熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2012年11月アーカイブ

コラム

2012年11月アーカイブ

(社)日本増改築産業協会九州支部 リフォームデザインコンテスト受賞作品紹介 パート1

今回から3回に分けまして、この度(社)日本増改築産業協会(通称ジェルコ)九州支部の
リフォームデザインコンテストにて受賞しました作品をご紹介いたします。

各作品共に受賞は致しましたが、審査員の先生方から厳しい批評,貴重なご意見も頂いています。
今後の反省材料として、次に活かして参りたいと思います。

優秀賞

テーマ:          広い土間玄関は
                                      気兼ねなしの交流スペース

設計担当:三宮健司
現場担当:田中繁廣

作品批評

    西岡先生 : 改修のコンセプトは良い。
                但し、高齢者にこの階段はどうか
    寒竹先生 :上手に現存のものを利用して、趣のある素敵な空間になっています。
               古いデザイン+飾り床・建具のアクセントが効いていて、入った時に
                               とても素敵な印象を受ける玄関です。
    笠先生     : 部分数を減らす事で得られる豊かさが実現できており、とても共感い
                                たします。デザインのクオリティーも高く優れた作品です。

設計コンセプト:三宮健司

当初のI様邸は、生活の大半が北側の暗くて寒い場所が中心でした。
ほとんど倉庫化した南向きの部屋や寒くて使いにくい北側の浴室、広すぎて使いにくいキッチン、
それに各部屋毎にある段差、また、玄関も狭くて段差がいくつかあるなど、年配の方にとってはかなり過酷な生活環境でした。

そこで、下記のようなことを中心に改修計画を進めました。

1) できるだけ南側に生活の場をもってくる
2) 生活設備を一新し、かつ使いやすい動線にまとめる
3) 家の顔ともいえる玄関を広くする
4) 必要のない部分は思い切って減築する
5) 断熱材の施工、すきまの解消等、断熱・気密性能の向上

また、事前の調査で、屋根裏にはとても立派な梁が組まれていることがわかり、
ぜひそれらを表に見せたいと考え、要所要所で構造材を見せるように工夫しました。
               
ビフォーアフターの写真です。

着工前玄関

完成写真

着工前

完成写真

お客様の声

■ リフォームした家はどんな家ですか
    今から52、3年くらい前に建てられた木造二階建ての家です。
    父が亡くなってからは母が一人で暮らしていましたが、老朽化がひどく、トイレも昔の汲み取り式。
    台所も汚くて使いづらく、衛生面でも問題がありました。段差もあって危ないし、そして何より、
    冬は家中のどこにいても寒く、年老いた母にはとても快適とは言い難い環境でした。

■ 建て替えは考えませんでしたか
    父が建てた家で、母も嫁いでからずっと暮らして来た家です。
    私も幼少時代を過ごした思い出の多い家なので、建て替えは考えませんでした。

■ 三友工務店はどのようにして知りましたか
    ネットの検索です。熊本のリフォーム会社で検索して、一番最初に出てきたのが三友工務店さんでした。
    ホームページを見ると実績もあり、熊本でもトップで仕事をしている会社だなと思い、
    電話で問い合わせたのが事の始まりです。実はこれまでにも何度かリフォームはしていて、今回が三度目
    のリフォーム。
    最初はこれまでお願いしていたA社に頼んだんですが、いろいろ行き違いがあってダメになり、
    次いで頼んだB社も同じような感じでダメになり、そんな中で三友工務店さんと出会い、
    縁あってお願いすることとなりました。

■ 三友工務店の対応はいかがでしたか
    電話も丁寧で、とてもきめ細やかな対応をしてくれました。工事が始まってからも現場での目配り、
    気配りが徹底していて、これはさすがだなと思いました。普通は側溝までしないのに、
    2トン車2台分の土を運んできて側溝を上げてくれたのには、近所の人たちからも評判でした。
    また、現場では何度も変更があったんですが、嫌な顔をされるでもなく、手早く丁寧に対応して
    もらえたのも良かったです。ここはこうして下さいと言うと、その場でパソコンを使ってイメージ
    を見せて下さったのは、とても分かりやすくて良かったです。

■ リフォームでこだわった点を教えてください
    前のリフォームで天井を張ってしまい、それで隠れてしまった梁を再び見せたいと思いました。
    土間にキッチンと洋間を造っていたのも、段差があって使いにくかったので、ここも便利にしたかったし、
    増築した風呂も家中にうまく収めたかったです。
    母は、冬も暖かいように断熱材を床にも入れてもらうことと、足腰が弱くなってきたので
    全館バリアフリーが希望でした。
    最初は特にこだわりはなかったんですが、新築ではなく実際に建っていて、しかも今まで暮らしてきた家な
    ので、工事が進むうちにイメージが違ってきて、いろいろ変更をしてもらいました。
    母にはやはり歳を取っても女性ですし、家と一緒に気持ちも若返ってもらいたいと思って、
    テーマカラーにピンクを選びました。玄関ホールや壁紙など、あちこちに使っています。

■  実際の住み心地はいかがですか
    まだ本格的な生活はしていませんが、まるで新築みたいだと母もとても喜んでいます。
    昔の梁を見せて、床柱や使える建具はそのままに、暮らしよく造って下さいました。
    茶の間を風呂場とトイレにしたので、水回りも一カ所にまとまって便利です。
    そして何より部屋が清潔で暖かいのが一番で、脱衣所にはドライヤーやヒーターにもなる
    浴室暖房を入れてもらいました。これで母も快適に暮らせることでしょう。
    今後、濡れ縁や離れ、母屋も手を加えていきたいので、また何かの時には三友工務店さんにお願いした
    いと 思います。

(お母様談)
    昭和33年に建てた家で、その2年後に私が嫁いで来ました。当時、山林を所有していいて、
    梁などの材木はその山の木を切り出して建てたそうです。
    また、和室の床柱は主人が酒と交換でもらって来たものと聞いています。
     そんな思い出のある家なので、リフォームで住み継いでいけるのがとてもうれしく思っています。
    梁も昔のままになったし、使える建具はそのまま使ってもらったし、明るく快適な住まいになりました。

 

date:2012/11/17 (土)

ページの先頭へ

社)日本増改築産業協会(通称ジェルコ)九州支部の支部大会が開催されました。

昨日、博多にて(社)日本増改築産業協会(通称ジェルコ)九州支部の支部大会が開催されました。

       日本増改築産業協会(通称ジェルコ)は、国内最大の「住宅リフォーム関連企業」の全国組織で、
       生活者が安心して、安全に暮らせることを常に念頭に置き活動する団体です。

支部大会では、一年間の活動報告や支部長改選、役員改選などについて報告がありました。

新しく九州支部長になられた、すえまつ興産(株)末松孝一様のご挨拶

 

当日はスキルアップ&デザインコンテストの結果発表も有りました。
事前に九州地区のデザイン部門で優秀賞を受賞していたことは伝えられていましたので、
今回、その設計を担当しました三宮さんと出席致しました。
表彰式では私が表彰状を頂き,パネルディスカッションには三宮さんが出席するという、
昨年と同じ役割分担で赴きました。

会場内には受賞した作品が展示してありましたが、いずれも素晴らしい作品ばかりでした。

当社の応募作品です。

今回から審査員の先生が3名に増え、それぞれの先生から当社の作品に対する批評が
書かれていましたので、当社としても非常に参考になりました。

毎回思う事ですが、こんな素晴らしい作品群からよく選ばれたなぁと、感じ入る次第です。

パネルディスカッションでは各賞を受賞された方々に交じって、
三宮さんが今回受賞させて頂きました作品のコンセプトや、家が出来上がるまでの流れなどを、
実際の写真をご覧頂きながら発表致しました。

今回立派な賞を受賞できたのも、当社の提案を受け入れて頂きました、お客様のご理解あっての
ことだと思います。
今回のデザインコンテスト出展にあたり、多大なるご協力を頂きました「I様」「F様」「T様」には,
心より感謝申し上げます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

これからも、お客様に喜んで頂けるような価値あるリフォームを数多く手がけて参りたいと思います。

また、受賞しました作品を、これから3回に分けて掲載させて頂きます。
「設計コンセプト」、「お客様の声」、「審査員の先生方の批評」と併せてご紹介いたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。


 

date:2012/11/16 (金)

ページの先頭へ

築36年のお家のリフォーム事例  A様邸

数年前よりご相談を受けていたお家です。
築36年のお家でしたので、当初は建て替えを検討されていましたが、
リフォームでも十分可能ですよ!とのアドバイスを参考にされ、
結果的にはリフォームを選択されました。

工事は8月から着工致しました。
延べ床面積25坪程の平屋のお家でしたが、一部増築し、
屋根、外壁をすべてやり直し、内部もすべて改修するという大がかりなリフォームでした。
断熱材もすべて入れ替えましたので、これまでと比べると快適に過ごせると思います。
誰が見ても、新築したとしか思えないようなお家になりました。

着工前の外観。

改修後の外観。


 

玄関アプローチ部分

着工前

完成

着工前

完成

内部はこんな感じに変わりました。

着工前

完成(着工前とは,撮影の方向が違います)

着工前

完成

着工前

完成

着工前

完成

着工前

完成

設計は風間さん、現場が田中さんでした。
共に経験豊富なスペシャリストです。
工事期間中は、いつもの通り、風間さんと田中さんの間で喧々がくがくとした
バトル(意見交換?)を繰り広げながら進んでいった事でしょう。

 

 

date:2012/11/13 (火)

ページの先頭へ

熊本市の新設小学校、力合西小学校新築工事現場より

場所は、熊本市南区荒尾、アクアドームの真横です。
今回の工事は、小学校の新設工事ですので規模が大きく、
吉永・幸保・三友・守平の4社で建設共同企業体を組織して工事に入ります。

外観パースはこんな感じです。
(現場事務所に飾ってありましたパースを写真に撮りましたので、写りが悪くてスミマセン)

現在、別途工事のくい打ち工事の真っ最中ですので、
私たちが実際に工事に取りかかるのは、もうしばらく先です。

現在の状況

現場事務所内の様子です。
4人体制で現場に臨みます。

規模が大きいだけに、やり甲斐も感じていると思います。
私は,取りあえず差し入れにカップラーメンを持って行きました。
別に残業しろと言っているわけではありませんが、、、(笑)

完成は来年12月末を予定しています。
事故がないように,安全第一を心がけまして仕事を進めたいと思います。
当社からは、現場担当として五瀬君が出向しています。
 

date:2012/11/12 (月)

ページの先頭へ

(社)日本増改築産業協会九州支部のリフォームデザインコンテストの発表がありました。

先日、(社)日本増改築産業協会九州支部のリフォームデザインコンテストの発表があり、
優秀賞2件、審査員賞1件を頂く事が出来ました。
感謝です。

日本増改築産業協会(通称ジェルコ)は、国内最大の「住宅リフォーム関連企業」の全国組織で、
生活者が安心して、安全に暮らせることを常に念頭に置き活動する団体です。

詳細につきましては,来週博多にて支部大会がありますので、その後にご報告致します。
受賞した作品は下記の通りです。
優秀賞 「広い土間玄関は気兼ねなしの交流スペース」 
優秀賞 「格子建具×フローリングの和モダン空間」
審査員賞 「築53年の家の古さを活かした和風リフォーム」

受賞作品を一つだけ簡単にご紹介いたします。
「格子建具×フローリングの和モダン空間」 設計担当:三宮健司 現場担当:沼田将広

約30年前に祖父母さまが建てられた平屋の木造住宅で、仕切りが多い、和室中心の家でしたが、
今回、そのお家を譲り受けられることになったご家族が、住み良いようにリフォームしたい
ということで始まった家づくりです。

着工前

完成

着工前

完成

date:2012/11/08 (木)

ページの先頭へ