熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2012年12月アーカイブ

コラム

2012年12月アーカイブ

今年最後のコラムとなります。

今年の私にとりまして一番大事な仕事は、将来を見据えた人材の確保でした。
当社のように業歴の古い会社にありがちな、保守的な考え方とスタッフの高年齢化です。
経験豊富なスタッフが揃っている反面、保守的な考えが先行し、新しい事へのチェレンジ意欲が薄れてきました。
その為、今年は何が何でも若手を複数名入れる事を目標としていました。

求人情報誌やハローワークなどを通して求人活動をしていましたが、
なかなか良いご縁に巡り会えませんでした。
ところが、
今年も残り僅かとなったこの時期に、思わぬ所からのご紹介も有り、
工務スタッフと設計スタッフ、各一名の方と巡り会う事が出来ました。

工務スタッフの方は、元々住宅会社勤務で経験も豊富な方です。
稲留副社長の知人からのご紹介でした。

設計スタッフの方は、大学卒業後、設計事務所に勤めておられました。
まだお若いですが、先日発表されました一級建築士試験にも見事合格されていました。
作村建築部次長の以前よりのお知り合いでしたが、この度は正式にハローワークからの
紹介で当社に応募されました。

今年は人材確保が難しいと諦めていただけに、年末になってとんとん拍子に良い方と出会う事が出来、
来年への弾みになると感謝しているところです。

date:2012/12/30 (日)

ページの先頭へ

大掃除&仕事納め

当社は本日26日(水)が仕事納めです。
来年は1月7日(月)から仕事を始めます。
その為、明日からは全スタッフが11日間の年末年始休暇に入ります。

大手並に長い休暇で恐縮ですが、これには訳が有ります。
当社では年度替わりの3月末に、毎年、一年間の休日をみんなで決めています。
色々な意見を出し合いながら、みんなで休日を決めていきますが、
仕事に追われて思うように休めないのが現実でした。
そこでみんなで話し合い、数年前から年末年始、五月の連休、そして盆休み期間だけは、
まとまった休みを取ろうということになり、この期間は誠に勝手ながら、大手並の長い休暇を取る事に致しました。

ただし、この期間で有っても、会社のフリーダイヤル「0120-146-983」に
電話して頂きメッセージを入れて頂きますと、折り返しご連絡させて頂く体制は整えて
いますので御安心下さい。

ということで、本日は朝から大掃除をしています。
一年間で溜まった書類の山を眺めながら、どう処理した物かと悩ましいところですね。

大掃除の様子です。
明日から休みと言う事で、みんな目が活き活きとしています。

2階の窓から直接、駐車場に止めてあるトラックにゴミを投げ込む作村建築部次長

下で待ち受ける江崎君

黙々と書類を片付ける稲留副社長

カタログ整理の方法を巡って話し合っている有村君、風間さん、若松さん

私もこんな状態で、積み重なった資料を一つひとつ整理しました。

今年も忙しい一年でしたので、スタッフにはゆっくりと骨休めして欲しいです。

追伸:
私はどこにも行くところが有りませんので、当面は会社に出て仕事らしき事を
していると思います。
何か家づくりで分からない点など有りましたら、暇つぶしにでもお気軽に会社までご連絡下さい。
きっと喜んで電話に出ると思います。・・・(笑)

また、休み中でも無料家づくり相談をお受けしています。
(ただし、ホームページからお申し込み頂いた方に限らせて頂きます。)

お気兼ねなく、下記の「無料家づくり相談会ご予約フォーム」よりお申し込み下さい。
https://www.sanyu-k.jp/soudankai2/

どうぞ宜しくお願い致します。
 

date:2012/12/26 (水)

ページの先頭へ

築35年の中古住宅を購入しての全面リニュ-アル事例

当社で最近ご依頼の多い事例です。
熊本市内で土地から探して新築するとなると、目安として土地が1300万〜1500万、
建物、外構、諸費用で2500万位が当社で多い事例です。
その為、将来への不安からか、中古住宅を購入してリニューアルされるお客様が大変多くなってきました。

中古住宅も築20年を過ぎると、土地代金程度の価格で売りに出される為、
土地の広さと場所にもよりますが、目安として1500万〜1800万位で購入され、
その後1000万〜1500万位のリフォームをされます。
トータルで3000万位を目安にされる方が多いです。

その場合、中古物件+リフォームのトータル金額で銀行から借りなければなりませんので、
事前にリフォーム会社を検討しておく必要があります。
不動産屋さんがリフォーム会社を紹介、もしくはリフォーム工事までされる場合もありますが、
大規模なリフォームをお考えの場合は、より専門的にやっている会社の方が良いと思います。
そして、購入前に調査して貰う事が大事だと思います。

前置きが長くなりましたが、今回の事例をご紹介いたします。
先日お引き渡ししました築35年、延べ床面積31坪、平屋の家の全面リニューアル事例です。
ご実家近くに中古の物件が売りに出され、当社に調査のご依頼がありました。
和室以外は、ほぼ全面的に間取りを変更し、内部の仕上げも白を基調としたモダンな雰囲気に仕上げました。

内部はこんな感じのお家でした。

工事中の写真です。
内部は骨組みを残し、耐震補強もしながら改修を進めました。

そして、こんな感じのリフォームとなりました。

ビフォー(リビング)

アフター

ビフォー(キッチン)

アフター

ビフォー(リビング)

アフター

ビフォー(リビング)

アフター

ビフォー(キッチン側からリビング方向を見た写真)

アフター

ビフォー(子ども部屋)

アフター

ビフォー(子ども部屋)

アフター

ビフォー(玄関)

アフター(玄関扉の位置を変えて収納を作りました)

ビフォー(廊下)

アフター

ビフォー

アフター

 

date:2012/12/21 (金)

ページの先頭へ

益城町にてK様邸地鎮祭が執り行われました。

K様との出会いは、3年程前に雑誌をご覧になって資料請求頂いたのがご縁の始まりでした。
当初の予定は、現在のお住まいの近くにK様が仕事で借りられていた土地が有り、
不動産屋さんからの勧めも有って、その土地に新築する計画で進めていました。
ところが色々と調べてみると、道路の関係で今のままでは建築不可能な土地ということが判明致しました。
一通り計画案は出来上がっていましたが、いまの状況ではその土地を断念せざるを得ず、
新たに別の土地を見付けることになりました。

少し時間は掛かりましたが、偶然にも近くに良い土地が売りに出されることが分かり、
その土地で計画を再開することになりました。
土地が違う為にプランを初めからやり直しての再出発となりましたが、
敷地条件も良く、結果的には良かったです。

設計は下田さん、現場は草津君が担当します。
K様ご家族の夢が叶うような、立派なお家をつくりあげたいと思います。
K様、これからどうぞ宜しくお願い致します。
完成は5月下旬を予定しています。

祭壇

地鎮祭の様子です。

四方祓い

鍬入れの儀

玉串奉奠

最後に記念撮影

date:2012/12/19 (水)

ページの先頭へ

今週は忘年会が目白押し

ここの所、毎晩と言って良いほど忘年会に出席しています。
お酒が苦手な私には、いまひとつ楽しめませんが、
欠席するわけにもいかない事情もあり、今週をどう乗り切るかが目下の課題ですかね。

2次会まで付き合うことは滅多に有りませんが、
たまに断れない場合など、席に座ってスナック菓子などをつまみながらウーロン茶をがぶ飲みし、
横に座られたホステスの方に気を使いながら会話をし、しまいにはタバコの煙が立ちこめた部屋の中で、
カラオケを聞かされるという、私にとっては最悪の時間です。
こんな所が楽しいという人の気が知れないです。

おまけに、似たようなお店をハシゴしながら、同じ事を繰り返している人が当社(I副社長、S建築部次長、他)
にも沢山いますが、私には理解できないです。
本屋さんをぶらぶらする方がよほど楽しいです。
もっとも、私の方がおかしいと言っている人の方が多いのは事実ですが、、、(笑)

お陰で、帰りに毎日本屋さんに通っていますので、
その日の気分で買った本や文房具が机の上に積み上がっていますね。
しかも、酔っているのか、惚けているのか分かりませんが、
同じ本を買って帰ったことも有り、何とも間抜けな事を繰り返している今日この頃です。
 

date:2012/12/14 (金)

ページの先頭へ