熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2013年5月アーカイブ

コラム

2013年05月アーカイブ

最近の日課

最近、外に出るとき必ず立ち寄るところ。
コンビニチェーンのセブン〇〇〇〇です。
理由は100円の「入れ立てコーヒー」を購入する為。

これまでは通りがかりで自動販売機の缶コーヒーを購入していましたが、
たまたま立ち寄ったセブン〇〇〇〇の入れ立てコーヒーを飲んで病み付きになってしまい
ました。

この話をしていたら、作村さんもわざわざセブンによって買っているという話になり、
中高年受けする味なのかと思いましたね。・・・(笑)

先週の日経新聞にセブンイレブンのコーヒー販売が当初目標の4割増と出ていましたので、
買っていたのは私ばかりでは無かったのだ、やはり売れていたんだなぁと思いました。

しかも、100円コーヒーだけを買いに行くのも気が引けますので、
必ず何か他の物も余分に買ってしまい、まんまとセブン〇〇〇〇の罠にはまっているよう
な気がします。きっと、私のような方も沢山いる事でしょう。。。
セブン〇〇〇〇もよく考えたなぁとつくづく感心致しました。

その上、最近は「〇の食パン」というものを販売し初め、試しに買ったらこれがまた〇〇〇〇!。
まんまとセブン〇〇〇〇の手に落ちてしまった、今日この頃です。

それにしても、、、
あの豆とコーヒーメーカーを会社に導入出来ないかなぁ!!
 

date:2013/05/30 (木)

ページの先頭へ

マンションリフォーム事例

築年数は25年。
面積は73.71㎡。
工事内容は水まわりを含む全面リフォームです。

最初は、新築 Or 新しいマンションの購入 Or 現在のマンションの改修、
かで検討されていらっしゃったようです。
最終的には予算的なこともあり、現在お住まいのマンションを改修する
という方向性で進めれる事になりました。

リフォームを考えられた最初のきっかけは、
①マンションの北側、寝室と子供部屋の結露・カビがひどく、どうにかしたい
②お風呂が小さいからなんとかしたい
という内容で、マンションにお住まいの方から受けるよくあるご相談でした。

また、お客様のご要望は概略次のような内容でした。
・ リビングを広くしたい
・ 物を置かず、スッキリとした部屋にしたい
・ お風呂を広くしたい

設計は内田さん、現場は吹春君、全体の統括を作村さんが担当しました。

設計を担当した内田さんから一言。

DK+和室を一部屋にし、キッチンをメインにした広いLDKを実現。
トーヨーキッチンを中心にスッキリとした落着きのあるリビングになりました。
水まわりも新しく、その他居室もフローリング・クロスの張替を行いました。
設計当初お客様のお宅にお邪魔させて頂いた時、素敵な家具をスッキリと配置
されているのを見て、物を置かずにスッキリとした部屋にしたい。
という要望が分かる様な気がしました。

また、お客様自身もご要望をしっかりお持ちでしたので、こちらも提案がしやすく
一緒にリフォームを楽しむことができました。

例えば・・・。
脱衣室に入る扉が狭くて邪魔だなぁという話になり、
普段は開けたままでも良いと言うことでしたので、普段は壁に見える様な
三枚引き戸を提案させていただきました。

こんな感じのリフォームでした。

           

            

           

        

        

         

        

壁面収納

カウンター

date:2013/05/28 (火)

ページの先頭へ

携帯からスマートホンへ

長年使っていました私の携帯電話をスマートホンに変えて丸一年が経過しました。
まだまだ使いこなしてはいませんが、こんなに便利だとは思いませんでしたね。
画面も大きいので私のような中高年にも向いているようです。

一番重宝しているのは、当たり前の事かもしれませんが、
何か気になる情報があればその場でインターネットにつないで調べる事が出来る、という
点です。
これは本当に便利ですね。

これまでは会社に戻ってパソコンを立ち上げ、インターネットにつながないと調べること
が出来ませんでした。
その為、帰り着く頃には何を調べようとしていたのかすっかり忘れていたことも有ります
し、覚えていたとしても熱がすっかり冷めていて、もうどうでも良くなっていた!という
事も多かったです。

その点スマートホンは携帯できますので、いつでもその場で調べる事が出来、
何気ない一瞬のひらめきを逃す事はないですね。

たいしたひらめきでは有りませんが、思い出せないといつまでも気に掛かりますので、
せっかちな私にはピッタリのものですかね。

ただ、充電が持たないのと、反応が極端に遅くなることがたまにあるのが難点です。
携帯メールはいまだにおぼつかないですが、
時代の流れに取り残されないようにしないといけない!と、「了解」「OK」以外にも気の利
いたメールを打てるように日々心がけている所です。・・・(笑)

話は変わります。
30年以上前の話で、以前にも書いた事が有るかもしれません。
私のなかでは、父にまつわる数多い伝説の一つです。
私が三友工務店に入社してまもなく、faxを導入したいと当時の社長(父)に相談したところ、
“そぎゃんとば入れてなんになっか!”と一喝されました。

私が話をしても聞かないと思いましたので、
メーカーの担当者を呼んでfaxがあれば、わざわざ足を運んで書類を持ち運びする必要もな
く、時間も短縮できるし、経費をとても節約できる!との説明をして頂きました。
当時faxが高額だった事もあり、なかなか“ウン”とは言いませんでした。

その後、実際に導入してみると、父が“こぎゃん便利なつはなか!”と言って、
協力会社の社長に“faxば入れろ”と言って、電話をあちこちかけていたことを思い出しま
す。

どう説明しても理解して貰えませんでしたが、一旦入れると一番使っていたのが父でした。
頑固親父というイメージしかありませんでしたが、機械に対する拒否反応もまったくなく、
実は思っていた以上に頭が柔軟でした。

いま思うと、ちょうど私くらいの年齢でしょうか。。。
父のfaxと私のスマートホンは同じレベルかもしれませんね。・・・(笑)
 

date:2013/05/23 (木)

ページの先頭へ

嘉島町S様邸古民家改修着工

5月連休明けより工事に着手いたしました。
当初は、工務の田中さんで準備を進めていましたが、体調不良の為、急遽川口さんが現場
を担当することになりました。

現場を担当する川口さん

築100年以上の古民家ですが、
日頃のメンテナンスが出来ているのか比較的建物の状態は良かったです。

今回の依頼は、長い年月の間に増築をくりかえされていましたので、全体として動線の悪
い間取りになっていました。
それを、すっきりと使い勝手の良い間取りに変更したい!とのご要望です。
設計は三宮さんが担当します。

設計を担当した三宮さん

三宮さんと小屋裏の調査をしているところです。
長持ち(衣服・調度などを保存しておくための,蓋のある長方形の箱)なども有り、歴史
を感じさせられました。

調査した現況図

工事開始
床を解体してみるとこんな状態の所も有りました。

古民家の場合は柱が直接石の上に載っている石場置きが多いですが、
石の代わりにコンクリートブロックを敷いてあり、高さ調整に煉瓦を何枚か積み重ねてあ
りました。長い年月の間に柱が腐ってしまったので、やむなくブロックと煉瓦で調整した
のでしょうか。大きな地震が来なくて良かったです。

リフォームの場合は事前調査をしていても、往々にして解体してみないと分からない?と
いった所も出て来ます。
古民家ともなれば、なおさらです。
問題が発生した場合にどう対応するか!
そこに、当社がこれまで手がけてきた豊富な経験が活かされる思います。

今回は、経験豊富な田中さんが体調不良で入院しましたが、
後を引き継いだ川口さんも勝るとも劣らない経験を持っていますので、
設計の三宮さんと協力しながら、質の高い仕事をしてくれると思います。

現在、古民家改修の物件を他にも3件計画中です。
古民家の仕事は提案に時間がかかりますし、実際の工事でも手間が掛かりますが、
やり甲斐を感じます。
限られたスタッフの中で仕事をしていますので、お客様にお待ち頂くのが心苦しいですが、
出来上がったときの喜びは何ともいえませんね。
 

date:2013/05/18 (土)

ページの先頭へ

インプラントを入れることに

現在、歯科医院に通っています。
一通り歯の治療は終わりましたが、歯医者さんより左の奥歯と上の歯がないのでインプラ
ントを2本入れませんか?全体のバランスが良くなり、他の歯も負担が軽くなって長持ち
しますよ!とのお勧めがありました。

実は、20年ほど前にも別の歯科医院でインプラントを1本入れていました。
その時も勧められたような記憶がありますが、さすがに3本入れると費用も相当なものに
なりますので断念致しました。

その為、20年近く右の歯に偏った、バランスの悪い状態で食事をしていたことになります。
これまでそれほど気にはしていませんでしたが、歯医者さんの勧めも有り、左の奥歯と、
上の歯をインプラントで入れることにしました。
かなりの出費となりますが、これからの残り短い人生を快適に!過ごすために思い切って
決断いたしました。

住宅で言うなら、虫歯の治療が修繕的なリフォームだとすると、インプラントはこれまで
のライフスタイルを大きく変えることが出来る、当社が得意とするリノベーションのよう
なものですかね。

どう変わるか楽しみです。

先日、その手術も終わりました。
20年前にインプラントを入れたときは、同時に親知らずも抜きましたので術後に腫れてと
ても痛かった記憶があります。
今回は術後もほとんど痛みがなく、楽でしたね。

驚いたのは手術前にレントゲン?写真を撮りましたが、その画像データーを立体的にモニター
で確認でき、インプラントの位置、角度、長さまで事前に検討できるという仕組みでした。
私たちが日頃プレゼンで使っている建築の3Dパースのような感じでしたね。
見る角度を変えたり回転させたりと、色々な角度から立体的に見ることが出来ました。

手術後も再度写真を撮って実際の埋め込み状態を確認出来、非常に分かりやすかったですね。
家づくりと同じで、歯の治療も技術が格段に進歩していました。

手術も予定通りと言うことでホッとしましたが、
私としては、ただただ痛くなかったことに感謝しています。・・・(笑)
 

date:2013/05/15 (水)

ページの先頭へ