明専寺さま耐震調査 | 社長コラム | 三友工務店

社長コラム

社長コラム

明専寺さま耐震調査

シェア

当社は寺社建築もたくさん手がけていますが、
この度の熊本地震により、被害を受けられた本堂の耐震調査を行いました。
さすがに本堂となれば当社では対応できず、東京で活躍されている経験豊富な耐震研究会
の保坂先生の力を借りることになりました。
保坂先生は、木造の耐震関連の著作もたくさんあり、この分野では著名な方です。
設計スタッフ、三宮さんとの繋がりで、今回の耐震調査をお願い出来る事になり感謝してい
ます。

当社からは工務の作村さんと岩城君に加え、田中棟梁も調査に参加しました。

保坂先生が明専寺ご住職様に調査方針を説明されているところです。

今回調査させて頂きました明専寺様本堂全景

調査風景

調査では、本堂周辺の地質調査も行いました。
ハンドオーガーによる地盤調査
________________________________________
一般社団法人耐震研究会のホームページより抜粋
建物は地盤の上に乗っており地震の被害は地盤の被害ともいえます。
こうした中で建物を調査するにあたり、地盤の調査は切っても切り離せない関係にありま
す。耐震研では現地での地盤調査前にも地盤図や地質図による調査を行いつつ、現地でのハ
ンドオーガーによる地盤調査を行います。
補強時にも地盤の状態に応じた的確な補強計画が可能です。
________________________________________

非力な作村さん、岩城君の代わりに田中棟梁が、ハンドオーガーで掘削することに、、、

小屋裏の調査

今回の調査には、当社の設計スタッフも見学させて頂きました。

調査中、正面の柱2本が傾いていて、梁が柱から抜け掛かっている事が
判明致しましたので、余震対策として応急処置として柱・梁の接合部分に金物を取り付け
土台をつくってブレースで補強致しました。

急遽、柱と土台を取り寄せ

土台を敷いている所です。

柱・梁の接合部分に金物を取り付け

土台にも金物を取り付け

ブレースを取り付け

余震対策の応急処置完了

今回の調査データを東京に持ち帰られ、検討された上で補強案が決まります。
実際の補強工事は数ヶ月後になると思います。

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ