熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > たまに耳がこもるような症状

コラム

たまに耳がこもるような症状

運動した後などに、たまに耳がこもったような感じになり、
自分の呼吸音が聞こえたりし
ます。
インターネットで自分の症状を検索してみると、
「耳管解放症」というものに行き当
たりました。

Wikipediaによると
耳管開放症(じかんかいほうしょう、英: Patulous Eustachian tube)とは、通常は閉鎖されている耳管が開放されたままの状態になり、耳閉感や自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)などの症状を引き起こす疾患である。

症状
耳閉感、自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)、自分の呼吸音の聴取が典型的な症状であるが、ロビンソン(1989)は低音域の難聴、非回転性めまいが起こる事を報告しており、耳痛、音程のずれなどの症状も起こる。前屈や仰臥位でこれらの症状が軽快消失する事がある。

いつもこの状態というわけではありませんので、これまで気にしたことは有りませんでし
たが、先日は一日ずっと続きちょっと難儀致しました。

この状態になると、話がしづらくなりとても不快です。
しゃがんだりすると一時的に良くなりますが、立ち上がるとまた同じ症状になります。
理由は分かりませんが、首を手で押さえている間は普通の状態になります。
離すと戻ります。

色々調べてみると対処方法も書いてあり、「インターネット」って便利だなぁと思いました。
”音程のずれなどの症状も起こる”というのが気になりました。
リズム感がなく、音痴なのはこのせいか!と妙に納得した次第です。。。(笑)

date:

ページの先頭へ