社長コラム

社長コラム

家づくりで、いまでも思い出す「父の忘れられない一言」をご紹介します。

シェア

8月1日は当社の創業記念日です。
今年で創業68年となりました。
私が入社したのが35年前なので、
父が会社を興して33年目に私が入社し、それからまた35年が過ぎています。
ここ数年の内に息子も戻ってくる予定なので、同じサイクルで引き継ぎが進んでいくと思います。

家づくりで、いまでも思い出す「父の忘れられない一言」をご紹介します。
 創業間もない頃の父の写真

かれこれ20年くらい前の話になるかと思いますが、
シックハウス問題が注目されるようになり、
家づくりの価値観が大きく変わっていった時代です。

工務店がシックハウス問題を受け、こぞって「自然素材住宅」に取り組みました。
当社も建築関連の仲間とネットワークを組み、
他社に先駆けて産直形式の自然素材住宅に取り組みました。
つくる住宅もシックハウスにならないような漆喰やイ草、和紙などの自然素材を使い、
柱・梁などの構造材も、そのまま現しにすることがほとんどでした。

その仲間達とつくった家を、父が初めて見たときの感想がいまでも忘れられません。

「まだ工事の終わっとらんとじゃ、なかつか?」
「何で見える柱や梁にこぎゃん節のある構造材ば使うとか。
見える場所には、化粧材と言われる、節のない年輪の詰まった材料ば使え!」
「おれは、こぎゃん家はいっちょん良かとおもわんばってん」

と感想を述べました。

私たちが自信を持ってつくった「自然素材の家」だけに、逆にその反応に驚きました。
父からすれば見えるところに節ありの構造材を使うなど考えられなかったのでしょう。
「まだ工事の終わっとらんとじゃ、なかつか?」の第一声がすべてを物語っています。

自分なりに良い家を造ってきたというプライドから、
こういった家は「安普請」に見えたのでしょうね。
確かに構造材を現しにしているので節があり、
無節の材料に比べれば見た目が綺麗ではありません。
しかし実際は、ほとんどの柱・梁が見えていますので、
傷をつけないように丁寧な仕事を要求され、大工さんの手間はかえってかかります。
父もその点は承知していましたが、
「見える柱・梁には節のない立派な材料を使うのがあたりまえ!」という
家へのこだわりが許さなかったのだと思います。

私は県外で建てられた自然素材の家を何件も見ていたので、
とくに何とも思いませんでしたが、初めて見た父は仰天したに違いありません。
工事がまだ終わっていないと勘違いするのも無理はないと思いました。
この時はどう返答して良いのか困りました。
シックハウス問題を受け、家づくりが大きく変わっていった時でした。

いまでも思い出す「父の忘れられない一言」です。

現在は、当時ほど節有りの材を表に出した家づくりは少なくなり、
ほどよい感じに木を使った住宅が多くなりました。
代わりに断熱、気密、換気などの省エネ性が求められるようになりました。
家づくりも日々進化しています。

家づくりに関することなら何でもご相談ください。

当社には営業スタッフがおりませんので、お問い合わせ・イベント参加後の訪問営業などは一切致しません。ご安心ください。

  • 家づくり全般
    家づくりを何から始めたらよいのか分からない方もお気軽に。
  • 土地探し・資金計画
    土地の上手な探し方や、家づくりにかかる費用を分かりやすく伝えます。
  • 他社に相談してみたが・・・
    いろんな会社の話を聞いて、何が良いのか分からなくなってしまった方。

対応エリア

【熊本県】熊本市、八代市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、合志市[下益城郡]美里町[菊池郡]大津町、菊陽町[阿蘇郡]西原村[上益城郡]御船町、嘉島町、益城町、甲佐町[八代郡]氷川町

対応エリアであっても、状況によって対応できない場合もあります。

無料相談会

個別の相談だから気になることを
じっくりお話できます。

予約制

イベント情報

ちょっと上質でいっぱいこだわった自然素材の家づくりを体験!

詳しく見る

img

phone

お電話からお問い合わせ

フリーダイヤルは熊本県内のみ対応

0120-146-983

熊本県外の方向け:096-381-0003

web

WEBフォームからお問い合わせ

下記お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ