熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2014年2月アーカイブ

コラム

2014年02月アーカイブ

完成見学会の予告です。益城町M様邸

3月お引き渡しに向けて工事の方も大詰めを迎えています。
内部はほぼ完成していて、現在外廻り工事を行っています。

M様邸は、お施主様のご厚意により来月8日(土)・9日(日)に完成見学会を予定しています。
「和モダン平屋」のとっても素敵なお家です。

延べ床面積39.5坪、外張り断熱のお家です。
設計は三宮さん、現場は有村君が担当しています。

スタディ模型

      既存の石組みの庭園を活かした
            心安らぐ穏やかな和モダン空間

設計コンセプト:三宮健司  一級建築士
Mさんご夫妻のご要望は、モダンな和風の平屋です。実家に隣接する南北に長い敷地。その敷地
内にある見事な庭園を活かしつつ、石組みの庭とそれ以外の庭を眺められる開放的な明るい家づ
くりを心がけました。窓は状況や目的に応じて、形式や大きさ、高さを工夫し、場所に合わせて
外の景色を楽しめるように考えました。内部は木の質感を大切にしつつ、落ち着いた色合いでま
とめています。

先日撮影しました写真を何点かお見せ致します。

完成見学会の詳細につきましては近日中にイベント情報に掲載致します。
三友styleの家づくりにご興味がお有りの方は、お越し頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
 

date:2014/02/27 (木)

ページの先頭へ

会社の決算

当社の決算は12月ですので、今月中に税務署に決算申告書を提出し、
納税しなければなりません。
前年度の決算書と比較してみると、売り上げそのものはあまり変わりませんが、
繰り越し物件の多さに驚かされました。

理由は、昨年12月にお引き渡し予定の工事が、
職人不足と資材不足の影響で工事が終わらず、
かなりの工事が年度をまたいでしまった為です。
例年なら考えられない異常な状態です。

当社の場合、借り入れがありませんので良いですが、
お引き渡しできなければ最終金を精算出来ませんから、
資金繰りも悪くなると思われます。
特に、資本力のない新しい会社はかなりの負担を強いられるはずです。
しかも、前回書きましたように、常に人手が足りない状況ですので、
仕事はあっても回転しないという悪循環で,
資金繰りはなお悪くなるばかりだと思われます。

先日の日経新聞に、「ゼネコン大手、採算悪化」と見出しが出ていました。
人手不足で労務費が膨らみ、採算が合わなくなっているのです。
また業界紙には現在の我々の状況を
“「利益なき繁忙」が業界全体の課題に” とありました。
まさにその通りの状況です。
16年以降に倒産が増加?とあります。
利益率の低下が資金繰りに影響し、体力のない会社は厳しくなってくるでしょう。

安易に規模の拡大を図らず、地道にコツコツとやっていくのが一番だと思いました。
 

date:2014/02/25 (火)

ページの先頭へ

最近、新聞を賑あわせている建設業の人手不足問題

この問題、私たち建設業者には深刻です。
先日、当社の安全協力会の定例会議があり、その席で各社の現状を改めてお聞きしました。
各社からは現在の資材調達・職人の状況に関する色々な報告・ご意見がありました。

現時点、そのなかで一番影響があると思われるのが仮設足場の不足でした。
仮設足場というのは、建築工事を行う際に設けられる仮設の作業用床のことで、屋根工事
や外装工事などを行うために建物外周部に設けられる足場のことです。
この足場がなければ、私たちは仕事を安全に且つスムーズにすることが出来ません。

この時点(基礎工事が終了した時点)で仮設足場を架けます。

このような状態で、大工さんなどが安全に作業できるように、棟上げに先行して足場を架けます。

上棟後の状態。

この足場が、いまから発注して1ヶ月掛かるとの報告。
理由は、あまりにも現場が多いので足場材が確保できない、との事。
その上、どの現場も大工さん等の職人不足で工期が大幅に遅れ、通常だと回収できる足場
材が戻ってこないために、次の現場に持って行けない悪循環が続いているとの報告でした。

新築にしろリフォーム(外壁、屋根が絡むのであれば)にしろ、足場なしでは工事を進め
ることは出来ませんので、私たちにとっては重大な問題です。
しかも、この状況は当面は続くとの報告でした。
昨年末、当社のリフォーム現場で足場が掛からないために外壁塗装が出来ず、年をまたい
でしまい、お客様に多大なご迷惑をお掛けした所がいくつか御座いました。

木材・建材・水廻り製品類につきましては、通常の調達で可能との報告でしたので安心致し
ました。ただ、キッチン・ユニットバス等の職人がやはり不足していて、製品はあるが取
付工事が厳しいという報告がありました。
やはり消費税の影響が大きかったのでしょうね。
3月中に完了しないといけない物件が多いようです。。。

どこの会社も同じような状況だと思いますが、現場担当者は日々の段取りで頭を抱える毎
日を送っています。

 

date:2014/02/21 (金)

ページの先頭へ

i-works project 定例会に参加

先週13(金)・14(土)に、名古屋で開催されましたi-works project定例会に参加してきました。
当社からは私と工務・園田君、設計・内田さんの3人が参加。

前日から東海地方に降り始めた雪の影響で、名古屋にたどり着けるのか心配していました
が、何とか飛行機も飛び、大幅に遅れはしましたが無事に中部国際空港にたどり着きました。

名古屋はこんな状況でした。
降り積もった雪のために靴はビショビショ。

飛行機が遅れたお陰で、午前中に見学する予定だった伊礼先生設計のモデルハウスを見る
事が出来ず、食事するまもなく定例会に参加致しました。

翌日午前中に阿部建設様の「大蔵の家」を3人で見学させて頂きました。

伊礼先生が設計された住宅の素晴らしさを改めて感じると共に、
施工の難しさを痛感致しました。
これまでも伊礼先生設計の住宅は何度も見ていましたが、
間取りやデザインに気を取られていて、実際に施工するという立場で意識して見た事はあ
りませんでした。
当社も設計事務所の仕事を数多く手がけていますので経験は豊富ですが、
改めて見ると、一つひとつの納まりがとても工夫されていて綺麗な反面、施工は難しいだ
ろうなぁと感じました。
また、阿部建設の担当者の方には色々な質問にていねいに答えて頂き感謝しています。

今回の研修はすべて内田さんが段取りしましたので、間違いも迷いも無くスムーズに研修
を終える事が出来ました。私が段取りしていたら、大雪というハプニングもありましたの
で、きっといつもの珍道中になった事でしょうね。。。(笑)
内田さんに感謝です!

i-works project 建築家、伊礼智と考える誰もが心地よいと思える家づくり

詳しくはこちら「https://www.sanyu-k.jp/lineup/iworks/」をご覧下さい。
 

date:2014/02/18 (火)

ページの先頭へ

思い出に残る休日! 「釈迦院3333段に登る」

先日の建国記念の日/11日、久しぶりに休みが取れましたので、気分転換に1人で佐俣の湯
に出かけました。
途中の美里町に、日本一の石段(3333段)として有名な釈迦院御坂遊歩道がありましたの
で、軽い気持ちで寄り道して行くことに、、、

7年近く前に一度家族で登ったことがありましたので、“きつかった”という記憶は多少有
りましたが、実際に登ってみると、きついどころでは有りませんでしたね。
1人旅ということも有りましたが、いくら登っても単調な階段が続くばかりで先が見えない
ことに疲れ果てました。
たまにすれ違う方から声をかけて頂き、気を持ち直して登り続けましたが、とにかくきつ
かったです。

 時間帯もあったのか、すれ違う人も少ない階段登り

 果てしなく続く階段

 頂上が近づくにつれて、階段が凍っている

 やっと到着!
 人もおらず、自販機も何も無い頂上

 景色は素晴らしかった!
 が、行き当たりばったりでしたので、飲み物も何も持たずに登りましたので、
 休憩で水が飲めなかったのは辛かった。。。笑

下りは足がガクガクしてるうえに、頂上付近は階段が凍っていましたので、手すりにつか
まりながらの階段下りで、本当に情けなかったです。。。(笑)
地上に降りたときはホッとしましたね。

その足で目的の佐俣の湯に行きましたが、
足の震えは止まらないし、脱衣にも妙に時間がかかってしまい、
“この人何をやっているんだろう?”と思われていたかもしれません。
小一時間ほど温泉に浸かって気分さわやかに帰りましたが、
いま、足がこわって歩くのも容易ではありません。

おまけに明日からは名古屋に出張です。
園田君・内田さんと元気な若手コンビに交じっての視察研修ですので、どうなる事かと
ちょっと心配です。
足手まといにならないように、引率の内田さんに付いていかねばと思っている次第です。

“喉元過ぎれば熱さを忘れる”といいますが、7年前もそうだったと痛感しています。
自業自得と家族から笑われる始末で、
まぁ、思い出に残る休日でしたね。。。(笑)
 

date:2014/02/13 (木)

ページの先頭へ