熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2011年5月アーカイブ

コラム

2011年05月アーカイブ

宇城市三角町にてN様邸上棟式&もち投げが執り行われました。

大型台風が接近していた先週の土曜日、
三角町にてN様邸の上棟式&もち投げが執り行われました。
台風が近づいていた為、あいにくの雨となってしまいました。

雨が降っていましたので、餅を投げるのは止めて、
事前に袋に入れて手渡しする方向で準備を進めていましたが、
雨にも関わらず思わぬ人がお集まりになり、
一転、予定通りもち投げを実施することになりました。
感謝です!

その時の様子です。

外はこんな状態でした。

楠本棟梁が、もち投げの準備をしているところです。

徐々にご近所の方が集まってこられました。

上では準備万端です。

いよいよ、もち投げ開始!

もち投げ終了後も、続々と集まる近所の小学生達。

最後に、記念撮影。

N様との出会いは、いまから2年前に熊本市にて開催致しました完成見学会です。
当社が水回りでいつもお世話になっておりますI様のご紹介でした。
これまでも色々な住宅会社でご検討なさっていましたが、最終的な決め手?が無く、
契約までには至っておられませんでした。

そういう中で、たまたま当社が見学会を開催していましたので、I様からの紹介もあって、
どんな住宅をつくっている会社か興味を持たれ、見学に来られたのがご縁の始まりです。
土地の問題などもあり、直ぐには着工できない状況でしたが、4月から工事を始まり、
先日、無事に上棟式を迎えることが出来ました。

N様邸は、延べ床面積60坪、2階建ての2世帯住宅です。
設計担当が下田さん、現場監督が草津君、棟梁が楠本さんです。
今回のN様邸には、自然の力を使って冬暖かく、夏涼しい空気をつくり、
家中に届ける《そよ風》というシステムを使っています。

いつものメンバーで、いつも通りの仕事をして、“想い出に残るような家づくり”を
進めさせて頂きたいと思います。
N様、これからどうぞ宜しくお願い致します。

date:2011/05/31 (火)

ページの先頭へ

ipad2が届く!

肝心の使い方は、まったく分かりません。

取りあえず、ドコモさんにWi-Fi(ワイファイ)の設定だけはして頂きましたので、インターネットへの接続は可能です。

携帯メールもろくに使えんのにipadば使いきっとね?という○○○からの声にもめげず、取りあえずスイッチの入れ方が分かっただけで安心している私です。

ipad2が届いてご機嫌の私です。

裏には、「三友style 心に刻む仕事。」を刻印。

date:2011/05/29 (日)

ページの先頭へ

Y様邸完成見学会レポート

 先日の21(土)、22(日)の2日間に渡り、熊本市南高江にてY様邸完成見学会を

開催させて頂きました。Y様邸は、ご家族5人でお住まいになる子育て世代のお家で、延べ床面積35坪の2階建て。開放的な空間に加え、どこにいてもお子様の気配を感じることのできる間取りで、室内には、登り棒、うんてい、ブランコ、そして親父の隠れ家有り、と遊び心いっぱいのお家でした。敷地面積は38坪とコンパクトでしたが、駐車スペースも2台確保でき、リビングにつながる外部デッキも設けることができて、小さい敷地ながらも快適なお家にする事ができました。設計は、自ら子育て中でもある、主婦目線での提案力にお客様からの評価の高い!若松さんが担当致しました。

コンセプトは、こんなお家で子育てしたい!子ども達が仲良く伸び伸び育つ家。その為か,子育て世代のお客様が、お子様を連れてたくさんお越しになり、受付の簡易キッズスペースは,その対応で大忙しでした。運動会と重なりましたので心配していましたが、結果的には2日間で63組、お子様も入れると200名を優に越えるお客様にご来場頂き,感謝しているところです。
お子様の対応で写真を上手く撮れませんでしたが、キッズスペースはこんな感じでした。

会場の様子は,お子様の対応に追われて大森さんが撮れなかったとの事。今回見学会を開催させて頂きましたY様邸は,こんなお家でした。リビング

ご家族の手形を珪藻土壁に!

2階廊下

洗面台

階段を2階から見下ろしたところ

2階子ども部屋のロフトへのハシゴ

ロフト部分(高さは低いですが,広さは十分です)

2階子ども部屋に有る、うんていと登り棒、ブランコはまだ設置して有りません上にはロフトが有ります。

玄関と玄関横に設置したプライベート靴棚

date:2011/05/25 (水)

ページの先頭へ

通販家具2割に指針値を超えるホルムアルデヒト

昨日の日経新聞に載っていた記事です。

見出しは、

「ホルムアルデヒト 通販家具2割、指針値超

都が調査 消費者庁に改善要望」

となっていました。


内容は、東京都がインターネット通販の収納家具を調べたところ、2割から国の指針値を

超える濃度の有害物質ホルムアルデヒトが空気中に放出されていたことが17日までに分

かった,との事。


都内の消費生活センターには、以前から収納家具をネット通販で購入した方から、「眼

がチカチカする」「気分が悪い」などの相談が寄せられていて、調査を昨年秋実施。

食器棚と本棚、タンス計30個を対象に、

室内に家具を丸一日放置した後の空気中のホルムアルデヒド濃度を測定したところ、6個

が厚生労働省の指針値(0.08PPM)を超えた、との事。

中には指針値の4倍以上のタンスもあったようです。


ホルムアルデヒドは家具の合板などに含まれ、涙や鼻水が出るなどのシックハウス症候

群の原因となるものです。


私たちが造っている住宅や、作り付け家具には建築基準法に基づく規制が有りますが、

それ以外の家具は対象となっていません。

その為、せっかく体に優しい建材を使っていても、引っ越した後にこのような家具が持

ち込まれると、すべてが台無しになってしまいます。

特に、いまの家は気密性が高いため、よけいに気をつけなければなりません。


当社が“無添加リフォーム”という団体に加盟しているのも、

外張り断熱などの気密性の良い家を建てている為に、家の中で使用する建材には、より

体に優しいものにこだわりたい、という思いからです。


笑い話のような話ですが、以前、県外の会社を訪問し、健康住宅をコンセプトに造られ

た新しいモデル住宅を見せて頂いた時の事です。

体に優しい建材を使われた割には、玄関を入った瞬間臭いがするので、

恐る恐る尋ねてみると、

そのモデル住宅のリビングに置いてある、外国製のオシャレなソファーが原因だとの事。


カタログを見て、リビングにあいそうなオシャレなソファーを選んだらしい。

かなり前の事ですから、いまはこんなソファーはあり得ないと思いますが、

その時はプロでもこんな失敗をするのかと思いました。


通販に限らず、家具を購入される時は呉々もご用心下さい!

date:2011/05/19 (木)

ページの先頭へ

土地を見つけるのは難しい!?

良い土地を見つけたので、一度見て頂けませんか?といったお問い合わせが,最近、非常に多いです。土地を見つける上で注意しなければいけないのは、立地条件や金額ばかりを目安に土地探しをすると、建築する上で思わぬ出費が伴う場合が有るという事です。敷地が極端に変形している場合は、見た目でも建築費が高くなりそうだと予想は付きますが、思わぬ出費が伴う土地というのは、例えば次のような土地です。・地盤が弱い土地地盤改良工事が必要となります。・道路と敷地に高低差がある土地 高低差がある場合には擁壁工事などが必要となりますし、外構にもお金が掛かります。・古い擁壁がある土地 高さにもよりますが、判断が難しいです・古い建物があり、解体しなければ家を建てられない土地古い建物にアスベストが含まれている可能性があり,解体費用が割高になる場合もあります。・準防火地域の土地 建物を準防火仕様にしないといけません。・接道の幅員が狭い土地 道路後退しなければならなかったり、大型車が使えずに建築資材運搬費が割高になったりする場合もあります。 
他にも、宅地として整備されておらず、敷地内への上下水道管がない場合には、配管引き込み工事などが発生します。お得な土地を見つけたつもりでいても、結果的には、価格が高くても地盤の強い更地の土地のほうが総費用が安くなる場合もあります。 土地の購入前に確認すればわかることが多いですので、しっかりチェックする事をお勧めします。自分で見ても,良く分からない?という方は、お気軽に当社までお問い合わせ下さい。

 

date:2011/05/18 (水)

ページの先頭へ