。

 

③小物の作成・取付け

 

木目が見える箇所には、薄くスライスされた本物の木を使って雰囲気を作ります。

ここからが個人的に一番楽しいところです。

いつもはスプルスという木材ですが、今回は杉材で色々作りこんでいます。

杉だと木目がはっきり出てよい感じです。

 

玄関上の庇を作ったり、

ウッドデッキや玄関扉、玄関ポーチの階段をつけたり、

塀などもつくっていきます。

かなりらしくなってきました。

 

④植栽

こちらの模型用の「カスミソウ」を使って敷地にモリモリ木を生やしていきます。

気持ちはトトロです。

背の高い木、中くらいの木、低い木に分けています。

高木は建物に添わせるように、

中木、低木は高木の下に枝に動きをつけ、バランスを見ながら植えていきます。

実際の植栽でもそのようにして植えていきます。

植栽をするとお家の完成度が高まります。

 

 

模型の完成です。

先日お引き渡しをさせていただいた物件で写真だとこの様になります。

 

多少の違いはあるものの、

実際の建物を踏まえた、模型ならではの雰囲気はしっかり感じられるのではないでしょうか。

 

以上で4回に渡る模型作成の様子をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

この記事を見て「模型作り、楽しそうだな」と思っていただければ幸いです。

 

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

対応エリア

【熊本県】熊本市、八代市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、合志市[下益城郡]美里町[菊池郡]大津町、菊陽町[阿蘇郡]西原村[上益城郡]御船町、嘉島町、益城町、甲佐町[八代郡]氷川町

対応エリアであっても、状況によって対応できない場合もあります。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ