熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 築40年の住宅リノベーション事例

コラム

築40年の住宅リノベーション事例

今回ご紹介します事例は、築40年の2階建て、延べ床面積32坪のお家です。
設計は下田さん、現場は園田君が担当いたしました。

■ リフォームの動機
築40年の二階建て住宅。これまで水回りなど部分的な改修はしてきたが、母も80歳の高
齢になり、現状の間取りでは日常生活に不自由を感じるようになってきた。また、数年前に
耐震検査を受けたところ震度5~6が来たら危ないと言われており、将来に不安を感じてい
た。

■ 設計施工の工夫
一過性のデザインではなく、ライフスタイルが変わっても永く住み継げ、さらに光や風の流
れといった背景から改修することをコンセプトとした。まず生活必須の駐車台数を増やす
ため日当たりの悪い北東部分を減築、さらに二階の一部屋を撤去して吹き抜けを設け、家全
体に光と風が回るようにした。また、減った面積を補うために南側を増築しつつ耐震補強を
行い、断熱性能と防犯性の向上にも配慮。特に高齢のお母様の暮らしが快適になるよう、玄
関や勝手口からキッチンに繋がるベンチ付きの土間部分、リビングの南側にくつろぎの畳
スペース、寝室に隣接したトイレ、各所に収納スペースを設けている。

■ お施主様の感想
将来、車椅子を使うようになっても対応できるバリアフリーな造りと、広く回遊できる動線。
母の寝室から近い位置に介護用トイレを設け、夜でも安心してひとりでトイレに行けるよ
うになりました。希望だった仏間と床の間のある和室もおしゃれに作ってもらい、母も「頑
張って長生きしたい」と喜んでいます。また、十分な耐震補強もしてもらったため、先の熊
本地震でも被害がなく、良いタイミングでリフォームできたと思っています。

ビフォーアフターです。

160723 (13)_R
        ↓
160723 (12)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (8)_R
          
160723 (9)
160723 (19)
160723 (7)
160723 (6)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (15)_R
      ↓
160723 (14)
160723 (16)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (18)_R
    ↓
160723 (17)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (21)_R
        
160723 (20)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (24)_R
       
160723 (10)
160723 (23)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (26)_R
        
160723 (25)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

160723 (28)_R
        
160723 (27)

お客様の声
Q 以前お住まいの家はどんなお家でしたか?
A 築40年の木造2階建てです。これまで水回りなどの改修はしてきたのですが、今後の
  事も考えると色々と不便なことに気が付きました。まず寝室とトイレが離れていること。昼
  間でも暗く照明が必要なこと。以前、市役所が実施していた「耐震検査」で、強度不足の指
  摘があったことです。

Q 新築は検討されませんでしたか?
A 境界線の立ち合いの時、道幅が4メートルに足らないため新築のときは引き込んで建て
  る必要があったのと、資金も考慮してリフォームに決まました。

Q 三友工務店はどうやって知りましたか?
A 以前より知っていた会社です。相談会に伺う前に書籍を何冊か購入して何社か検討しま
  したが、やはり家族構成など気負わずに話さなくてはならないので、地元の知っている会社
  が良いかなと思って決めました。

Q リフォームでこだわった点を教えてください
A これから先、安心して暮らせて高齢の母が生活しやすい間取りにするために全面リフォ
  ームを希望しました。
  夜でも安心して行けるトイレの位置、買い物を駐車場からダイレクトにキッチンまで運べ
  る2方向の土間玄関、昼間でも明るい居間などです。
  とにかく築年数が経っていましたので冬はとても寒く、PM2.5も心配でした。

Q 今の住み心地はいかがですか?
A リビングを吹き抜けにしたため部屋数は減りましたが、家全体が明るくなりました。
  また仏間に造作の文机を設置してもらったので母の書斎も兼ねることが出来ました。
  収納もたくさん作ってもらい家中もすっきり片付くようになりました。
  母も安心したのか「頑張って長生きしたいな」と言っております。
  ただ普通に暮らせたら良いと思っていましたが、リビングにステンドグラスを入れたり、洗
  面台にモザイクタイルを入れたり、素敵な空間になったので、これか来客が来ても恥ずかし
  くない家になってとても嬉しいです。

Q これまでのスタッフの対応はいかがでしたか?
A 思いもしなかった震災により仕事も生活も大変な中、工事に携わってくださった方々に
  心よりお礼申し上げます。ライフラインの切断等により、工事の延期も覚悟していましたが、
  予定通りに完成出来て感謝しております。
  リフォームしなかったら今頃どうなっていたかわかりません。
  設計の下田さん、工務の園田さんお世話になりました。
  おかげで素敵な我が家になりました。
  ありがとうございました。
 

date:

ページの先頭へ