熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2012年12月アーカイブ

コラム

2012年12月アーカイブ

土地を探す時は、出来れば自分の足を使ってマメに土地探しをすることをお勧めします。 理由は、、、

先週の8日(土)、9日(日)に今年最後の家づくり相談会を開催させて頂きました。
今回は新築のご相談が多かったですが、
なかでも、“消費税が上がる前に家を建てようと思っているが、どう進めてよいか分からな
いので、ご相談に来ました。”という相談が一番多かったですね。

特に、土地探しからのお客様が多かったです。
いつ頃までに土地を見付ければ間に合いますか?土地を紹介して頂けますか?
といった相談も多かったです。

そこで、今回は土地を探す時のポイントの一つをお話しします。

当社は不動産取引の資格も持っていますので土地の仲介も出来ますが、
今のところ、積極的には土地を扱っていません。
土地に関しましては、信頼できる不動産会社をご紹介しています。
理由は、家づくりに専念したい事と、公平な目で土地を判断したいからです。

相談会などで、“土地はどうやって探されていますか?”とお尋ねすると、
“住宅会社の営業の人に頼んでいます”と言われる方がよくあります。
その住宅会社に決められているのですか?と再びお尋ねすると、
“気に入ってはいるけれども、決めているわけではない”との御返事。

展示場や完成見学会などに何度も足を運び、その会社の家づくりを気に入っていて、
初めから家づくりをここにお願いしよう、と決めていた場合には構いませんが、
これでは自ら建築条件を付けているようなもので、私としてはあまりお勧めできません。
土地には建築条件はついていないにしても、お世話になったしがらみでその営業マンに頼
まざるを得ない雰囲気になってきます。

結果的には、家そのものよりも土地を見付けた会社で決まってしまう、というお客様にと
っては少し悔いの残るような家づくりになってしまう可能性があります。

家づくりを進めていくと、最終的には住宅会社2,3社が候補に残り、どこにしようかと悩
まれる方が多いような気がしますが、会社を決めるという楽しい悩みが、土地を見付けて
貰ったしがらみにより半減してしまいます。

そうならない為にも、出来れば自分の足を使ってマメに土地探しをすることをお勧めして
います。
そして気に入った土地が見つかった場合は、決して不動産屋さんの言いなりになって1人
で決めず、検討されている住宅会社数社にその土地を見て貰い、意見を聞いたり、判断材
料を貰って、最終的にご自分でお決めになるのが一番良い方法だと思います。
そうすれば、しがらみのない公平な状態で各社の提案も受けられ、きっとワクワクしなが
ら楽しい家づくりが進められると思います。

このように土地を見付けること、一つとっても色々な事が絡んできますので簡単にはいか
ないことをご理解頂ければ幸いです。

追伸:
先に書いていますように、
当社では基本的には不動産は扱っていませんので、信頼できる不動産会社をご紹介してい
ます。もちろん、常に連携を取っていますので、お客様が気に入られた物件があればすぐ
に調査に行き確認しています。
中古住宅の場合も同じです。
例えご紹介した不動産屋さんにせっかく見付けて頂いた土地であっても、公平な状態で提
案を出し、判断して頂きますので、その提案をすんなり受け入れて頂けることもあれば、
断られることも往々にしてあります。
例え負けても縁がなかったとあっさり諦め、なるべく悔いを残さないようにしています。
一生懸命考えた設計スタッフの気持ちを考えると、一晩くらいは眠れないこともままあり
ますが、、、(笑)
 

date:2012/12/13 (木)

ページの先頭へ

「桜木の家」完成見学会レポート&お引き渡し

 12月1日(土)、2日(日)に、熊本市東区桜木にて、今年最後の新築住宅完成見学会を開催致しました。
K様邸は、敷地面積70坪に建つ、延べ床面積37.2坪、2階建、外断熱二重通気工法のお家でした。

コンセプトは
                    “ほっ・・・となごむ、
                            「和」のテイストを取り入れたくつろぎの空間”   
 
要所要所で和の要素を取り入れつつ、全体的にはシンプルでモダン、
かつ開放的なお家でした。

ポイントとなっていた、カウンターに立つ人の目線を意識して床を下げたキッチンスペースや雰囲気の
良い土間風の玄関には、やはりご来場のお客様の注目があつまり、皆様じっくりとご見学をされていました。
木の香り豊かな内装や、外張り断熱だからこそ出来る吹き抜けの広々としたリビングは、
まさに三友Styleのお家といったところ。

 こんな感じの建物でした。

   土間風の玄関

   リビング側から見た玄関

   リビング廻りの写真

設計は三宮さん、現場監督は有村君、棟梁は楠本さんが担当しました。

雨にもかかわらず、いつもどおりたくさんのお客様にお越し頂き感謝しています。
見学会にご協力頂きましたK様に深く感謝を申し上げます。

見学会の様子です。

即席のキッズコーナー

そして、先日お引き渡しさせて頂きました。

お引き渡しの様子です。

今回も、ご両親から子ども様へのサプライズプレゼントとして、有村君が内緒でブランコを作りました。
子どもさんが遠慮がちに乗られている所です。

最後に記念撮影


お客様との出会い

初めてお会いしましたのが、今年1月14日の家づくり相談会でした。
その時に、たまたまご紹介しました土地で即決され、
”社長に責任とってもらわんと困る!”と冗談半分に言われた事が、
私にとってはとても嬉しく、反面大きなプレッシャーでもありました。・・・(笑)

当社としては、いつもより少し速いテンポで家づくりが進み、
6月中旬には御契約をして、7月より工事に入りました。
工事期間は7月初旬〜11月末までの約5ヶ月間と、いつも通りの工程でした。
最後には完成見学会を開催させて頂きまして、大変感謝しています。

当社では「想い出に残る家づくり」をコンセプトに掲げ、工事期間中の打ち合わせをとても大事にしています。
その為、現場での打ち合わせ回数も多く、変更にも可能な限り対応し、悔いの残らない家づくりを心がけています。
今回もK様ご家族の家づくりの想いに一生懸命対応させて頂きました。

また、最後には子どもがお世話になりましたと、当社のキッズスペースで遊べるオモチャをプレゼントして頂き、スタッフ一同感激した次第です。
このご縁がつながるように、オモチャを有効活用させて頂きたいと思っています。

K様、一年間お付き合いいただき本当に有り難うございました。
家づくりは、これでひとまず終了致しましたが、
今後とも、末永くお付き合い頂ければ幸いです。
K様ご家族のますますのご繁栄をお祈り致します。

 

date:2012/12/10 (月)

ページの先頭へ

落ち葉拾い。

イチョウが色づくととても綺麗なのですが、、、

その後の落ち葉拾いが大変です。


 

この時期は年内に完成しなければならない仕事も多く、
ほとんどの工務スタッフは現場に直行する為、朝から会社に立ち寄る事はありません。
その為、朝から会社に来るのは現場を持たない幹部クラスのスタッフか、
設計スタッフと限られてきます。
自ずと、私と同世代の幹部スタッフ達が老体にむち打って掃除をしなければならない!
といった事になります。。。(笑)
まぁ、朝のラジオ体操と思えば気は楽なのですが、量が半端ではないのでちょっと大変ですね。
たまに、若手が気を利かせて会社に来てくれるととても有り難いです。

もっとも、こういう私は室内担当なので、季節感を感じる事もなく黙々と
玄関・打ち合わせスペース・トイレ廻りなどを掃除しています。
落ち葉拾いには、室内が早く終わった場合しか参加できませんのでちょっと心苦しいです。

会社のある電車通りは、通勤時間帯でいつも渋滞していますので、
ご覧になっていらっしゃる方は、よく頑張るなぁ!と思われているかも知れません。
お気づきの時は、車の窓越しからでも声を掛けて頂くと嬉しい限りです。
 

date:2012/12/07 (金)

ページの先頭へ

ブーランジュリーニュイデジュールの完成写真。

熊本市東野にて本格的なフランスパンを販売されているお店です。
お店をオープンされて落ち着かれた頃に、写真を撮らせて頂こうと思っていました。
中古物件を購入されてのリニューアルでした。

元々はこんな建物でした。

それがこうなりました。

夜景

着工前

完成

夜景

内部は元々はこんな感じでした。

それがこうなりました。

夜景

着工前

完成

着工前

完成

夜景

追伸
当社のイベントなどに来場されたお客様にプレゼントする粗品を作って頂いています。
とてもおいしいと好評です。
場所は、熊本市東区東野2-8-9
肥後銀行秋津支店の直ぐ近くです。
事前に確認もしくは予約していかないと、パンが売り切れている可能性が大です。
 

date:2012/12/05 (水)

ページの先頭へ

8月にお引き渡ししましたT様邸の外観写真が出来上がりました。

お引き渡し時点では外構が終わっていませんでしたので、先日外観写真を撮らせて頂きました。

夕方の写真です。

T様邸は、延べ床面積47坪、2階建て、外断熱二重通気工法のお家です。
設計は若松さん、現場は有村君が担当しました。

コンセプトは

          〜子ども達の笑顔が一番の宝物〜
                  家族の絆と夢を育む住まい

キッチンに立てば、家族の気配が感じられる、
子育て世代に優しい設計。
細かい造作家具やすっきり暮らすための収納の工夫が
家中にちりばめられていました。

内部はこんな感じのお家でした。


 

date:2012/12/03 (月)

ページの先頭へ