熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2013年1月アーカイブ

コラム

2013年01月アーカイブ

I 様・T 様邸 地鎮祭

I様・T様邸は、お母様と一緒に暮らされる為につくられる2世帯住宅です。
これまで、お母様が実家で一人暮らしをされていましたが、お母様も高齢になり、そろそろ一緒に暮
らしたい、ということでご相談頂いたお家です。
初めは、リフォームでの検討も考えましたが、敷地の兼ね合いやその他諸々の条件から、2世帯にするには無理も有り、建て替えで進めることになりました。

お母様も、これまで住んでいたお家に思い入れもお有りでしたので、建て替えすることにかなりの戸惑いも有ったご様子です。
建て替えにあたっては、これまでお住まいになっていたお家の一部を利用して、
僅かではありますが、思い出を引き継ぎたいと思っています。 

設計は若松さん、現場は草津君が担当します。

地鎮祭の様子です。

祭壇

祝詞奏上

四方払い

鍬入れの儀

最後に記念撮影

 

I様・T様ご家族の願いが叶うような立派なお家をつくりあげたいと思います。

I様・T様、これからどうぞ宜しくお願い致します。

 

date:2013/01/31 (木)

ページの先頭へ

工期について

昨年、9月下旬から工事を始めたお家が有ります。

そして、他社で同じ時期に工事をスタートしたお家が近くに数件あります。

棟を上げたのもほぼ同じ日でした。

 

ところが、

その数件のお家のほとんどが、昨年既にお引き渡しが終わって住んでいらっしゃるようです。

当社が造っているお家は、やっと足場が外れた、まだこんな状態です。

内部は大工工事が終盤を迎え、これから仕上げ工事に入ります。

こんな状況です。

 

規模も大きく、少し複雑なところも有りますが、

さすがにこのスピードには驚きましたね。

着工から考えると、ほぼ2ヶ月ちょっとでお引き渡ししている状況です。

当社では考えられないスピード施工です。
 

そんなに急いでどうするんだ!という思いはありますが、

コストを削減する上で工期を短くするのも大きな要因だから仕方がないことでしょう。

また、お施主様にとりましては、工期が短いので無駄な家賃も払わなくて良いというメリットはあり

すが、、、

それにしても早い!と感じました。


当社では“時計を少しだけゆっくり回したら、家づくりはもっと楽しくなる!”というコンセプト

を掲げ、ゆっくりとした家づくりを進めています。

そのことによってコストが少し上がるかも知れませんが、一生住む家ですからもっと丁寧に作り込み

たいと考えています。

 

K様邸はこれから3月一杯工事が掛かる予定です。

それでも工期は5ヶ月ちょっと。

これから長く住み続ける事を考えると、工期が23ヶ月長くてもゆっくり丁寧に造り込んだ方が良い

と思いますが、、、

 

date:2013/01/29 (火)

ページの先頭へ

今年最初のイベントのご案内です。・・・トーヨーキッチンショールームにて相談会

126()27()
トーヨーキッチン様のショールームをお借りして、
『住まいのわくわく相談会 in トーヨーキッチン』を開催致します。
今回で5回目です。


「キッチンに住む」というコンセプトのもと、
インテリア空間としてのキッチンへとデザインの考え方を進化させたトーヨーキッチン。

素敵なショールームでは、
キッチンだけでなく素敵な照明や家具、
ショールーム全体にちりばめられたデザインタイルなど、
家づくりの夢がひろがります。

営業活動は行っておりませんので、
家の美術館に行く感覚で、
ぜひお気軽にお越しください。


ちなみに、毎年こんな感じで開催しています。

当日はこれまで手がけた事例集(新築、戸建てリフォーム、マンションリフォーム、
民家再生)などもたくさん展示しています。
リフォームデザインコンテストで最優秀賞などに輝いた作品なども展示しています。

会場の様子です。

外はこんな感じでした。

 

 
とてもオシャレで、キッチンメーカーのショールームとは思えないような雰囲気の所です。

普段はなかなか入りにくい所ですが、
当社の家づくりにご興味がお有りの方は、是非、思い切って!(笑)足をお運び下さい。

お子様連れでも安心してご覧頂けるように、即席のキッズコーナーも準備しております。



子どもさまにもとっても人気です。
安心してお越し下さい!!

詳しくはイベント情報
https://www.sanyu-k.jp/news/images/toyowakuwakusoudankai-sasikae.pdf      をご覧下さい。

 

 

date:2013/01/23 (水)

ページの先頭へ

久しぶりにイタチを捕まえる!

我が家は江津湖のほとりに有る為、自然環境には大変恵まれています。
初夏にはホタルが飛び交い、野良猫に交じってイタチが徘徊しています。

昨年の秋頃からリビングの天井部分で微かな足音がしていました。
この時期に入ってくるのは、過去の経験からすぐにイタチだと直感しました。
私の過去のコラムを見て頂くと分かりますが、イタチには長年悩まされ、長い戦いをして
きた経験があります。

当時、引っ越したばかりでしたので、何が家の中に入ってきているのか分からず、
ネズミにしては足音が大きいなぁと思いながら、家の中に入れないように、
建築屋(笑)として考えられるあらゆる穴をふさいで数年にわたって対応しましたが、
効果はありませんでした。

結局はどこからか入ってきて、毎夜、天井裏を駈けづり廻ります。
頭にきて、天井裏に投光器を仕掛けて、入ってきた瞬間つけたりしましたが、効果はあり
ませんでした。仕舞いにはラジオを天井裏に上げて、入ってきた時に大音量で流したりし
ましたが、効果があるのは最初のうちだけで後はまったく効き目がありません。
イタチも賢いです。

長年悩んだ末、外で捕まえるしかないと思い、ホームセンターにイタチ取りを買いに行き
仕掛けてみると、一発でイタチが捕まりました。
子連れで行動しているのか知りませんが、一匹捕まえて安心していたら、その後も天井か
らの足音が鳴り止まず、結果的にはほぼ同時期に4匹のイタチを捕まえました。

イタチの処理は、現在は江崎君にお願いしています。
殺すのは可愛そうですので、遠くまで持って行って逃がしてもらいます。
犬を飼うようになってからは、イタチも家の中に入って来なくなりましたが、
我が家の愛犬レイナも今年で9歳を迎え、ちょっと動きが緩慢になったのかも知れません。
イタチになめられるようになったのでしょう。。。
お互い年は隠せませんね。

今日捕まえたイタチです。
こうして見ると可愛いです。


 

手ぶれしていますのではっきりと見えませんが、、、とても可愛いです!

date:2013/01/22 (火)

ページの先頭へ

我が家のリフォーム

 話は2年前にさかのぼります。

娘も当時高校受験を控えていましたので、そろそろきちんとした個室を造ってやらなけれ

ば勉強に集中できないと感じていました。

取りあえず自分の部屋はありますが、物置みたいになっているので、家族全員がリビング

に居て、一つの座卓(冬はコタツとして利用)に4人が座っています。

娘は、その一角でテレビを見ながら勉強のようなことをしておりました。

 

流石に受験も控えていましたので、そろそろ部屋をリフォームしてやろうと思い、

“部屋ばリフォームしてやろうか?”と言った所、

“何年前から言よっとね!、どうせせんでしょうが!”と言い放ちました。

そうこうしている内に、受験も終わってしまいました。

 

まぁ、何とか希望の高校に合格できたのは良かったですが、その後もリフォームの話は尾

を引いていました。

受験も終わり、落ち着いてリフォーム計画を立てていましたが、

今度は“お客様優先でお願いします!”という事で、当社のスタッフが誰も相手にしてく

れません。

 

このままでは娘の“何年前から言よっとね!、どうせせんでしょうが!”という言葉が現

実のものとなってしまうと思っていたところ、

昨年末になって、見かねた沼田君が我が家のリフォームを快く(?)引き受けてくれました。

お陰で嫁さんがリフォーム案をまとめ、年末には早々に福岡のIKEAに行って子ども部

屋用の家具も購入してきました。

 

日頃、お客様には快適な生活を提案しなければならない立場に有りますが、

我が家はほったらかしで、まるで“紺屋の白袴”そのものでした。

何とか沼田君が引き受けてくれたので、リフォームがいよいよスタート出来、感謝してい

る次第です。

 

追伸:いま私が住んでいる所は、13年ほど前に中古で購入した家です。

元々は、いまから30年ほど前に当社で建てさせて頂いたお客様の住宅でした。

諸事情が有り、当時会長だった父に家を買って貰えないか?という相談があり、

会社のすぐ近くということも有り、父が私にたいした相談をすることもなく購入の返事を

していました。

場所も良いので異存はありませんでしたが、

当時は私も土地を探していて、そこに自分の思うような家を建てたいと思っていましたの

で、この結末には少し心残りがありました。

あれから13年。リフォームも2度目です。

前回はリビング廻りを改修し、今度は子ども部屋の改修です。

いつまで経っても私の部屋は認めて貰えません。

というより、話にすら上がりません。

ガッカリですね。

 

ローンが終わったら自分の想うような家に建て替えてやる!という夢を追いながら仕事に

励んでいます。

いつの事やら分かりませんが、、、

お客様の気持ちが良く分かる、今日この頃です。

date:2013/01/17 (木)

ページの先頭へ