熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2012年1月アーカイブ

コラム

2012年01月アーカイブ

住宅百科”家・家・家”発刊

家づくりの雑誌はたくさん有りますが、
今回の雑誌を発行するにあたってのコンセプトは
“新聞社と信用調査会社がつくった住宅百科”。
文字通り、熊本日日新聞社と東京経済株式会社がコラボしてつくった雑誌です。

世の中、住宅会社も多く、何を信用して会社を選んで良いか分からない?といった声に応えたものでしょう。
その為、経営内容についても一定の基準を満たした会社に出稿をお願いしているという話でした。

そういった面では「信頼」をキーワードに作られた雑誌ですので、
今から家づくりを検討される方に取りましては、一つの指標として役立つかも知れません。

取りあえず、当社も出稿していますのでご興味がお有りの方は最寄りの本屋さんでお求め下さい。

date:2012/01/30 (月)

ページの先頭へ

祝!「第28回住まいのリフォームコンクール」優秀賞入賞(2年連続)

 第28回住まいのリフォームコンクール(財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター)の受賞物件が発表され、応募総数698点の中から前回大会に続き2年連続で当社の作品が優秀賞に入賞致しました。

後 援は、国土交通省/(独)住宅金融支援機構/(独)都市再生機構/(社)住宅リフォーム推進協議会。
また、協賛団体も (財)建築環境・省エネルギー機構 他18団体ということで、
リフォームのコンクールとしては日本最大規模のもので、権威のある大会です。
前回、第27回大会では、初めての参加で要領を得なかったため、締め切りギリギリの提出となってしまいましたが、今回は気合十分、準備万端で余裕を持って提出致しました。
その甲斐あって、前回大会に続き2年連続の入賞となりました。
コンクール資料を揃えてくれた嫁さんに感謝です。

今回入賞しました作品は
タイトル:「土間の再生」 熊本市 K様邸
設     計:風間 滋
現場担当:田中繁廣

<リフォームの動機>
幼少期を過ごした家は玄関に土間があり、御施主様にとって思い出深い場所だった。
その後、安易なリフォームで新建材に覆われてしまったが、もう一度昔の姿に戻したい、とリフォームを決断された。

<設計・施工の工夫点>
築100年を超す古民家の再生。
戦後、新建材で覆われて細かく区切られた家の昔の姿を取り戻すために壁を全て取り払い、隠れていた梁や柱をそのまま利用した。
土間に勝手口を設け、玄関をオープンにしたことで、空間に一体感を持たせることができた。
また、古民家との相性の良い蔀戸を設け採光を確保。
建築当時の建具も残っていたため、古いものを活かしつつ、足りないものは造作。
新たに入れた床板は古いものに合わせて塗装し、クロス壁はスサ入りの漆喰で塗り直した。
昔の素材が持つ雰囲気を大切にしながら、再生に努めた。
   
<感想> 
昔の雰囲気はそのままに、機能的なキッチンも使いやすく、とても気に入っている。          

 完成写真

この作品は、2011年第19回ジェルコデザインコンテスト全国大会でも優秀賞を受賞していましたので、ダブル受賞できて本当に嬉しいです。

K様邸の完成写真は、こちらからご覧下さい!
(ビフォー→アフターで整理してあります)
https://www.sanyu-k.jp/reform/restoration/

________________________________________________________________________

第28回住まいのリフォームコンクールの概要は下記の通りです。
《住まいのリフォームコンクールより抜粋》

1.主 催  財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター
2.後 援  国土交通省/(独)住宅金融支援機構/(独)都市再生機構
              /(社)住宅リフォーム推進協議会
3.協 賛  (財)建築環境・省エネルギー機構 他18団体
4.目 的  全国各地で施工された住宅リフォームの事例を広く募り、住まいとして優秀な事例について建築主
       (施主)や 設計者・施工者を表彰し、これを消費者や事業者に紹介することにより、住宅リフォーム
       の普及促進とリフォームの水準向上を図る。
5.応募対象 平成21年7月から平成23年10月の間に、リフォーム工事が完了した住宅(国内にあるもの)
  を対象とする。
6.応募締切 平成23年10月31日
7.応募件数 698点
8.入賞件数  特別賞 国土交通大臣賞                                 1点
              (独)住宅金融支援機構理事長賞                               1点
              (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 理事長賞     1点
              (社)住宅リフォーム推進協議会会長賞                                1点
               水廻り特別賞                                                                        1点
               優秀賞                                                                               34点
               増改築相談員奨励賞                                                             1名
               マンションリフォームマネージャー奨励賞                            2名

9.審査委員 委員長 上杉 啓氏 東洋大学 名誉教授 他11名 
10. 表 彰 式 平成24年2月28日
(火) 「ルポール麹町」(東京都千代田区平河町2-4-3)

審査委員会委員名簿
顧 問  小原 二郎 千葉大学 名誉教授
委員長   上杉  啓 東洋大学 名誉教授
主 査  真鍋 恒博 東京理科大学工学部建築学科 教授
委 員  橋本 公博 国土交通省住宅局住宅生産課 課長
委 員  仲田 正徳 (独)住宅金融支援機構 CS推進部住宅技術情報室長
委 員  安達  功 日経BP社 建設局 プロデューサー
委 員  安孫子義彦 (株)ジエス 代表取締役
委 員  岡田 仲史 (株)さくら事務所
委 員  河合 春樹 アルコット建築設計事務所 主宰
委 員  木下 庸子 建築家(設計組織ADH)/工学院大学工学部建築学科 教授
委 員  多羅尾直子 (有)タラオ・ヒイロ・アーキテクツ 一級建築士事務所 代表
委 員  ヨシダミチコ (株)カラースペース・ワム 代表取締役
委 員  神田 重信 (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 専務理事
                                           (敬称略、所属・役職は平成24年1月現在)
______________________________________________________________________________

 

date:2012/01/27 (金)

ページの先頭へ

今年最初のイベントのご案内です。・・・トーヨーキッチンショルームにて相談会開催!

トーヨーキッチン様とのコラボレーション企画は、毎年、年末の押し迫った時期に
クリスマスイベントのような形で開催させて頂いておりました。
たまたま昨年末が完成見学会などと重なってしまいましたので、
年明けイベントとして持ち越すことに致しました。
この企画、今年で3回目となります。

ちなみに、トーヨーキッチンショルームはこんな所です。

こんな感じで展示しています。

当日はこれまで手がけた事例集(新築、戸建てリフォーム、マンションリフォーム、
古民家再生)などもたくさん展示しています。
昨年、全国のリフォームデザインコンテストで最優秀賞などに輝いた作品などもたくさん展示しています。

相談会の様子です。

外はこんな感じでした。

即席屋台

お子様連れでも安心してご覧頂けるように、即席のキッズコーナーも準備しております。

子どもさまにもとっても人気です。
安心してお越し下さい!!
 

とてもオシャレで、キッチンメーカーのショールームとは思えないような雰囲気の所です。
普段はなかなか入りにくい所ですが、
当社の家づくりにご興味がお有りの方は、是非、思い切って! (笑)足をお運び下さい。

詳しくはイベント情報
https://www.sanyu-k.jp/news/pdf/20120128.jpg」をご覧下さい。
 

date:2012/01/24 (火)

ページの先頭へ

熊本市T様邸上棟式

T様との出会いは、今から4年程前に熊本市内にて開催致しました、
外張り断熱の構造見学会です。
当時、T様ご家族は福岡にお住まいで、
将来、熊本市内にあるご実家の敷地内に家を建てられ、
ご両親と一緒に暮らされることを計画されていました。
たまたまご主人がホームページをご覧になっていて当社の見学会があるのをお知りになり、
わざわざ福岡から熊本市内の会場までお越しになったのがご縁の始まりです。

家づくりの計画は,初めての出会いから直ぐに始まりましたが、
土地の問題など、諸々の事情で計画が直ぐに進めない状況もあり、
しばらくの中断期間も含めて足かけ5年の家づくりとなりました。
T様邸は,ご夫婦2人でお住まいになる終の棲家です。
延べ床面積32.2坪の“平屋の家”。
外断熱2重通気工法の”寒い冬でもあったかい”お家です。
設計が若松さん、現場担当が有村君、棟梁が坂本さんです。

上棟式の模様です。
棟札に御神酒を掛けられている所です。

記念撮影

現場担当の有村君が施工者を代表して祝詞をあげている所です。

上棟式後の直会(なおらい)の様子です。
      神事が終わった後、神酒・神饌をおろしていただく酒宴のことです。

初めにお施主様のご挨拶

続いて、私の手短なご挨拶?

お父様による乾杯の御発声

宴会の様子です。

途中、偶然にも稲留副社長と吹春君が現場に立ち寄りましたので飛び入り参加!

中締めの挨拶をする坂本棟梁。

かなり酔いが回っている様子でしたので心配しましたが、無事に大役を果たしました。
その後、記念撮影を撮りましたが、坂本棟梁の目はうつろで倒れるのではないかと大変心配致しました。

私はこのあと退席致しましたが、宴は夕方まで続いたようです。
最後にはお父様が歌までご披露なさったとの事。

完成までにはあと2ヶ月ほど掛かりますが、
T様とご一緒に“想い出に残るような家づくり”を進めさせて頂きたいと思います。
 

date:2012/01/23 (月)

ページの先頭へ

1月号の会報誌がやっと出来上がりました。

年末が慌ただしかった事と、正月休みが例年と較べると少し長めでしたので、
会報誌の制作がかなり遅れてしまいました。
やがて1月も終わりに近づこうとしていますが、やっと印刷が出来上がりました。
いまさら“明けましておめでとう御座います”というご挨拶も何ですが、、、(笑)

1月号の内容は、
・社長通信・・・今年の取り組み、他

・当社スタッフの今年取り組みたいこと、元気のもと、他

・お役立ち情報・・・とても為になる内容です。
       玄関ドアのリフォームについて
       住まいのお手入れ方法
       ガーデニングのヒント
       収納のコツ、ヒント
       健康サプリ

他、盛りだくさんの内容でお送り致します。
この会報誌は、これまで当社とご縁の有ったお客様に定期的にお送りしています。

 

date:2012/01/21 (土)

ページの先頭へ