熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2013年9月アーカイブ

コラム

2013年09月アーカイブ

イベント続きの9月

最近、めっきりコラムの書き込みが少なくなりました。
今月はタイトルの通りイベント続きで、完成見学会2件、土日相談会2日、そして
今週末,明日28(土)・明後日29(日)は出田実業(株)様、創業100周年イベント
『住まいと暮らしの総合資材展』が開催されます。
お陰で、机に座ってじっと考えるゆとりも有りませんので、コラムへの書き込みも少なく
なってしまいました。

また、消費税の影響を懸念なさってか、新築・リフォームのお問い合わせも多いですので、
スタッフはその対応にも追われていて少々お疲れモードです。

最近は、ほとんどのスタッフが実務に追われていますので、必然的に残った私や稲留副社
長、作村さん、それに時々風間さんが交じって、老体にむち打ってイベントの設営・運営
を行っている所です。
初めて当社の見学会にお越しになられた方は、年配のスタッフが多い事に戸惑われた事で
しょうね。。。(笑)

最近、1階スタジオで流れている有線放送がリゾートミュージックに切り替わりました。
お疲れモードを感知して、誰かが気を利かせてくれたのでしょう。
いまもその音楽を聴きながら、リゾート気分でコラムを書いているところです。

この後、先延ばししていた10月号会報誌の原稿も書かなければならず、
編集担当の大森さんには、どう言い訳して締め切りを伸ばして貰うか考えている所です。

 

date:2013/09/27 (金)

ページの先頭へ

ダイエット開始!

健康診断を2ヶ月後に控え、
メタボ検診に引っかからない為に、ダイエットを開始致しました。
毎年この時期、私にとっては恒例の行事です。

これまでは12月に健康診断を受けていましたが、
さすがに忘年会の時期だけに体調管理もままならず、今年は1ヶ月早めて11月に受ける
事に致しました。

その為、いつもよりダイエット期間が短く2ヶ月で成果を上げないといけませんので、
今年はちょっと頑張らないといけません。

取りあえず夜の食事を、昨年、某通販で買った雑炊の残りを食べることからスタート致し
ました。
毎年、この雑炊からダイエットが始まりますが、意外と効果が有り、たいした努力もなし
に数週間である程度の体重までは落とせます。

問題はそれからです。
18年使い続けているエアロバイクを引っ張り出し、ひたすら漕ぎ、その後、縄跳びをし
ます。
玄関廊下で縄跳びをする為に、家族からは“地響きがする”といって苦情を言われますが、
お構いなしです。

きっと、この光景をビデオで撮られていたら、間抜けでしょうね。
地響きは相当なものらしいです。
家の外ですればいいのに!との声もありますが、
間抜けな恰好で、深夜、物音をたてながら縄跳びをしていたら、ご近所から何と言われる
ことか、、、

それにしても、
もし、健康診断を受けなければ体重はなし崩しに増えていくでしょうね。
そういった意味では体調管理の一つの節目ということで,年1回の健康診断は私にとって
はとても役立っていると思います。
取りあえず2ヶ月後の目標体重を決め、縄跳びに前向きに取り組んでいる今日この頃です。。。(笑)
 

date:2013/09/22 (日)

ページの先頭へ

第30回住まいのリフォームコンクールにて優秀賞を受賞致しました。

以前コラムにも書きましたが、今年も「住まいのリフォームコンクール」に応募していました。
このコンクールは規模・応募件数などからいっても、日本最大規模のリフォームコンクール
で、全国から素晴らしい作品が集まってきます。
当社は、今年、6作品を応募致しました。

先日、入賞結果が発表になり、何と一番若手の内田さんが設計した作品が、
今回、優秀賞に選ばれました。
感謝です!

全国から選りすぐりの作品が寄せられてきますので、入賞するのはとても無理だろうと
思っていましたが、6件応募した内から新進気鋭?の内田さんの作品が選ばれました。

第30回住まいのリフォームコンクールの概要は下記の通りです。

1.主 催 公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター
2.後 援 国土交通省/独立行政法人 住宅金融支援機構
     /独立行政法人 都市再生機構/一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会
3.協 賛 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 他18団体
4.目 的 全国各地で施工された住宅リフォームの事例を募り、住まいとして優秀な事例
     について建築主(施主)・設計者・施工者を表彰し、これを消費者や事業者に広く紹介するこ
     とにより、住宅リフォームの促進とその水準の向上を図る。
5.応募対象 平成23年7月から平成25年6月の応募締切までの間に、リフォーム工事
     が完了した住宅(国内にあるもの)を対象とする。
6.応募締切 平成25年6月28日
7.応募件数 612点
8.入賞件数 特別賞
     国土交通大臣賞 1点
     独立行政法人 住宅金融支援機構理事長賞 1点
     公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 理事長賞 1点
     一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会会長賞 1点
     優秀賞 33点
     合 計 37点
     増改築相談員奨励賞 1名
     マンションリフォームマネジャー奨励賞 4名
9.審査委員 委員長 上杉啓 東洋大学名誉教授 他10名
10. 表彰式 平成25年10月23日(水)(14:00〜)に「ルポール麹町」(東京都千代田区
     平河町2-4-3)にて、入賞作品の表彰状の授与と特別賞受賞作品の発表会及び交流会を行う。

振り返ってみますと、当社が初めて応募したのは3年前の第27回コンクールでした。
この時は、運良く初挑戦ながら優秀賞を頂く事が出来ました。
さらに、一昨年の第28回コンクールでも同じ優秀賞を頂く事が出来、2年連続の受賞
となりました。
昨年、第29回にも自信作を応募しましたが、残念ながら3年連続の受賞とはなりませ
んでした。

そして、今回第30回コンクールでの優秀賞受賞。
4回応募して3回の優秀賞受賞です。
私には奇跡としか思えません。。。(笑)

建築設計事務所が関わられた作品が多い中で、地方熊本の一工務店が3回も優秀賞を受賞
できたことに誇りを感じます。

これも一重にお客様のご理解あってのことだと感謝致します。
また、設計を担当した内田さんはもとより、現場監督として実際に工事をまとめた吹春
君、職人さんたちに敬意を表します。

この受賞をバネにして、より一層の研鑚を積み重ね、お客様から「三友さんに頼んで良
かった」と言って頂けるように、今後も頑張って参りたいと思います。

表彰式が10月23日(水)「ルポール麹町」(東京都千代田区平河町2-4-3)にて行われます
ので、設計担当の内田さんが代表して出席する予定です。

今回受賞しました作品です。

築年数25年のマンション。
面積は73.71㎡。
工事内容は水まわりを含む全面リフォームです。

          「なんだかバーみたい」とよく言われます。
                                    夢ある大人のモダン空間

設計担当:内田智子 一級建築士

<設計・施工の工夫点><住宅の価値を向上させた内容>
ご夫婦の要望である、物を置かないでスッキリと開放感あるリビングを実現するため、壁・
建具・枠等、色を統一し、面を綺麗に見せるよう工夫しました。
また、北側の壁が結露しやすかったため、壁に断熱を施し、外部サッシをペアガラスに交
換することで断熱性能を向上させたました。
トイレへの通路・脱衣場を兼ねた洗面室は、普段はオープンにして使えるように3枚引き
戸に。この扉は閉めると洗面台幅にぴったりで、洗面台横の袖壁のようにスッキリと納ま
ります。

現場を担当した吹春君。

ビフォーアフターです。











壁面収納

カウンター

「お客様の声」

■ リフォームのいきさつを教えてください
5年くらい前に築20年くらいの中古マンションを購入しました。当初の間取りは4LDK
でしたが、購入時に和室を1部屋潰して3LDKにリフォームしています。ちなみに、この
時のリフォームは仲介業者と一緒についてきたもので、私たちの希望とは関係なく、本当
に部屋をなくしただけの中途半端なものでした。そして実際暮らしてみると、やっぱり築
年数があるので水回りは古く、色々使い勝手も悪かったんですね。そのため、さらにリフ
ォームをしてこのマンションに住み続けるか、または同校区で一戸建てを新築するかで悩
みました。子どもがいるので近所で土地を探してみたりもしたんですが、なかなか土地も
見つからず、あっても建築条件付きしかなくて。そう考えると、このマンションは立地条
件も良かったので、それではリフォームをして住み続けようという話しになりました。

■ 三友工務店はどうやって知りましたか
リフォーム会社をインターネットで調べたところ、上位にきていたのが三友工務店さん
でした。他社のホームページも見ましたが、こちらはカントリー調のナチュラル系で、私
たちの感覚とはちょっと違ったんですね。やはりマンションなので、シンプルでスッキリ
とした感じが良いなと。その点、三友工務店さんのロハスな家は施工例もイメージ通りで、
ここなら大丈夫かなと思いました。

■ 三友工務店の第一印象を教えてください
最初は通りがかりに直接会社に行ってみたんですが、あいにく受付の人しかいなくて。
そこで連絡先を教えておいたところ、後日、作村さんが直々に訪問してくれました。実は
作村さんは同じ校区で、初対面から地元ネタで盛り上がったんですよ。うちには営業がい
ないと言っていた通り、話していても積極的なイメージがないというか、全くガツガツし
た感じがなくて、とても相談しやすかったです。とにかくマンションの築年数が古かった
ので耐震強度の問題と、お金をかけてまでリフォームする価値があるのか、まずはそれを
相談しました。そこからまた新築か、リフォームかと悩んだんですが、耐震強度もまあ大
丈夫でしょうということと、三友工務店さんの印象がとても良かったので、リフォームを
することに決めました。

■ リフォームでこだわったところを教えてください
今回のリフォームで特にこだわったのは、無垢材、塗り壁、無機質なステンレスキッチ
ンです。だから、内装もトーヨーキッチンのステンレス製キッチンを中心に、床の色や壁
の色を決めていった感じです。イメージとしては、飲食店のような、カフェのような、物
を置かずにスッキリと開放感のある空間。せっかく9階の眺めの良い部屋なので、キッチ
ンは窓側に向けた対面式にしてもらいました。それに合わせて床も落ち着いた色味にした
ので、白の塗り壁がとても映えます。私(奥様)は家の中ではいつも裸足なので、無垢の
床はとても足触りが良くて気に入っています。
間取りとしては、3LDKの和室を取って2LDKにして、水回り関係も新しくしました。
また、これまでは冬の結露やカビがひどかったので、断熱材を入れてもらい、外部サッ
シもペアガラスにしてもらいました。また、洗面台はリビングから見えるオープンな感
じにしたかったので、洗面室の扉は3枚引き戸にして、開けると洗面台横の裾壁にスッ
キリと納まるように工夫してもらいました。それに合わせて、廊下の長さも短くしても
らっています。同じ坪数なのに、かなり広くなった感じです。

■ リフォーム中に不自由はなかったですか
工事中は同マンションの6階を借りていたんですが、賃貸の期限もあるので急がせてし
まって逆に申し訳なかったです。担当の吹春さんはフットワークが軽く、仕事熱心で素晴
らしい人ですね。私たちの話しも親身になって聞いてくれ、どんな細かな内容までもちゃ
んと覚えていてくれているんです。作業も毎日遅くまで残っていたようですし、今日はど
んな作業をしますというのも毎回ちゃんと報告を受けていたので、本当に不満や心配に思
うことはなかったです。また、洗面室の3枚引き戸が既成品だったため、マグネット部分
が茶色で浮いていたんですが、そこをわざわざ白に貼り直してくれたり、こんな細かなこ
とまで気にかけてくれているんだなと思って感激しました。素人では気が付かないことで
す。しかも、カーテンレールの取り付けとか、私たちがやるべきところまでやってくれて、
本当にありがとうございます。

■ 三友工務店で良かったと思うことはありますか
何と言っても提案力が良かったですね。最初、壁は全て白に塗ってしまうつもりでした
が、設計の内田さんからテレビを置く側の壁だけポイント的に色を変えたらと言われて、
それがその通りに良かったです。その他、巾木や、コンセントカバーの色とか、クロスの
選び方とか、私たちでは分からない細やかな部分まで、最終的な私達の出来上がりイメー
ジを組みとって提案して戴きカタチにしてくれました。更にそこに内田さんのアレンジが
加わった訳です。色々と提案してくれるので、逆にこっちが三友工務店さん側のコストは
大丈夫なのかと心配になるくらいでした。現場担当の吹春さんにも大変お世話になりまし
た。吹春さんと内田さんの絶妙なコンビネーション?で私達の希望に沿うよう、あーじゃ
ない、こーじゃないなどと意見をぶつけ合って完成度を高めて戴きました。仕事だからと
かそういうことではなく、個人としての仕事に対するプライドや顧客のためにといった誠
意、気持ちがとても良く伝わってきました。そんなお二人の姿勢をとてもありがたく思う
と共に、これぞ三友さんにとって貴重な人財ではないかと思いました。

■ 実際の住み心地はいかがですか
リフォームといってもマンションという限られた空間の中なので、そんなに劇的に変わ
ることはないだろうと実は冷めた目で見ていたんですが、思った以上の仕上がりでびっ
くりというか、本当に満足しています。部屋が広くなった分、エアコンの効きが心配で
したが、これも断熱材とペアガラスのお陰で以前より効きが良いくらい。部屋が最上階
なので、以前は夏の照り返しがひどかったんですが、この点にも効果を発揮しているよ
うです。問題だった水回りもスッキリして、お風呂も広くなって快適です。本当に自分
たちのイメージ通りの空間になって、とても満足しています。ありがとうございました。
 

date:2013/09/18 (水)

ページの先頭へ

今週末、9月14(土)・15(日)・16(月・祝)の3日間、熊本市北区龍田にて完成見学会を開催致します。

今回のお家は、二世帯住宅。
最近、当社にお問い合わせの多い事例です。
親御さんとは別々に暮らされていたご家族が、将来の事を考えて一緒に暮らされることになり、
リフォームで可能なのか、思い切って建て替えた方が良いのか悩んでいるといったご相談です。

今回のお家は、敷地の関係、現在の建物の造りからどうしてもリフォームでは計画が成り立たず、
初めから建て替えでのご依頼でした。
設計を担当したのは風間さんです。

敷地面積78坪、延べ床面積47坪(住居部分42坪+ガレージ5坪)、2階建て、
夏涼しく冬暖かい外断熱2重通気工法の快適なお家です。
お住まいになるのは、奥様のお父様、ご夫婦、お子さんの4人です。

コンセプトは、
                 「パパと、ママと、おじいちゃんと。」
                                 スキップフロアで緩やかにつながる二世帯住宅

 


 
設計担当:風間滋 一級建築士
1.5m程の道路高低差を活かし、ガレージを半地下、
主寝室をその上の中2階に据えたスキップフロアのお家です。
白い壁に古風な色合いの柱や梁など、和風でシックなデザインが印象的。
2世帯住宅のため、若いご夫婦世代とお父様との“ちょうど良い距離感”を
大切にした間取りがポイントで、将来を考えて1階はバリアフリーとしています。
また、外張り断熱と計画換気設備、不凍液を熱媒とすることで上水道にも直結できる
太陽熱利用のガス給湯システムも導入しています。

今回の設計を担当したのは風間さん。
        余談ですが、
        風間さんは、経験豊富で実績も有り、優れた提案力を持ち合わせていながら、
        見た目・しゃべりは癒やし系?
        何を言っても真摯な態度で受け止めてくれるので、怒った所を見たことがありません。
        その為か、社内では年上にも関わらず“いじられキャラ”として存在感を発揮され、
        何か問題が起こっても、最後は“風間さんが悪いことにしておこう”と言えば、すべてが
        丸く収まるという、有り難い存在です。・・・(笑)

最近、仕事が重なっている為か、多少お疲れ気味の風間さんでしたが、
今回のお家も斬新でとっても素敵なお家に仕上がりました。流石です!
現場を担当した草津君、松下棟梁は大変だったと思います。

今回も写真をあまり公開していません。
どんなお家になったかは、まずは、ご自分の目でお確かめ下さい。

詳しくは「https://www.sanyu-k.jp/news/images/1%20_0001.pdf」をご覧下さい。
今回のお家を建てられました「お客様の声」、完成見学会の開催場所、臨時駐車場が掲載されています。

また、臨時のキッズスペースも御座いますので、お子様連れのお客様も安心ししてお越し下さい。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。
 

date:2013/09/12 (木)

ページの先頭へ

9月7(土)・8(日) に開催致しましたお家の、完成見学会レポートです。

今回のお家は、これまで相談会や見学会へお越し頂いたお客さまや、資料請求、
WEB限定メルマガご登録のお客さま限定のご案内とさせて頂きました。

実際の見学会の様子です。
これまで当社とご縁のあったお客様限定の見学会とさせて頂きましたが、
2日間で45組のお客様にお越し頂き、いつもと変わらぬ慌ただしさとなりました。

キッズスペース

ipadの使い方を説明しようとして、行き詰まっているところ、、、笑

今回見学会を開催させて頂きましたお家のコンセプトは、

    深呼吸するように家事を楽しむ。
  ナチュラルに,シンプルに、
機能性と質感をしつらえた家

設計ポイント:若松恵子 一級建築士

1階は各部屋にゆとりをもたせた、広々とオープンな間取りです。
シンプルにスッキリと、自然素材を活かした仕上げで実際よりも広く感じられます。
また、奥様も仕事をされているので、家事動線はシンプルで機能的に。
中でも水廻り、クローゼットの家事動線は見所です。
2階は将来まで見据えた間取りで、和室と寝室がオープンにできたり区切ったりと可変性があり、
その時々のライフスタイルに合わせて多目的に使えるようになっています。

現場担当:有村信一 一級建築施工管理技士

こんな感じのお家でした。

テーブルクロスを掛けたバージョン

「お客様の声」

■三友工務店を知ったきっかけを教えてください
理想の土地とハウスメーカーが見つかれば家づくりを始めたいと思っていたので、どちら
も妥協せず、じっくりと進めていました。三友工務店さんを知ったのは、その中でお世話
になった不動産屋さんから紹介していただいたのがきっかけです。その不動産屋さんから
「良い会社がありますよ。腕の良い設計士さんがたくさんいて、自分も出来るならそこで
家を建てたいと思っています」という話を聞き、正直、工務店は考えていませんでしたが、
一度訪ねてみることにしました。

■会社に行ってみた印象はどうでしたか
予約なしで伺いましたが、親切に対応していただきました。その日は社長さんと家づくり
の流れやコストの話などをしただけでしたが、何となく「ここで家を建てるんだろうな」
といういい印象を持ちました。

■三友工務店を選んだ理由を教えてください
本当に納得できる形で決めたかったので、最終的には他社ハウスメーカー2社との3社競合
にしました。同条件で間取り、概算見積りを出してもらいましたが、どの会社もそれぞれ
に持ち味があり、デザインなども優れていたと思います。その中でも三友工務店さんを選
んだのは、まず間取りが良かったこと。私たちの希望が入っているのはもちろん、生活動
線に無理がなく、生活を営む人が考えた家だなと思いました。それと、見積りの建材や設
備のグレードが高かったこと。無垢材や珪藻土、キッチンや洗面など、希望のものを入れ
ることができました。そして、値引きが一切ないということ。他社では話をしているうち
に値引き額がどんどん大きくなっていったのですが、三友工務店さんは「お客様によって
金額が変わるのは失礼に当たる。最初から適正な金額で見積を出させて頂いています。」と
いうことで、値引きの話は一切なく、社長さんの考え方に実直さを感じました。

■その後のやり取りはいかがでしたか
実際に家づくりがスタートして、間取りの打ち合わせ、現場での打ち合わせ、見学会への
参加など、どれも本当に楽しかったです。いつも私たちの要望を十分に聞いてくれて、そ
れがだんだん形になっていくのにはワクワクしました。

■家づくりでこだわった点を教えてください
家事がしやすく、子ども達と過ごす時間を大切にした家。そして、間仕切りで変化できる
家です。ひと繋がりの間取りですが、完全なオープンではなく、部屋ごとに視線がうまく
外れるようになっていて落ち着ける感じ。また、珪藻土や無垢材といった自然の温かみが
感じられる、そんな家の質感も大事にしたいと思っていました。これは大工さんが造って
くれた家具や棚、敷居や鴨居、手すりといったものにも良く表れていて、細部まで造り込
まれ、温かみが伝わってきます。“魂は細部に宿る”という言葉がまさにあてはまる、素晴
らしい手仕事だと思います。
そして、家の構造にも関心が高かったので、外断熱の説明を受けて、かなり魅力を感じて
いました。夏涼しく冬暖かい、しかも家中の温度差が少ないという快適な生活がおくれる
ことを楽しみにしています。

■この間、特に印象深かった出来事などはありますか
三友工務店さんの家づくりは「家づくりノート」の記入から始まり、それを基に設計士さ
んが土地を見ながら図面を書いてくれます。最初に設計士の若松さんに出してもらった図
面はとても良かったのですが、考え出すとあれも欲しい、これもしたいというのが出てき
て、結局20枚くらい書いてもらいました。でも、それでも決まらず行き詰ってしまったと
きに、これまでの図面を見直してみると、最初の頃の図面に、完璧な理想の家があったん
です。これは、若松さんが、私たちの希望をまとめた「家づくりノート」から考えたもの
でした。プロの方の見立ては、最初から確かだったのだと実感した瞬間でもありました。
たくさんの図面を書いてもらい、若松さんには本当に申し訳なかったと思うのですが、こ
の間、間取りを通して家族と将来のことや、どんな生活をしたいのか、どういうことを大
切にしたいのか、そんなことをじっくり話し合うことができました。20枚の図面は、私た
ち家族の在り方を真剣に考えてきた大切な記録ともいえます。

■工事期間中に不安に感じたことはありませんでしたか
現場には毎日顔を出したいと思っていたのですが、なかなか行けなくて。でも、そこは現
場監督の有村さんが丁寧に詳細を報告してくれたので、安心できました。また、協力会社
の方々から「三友さんの現場監督は厳しい」「電気配線など見えないところこそしっかり造
るという心構えで、妥協は一切しません」という話を聞いて、また、実際現場を見て不安
は全くなくなりました。

■今後、三友工務店がより良くなるために思うことはありますか
やっぱり素人には間取りが分かりにくいですね。図面に「10帖」と書いてあっても、それ
が3次元になった空間が見えてきません。他社では最初の段階からパースを使ったプレゼ
ンがあり、日中の光の入り方とか、家中を移動していくCGを見せてくれるのでイメージ
しやすかったですね。三友工務店さんも後からパースは出してくれましたが、こういうの
を最初に見せてもらえるとイメージの共有もしやすいのかなと思いました。

■最後に、これから家を建てる方へのメッセージをお願いします
三友工務店のみなさんと家づくりができたことは、本当に良かったと思いました。自分た
ちの望んだ仕様が充分に盛り込まれた家ができましたし、ムリな要望かなと思ったところ
も、手間と時間をかけて形になっていった、そんな家づくりができました。

 

date:2013/09/09 (月)

ページの先頭へ